低金利の最新情報

低金利 に関するニュース検索結果   220件

5年後の利息、2,500円と80万円のどっちがいい?46歳の決断【マネー相談】

5年後の利息、2,500円と80万円のどっちがいい?46歳の決断【マネー相談】

お金の運用をしてみたいと気になっているものの、どんな金融商品で運用していいのか全然わからないという相談は少なくありません。銀行に預けたままでも超低金利なので、利息はほとんどつかないので少しでも金利の高い商品で運用していく.. 続きを読む

M-1
「預金」と「貯金」の違いはなに?

「預金」と「貯金」の違いはなに?

よく使っている言葉だが、あらためて考えてみると違いがよくわからない。日本語には、そんなものがある。「預金」と「貯金」もその一つではないか。「教えて!goo」にも、「預金と貯金の違いを教えてください」という質問が投稿されてい.. 続きを読む

日本生命、揺らぐ「不動の業界首位」…「株式会社化」に市場が関心

日本生命、揺らぐ「不動の業界首位」…「株式会社化」に市場が関心

生命保険最大手の日本生命保険は、清水博取締役専務執行役員が4月1日付で社長に就任する。筒井義信社長は代表権のある会長に就き、岡本圀衛会長は相談役に退く。清水氏は日生で初の理系社長となる。京都大学理学部で数学を専攻し、1983年.. 続きを読む

平昌パラリンピック閉幕日が危ない…楽観的過ぎたアベノミクス、修正局面入りの懸念広がる

平昌パラリンピック閉幕日が危ない…楽観的過ぎたアベノミクス、修正局面入りの懸念広がる

2月6日の米国発世界同時株安は、世界大恐慌を引き起こした1987年10月19日の「ブラックマンデー」を彷彿とさせた。ブラックマンデーではNYダウが1日で22.6%(608ドル)暴落。これを受けて翌日の日経平均は大幅安(3836円、14.9%安)とな.. 続きを読む

知っておきたい「一生賃貸」にひそむリスク。あなたに向いているのは持ち家?賃貸?

知っておきたい「一生賃貸」にひそむリスク。あなたに向いているのは持ち家?賃貸?

家を買うというリスクを冒したくない、住みたいところに住み替えしやすい、などの理由から、『一生賃貸』でいいと思っている人もいるでしょう。でも「買わないリスク」というのもあります。どんなリスクがあるのでしょう。また、『一生賃.. 続きを読む

女性は特にご用心!? ”見栄っ張り”住宅ローンの落とし穴 賢い住まいのマネー術(4)

女性は特にご用心!? ”見栄っ張り”住宅ローンの落とし穴 賢い住まいのマネー術(4)

住宅ローンが低金利なので収入に対して多額の住宅ローンが組んでしまいがちな時代です。この際だからと、ワンランク上のエリアや物件などを選んでしまう人もいるかもしれませんね。しかし、返済のことをしっかりと考えた上で毎月の収入か.. 続きを読む

女性は特にご用心!? ”見栄っ張り”住宅ローンの落とし穴 賢い住まいのマネー術(4)

女性は特にご用心!? ”見栄っ張り”住宅ローンの落とし穴 賢い住まいのマネー術(4)

住宅ローンが低金利なので収入に対して多額の住宅ローンが組んでしまいがちな時代です。この際だからと、ワンランク上のエリアや物件などを選んでしまう人もいるかもしれませんね。しかし、返済のことをしっかりと考えた上で毎月の収入か.. 続きを読む

日本初!賃貸vs購入をAIの将来価格予想でお部屋単位の比較が可能になる新機能「カウル鑑定」をリリース

日本初!賃貸vs購入をAIの将来価格予想でお部屋単位の比較が可能になる新機能「カウル鑑定」をリリース

「この低金利時代に家を買おうか、それとも賃貸のままのほうがいいのか……」と悩める人は、「賃貸と購入どちらが得か」が一目でわかる「カウル鑑定」を試してみてはいかがだろうか。スマホで中古マンション売買ができる「カウル」についた.. 続きを読む

将来の備え、なぜ必要? 今すぐ貯蓄を始めるべき3つの理由

将来の備え、なぜ必要? 今すぐ貯蓄を始めるべき3つの理由

「貯金がなくたってなんとかなる」「お金なんてそのうち貯まる」……そう楽観的に構えていないだろうか? 日本の経済は回復傾向にあるとはいえ、人口減少は進み、財政は悪化を続け、先行きは依然として不透明。ましてや人生100年といわれ.. 続きを読む

資金ゼロ。クレカのポイントではじめる? 投資ハック術

資金ゼロ。クレカのポイントではじめる? 投資ハック術

クレジットカードの利用で付与されるポイント。ムダにしていませんか?「賢いクレカポイントの貯め方」はメディアでも取り上げられていますが、せっかくもらったポイントも、一定以上貯まらないと使えなかったり、交換する商品が魅力的じ.. 続きを読む

中古住宅を買ってリフォームした人、それぞれ費用はいくら?どう捻出した?

