ロシアの最新情報

ロシア に関するニュース検索結果   6714件

2018年がわかる「激動の核心」<国際紛争>(2)米中衝突の可能性すらある

2018年がわかる「激動の核心」<国際紛争>(2)米中衝突の可能性すらある

金正恩氏が暴走する近未来がこうも予測されるのであれば、やはり気になるのは、米朝軍事衝突の可能性である。なんと韓国・国家情報院の関係者は最近、取材にこう証言したのだ。「3月の平昌五輪後に米朝が武力衝突するとの見方がある。と.. 続きを読む

「パリ協定復帰」発言から読み取る、トランプ政権の思惑とは?

「パリ協定復帰」発言から読み取る、トランプ政権の思惑とは?

速水健朗と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス・フライデー」。1月12日(金)放送の「WAKEUP NEWS」のコーナーでは、ジャーナリストの堀田佳男さんに「アメリカのパリ協定への復帰発言」について伺いました。.. 続きを読む

2018年がわかる「激動の核心」<スポーツ>(2)藤田菜七子のGI初騎乗は買い?

2018年がわかる「激動の核心」<スポーツ>(2)藤田菜七子のGI初騎乗は買い?

いよいよ2月に開催される平昌五輪だが、安全面の欠陥が心配されていた。何よりひどいのが施設。開会式が行われるオリンピアプラザは屋根も外壁もなく、選手と観客は寒風地獄にさらされる。観客に毛布とカイロを配る予定だというが、氷点.. 続きを読む

米津真浩&小瀧俊治の快活に響く連弾 4手の競演 『サンデー・ブランチ・クラシック』ライブレポート

米津真浩&小瀧俊治の快活に響く連弾 4手の競演 『サンデー・ブランチ・クラシック』ライブレポート

“サンデー・ブランチ・クラシック” 2017.12.3ライブレポート 日曜の午後を渋谷のカフェで、クラシックを聴きながら過ごすひと時を。 12月3日のサンデー・ブランチ・クラシックは2人のピアニスト、米津真浩と小瀧俊治による1台4手の連弾.. 続きを読む

「安倍さんには早く辞めてもらって」田中眞紀子氏が自民党、進次郎氏、そして野党をメッタ斬り!

「安倍さんには早く辞めてもらって」田中眞紀子氏が自民党、進次郎氏、そして野党をメッタ斬り!

1993年、同期で初当選し、共に将来の総理候補と言われた田中眞紀子氏と安倍総理。安倍総理の祖父・岸信介氏と眞紀子氏の父・田中角栄氏は共に自民党で大派閥を率い、総理大臣も務めた関係にあり、小泉政権下では、それぞれ外務大臣と官房.. 続きを読む

買いたい! 菓子研究家セレクトの日本全国“ローカルチョコ”

買いたい! 菓子研究家セレクトの日本全国“ローカルチョコ”

「地方へ出かける時はその土地で生まれ、愛され続けているお菓子をできるだけチェックします」という菓子・料理研究家の山本ゆりこさん。そんな中で出合った日本各地のおいしいチョコレートをご紹介。「旅先で見つけ、持ち帰ったお菓子を.. 続きを読む

“竹林W不倫報道”のフジ秋元優里アナ、遺された道は「廃業」か「ぶっちゃけキャラ」しかない!?

“竹林W不倫報道”のフジ秋元優里アナ、遺された道は「廃業」か「ぶっちゃけキャラ」しかない!?

新年早々、強烈な“文春砲”が炸裂した。10日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、フジテレビ・秋元優里アナと、同局の40代プロデューサーとのW不倫を報じたのだ。同誌によれば、2人は昨年クリスマスの深夜に神奈川県下の竹林で、年明け4日.. 続きを読む

セルジオ越後、本田や香川らの落選に持論「もっと早く外すべきだった」

セルジオ越後、本田や香川らの落選に持論「もっと早く外すべきだった」

サッカー解説者のセルジオ越後が、1月14日に放送された『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。先週に引き続き、今年6月に開催が迫るロシアワールドカップの展望を語った。昨年、日本代表は欧州遠征でブラジル、ベ.. 続きを読む

ネイサン・チェン、羽生結弦に勝って感じた「気まずい思い」とは?

ネイサン・チェン、羽生結弦に勝って感じた「気まずい思い」とは?

