佐藤浩市の最新情報

佐藤浩市 に関するニュース検索結果   360件

生田斗真×瑛太W主演「友罪」特別映像解禁『友達なら教えてくれよ…何やったのか』

生田斗真×瑛太W主演「友罪」特別映像解禁『友達なら教えてくれよ…何やったのか』

瑛太・生田斗真がW主演を務める、5月25日(金)公開の「友罪」より、劇中カットと特別映像が解禁された。同作は、ミステリー界の旗手・薬丸岳が2013年に発表し、神戸児童連続殺傷事件をほうふつとさせて話題を呼んだ同名小説を映画化。メガ.. 続きを読む

山本美月、清野菜名ら今春公開映画のトレンドはモデル出身の“映画女優”たち

山本美月、清野菜名ら今春公開映画のトレンドはモデル出身の“映画女優”たち

公開中の映画「坂道のアポロン」に加え、5月に公開を控える「恋は雨上がりのように」でもヒロインを務め、昨今映画界から引っ張りだこの若手女優・小松菜奈。今最も旬な女優といっても過言ではない彼女だが、もともとは「ニコ☆プチ」とい.. 続きを読む

木村拓哉、明石家さんまのインタビューを「カッコよかった」

木村拓哉、明石家さんまのインタビューを「カッコよかった」

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系24:15~ ※一部地域で異なる)。3月29日の放送では、これまでで泣く泣くカットしてきた未公開映像を放送.. 続きを読む

井之脇海、寛一郎、池田エライザら注目の若手俳優、青春ミステリードラマで共演

井之脇海、寛一郎、池田エライザら注目の若手俳優、青春ミステリードラマで共演

大河ドラマ『直虎』や、朝の連続テレビ小説『ひよっこ』などの話題作に出演し、今最も注目を集める若手俳優・井之脇海が、フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD」の定額制見放題サービス「FODプレミアム」にて配信されるオリジナル.. 続きを読む

竹野内豊・上戸彩らが真相に迫るドラマ『ミッドナイト・ジャーナル』

竹野内豊・上戸彩らが真相に迫るドラマ『ミッドナイト・ジャーナル』

明日30日夜9時より、ドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』(テレビ東京系)が放送される。原作は第38回吉川英治文学新人賞を受賞した、本城雅人『ミッドナイト・ジャーナル』(講談社文庫刊)。元新聞.. 続きを読む

90年代を象徴する岡崎京子の漫画「チワワちゃん」実写映画化に、90年代生まれのキャストが結集!

90年代を象徴する岡崎京子の漫画「チワワちゃん」実写映画化に、90年代生まれのキャストが結集!

沢尻エリカ主演で映画化された『ヘルタースケルター』(12)など時代を象徴する数々の人気作を手掛け、いまなお熱狂的な人気を誇る漫画家・岡崎京子の傑作青春漫画「チワワちゃん」が実写映画化されることが決定した。岡崎作品では今年2月.. 続きを読む

ローラ、事務所トラブルと熱愛を語った「女性自身」への“神対応”

ローラ、事務所トラブルと熱愛を語った「女性自身」への“神対応”

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!注目の佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問だが、やはり証言拒否の連続だった。ほんのちょ.. 続きを読む

映画「64ーロクヨンー」TBSで地上波初放送が決定!

映画「64ーロクヨンー」TBSで地上波初放送が決定!

2016年に公開された映画「64-ロクヨン- 前編」、「64-ロクヨン- 後編」が、3月18日(日)、19日(月)の二夜連続でTBSにて地上波初放送される。横山秀夫のベストセラー小説を実写化した本作は、鬼才と呼ばれる瀬々敬久監督が指揮をとり、.. 続きを読む

映画『64-ロクヨン-』2夜連続で地上波初放送!瀬々敬久監督「ドキドキしている」

映画『64-ロクヨン-』2夜連続で地上波初放送!瀬々敬久監督「ドキドキしている」

佐藤浩市主演で、2016年に公開された映画『64-ロクヨン-前編/後編』が、3月18日(日)25時55分から、また19日(月)26時6分から、TBSにて2夜連続で地上波初放送。これに先がけ、瀬々敬久監督から喜びのコメントが到着した。横山秀夫によ.. 続きを読む

“女相撲”描く青春映画『菊とギロチン』公開決定 東出昌大ら出演

“女相撲”描く青春映画『菊とギロチン』公開決定 東出昌大ら出演

瀬々敬久監督が構想に30年を擁し、“女相撲”を題材にした青春群像劇『菊とギロチン』の公開が決定。それに先駆け、劇中の主要場面を収めた先行カットが到着した。【写真】『菊とギロチン』場面写真フォトギャラリー本作は、瀬々監督が8年.. 続きを読む

