ワンダーウーマンの最新情報

ワンダーウーマン に関するニュース検索結果   503件

紅蘭、経営会社の業績アップを報告「大きな金を動かすことが増えてきた」

紅蘭、経営会社の業績アップを報告「大きな金を動かすことが増えてきた」

俳優・草刈正雄の愛娘でモデルの紅蘭が2月20日、自身の立ち上げた新ビジネスに関する近況を報告。その際、「大きな金を動かすことが増えてきた」ことを明かし、ネット上のファンの間で注目を集めている。 本日放送 「ソノサキ」23:25.. 続きを読む

美女がたった1人で50人以上のヤクザをギッタギタ! 映画『悪女/AKUJO』監督に聞く「アクションへのこだわり」

美女がたった1人で50人以上のヤクザをギッタギタ! 映画『悪女/AKUJO』監督に聞く「アクションへのこだわり」

韓国発の最先端スタイリッシュ・ヒロインアクション映画『悪女/AKUJO』が、2月10日(土)より全国公開となります。監督を務めたのは、日本でも昨年リメイクされた『殺人の告白』を生み出したチョン・ビョンギル。最愛の人を殺された1人.. 続きを読む

『ティーン・タイタンズGO!』が映画化!最新トレーラーが公開!

『ティーン・タイタンズGO!』が映画化!最新トレーラーが公開!

アニメーション専門チャンネル・カートゥーンネットワークで放送中のアニメ『ティーン・タイタンズGO!』が映画化を果たす。タイトルは『Teen Titans GO! To The Movies』だ。公開されたトレーラーでは海外でも大ヒットとなっている実写.. 続きを読む

「痛みを乗り越えた子ども」だけがなれる、スーパーヒーロー。

「痛みを乗り越えた子ども」だけがなれる、スーパーヒーロー。

突然ですが、あなたにとってスーパーヒーロー的存在はいますか?子どもの頃は、映画に出てくるキャラクターだったり、◯◯レンジャーだったり、はたまた自分の父親だったかもしれません。でも、大人になった今はどうでしょう?この問いを自.. 続きを読む

『パディントン2』最強スタッフが明かす"かわいい世界観"のこだわりポイントとは?

『パディントン2』最強スタッフが明かす"かわいい世界観"のこだわりポイントとは?

イギリス生まれの愛すべきクマのキャラクターを主人公に、世界中で愛されるロングセラー児童小説を実写化した映画シリーズ第2作 『パディントン2』。現在大ヒット公開中の本作だが、美術を担当したゲイリー・ウィリアムソン(『パディン.. 続きを読む

予算足らず、山田孝之のオファー叶わず!『鷹の爪団』PR映像は“鶏の声”に変更

予算足らず、山田孝之のオファー叶わず!『鷹の爪団』PR映像は“鶏の声”に変更

『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』のブルーレイ&DVD発売が決定し、PR映像が公開された。だが、映画本編では、山田孝之が演じていたバットマンの声が、予算の関係上“鶏の声”になっているという珍事が発生している。【写真】「山田孝.. 続きを読む

『ワンダーウーマン』主演ガル・ガドット、アカデミー賞からの締め出しに対する前向きな発言に称賛

『ワンダーウーマン』主演ガル・ガドット、アカデミー賞からの締め出しに対する前向きな発言に称賛

先日、第90回アカデミー賞のノミネートが発表されたが、『ワンダーウーマン』が全く候補に入っていないことに驚いたファンは多かっただろう。作品賞や監督賞はともかく、衣装デザイン賞や音響編集賞、美術賞、メイクアップ&ヘアスタイリ.. 続きを読む

【キスマイ】ジャニヲタが初めてアメコミを見るとこうなった!『ジャスティス・リーグ』は“藤北が尊い物語”

【キスマイ】ジャニヲタが初めてアメコミを見るとこうなった!『ジャスティス・リーグ』は“藤北が尊い物語”

去年「キックボクシング業界にドルヲタの風潮を取り込んでみた」という記事を書いた。実に私利私欲にまみれた、よい記事だったように思う。そして先日、その記事を見たであろう編集部の方から1通のメールが届いた。■「アメコミ×関ジャニ∞.. 続きを読む

2017年最高の映画は『ラ・ラ・ランド』 邦画1位『忍びの国』

2017年最高の映画は『ラ・ラ・ランド』 邦画1位『忍びの国』

映画レビューサービスのFilmarks(フィルマークス)が、2017年劇場で上映された映画を対象に、ユーザー投票によって今年最高の1本を決める「FILMARKS AWARDS 2017」の結果を発表した。1位に輝いたのは、アカデミー賞6部門受賞の『ラ・ラ・.. 続きを読む

中西香菜&高木紗友希&山木梨沙、20歳を迎え大人(!?)な女子会トーク♪【ハロプロ誕生20周年記念連載】

中西香菜&高木紗友希&山木梨沙、20歳を迎え大人(!?)な女子会トーク♪【ハロプロ誕生20周年記念連載】

月刊ザテレビジョンでスタートした、ハロー!プロジェクト誕生20周年記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。WEB版のスペシャルインタビューとして、先日、成人式を迎えた20歳のハロプロメンバーの3人、中西香菜、高木紗友希、山木梨沙が登場! 本.. 続きを読む

