レッド・ツェッペリンの最新情報

レッド・ツェッペリン に関するニュース検索結果   170件

【コーチェラ2018現地レポート】ツェッペリンを彷彿させるロック界の若きホープ、グレタ・ヴァン・フリートの圧倒の演奏力&歌唱力

【コーチェラ2018現地レポート】ツェッペリンを彷彿させるロック界の若きホープ、グレタ・ヴァン・フリートの圧倒の演奏力&歌唱力

米カリフォルニア州インディオにて毎年開催されている世界的野外音楽フェスティバル【コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル】。昨年に続きBillboard JAPANの特派員が、2018年4月13日~15日にかけて行われたウィークエ.. 続きを読む

新生活の始まりに聴きたくなる5曲

新生活の始まりに聴きたくなる5曲

花見シーズンも終わり、地面にはピンクの花びらがたくさん落ちている光景を見ると、少し寂しい気持ちになります。それと同時に4月と言えば、入学、入社と新しい生活をスタートする人たちも多いことでしょう。これまでと環境がガラッと変.. 続きを読む

セレブに厳しいレッド・ツェッペリンの代表曲『天国への階段』

セレブに厳しいレッド・ツェッペリンの代表曲『天国への階段』

レッド・ツェッペリンの代表曲、『天国への階段』のテーマについて、作詞したロバート・プラントがこう語っています。"a woman getting everything she wanted without giving anything back."「得られるものすべてを欲しがるのに何も返.. 続きを読む

『3月29日はなんの日?』イギリス音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日

『3月29日はなんの日?』イギリス音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日

3月29日はイギリス・ロンドンの由緒正しき演劇場のひとつとして世界的に知られている、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日である。ロイヤル・アルバート・ホールはヴィクトリア女王が最愛の夫・アルバート公に捧げた演劇場で、187.. 続きを読む

プー・ルイ卒業、レンタルトレード終了を迎えたBiS 新展開を予感させる、美学さえ感じられたステージ 【ライブレポート】

プー・ルイ卒業、レンタルトレード終了を迎えたBiS 新展開を予感させる、美学さえ感じられたステージ 【ライブレポート】

その破天荒な活動で話題を呼んでいるBiSは2010年に結成、その後2014年に一度解散したものの、リーダーのプー・ルイを中心に2016年に再始動、2017年に2度目のメジャーデビューを発表と、これから益々の活動が期待されるグループである。が.. 続きを読む

出会いと別れの季節に聴きたくなる5曲

出会いと別れの季節に聴きたくなる5曲

まだまだ寒い日が続きますけど、温かい日がポッと出てきたりと、そろそろ春の足音が近づいています。毎年のことですが、3月はアーティストの作品数も多く、作風的にも春っぽい曲を出したり、冬の余韻を引きずった曲を出したり、または出.. 続きを読む

Nothing's Carved In Stone  さらなる進化を込めアニバーサリーイヤーに放つ快作『Mirror Ocean』と10年の歩みを語る

Nothing's Carved In Stone さらなる進化を込めアニバーサリーイヤーに放つ快作『Mirror Ocean』と10年の歩みを語る

結成10周年を迎える18年の第1弾として、Nothing's Carved In Stoneは全曲が新曲からなる9作目のアルバム『Mirror Ocean』をリリースした。10周年のアニーバーサリーとして、多くのバンドがそうするようにベスト・アルバムをリリース.. 続きを読む

ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリン再結成ライブの可能性を否定 新音源のリリースは準備中

ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリン再結成ライブの可能性を否定 新音源のリリースは準備中

2018年で結成50周年を迎えたレッド・ツェッペリンのジミー・ペイジが音楽雑誌プラネット・ロックとのインタビューで、再結成ライブの可能性を否定した。「現実を直視しなければならない。一度だけマジなコンサートを何とか成し遂げたO2(.. 続きを読む

ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』

ブリティッシュロックの最高峰として今も君臨する『レッド・ツェッペリン II』

1969年にリリースされ、ブリティッシュロック界の至宝とされるのがレッド・ツェッペリンのデビュー作『レッド・ツェッペリン I』と2ndアルバムの『レッド・ツェッペリンII』である。どちらも極めて優れたアルバムで、1年の間に2枚の秀作.. 続きを読む

レッド・ツェッペリン、ジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源発売

レッド・ツェッペリン、ジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源発売

結成50周年を迎えるロックレジェンド、レッド・ツェッペリンが、2003年に発表したライヴ・アルバム『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』のニュー・エディション盤を発表することが決定した。このニュー・エディション盤は、今までのカ.. 続きを読む

レッド・ツェッペリン、『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』のジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源が発売決定

レッド・ツェッペリン、『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』のジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源が発売決定

2018年の9月で結成50周年を迎えるレッド・ツェッペリンが、2003年に発表したライブアルバム『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』のニュー・エディション盤を発表することが決定した。本作は、今までのカタログ作品のリイシュー同様、ジ.. 続きを読む

