予防方法の最新情報

予防方法 に関するニュース検索結果   244件

キスだけでうつることも!コンドームでも防げない性感染症の数々

キスだけでうつることも!コンドームでも防げない性感染症の数々

コンドームをしているのに、性感染症が防げない理由避妊目的だけでなく、性感染症を防ぐためにコンドームが必須であることはわかっていても、実は「コンドームをしていれば大丈夫、ということはない」ことをご存じでしょうか?「性感染症.. 続きを読む

【30代女性に急増中!?】若年性更年期障害の特徴・予防方法について

【30代女性に急増中!?】若年性更年期障害の特徴・予防方法について

30代女性に多い若年性更年期障害とは?特徴について30代から起こる更年期障害に似た症状のことを「プレ更年期」や「若年性更年期障害」と呼ぶそうです。一体どのような特徴があるのか具体的にチェックしていきたいと思います。<若年性更.. 続きを読む

保育園でも警戒レベル「強」!はしかの感染経路と予防対策は?

保育園でも警戒レベル「強」!はしかの感染経路と予防対策は?

source:https://www.shutterstock.com/現在、ニュースなどでも伝えられている通り、はしか(麻しん)の流行が警戒されています。2018年3月20日に沖縄県内に旅行に来た外国人がはしかと診断されてから、なんと2018年だけで沖縄県を中心に.. 続きを読む

「麻疹で命の危機を感じるなんて…」 感染した人が体験した恐怖の1週間

「麻疹で命の危機を感じるなんて…」 感染した人が体験した恐怖の1週間

2018年3月末日から、沖縄県内で麻疹(はしか)の感染者が増え続けています。さらに、名古屋でも感染者が確認されるなど、麻疹の感染拡大が止まりません。また、麻疹は感染力が非常に強いことでも知られ、大型連休を前に感染への警戒が高.. 続きを読む

肩こりが原因で肌トラブルに?辛い肩こりを和らげて美肌を育てよう

肩こりが原因で肌トラブルに?辛い肩こりを和らげて美肌を育てよう

肩こりが肌トラブルを招く理由って?肩こりは血管が収縮して緊張状態になり、血行が悪くなることなどが原因で起こります。肩こりと肌トラブルは一見関係がない気がしますが、血行が悪くなることで美しい肌を保つのに欠かせない栄養や酸素.. 続きを読む

春から増えやすい「水虫」は、感染経路を断ってしっかり予防!

春から増えやすい「水虫」は、感染経路を断ってしっかり予防!

水虫の予防は感染経路を断つことがポイント~室内編~水虫を予防するには感染経路を断つことが大切なポイントです。【水虫の予防方法~室内編~】<家族と共用しない>白癬菌は水や土の中、床・畳など色んな場所にいるといわれています。.. 続きを読む

美容皮膚科医も実践!ほうれい線予防の顔マッサージとストレッチ

美容皮膚科医も実践!ほうれい線予防の顔マッサージとストレッチ

ほうれい線を予防するには筋肉を鍛えることも大切そもそも、なぜ加齢によって、ほうれい線ができてしまうのでしょうか?「ほうれい線は、さまざまな原因が複合的に重なってできます。すべて、加齢によって生じる現象なのですが、まず肌表.. 続きを読む

花粉症とインフルエンザ:症状の違いと子どもへの影響

花粉症とインフルエンザ:症状の違いと子どもへの影響

source:http://www.shutterstock.com/春になって暖かくなると悩まされる花粉症。日本人の約30%、つまり約3人に1人は花粉症を持っていると言われています。※1)この数は年々増加傾向にあるとも言われています。突発的にくしゃみや目の痒.. 続きを読む

ロゴを作りたい! と思ったときに決めること(Web担当者向け)

ロゴを作りたい! と思ったときに決めること(Web担当者向け)

こんにちは、ディレクターのむむです。新しくWebサイトを作成するときに、ロゴを制作する必要が出てくることも多いかと思います。しかしこのロゴ、決めることや気にすることがたくさんあること、ご存知でしたか?気にすることが多いとい.. 続きを読む

心血管系を鍛える運動がカギ。体力のある女性は認知症の発症率が約90%低いという研究結果

心血管系を鍛える運動がカギ。体力のある女性は認知症の発症率が約90%低いという研究結果

Image: Scott Olson/Getty Images いつまでも心穏やかに元気でいるためには、やっぱり運動が大事。認知症にならないために今のうちから何かできることはないか、心配している人も多いのではないで.. 続きを読む

専門医が解説!女性を悩ます外反母趾の原因と痛みの対処法

専門医が解説!女性を悩ます外反母趾の原因と痛みの対処法

外反母趾の症状は人によってまちまちですが、立っていられなくなるほどの酷い痛みに悩まされている方もいます。足のトラブルは人に話しづらいために痛みを我慢しがちですが、その我慢がより深刻な状態にしてしまうので注意が必要です。そ.. 続きを読む

痛いあかぎれ…原因と正しいケア、あかぎれの予防方法とは?

