五十嵐大介の最新情報

五十嵐大介 に関するニュース検索結果   7件

 分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の.. 続きを読む

日仏の漫画家たちが描く「ルーヴル美術館」特別展 見どころ紹介

日仏の漫画家たちが描く「ルーヴル美術館」特別展 見どころ紹介

世界最高のミュージアムの1つとして名高い、フランス・パリのルーヴル美術館。建築、彫刻、絵画などに続き、9番目の芸術が“漫画”である。日本そしてフランスの漫画家たち16人による、ルーヴル美術館をテーマに描いた作品が一堂に会する「.. 続きを読む

浦沢直樹が“漫勉”新章で、自身の創作の秘密を明かす

浦沢直樹が“漫勉”新章で、自身の創作の秘密を明かす

NHK Eテレで9月15日(木)から4回にわたって、「浦沢直樹の漫勉」サード・シーズンが放送されることが分かった。同番組は、普段立ち入ることができない漫画家たちの仕事場に密着。“マンガ誕生”の瞬間をドキュメントする。そして、日本を代.. 続きを読む

国内外の人気漫画家がルーヴル美術館とコラボ!「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」

国内外の人気漫画家がルーヴル美術館とコラボ!「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」

1793年の開館以来200年以上の長い歴史を持つ世界最大級の美の殿堂、ルーヴル美術館。同館が日本とフランス語圏の著名漫画家とコラボレーションした、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9~漫画、9番目の芸術~」が、東京・六本木の森アー.. 続きを読む

荒木飛呂彦ら人気漫画家がルーヴル美術館を描く特別展

荒木飛呂彦ら人気漫画家がルーヴル美術館を描く特別展

ルーヴル美術館をテーマに日仏語圏の漫画家たちが自由に創作するプロジェクトが遂に日本上陸。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーでルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が、9月25日(日)まで開催中だ。フ.. 続きを読む

荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋らが描き下ろし作品を発表! ルーブル美術館×漫画展が今夏開催

荒木飛呂彦、谷口ジロー、松本大洋らが描き下ろし作品を発表! ルーブル美術館×漫画展が今夏開催

『ルーヴル美術館特別展「ルーヴル No.9 ~漫画、9番目の芸術~」』が、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで7月22日より開催される。1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つ世界最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」が、2.. 続きを読む

「浦沢直樹の漫勉」新シーズンに、花沢健吾らが登場!

「浦沢直樹の漫勉」新シーズンに、花沢健吾らが登場!

漫画家・浦沢直樹が、普段立ち入ることのできない漫画家たちの仕事に密着し、その創作秘話を探っていく“マンガ誕生ドキュメンタリー”「浦沢直樹の漫勉」(NHK Eテレ)のセカンドシーズンの放送が決定した。'14年11月に放送したパイロ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。