吉永小百合、映画出演120本を振り返り「私にとって子どものようなもの」

吉永小百合、映画出演120本を振り返り「私にとって子どものようなもの」

女優の吉永小百合が10日、都内で行われた映画『北の桜守』初日舞台挨拶に、堺雅人、篠原涼子、岸部一徳、阿部寛、佐藤浩市、滝田洋二郎監督と共に登壇。自身にとって本作は節目となる120本目の出演映画となったが、吉永は「私は実際に子.. 続きを読む

吉永小百合、記念すべき120本目の出演映画の初日に満面の笑顔!「映画は私にとっての“子ども”です」

吉永小百合、記念すべき120本目の出演映画の初日に満面の笑顔!「映画は私にとっての“子ども”です」

『北の零年』(05)『北のカナリアたち』(12)につづく“北の三部作”の最終章にして吉永小百合の120本目の出演映画となる『北の桜守』が10日、公開初日を迎え東京・丸の内TOEI1で公開初日舞台挨拶が開催。吉永を筆頭に堺雅人、篠原涼子、岸部.. 続きを読む

「佐藤」と聞いて真っ先に思い浮かぶ有名人ランキング

「佐藤」と聞いて真っ先に思い浮かぶ有名人ランキング

日本で一番多い名字として知られている佐藤。芸能界にも“佐藤さん”はたくさん存在します。そこで今回は、“佐藤”と聞いて真っ先に思い浮かぶ有名人について探ってみました。1位 佐藤健2位 佐藤二朗3位 佐藤浩市⇒4位以降のランキング結.. 続きを読む

生田斗真がキャリア最難の役に挑む『友罪』、感情を揺さぶる珠玉の予告編が到着

生田斗真がキャリア最難の役に挑む『友罪』、感情を揺さぶる珠玉の予告編が到着

1995年に起きた神戸児童連続殺傷事件を彷彿とさせる内容で大きな話題を集めた薬丸岳の同名小説を『64-ロクヨン-前編/後編』(16)や『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)などで知られるヒットメーカー瀬々敬久が映画化した『友罪』(5月25日公.. 続きを読む

生田斗真×瑛太「友罪」怒号、嗚咽、咆哮も…魂を揺さぶる予告編が公開に!

生田斗真×瑛太「友罪」怒号、嗚咽、咆哮も…魂を揺さぶる予告編が公開に!

デビュー作で江戸川乱歩賞を受賞するなど、ミステリー界の若手旗手として注目される作家・薬丸岳が2013年に発表した同名小説を、瀬々敬久監督によって映画化された「友罪」が、5月25日(金)より全国公開。キャリア史上最難の役に挑む生田.. 続きを読む

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<徹底リサーチ・話題作を彩った〈艶シーン〉をプレイバック>

ニッポンの「超大作映画」秘史が全部わかる!<徹底リサーチ・話題作を彩った〈艶シーン〉をプレイバック>

かつての大作映画には、女優たちの艶かしいシーンが差し込まれていたことは、誰もが淡い思い出として記憶しているはずだ。女子供も観るもの? そんなことは関係ねえ、とばかりに、男気あふれる作品を、カラミのシーンの評論家でライター.. 続きを読む

【日本アカデミー賞】竹内涼真、役所広司からエールもらい笑顔!「いつか僕もかっこいいトロフィーを」

【日本アカデミー賞】竹内涼真、役所広司からエールもらい笑顔!「いつか僕もかっこいいトロフィーを」

第41回日本アカデミー賞授賞式が3月2日にグランドプリンスホテル新高輪で開催され、新人俳優賞を受賞した中条あやみ、浜辺美波、北村匠海、竹内涼真が登壇。役所からエールをもらった竹内が、喜びの笑顔を弾けさせた。プレゼンターを務め.. 続きを読む

上戸彩、3年ぶりドラマ出演 竹野内豊に想いを寄せるヒロイン役

上戸彩、3年ぶりドラマ出演 竹野内豊に想いを寄せるヒロイン役

女優の上戸彩が、テレビ東京系にて3月30日(金)に放送される『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』(21:00~22:48)で、3年ぶりのドラマ出演を果たすことがわかった。本作は、第38回吉川英治文学新人賞を受賞.. 続きを読む

“男気ジャンケン”支払いランキングを発表

“男気ジャンケン”支払いランキングを発表

3月1日に放送されたバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、人気企画「男気ジャンケン」の男気支払いランキングが発表された。2011年にスタートした「男気ジャンケン」も、今年3月で番組が終了するの.. 続きを読む

吉永小百合と初タッグで感じた「やっぱり映画の人」  映画「北の桜守」滝田洋二郎監督インタビュー

吉永小百合と初タッグで感じた「やっぱり映画の人」 映画「北の桜守」滝田洋二郎監督インタビュー

女優・吉永小百合の出演120本目の映画『北の桜守』(3月10日公開)は、北海道を舞台に太平洋戦争下の1945年から約30年間にわたる親子の絆を描いた作品。今回、吉永と初のタッグを組んだ滝田洋二郎監督にインタビューを行い、吉永との撮影.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。