痛いあかぎれ…原因と正しいケア、あかぎれの予防方法とは?

あかぎれができる原因と潤してスムーズに治すケアって?そもそもあかぎれは、肌に深い亀裂が入って赤みや腫れ、出血を伴う症状のことを指します。あかぎれができると水に触れたりアルコール消毒などをするときに強い刺激を感じてしまいま.. 続きを読む

「朝つけたマスクを帰りも…」は絶対ダメ!インフルエンザ対策のカン違い

「朝つけたマスクを帰りも…」は絶対ダメ!インフルエンザ対策のカン違い

引き続き流行中の「インフルエンザ」。予防に努めている人も少なくないですが、中には間違った方法を日課にしている人もいる様子。そこで、前編で「インフルエンザの正しい知識」について伺った「池袋大谷クリニック」院長で医学博士の大.. 続きを読む

お口、臭ってない?歯科医に聞く「口臭の予防と改善法」

お口、臭ってない?歯科医に聞く「口臭の予防と改善法」

話している相手の口臭が気になって、話の内容が頭に入ってこない! なんて経験をしたことがある方は、少なくないと思います。あなたのお口は大丈夫でしょうか?他人の口臭に敏感な人は多くても、自分のこととなるとなかなか気づきにくい.. 続きを読む

アディダス監修の心拍トレーニングで市民ランナーも痛みなく完走!

アディダス監修の心拍トレーニングで市民ランナーも痛みなく完走!

近年、健康志向の高まりでランニングをする人も増えてきました。 「お腹がたるんできた」「昔に比べて体力がなくなった」などと感じている人は、生活習慣や食事などに気をつけることも大事ですが、まずはランニングにチャレンジしてみる.. 続きを読む

急性胃腸炎と感染性胃腸炎の違いは?家族の感染予防法は?

急性胃腸炎と感染性胃腸炎の違いは?家族の感染予防法は?

2人の子どもを持つママから、胃腸炎についての相談です。子どもたちがそれぞれ別の病院で、急性胃腸炎と感染性胃腸炎の診断を受けたものの、症状は同じだということです。2つの胃腸炎の違いと、看病する家族の感染予防方法について、医師.. 続きを読む

インフル予防にマスク効果なし? 厚労省の発表に「とはいっても…」

インフル予防にマスク効果なし? 厚労省の発表に「とはいっても…」

※写真はイメージ国内で、インフルエンザが猛威をふるっています。2018年1月26日の厚生労働省の発表によると、1月15日~21日にかけて医療機関を受診した人のうち、インフルエンザの患者数は約283万人と推計されます。家族や職場の同僚など.. 続きを読む

飲みすぎたデートの翌日も快調! 二日酔いとサヨナラする方法

飲みすぎたデートの翌日も快調! 二日酔いとサヨナラする方法

お酒が好きな彼とのデートは楽しくてついつい飲みすぎてしまう、という人も多いのではないでしょうか。今回は、デートや飲み会の翌日になりがちな「二日酔い」の不調とサヨナラする方法を解説します。二日酔いの症状と原因を知ろうまず、.. 続きを読む

発症前に「タミフル」服用も。インフルエンザ最前線2018

発症前に「タミフル」服用も。インフルエンザ最前線2018

.PROFILE吉田耕一郎(医学部医学科)専門:感染症、深在性真菌症、院内感染対策感染症の診断と治療、特に真菌による感染症を研究。抗菌薬耐性菌対策など、院内感染対策についても実践。厚生労働省が1月10日に発表した情報によりますと、定.. 続きを読む

手洗いうがいで満足しちゃダメ!家の中で「ウイルスが潜みやすい場所」とは…

手洗いうがいで満足しちゃダメ!家の中で「ウイルスが潜みやすい場所」とは…

source:https://www.shutterstock.com/毎年、冬になると猛威を振るう「インフルエンザ」。学級閉鎖や一家全員が感染してしまうなど、人に感染ると大変! 特に小さなお子様を育てているママや妊娠中の方だと、感染するのを防ぐために様.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。