ロックがクラシックになった? 1966カルテットの熱い名演に英国ロックの魅力を再発見

ロックがクラシックになった? 1966カルテットの熱い名演に英国ロックの魅力を再発見

“サンデー・ブランチ・クラシック” 2017.12.10ライブレポート 毎週日曜日の渋谷で、実力のある奏者を招いて開催される『サンデー・ブランチ・クラシック』。「クラシック」と銘打ってはいるが、枠にとらわれず、ジャズやポップスなどを.. 続きを読む

androp インタビュー 挑戦に満ちた2017年の振り返りと2018年最初の“切り札”「Joker」について、4人が語る

androp インタビュー 挑戦に満ちた2017年の振り返りと2018年最初の“切り札”「Joker」について、4人が語る

インタビュー中でも触れているが、2017年のandropの動向を「想定内だった」と言える人はほとんどいないんじゃないか。それくらい、彼らは新たな試みへと次々に挑み、成功させていった。Creepy Nutsとのコラボレーション及びこれまでのパ.. 続きを読む

NHK
『1月3日はなんの日?』元レッド・ツェッペリン、ジョン・ポール・ジョーンズの誕生日

『1月3日はなんの日?』元レッド・ツェッペリン、ジョン・ポール・ジョーンズの誕生日

1月3日はレッド・ツェッペリンのベーシストとして知られる“ジョンジー”ことジョン・ポール・ジョーンズの72歳の誕生日。ジョン・ポール・ジョーンズは1946年1月3日、イングランド・ケント州生まれ。卓越した技術と安定した演奏力でレッド.. 続きを読む

作曲家・藤澤慶昌 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第20回)

作曲家・藤澤慶昌 ロングインタビュー!(アニメ・ゲームの“中の人” 第20回)

アニメやゲームの登場人物にドラマがあるように、クリエイターにも劇的な人生がある。「アニメ・ゲームの“中の人”」インタビューでは、そんな彼らの物語を紹介している。第20回は作曲家の藤澤慶昌さん。今では劇伴作曲家として令名をはせ.. 続きを読む

肉食系必見!! 牛・羊・鹿肉など5種類のステーキがずらり並ぶ旭川の店

肉食系必見!! 牛・羊・鹿肉など5種類のステーキがずらり並ぶ旭川の店

北海道と言ったら海鮮のイメージが強いと思いますが、“肉”も負けてはいません! 北海道ならではの羊肉、そしてジビエとして注目をされている鹿肉のほか、牛・豚・鶏肉と5種類の肉を使ったステーキが食べられる店として、肉好きに注目され.. 続きを読む

【テレビの開拓者たち / 前田直敬】日テレ「バズリズム」プロデューサーが語る“音楽番組の存在意義”

【テレビの開拓者たち / 前田直敬】日テレ「バズリズム」プロデューサーが語る“音楽番組の存在意義”

「バズリズム02」や「チカラウタ」、また「THE MUSIC DAY」「日テレ系祭典 ベストアーティスト」といった特番に至るまで、日本テレビを代表する音楽番組のプロデュースを数多く担当、さらに、理想の2次元キャラクターを生み育てるという.. 続きを読む

レッド・ツェッペリン、2018年の結成50周年に“サプライズ”を計画中

レッド・ツェッペリン、2018年の結成50周年に“サプライズ”を計画中

伝説的な英ロック・バンド、レッド・ツェッペリンが2018年に結成50周年を迎えるが、創立メンバーのジミー・ペイジによると様々な企画が進行中だそうだ。米非営利団体アカデミー・オブ・アチーブメントのロング・インタビューで彼は、「誰.. 続きを読む

金属恵比須・高木大地の<青少年のためのプログレ入門> 第4回「アトランティック40周年コンサート~レッド・ツェッペリンもEL&Pも一度に味わえたライヴ~」

金属恵比須・高木大地の<青少年のためのプログレ入門> 第4回「アトランティック40周年コンサート~レッド・ツェッペリンもEL&Pも一度に味わえたライヴ~」

我がプログレッシヴ・ロック・バンド「金属恵比須」は、1991年に前身バンドを結成し、1996年に現バンド名に改名、今日に至るまで、70年代のプログレやハード・ロックのオイシイところをオマージュし続けて21年活動している。最近おかげさ.. 続きを読む

NHK
R.E.M.、1800万枚のセールスを上げた名盤『Automatic For The People』のリリース25周年を記念してメイキング・ドキュメンタリーを公開

R.E.M.、1800万枚のセールスを上げた名盤『Automatic For The People』のリリース25周年を記念してメイキング・ドキュメンタリーを公開

1992年10月にリリースされ全英チャート1位、全米チャート2位を記録し、1800万枚の世界セールスを上げたR.E.M.の名盤『オートマティック・フォーザ・ザ・ピープル』。リリース25周年を迎えた同作のリマスター盤リリースを記念して、新しい.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。