中国人の最新情報

中国人 に関するニュース検索結果   2020件

ルクア大阪地下2階が拡大!「バルチカ」の新店18店全部見せます

ルクア大阪地下2階が拡大!「バルチカ」の新店18店全部見せます

2015年4月にJR大阪駅のほぼ真下にオープンした、ちょい飲み&ちょい食べができるスポット“バルチカ”。この人気スポットが12月19日(火)に大幅に拡大。新たに18店が加わり、合計27店に!そんなバルチカ新店を18店全部見せ!<※情報は関西ウ.. 続きを読む

【大炎上】時給400円で働かされた中国人実習生が作った服 / テレビ東京「ガイアの夜明け」が暴露 / 人気ブランド運営会社が謝罪

【大炎上】時給400円で働かされた中国人実習生が作った服 / テレビ東京「ガイアの夜明け」が暴露 / 人気ブランド運営会社が謝罪

2017年12月12日(火)22:00から放送されたテレビ東京の人気番組「ガイアの夜明け」にて、技術を学ぶため日本にやってきた中国人実習生が、縫製工場で時給400円で働かされていたと報じられた。・中国人実習生に給料未払いもしかも直近の休み.. 続きを読む

「紅虎餃子房」を全国区に拡大 外食業界の鬼才・中島武の“応援団魂”

「紅虎餃子房」を全国区に拡大 外食業界の鬼才・中島武の“応援団魂”

「外食業界の鬼才」と呼ばれる男がいる。それが『際コーポレーション』を率いる中島武(69)だ。都内で破竹の勢いを見せる『紅虎餃子房』、通称・紅虎を全国に73店舗、それ以外のブランドを含めると400店舗近くを全国で展開する"攻め続け.. 続きを読む

野村萬斎が中国の文豪・魯迅役について関西で語る! ~井上ひさしの名作劇『シャンハイムーン』で広末涼子と夫婦役に

野村萬斎が中国の文豪・魯迅役について関西で語る! ~井上ひさしの名作劇『シャンハイムーン』で広末涼子と夫婦役に

この芝居は、“ 人間と人間の信頼 ”、“ 基本的な人間のあり方 ”と、ああいう時代に日本人がやっていた“日本人の可能性”を信じて書かれています。自分がこの芝居を書いて思うのは、「○○人だから...とか△△人だから...ダメ」 というこ.. 続きを読む

グローバル化の加速で世界的に資産の流動化が急速に進む 香港保険の魅力は?

グローバル化の加速で世界的に資産の流動化が急速に進む 香港保険の魅力は?

英国のEU離脱、米国の超保守政権の誕生で世界のグローバル化は逆行するかのうように見えているが、企業そして個人資産のグローバル化には歯止めがからない。日本が国外に持つ海外にある資産は2016年末で、対外資産残高が前年末比5%増の9.. 続きを読む

中国のおすすめ観光地20選! 4000年の歴史が作り出す?! 中国の魅力あるスポットを紹介

中国のおすすめ観光地20選! 4000年の歴史が作り出す?! 中国の魅力あるスポットを紹介

世界遺産の黄龍風景区や紫禁城、万里の長城を見に行くなど、観光スポットが多くある中国。日本からも行きやすく、学生旅行にぴったりの国のひとつでもあります。安近短の要素が凝縮されている中国は、出かける側から考えるとプランは選び.. 続きを読む

タイ、イタリアン、中華!現地の本格メニューが味わえるルクア「バルチカ」の新店6選

タイ、イタリアン、中華!現地の本格メニューが味わえるルクア「バルチカ」の新店6選

2015年4月にJR大阪駅のほぼ真下にオープンした、ちょい飲み&ちょい食べができるスポット“バルチカ”。この人気スポットが12月19日(火)に大幅に拡大。新たに18店が加わり、合計27店になる。そんな個性的な店が軒をつらねるバルチカで、世.. 続きを読む

大黒摩季、応援歌を「絶対に主観で書かない」理由 - "不器用な言葉"を超えて夢の架け橋に

大黒摩季、応援歌を「絶対に主観で書かない」理由 - "不器用な言葉"を超えて夢の架け橋に

●「摩季A」が「摩季B」を俯瞰する作詞論10月25日、東京アメリカンクラブで公益財団法人ボランティア団体「メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン」の25周年記念パーティが開催され、テーマソング「Make A Wish」を無償提供した歌手・大黒.. 続きを読む

地方出身者に「ビジランテ」の閉塞と鬱屈が刺さった。「サイタマノラッパー」入江悠監督、埼玉に帰還

地方出身者に「ビジランテ」の閉塞と鬱屈が刺さった。「サイタマノラッパー」入江悠監督、埼玉に帰還

入江悠監督、埼玉に帰還す2009年、埼玉で燻るラッパー志望の若者(実家暮らし)の悪戦苦闘を描いた『SR サイタマノラッパー』で注目を浴びた入江悠監督。2012年に公開された『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』以来、入江監.. 続きを読む

「えっ…」と、日本人なら思わず言ってしまいそうな世界のグルメ事情

「えっ…」と、日本人なら思わず言ってしまいそうな世界のグルメ事情

もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画が紹介していた。味や素材だけではなく、見た目もギョッ!としてしまうものばかり。なので、今回は文字.. 続きを読む

