ランサムウェアの最新情報

ランサムウェア に関するニュース検索結果   77件

あれっ、支払っても無駄なの? ランサムウェアに感染しても自力で解決する企業が増加中

あれっ、支払っても無駄なの? ランサムウェアに感染しても自力で解決する企業が増加中

Image: GUNDAM_Ai/Shutterstock 結局は自衛しかない?インターネットが普及した今、企業や組織の頭を悩ませるのはいかにして外部からの攻撃に備え、セキュリティを確保できるかということでしょう.. 続きを読む

スマートフォンのセキュリティを強化するには?基本の対策6ポイント

スマートフォンのセキュリティを強化するには?基本の対策6ポイント

■2018年の情報セキュリティ10大脅威とスマートフォン先日、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)から「情報セキュリティ10大脅威2018」が発表されました。これは、昨年(2017年)社会的影響が大きかった情報セキュリティ上の脅威をランキ.. 続きを読む

最新Windows10は市販セキュリティソフト不要

最新Windows10は市販セキュリティソフト不要

4回目の大型アップデートとなる「Fall Creators Update」を公開したWindows10。大型アップデートの度に機能が追加されるWindowsですが、今回も各種機能が大幅に拡充されています。そんな最新Windows10では市販セキュリティソフトは不要と.. 続きを読む

今ネットで1番怖いものは何?「情報セキュリティ10大脅威 2018」が公開される

今ネットで1番怖いものは何?「情報セキュリティ10大脅威 2018」が公開される

スマホの普及によってより身近となった「インターネット上の脅威」、種類は様々ですが偽のメールなんかは誰もが一度は見た事があると思います。そんな脅威をランキングにした、「情報セキュリティ10大脅威 2018」が発表されたので、ご紹.. 続きを読む

どうしたビットコイン! 落ち続ける3つの理由

どうしたビットコイン! 落ち続ける3つの理由

Image: Gizmodo US ビットコインが燃えています…。FUDはFear(恐怖)、Uncertainty(不安)、Doubts(疑念)の頭文字。価格下落のたびにビットコインマニアは「FUDのせいだね」って言いますけど、.. 続きを読む

2017年テック業界で起こった大事件

2017年テック業界で起こった大事件

Image: Shutterstock 今年も話題の絶えない年でした。2017年、ギズモード・ジャパンで取り上げたテック系ニュースの中から、とくに大きな注目を集めたものを振り返ってみました。全体的には、AIや仮想通貨などソフトウ.. 続きを読む

Wi-Fi通信の脆弱性はなぜ生まれる?適切な対応方法とは?

Wi-Fi通信の脆弱性はなぜ生まれる?適切な対応方法とは?

■安全なWi-Fi通信に脆弱性PCやスマートフォンをネットワークに接続する際、Wi-Fi(無線LAN)を使用する方も多いでしょう。Wi-Fi通信で通信内容を暗号化する規格がWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)です。WPA2は発表から10年以上経った現.. 続きを読む

最新版 サイバー攻撃の現状とその対応

最新版 サイバー攻撃の現状とその対応

■なかなか減らないサイバー攻撃多くの人々がPCやスマートフォンを持ち、サイバー空間を通じて様々な情報を確認し、色々な商品やサービスを売買することで、生活する中での利便性が向上しています。その反面、こうした利便性を逆手に取る.. 続きを読む

すべてのWi-Fiに重大な脆弱性発覚。って、どうすればいいの?

すべてのWi-Fiに重大な脆弱性発覚。って、どうすればいいの?

Image: Alexander Koerner/Getty Images Entertainment/ゲッティ イメージズ 公共のWi-Fiはしばらく避けるとか、ある程度自衛はできるみたいです。現在主流となっているWi-Fiのセキュリティプロト.. 続きを読む

「マジか!」連発、大学祭のイメージをぶっ壊すインパクト! 埼玉工業大学「秋桜祭」

「マジか!」連発、大学祭のイメージをぶっ壊すインパクト! 埼玉工業大学「秋桜祭」

室蘭工業大学、足利工業大学、東京工業大学、千葉工業大学、芝浦工業大学、大阪工業大学……。日本には「ナントカ工業大学」という名の大学が、いくつも存在するが、埼玉工業大学は、既存イメージをぶっ壊すインパクトがあった――。埼玉県深.. 続きを読む

ビットコインの分裂と仮想通貨の今後

ビットコインの分裂と仮想通貨の今後

■ビットコインが2つに分裂8月1日、代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)が分裂し、新たな仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCC)が誕生しました。ビットコインには中央集権的な管理者がおらず、取引履歴をブロックチェーンで管理し.. 続きを読む

