中絶の最新情報

中絶 に関するニュース検索結果   387件

注目のトランスジェンダー女優に直撃! 人生に必要な3つの要素とは?

注目のトランスジェンダー女優に直撃! 人生に必要な3つの要素とは?

年齢を重ねていくと、愛する人との別れや耐え難い困難に見舞われたという経験もしたことがあるはず。そこで、自分らしく生きることの大切さと女性としての強さを感じさせてくれる映画をご紹介します。それは……。■ 魂を揺さぶる感動作『ナ.. 続きを読む

【実話】なぜ「援助交際」をしてはいけないの? 大阪のオバチャンが語った理由が強烈すぎ! 親や先生の説教より納得した話

【実話】なぜ「援助交際」をしてはいけないの? 大阪のオバチャンが語った理由が強烈すぎ! 親や先生の説教より納得した話

なぜ “援助交際” をしてはいけないのか? 学校では「あなたの心と体が傷つくからナントカ」とか言うけどピンと来ない。お金という対価を払い、売る側も買う側も納得しているんじゃないの? 何がダメなの?……なーんて質問をされたら、あ.. 続きを読む

「他人には聞きづらい…」ママたちの性の悩み22選

「他人には聞きづらい…」ママたちの性の悩み22選

友人や親、そして夫・妻…。性に関する悩みを誰にも相談できず、モヤモヤとしていませんか? ひょっとすると、それら悩みの解決につながるかもしれない記事を御紹介します。その1●他人には聞けない産後セックス問題出産後、夫(妻)との関.. 続きを読む

がんで余命宣告を受けた母親 彼女の命を救ったのは『タイタニック』の2人

がんで余命宣告を受けた母親 彼女の命を救ったのは『タイタニック』の2人

Gemma Nuttallイギリスに住むジェマさんは28歳の時、結婚を考えて交際していた男性との間に赤ちゃんができました。しかし喜びもつかの間。病院で妊娠の検査をした数日後、彼女の体から進行性の卵巣がんが見つかったのです。がんの治療を.. 続きを読む

「離婚・再婚」「実家が火事」「親の恋人は同年代」……ハードな人生を歩んできた“二世タレント”たち

「離婚・再婚」「実家が火事」「親の恋人は同年代」……ハードな人生を歩んできた“二世タレント”たち

一般的に二世タレントというと、金持ちで、私立の学校に行かせてもらい、小さい頃からチヤホヤされて……という印象がある。しかし、中にはかなり苦労している二世タレントも存在するのだ。まずは石田純一の息子・いしだ壱成。最近では19歳.. 続きを読む

日本は赤ちゃんを捨てる国?慈恵病院の「内密出産」で浮き彫りになる"望まない妊娠・出産"の実態

日本は赤ちゃんを捨てる国?慈恵病院の「内密出産」で浮き彫りになる"望まない妊娠・出産"の実態

日本で1年間に誕生する赤ちゃんの人数は約96万人。その一方、「望まない妊娠」などの理由で、年間16万8000件あまりの人工妊娠中絶が行われている。ここ数年、件数自体は減少傾向にあるものの、当事者である女性が周囲に相談できず、孤独.. 続きを読む

ハイテク国家怖すぎ……! 手術中に医師が“スマホ決済”で追加料金を請求

ハイテク国家怖すぎ……! 手術中に医師が“スマホ決済”で追加料金を請求

スマートフォンによる電子決済は、今や中国では当たり前の光景となりつつある。日常生活にすっかり浸透し、寺院の賽銭箱からホームレスへの投げ銭にまで広がるなど、キャッシュレス社会が到来している。そんな中、意外すぎる場所でスマホ.. 続きを読む

ある女性ガン患者の命を救うため、驚きの行動に出たレオ様&ケイト

ある女性ガン患者の命を救うため、驚きの行動に出たレオ様&ケイト

ケイト・ウィンスレットといえば、オスカーの受賞経験もある名実ともに人気のイギリス人女優だが、今回はレオナルド・ディカプリオと共に、がん患者の延命治療の発見に一役買ったようだ。妊娠中の子供が中絶となってしまうことを理由に、.. 続きを読む

出生時に「余命1時間」と言われた男児、10歳誕生日を迎える(英)

出生時に「余命1時間」と言われた男児、10歳誕生日を迎える(英)

我が子の誕生を待ち望んでいる親にとって、医師に中絶を勧められることほど辛いものはない。英ウォリックシャー州に住むある母親は、妊娠中に双子のひとりが稀な病気であることを宣告され、医師から「生まれても命は持たない」と告げられ.. 続きを読む

産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った

産婦人科でピルをもらった女性 周囲から聞こえてきた言葉に、耳を疑った

※写真はイメージ以前、ひどい生理痛と生理不順に悩んでいた、とある若い女性。男性と交際していたため、避妊も兼ねて産婦人科を受診することにしました。しかし、訪れた産婦人科で悲しい出来事が起こったといいます。「理解を深めてほし.. 続きを読む

全国35拠点で開催。女性のために走るチャリティラン大会

全国35拠点で開催。女性のために走るチャリティラン大会

世界では、なんと2分に1人の割合で女性が妊娠・出産・中絶が原因で命を落としているとか。その現実を知ってもらうために、「走ろう。自分のために。誰かのために。」をスローガンに、2018年3月3日(土)、4日(日)、チャリティラン大会『WHI.. 続きを読む

避妊したがらない彼。膣外射精で妊娠の確率はどれくらい?