中古住宅を買ってリフォームした人、それぞれ費用はいくら?どう捻出した?

リクルート住まいカンパニーが「2017年大型リフォーム(リフォーム費用300万円以上)実施者調査」の結果を発表した。中古を買ってリフォームした人の場合、物件購入費用は平均3156万円、リフォーム費用は平均628万円だという。それぞれ費.. 続きを読む

トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由…上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」

トヨタ社長、景気アンケートに回答しない理由…上場大企業とマスコミの「新密度データ一覧」

経営者が占う日本経済新聞社恒例の株価・景気アンケート(40人)と、読売新聞の経営トップ30人のアンケートは、人選に特色が出た。1月4日付毎日新聞も、18人のトップのコメントを掲載している。日本経済団体連合会会長を出している東レは.. 続きを読む

年収450万円、1人暮らしの女性のお財布事情って?【リアル事例】

年収450万円、1人暮らしの女性のお財布事情って?【リアル事例】

生涯の「お金の相談パートナー」、フィナンシャルプランナー(FP)や士業の有資格者を探すサービス「FPCafe」に所属する女性FP4人が、みなさんのお役にたてるコラムを交代で書いていきます。今回は私、今関倫子がお送りします。マネー相.. 続きを読む

高給な人件費に潰されるみずほ銀行…経営統合失敗で従業員4分の1を削減

高給な人件費に潰されるみずほ銀行…経営統合失敗で従業員4分の1を削減

マイナス金利政策による利ザヤ縮小やIT(情報技術)による効率化を背景に、3メガバンクは経営統合以来の大リストラ策を打ち出した。みずほフィナンシャルグループ(FG)は1万9000人、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は9500人、.. 続きを読む

急増する「生活苦老人」へ転落しないために、これだけは知っておくべき情報リスト

急増する「生活苦老人」へ転落しないために、これだけは知っておくべき情報リスト

今後、65歳を迎えて「NINJA」になる人が急増するといわれています。ここでいうNINJAとは「忍者」のことではなく、「No Income, No Job or Asset」、つまり収入も仕事も資産もないことを意味します。年金支給開始年齢も70歳引き上げ説が出.. 続きを読む

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

今年こそ100万貯める!「利息のリターン以上」なお得おもしろ定期預金5選

お正月のドタバタも落ち着き、ボーナスで買わなければいけないものや、予定していた支出が無事に済んだころでしょうか? 今年こそは100万円貯めたい、でもただ貯めるだけじゃつまらない。「面白い定期預金で貯めたい!」という方のため.. 続きを読む

住宅ローン、変動金利型を選ぶ人が減っている!? 自分に合った金利タイプの選び方とは

住宅ローン、変動金利型を選ぶ人が減っている!? 自分に合った金利タイプの選び方とは

住宅ローンには主に、変動金利型や固定期間選択型、全期間固定型の3タイプがある。2016年度に最も多く貸し出されたのは変動金利型なのだが、実は前年度より大幅に減少したという。その背景と金利タイプによる違いについて説明していこう.. 続きを読む

「中古マンション」「空き家」「事故物件」…5つのキーワードで2017年不動産市場を振り返る

「中古マンション」「空き家」「事故物件」…5つのキーワードで2017年不動産市場を振り返る

今年も残りあとわずか。今回は不動産取引から世の中で注目された事件まで、5つのキーワードを元に2017年の不動産市場を振り返ってみます。「2018年の市場予測はこちら:「勝ち組・負け組」はっきりと? 2018年の不動産市場を5つのキーワ.. 続きを読む

東京五輪後、家は値下がりして買いやすくなる…バブル崩壊で「私たち」は何も困らない

東京五輪後、家は値下がりして買いやすくなる…バブル崩壊で「私たち」は何も困らない

東京五輪の開催まであと3年を切った。不動産マーケットはアベノミクスによる大幅で長期間にわたる金融緩和の恩恵を受けて、好調である。今年3月に発表された公示地価では全国の住宅地の地価が9年ぶりに上昇に転じて話題となり、東京・銀.. 続きを読む

預貯金派の編集部員2人が「投資信託」に前向きになった理由とは?

預貯金派の編集部員2人が「投資信託」に前向きになった理由とは?

バブル崩壊後の最高値を記録した日経平均株価。ニュースでもよく取り上げられますが、実際に「投資」と聞くと、どんな印象を持ちますか? 一昔前の「損するから絶対やりたくない」という人は少なくなったかもしれませんが、「興味はある.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。