【映画】ヲタガチ推し!2018年に観ておくべき「アメコミ系ジャンルムービー」18選

【映画】ヲタガチ推し!2018年に観ておくべき「アメコミ系ジャンルムービー」18選

アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画やジャンル映画(ホラーやSF、アクション映画など固定ファンのいる映画)の紹介をしている杉山すぴ豊と申します。さて洋画エンタテインメントの1ジャンルとしてすっかり定着した感のあるアメ.. 続きを読む

「最も興行収入を稼いだ俳優」『ワイスピ』V・ディーゼル&D・ジョンソンがワンツー

「最も興行収入を稼いだ俳優」『ワイスピ』V・ディーゼル&D・ジョンソンがワンツー

米経済誌「Forbes」が毎年恒例の「最も興行収入を稼いだ俳優」を発表。2017年度はメガヒットシリーズ『ワイルド・スピード』の俳優ヴィン・ディーゼルが、16億ドル(約1760億円)の世界興行収入を稼いで1位に輝いた。【写真】「2017年に.. 続きを読む

『HOMELAND』のあの人が『レギオン』シーズン2の悪役に!

『HOMELAND』のあの人が『レギオン』シーズン2の悪役に!

X-MENシリーズの設定をベースに実写化され、『ダウントン・アビー』のダン・スティーヴンスを主演に迎えた初のTVシリーズ『レギオン』。本作のシーズン2に、人気ドラマ『HOMELAND/ホームランド』でアブ・ナジールを演じたナヴィド・ネガ.. 続きを読む

スティーブン・スピルバーグ、アカデミー賞監督賞の候補に女性監督の名前が挙がると予想

スティーブン・スピルバーグ、アカデミー賞監督賞の候補に女性監督の名前が挙がると予想

先日のゴールデン・グローブ賞の授賞式で、監督賞のプレゼンターを務めたナタリー・ポートマンが「候補者の男性はこちらの方々です」と発言したことが話題になっているが、これに関連して、スティーブン・スピルバーグはアカデミー賞監督.. 続きを読む

手の平サイズから1メートル超えまで、お年玉で手に入れたいフィギュア5選!

手の平サイズから1メートル超えまで、お年玉で手に入れたいフィギュア5選!

お正月も10日をすぎ、手に入れたお年玉でなにを買おうか悩んでいる人がいたら、映画作品のフィギュアをおすすめしたい!ここでは編集部が選んだオススメの5種類のフィギュアをご紹介。■ 『パシフィック・リム:アップライジング』の巨大.. 続きを読む

『ワンダーウーマン』、続編は「全く新しい冒険になる」とパティ・ジェンキンス監督が明かす

『ワンダーウーマン』、続編は「全く新しい冒険になる」とパティ・ジェンキンス監督が明かす

どうやら『ワンダーウーマン2』では、何らかの新しい展開が期待できそうだ。2017年公開の前作に引き続き監督を務めるパティ・ジェンキンスがパームスプリングス映画祭に登壇し、エンタメ情報サイト『ET』とのインタビューで続編について.. 続きを読む

2017年の世界の映画興収ランキング1位に『美女と野獣』

2017年の世界の映画興収ランキング1位に『美女と野獣』

2017年の世界の映画興収ランキング(「Box Office Mojo」調べ)で『美女と野獣』が1位だった事が分かった。エマ・ワトソンなどのキャストにより、ディズニーの同名の長編アニメーション映画を実写リメイクした『美女と野獣』が、見事、20.. 続きを読む

ガル・ガドットからマライア・キャリーまで・・・第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式はプレゼンターも超豪華!

ガル・ガドットからマライア・キャリーまで・・・第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式はプレゼンターも超豪華!

第75回ゴールデン・グローブ賞が明日、日本時間の1月8日に開催される。華やかな授賞式へ向けて着々と準備が進められているが、今年のプレゼンターも超豪華だ。同賞を主催するハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)は、この年末年始に今回.. 続きを読む

『ワンダーウーマン2』、ほかのDCユニバースにつながらない単独作品か 監督が示唆

『ワンダーウーマン2』、ほかのDCユニバースにつながらない単独作品か 監督が示唆

女優ガル・ガドットが主演し、2017年の大ヒット映画となった『ワンダーウーマン』の続編について、監督のパティ・ジェンキンスが第2弾はほかのDCスーパーヒーロー系映画とは絡まない単独作品になる可能性があることを示唆した。【関連】.. 続きを読む

 第56回 2018年は、これからのアメコミ映画を担う1年!?

第56回 2018年は、これからのアメコミ映画を担う1年!?

今年もよろしくお願いいたします!さて2018年というのはこれからのアメコミ映画を担う1年になるのでしょう。僕はアメコミ映画のエポックメイキングになったのは2008年、2012年だと思っているのですが、その2つの年に匹敵します。まず2008.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。