今シーズンのフィギュアスケートGPシリーズ、ロシア大会で羽生結弦選手に勝利したアメリカのネイサン・チェン選手だが、ある海外メディアのインタビューで、その時の心情を振り返っている。インタビュアーである元アスリートが、自身が絶.. 続きを読む

種類も量も大満足!ポーランドの伝統食「ピエロギ」をワルシャワで

種類も量も大満足!ポーランドの伝統食「ピエロギ」をワルシャワで

「ピエロギ」という料理をご存じだろうか。ポーランドの伝統料理のひとつなのだが、日本人ならとても馴染みのある形に見える。そう、それは「餃子」に非常によく似た料理なのだ。日本や中国では「餃子」として、そしてロシアでは「ペリメ.. 続きを読む

知れば大河が面白くなる!西郷隆盛の「意外な実像」

知れば大河が面白くなる!西郷隆盛の「意外な実像」

上野公園の銅像で知られる稀代の英雄が、ついに日曜夜8時のテレビに登場だ。その意外な実像を紹介!「もし馬鹿なら大きな馬鹿で、利口なら大きな利口だろう」 坂本龍馬にそう評された西郷隆盛は、幕末維新の大立役者。2018年NHK大河ドラ.. 続きを読む

NHK
日韓合意問題で八代弁護士、志らくが韓国バッシング! でも異常なのは、慰安婦問題を葬り五輪欠席する安倍首相のほう

日韓合意問題で八代弁護士、志らくが韓国バッシング! でも異常なのは、慰安婦問題を葬り五輪欠席する安倍首相のほう

来月の平昌五輪開会式への出席を見送る方針を見せている安倍首相。慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意をめぐって、韓国の文在寅大統領が「自発的で誠実な謝罪」を日本に求めるなどの新方針を示したことに対する嫌がらせだ。さらに昨日、.. 続きを読む

TBS
セルジオ越後、日本の弱点を指摘 ロシアW杯での戦い方とは

セルジオ越後、日本の弱点を指摘 ロシアW杯での戦い方とは

サッカー解説者のセルジオ越後が、1月14日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。先週に引き続き、今年6月に開催が迫るロシアワールドカップの展望を語る。昨年、日本代表は欧州遠征でブラジル、ベルギーと.. 続きを読む

近代的避妊法「ピル」はどうやって開発されたのか

近代的避妊法「ピル」はどうやって開発されたのか

近代的避妊法開発の歴史は、女性解放の歴史と一致する。つい最近まで女性は自らの意思で中絶することは許されていなかった。性と生殖は一体で、家族が承認の上でだけ許されることであり、女性が、家族が認めない異性と行う性行為および生.. 続きを読む

「骨折」メドベージェワは平昌五輪に出場できるのか?

「骨折」メドベージェワは平昌五輪に出場できるのか?

フィギュアスケート界では、男子の絶対王者、羽生結弦選手のケガがオリンピックまでに完治できるのかに注目が集まっている。一方の女子でも、ロシアの女王、エフゲニア・メドベージェワ選手がGPファイナル(12/7~9)直前に足の甲の骨折.. 続きを読む

始めて1年、「粘菌」に着想を得たプログラムがグランプリに 小学生プログラマー誕生のきっかけは“遊び場”

始めて1年、「粘菌」に着想を得たプログラムがグランプリに 小学生プログラマー誕生のきっかけは“遊び場”

中学校で2012年から必修となったプログラミングが、2020年から小学校でも必修化される。文部科学省によると「時代を超えて普遍的に求められる力」を身につけることを目的とし、課題解決に向けてどう行動したらいいかを考える力を養うとい.. 続きを読む

「ICOの基軸通貨」イーサリアム母さんは子だくさん!――マンガで覚える「仮想通貨今昔物語」

「ICOの基軸通貨」イーサリアム母さんは子だくさん!――マンガで覚える「仮想通貨今昔物語」

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアムを抜きに、仮想通貨は語れない! 若き天才の手によって生み出されたイーサリアムはなぜコイナーたちを魅了してやまないのか? その魅力を仮想通貨投資家にしてイラストレーターのえりしー.. 続きを読む

伝説のテレビマン・星野淳一郎とは何者だったのか - 盟友・吉田正樹の証言(前編)

伝説のテレビマン・星野淳一郎とは何者だったのか - 盟友・吉田正樹の証言(前編)

●『笑っていいとも!』をつくった男2017年12月1日、伝説のテレビディレクターが亡くなった。星野淳一郎(享年57)。『夢で逢えたら』や『ダウンタウンのごっつええ感じ』(いずれもフジテレビ)をつくった男である。"楽しくなければテレビじゃ.. 続きを読む

TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』、第1話先行場面カット&ゲストキャスト公開

TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』、第1話先行場面カット&ゲストキャスト公開

本日2018年1月12日(金)より放送開始となるTVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』。その第1話「プレイボール」のあらすじ&先行場面カット、そして第1話より登場するゲストキャストの情報が公開された。○●TVアニメ『博多豚骨ラーメンズ』、第1話.. 続きを読む

2018年は“混乱の年”!? 世界の注目ニュースを解説

2018年は“混乱の年”!? 世界の注目ニュースを解説

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。1月8日(月・祝)放送の「クロノスPLUS」のコーナーでは、ジャーナリスト・仲野博文さんに「2018年の気になる世界のニュース」について伺いました。まず話題.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。