【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果…嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」

【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果…嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」

人は平気で嘘をつく。嘘をつかなくても、事実を隠す。誰もがとは言わないが、そういう類の人がいるというのはわかっているはずなのに! 自分に都合のいいことは、何の根拠がなくても信じてしまいがち。そして真実を知ってしまったとき…….. 続きを読む

「予約ドタキャン」被害額は年2000億円!一方中国では…

「予約ドタキャン」被害額は年2000億円!一方中国では…

wavebreakmedia / PIXTA(ピクスタ)忘年会シーズンの到来だ。そういった場合に飲食店を事前予約するのは当然の手順だが、最近はデートや接待での“ドタキャン”が増えて問題になっている。「飲食店を悩ませているのは、ただの予約キャンセル.. 続きを読む

ミャンマーのおすすめ観光地20選! 訪れるべき古代遺跡や仏教寺院を紹介

ミャンマーのおすすめ観光地20選! 訪れるべき古代遺跡や仏教寺院を紹介

熱心な仏教国、どこまでも続く田園風景、黄金色に輝くパゴダ(仏塔)など、ミャンマーの人々の心は仏教への信仰にあり、生活の中には深く仏教が根付いています。そんなミャンマーの古代遺跡や仏教寺院、自然に会いに行ってみませんか? .. 続きを読む

【中国オタクのアニメ事情】手堅い所が人気となった中国での10月新作アニメ、その横で中華ネタへの反発も

【中国オタクのアニメ事情】手堅い所が人気となった中国での10月新作アニメ、その横で中華ネタへの反発も

中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。今回は中国の動画サイトで配信されている日本の10月の新作アニメの人気や、最近の中国で目立つようになってきている、日本の作品における中華関係の描写に対する反発な.. 続きを読む

“元ひきこもり”による“ひきこもり”のためのメディア 「ひきこもり新聞」のあくなき挑戦

“元ひきこもり”による“ひきこもり”のためのメディア 「ひきこもり新聞」のあくなき挑戦

内閣府が2016年に調査した結果によれば、現在、全国で「ひきこもり」と呼ばれる存在が約54万人いるという。ただ、これは15~39歳を対象にした結果で、もっと上の年代を合わせればさらに膨大な数になると言われている。厚生労働省は2018年.. 続きを読む

【成人】幼稚園児にしか見えない21才! コスプレイヤーLoluuuuuuさんが合法ロリどころかもはや2次元レベルの存在感

【成人】幼稚園児にしか見えない21才! コスプレイヤーLoluuuuuuさんが合法ロリどころかもはや2次元レベルの存在感

「見た目は子供! 頭脳は大人!」と言えば『名探偵コナン』だが、この度まさしく見た目は子供、中身は大人な女性が発見されたと話題になっている。その写真を見てみると……どう見ても幼稚園児! 頑張っても女子小学生!! まさに合法ロリ.. 続きを読む

夢の海外就職なのに手取り11万円のブラック労働…イジメ、盗聴も!? 日本人女性に待っていた過酷な現実

夢の海外就職なのに手取り11万円のブラック労働…イジメ、盗聴も!? 日本人女性に待っていた過酷な現実

先日、ブラック企業大賞が発表された。長時間労働なうえに低賃金、パワハラ、セクハラ、過労死……。聞こえてくるのはネガティブな要素ばかり。これ以上日本にいたらおかしくなってしまいそう。いまグローバル社会が叫ばれて久しい。念願の.. 続きを読む

SEVENTEEN登場! ボカチ、パフォチの初出情報たっぷり! 前編【K-POPの沼探検】#40

SEVENTEEN登場! ボカチ、パフォチの初出情報たっぷり! 前編【K-POPの沼探検】#40

今年2017年がセブンティーンの年、ということもあってか(!)進化の勢いが止まらないK-POPグループ「SEVENTEEN」がanan本誌(2081号12/6発売)とananweb(前編・後編・おまけ)にたっぷり登場! webの前編はVOCALチーム(ボカチ)とPERF.. 続きを読む

【炎上】中国の動物園がニセモノだらけで炎上 / ペンギンはビニール製! “野生動物” は市場で購入か → 衝撃の証言でまさかの展開に

【炎上】中国の動物園がニセモノだらけで炎上 / ペンギンはビニール製! “野生動物” は市場で購入か → 衝撃の証言でまさかの展開に

世界のパチモンシーンを牽引する中国。なかには笑いを誘う品も多いが、いまある “ニセモノ” が問題視されている。中国人さえも「これはヒドイ」とブチギレ大炎上! なんと「ニセモノだらけの動物園」が爆誕していたというのだ。犬をパン.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! SF編】狂気の細菌兵器、すでにはじまっている破滅

【今週はこれを読め! SF編】狂気の細菌兵器、すでにはじまっている破滅

表題の「破滅の王」とは、治療法のない細菌兵器のことだ。常識で考えれば、治療法がなければ兵器として成立しない。破壊兵器と異なり、細菌は標的を絞れない。地に放てば、敵味方関係なく冒していく。そんなものを実戦投入できるはずがな.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。