避妊したがらない彼。膣外射精で妊娠の確率はどれくらい?

避妊したがらない彼との性交渉で、妊娠が心配だという悩みが寄せられています。膣外射精で妊娠する確率はどれくらいあるのかについて、専門家の皆さんの意見を聞いてみましょう。妊娠についての相談:「膣外射精における妊娠率はどれくら.. 続きを読む

お腹の子が生存不可能と宣告された妊婦 「臓器提供のために」と妊娠継続も願い叶わず(英)

お腹の子が生存不可能と宣告された妊婦 「臓器提供のために」と妊娠継続も願い叶わず(英)

お腹の子が致命的な欠陥を抱えていることを知った妊婦は悲しみのどん底に突き落とされたものの、臓器提供のために妊娠を継続することを決意した。ところがその子は臓器提供するにはあまりにも小さく、両親の願いが叶えられることはなかっ.. 続きを読む

近代的避妊法「ピル」はどうやって開発されたのか

近代的避妊法「ピル」はどうやって開発されたのか

近代的避妊法開発の歴史は、女性解放の歴史と一致する。つい最近まで女性は自らの意思で中絶することは許されていなかった。性と生殖は一体で、家族が承認の上でだけ許されることであり、女性が、家族が認めない異性と行う性行為および生.. 続きを読む

 それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

それでも〆切りはやってくる... 〆切りに泣いた大作家たち

「しめきり」。皆さんがこの言葉を最後に意識したのはいつですか? 「仕事の納期が迫っていて......」という人も中にはいるでしょうが、おそらく「〆切り」という単語を鬼気迫る存在として、これ以上ないほどひしひしと感じているのは作.. 続きを読む

妊活仲間とずっと一緒にいると「妊娠しづらいかもしれない」理由

妊活仲間とずっと一緒にいると「妊娠しづらいかもしれない」理由

source:https://www.shutterstock.com/「妊娠したい!」そう願う女性がたくさんいるのに、性が閉鎖的な日本では女友達にすら“妊活宣言”できない人も多いですよね。SNSが多く活用される中で、昨年、不妊治療で第3子を授かった東尾理子さ.. 続きを読む

「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた

「性欲が強いだけ」「ただのセックス好き」? セックス依存症の実態を専門家に聞いた

「セックス依存症」。2009年に不倫スキャンダルで世界を驚かせたタイガー・ウッズが、後にこの病気だったと発覚し、日本でもその病名は一般的に知られるようになった。最近でも、複数の女優からセクハラ行為で告発(Twitterに「#Me Too.. 続きを読む

安倍首相とメシを食ったあの人たちが上位に! 安倍政権御用ジャーナリスト大賞! 5位から2位、そして大賞発表 

安倍首相とメシを食ったあの人たちが上位に! 安倍政権御用ジャーナリスト大賞! 5位から2位、そして大賞発表 

5位●三浦瑠麗(国際政治学者)ついに安倍会食デビュー!「どっちもどっち論」で御用学者の実態を隠す曲者『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)で披露する、他の論客を鼻で笑いつつ繰り出す「上から目線」トークがなぜかウケているらしい若.. 続きを読む

ついに未来がやってくる。2017年に実現した、まるでSFな出来事たち

ついに未来がやってくる。2017年に実現した、まるでSFな出来事たち

未来の何がいけないって、なかなかやって来なくて、我々がつい現状こそ当たり前と思ってしまうことです。でも我々がいる現在だって、そう遠くない過去から見れば未来に違いありません。ここでは、それを思い出させてくれた2017年のフュー.. 続きを読む

最終話「コウノドリ」先天性疾患、医師たちの決断、四宮の笑顔、そしてインティライミ。ああ、優しかった

最終話「コウノドリ」先天性疾患、医師たちの決断、四宮の笑顔、そしてインティライミ。ああ、優しかった

荻島「『急いで行きたいなら、1人で行きなよ。遠くへ行きたいなら、みんなで行きなよ』。アフリカの言葉、俺の先輩が言ってたよ」「1人じゃない」「そばにいる」「いつでもここにいる」さまざまな登場人物の口から、人に寄り添う言葉が何.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。