ランサムウェアの脅威を知らせるため、エンジニアに大喜利をやらせてみた結果

ランサムウェアの脅威を知らせるため、エンジニアに大喜利をやらせてみた結果

こんにちは、紳さんです。皆さんは「コンピュータウイルス」と呼ばれるマルウェアをご存知でしょうか。大切な電子機器をダメにしたり、重要なデータに被害を与えて善良なる人々の生活を脅かす、悪魔的な存在(プログラム)です。ウイルス.. 続きを読む

WannaCryを止めた英国のヒーロー、ベガスで米FBIに逮捕される。最大40年の刑、本人は無罪主張

WannaCryを止めた英国のヒーロー、ベガスで米FBIに逮捕される。最大40年の刑、本人は無罪主張

Image: The Telegraph / YouTubeハッカーワールドに衝撃走る。世界震撼のランサムウェア「WannaCry」を無意識に止めてイギリスの国民的ヒーローとなったマーカス・ハッチンス青年(23)が水曜、ハッキングイベント「DefCon」とセキュリテ.. 続きを読む

【要保存】iPhoneの乗っ取りを防ぐ!各サービスの2段階認証方法まとめ

【要保存】iPhoneの乗っ取りを防ぐ!各サービスの2段階認証方法まとめ

こんばんは、yumiです。2ヶ月ほど前にWindowsの脆弱性をつくランサムウェア「Wanna Cryptor」が世界中で大流行したのは記憶に新しいところですが、実はiPhoneもランサムウェアのような乗っ取り被害が発生しているのはご存知でしょうか?.. 続きを読む

コンピューターをマルウェアから守るために最低限知っておくべきこと

コンピューターをマルウェアから守るために最低限知っておくべきこと

悲劇が起こりました。迷惑この上ないマルウェアがあなたのコンピューターに入り込んでしまったのです。さて、このあとどうしますか? コンピューターウイルスが引き起こす可能性のあるダメージを軽く見てはいけませんが、誰でも自由に使.. 続きを読む

「ランサムウェア」で大混乱! “サイバーテロ”の危険性と今後の対策とは

「ランサムウェア」で大混乱! “サイバーテロ”の危険性と今後の対策とは

意外と知らない社会的な問題について、ジャーナリストの堀潤さんが解説する「堀潤の社会のじかん」。今回のテーマは「サイバーテロ」です。■ サイバー空間は戦場。個人が巻き込まれる恐れも。5月に世界中で、病院や企業を狙った大規模な.. 続きを読む

セキュリティ万全と謳われたSurface Laptopの新OS「Windows 10 S」脆弱性が証明される?

セキュリティ万全と謳われたSurface Laptopの新OS「Windows 10 S」脆弱性が証明される?

Image: ギズモード・ジャパン「Windows 10 S」は、既知のランサムウェアの脅威から限りなく安全であると豪語するMicrosoft(マイクロソフト)。でも本当にそうなの?今年5月に発表されたWindows 10 Sは、教育機関向けにWindows 10 Proの.. 続きを読む

多発する中高生のサイバー犯罪-誰でも起こせるのか?

多発する中高生のサイバー犯罪-誰でも起こせるのか?

■国内初のランサムウェア作成の容疑者は中学生先日、ランサムウェアを作成した男子中学生が逮捕されたことが報道されました。この報道では国内で初めてのランサムウェア作成容疑で逮捕されたのが未成年者である中学生ということで話題と.. 続きを読む

有楽町駅前に巨大リングが登場! 蝶野正洋&苫米地英人が『サイバー防災』呼びかける

有楽町駅前に巨大リングが登場! 蝶野正洋&苫米地英人が『サイバー防災』呼びかける

6月16日、JR有楽町駅前広場で、プロレスラーの蝶野正洋氏が代表を務めるNWHスポーツ救命協会が主催する都市型・地域防災イベント「STOP THE RISK有楽町~安心・安全な街づくり~」が開催され、途中、認知科学者の苫米地英人氏が出席して.. 続きを読む

「ダメージ写真」ってなんだ? スパムメールに仕掛けられた罠とは

「ダメージ写真」ってなんだ? スパムメールに仕掛けられた罠とは

((C)ぱくたそ)巧妙な手口で罠にはめて、コンピューターウイルスに感染させようとするスパムメール。その中でも、あまりにも不自然なものが拡散されて話題になっている。■警視庁も注意を促すそのメールの件名は「//ダメージ写真」。「.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。