ライジングプロダクションの最新情報

ライジングプロダクション に関するニュース検索結果   116件

安室奈美恵プロデュースで歌手デビュー!? ライジングを退社した西内まりやの“気になる今後”

安室奈美恵プロデュースで歌手デビュー!? ライジングを退社した西内まりやの“気になる今後”

歌手で女優の西内まりやが、3月末で所属事務所・ライジングプロダクションを退社していたことがわかった。西内といえば昨年11月、所属事務所社長K氏への“ビンタ事件”が発覚。K氏が法的措置をチラつかせる騒ぎとなった。ビンタの理由は歌.. 続きを読む

西内まりや、「退社」がなかなか報道されなかったワケ――“元ゴリ押しタレント”の悲惨な末路

西内まりや、「退社」がなかなか報道されなかったワケ――“元ゴリ押しタレント”の悲惨な末路

西内まりやが、3月31日付で芸能事務所・ライジングプロダクションを退社していたことが、ウェブ版「女性自身」(光文社)の4月3日配信記事で明らかになった。ひとまずフリーになった西内の今後が懸念されるものの、マスコミ関係者は「そ.. 続きを読む

愛人問題を森社長の責任にスリカエ、たけし軍団の声明文がネグるオフィス北野"株問題"の真相とたけしのタブー

愛人問題を森社長の責任にスリカエ、たけし軍団の声明文がネグるオフィス北野"株問題"の真相とたけしのタブー

ビートたけしの事務所独立をめぐって、なんとも目を覆いたくなるような事態が発生している。この独立は愛人に入れ込んだたけしが、愛人に財産を残すため、オフィス北野や森昌行社長、たけし軍団を切り捨てた、という報道がなされてきたが.. 続きを読む

西内まりやが事務所を退所! 不可解な行動の理由は、事務所の“猛烈なプレッシャー”か

西内まりやが事務所を退所! 不可解な行動の理由は、事務所の“猛烈なプレッシャー”か

3月31日に西内まりやと所属事務所との契約が終了していたことを、「女性自身」(光文社)のウェブニュースが報道。17年に様々な騒動が噂された西内だが、ネット上では同情の声もあがっている。西内が以前所属していた芸能事務所・ライジ.. 続きを読む

西内まりや“社長ビンタ”で退社必至……再生工場エイベックスも敬遠し「芸能活動再開」はほぼ不可能か

西内まりや“社長ビンタ”で退社必至……再生工場エイベックスも敬遠し「芸能活動再開」はほぼ不可能か

所属するライジングプロダクションと揉めに揉めている、女優で歌手の西内まりや。このまま事務所を退社し、4月以降はフリーとなってしまうとの見方も強い。周辺事情に詳しいスポーツ紙芸能記者は、こう話す。「ライジングは西内を“第2の.. 続きを読む

ビートたけし「恩人を切り捨て愛人と独立」の報い..."陰の共同監督"を切り捨てて北野映画は撮れるのか

ビートたけし「恩人を切り捨て愛人と独立」の報い..."陰の共同監督"を切り捨てて北野映画は撮れるのか

ビートたけしが3月いっぱいで所属事務所「オフィス北野」から独立することが明らかになった。そもそもオフィス北野は1988年にたけしが太田プロダクションから独立し設立した事実上"たけし"の事務所で、そこから独立するというのも奇妙な.. 続きを読む

西内まりや、事務所「決別」で引退危機…バーニングを敵に回し、芸能界干され状態か

西内まりや、事務所「決別」で引退危機…バーニングを敵に回し、芸能界干され状態か

昨年1月期クールのフジ“月9”『突然ですが、明日結婚します』で主演して以降、目立った活動をみせていなかった歌手で女優の西内まりやが、20日に発売された「女性自身」(光文社)で現在の心境を語った。昨年11月発売の「週刊文春」(文藝.. 続きを読む

西内まりや、“ビンタ事件”から引退説否定も「誰だっけ」「もう需要ない」と冷ややかな声

西内まりや、“ビンタ事件”から引退説否定も「誰だっけ」「もう需要ない」と冷ややかな声

歌手・女優の西内まりやが、11月23日発売号の「週刊文春」(文藝春秋)より報じられた“事務所トラブル”。以降、まことしやかに囁かれる引退説を「考えていない」と自ら否定した。ファンからは喜びの声が上がっているが、ネット上では「も.. 続きを読む

“バブリーダンス”登美丘高校ダンス部、大ブレークの裏側――あの大手プロが暗躍していた!!

“バブリーダンス”登美丘高校ダンス部、大ブレークの裏側――あの大手プロが暗躍していた!!

昨年後半から、バラエティ番組や大型音楽番組への出演が相次ぎ、世間の話題をかっさらった大阪府立・登美丘高校ダンス部。キャプテン・伊原六花は、昨年10月からフォスターに所属し、高校を卒業する3月には、女優としての活動をスタート.. 続きを読む

ピース又吉直樹の小説『火花』が観月ありさ主演で舞台化 出演者にはNON STYLE石田明も

ピース又吉直樹の小説『火花』が観月ありさ主演で舞台化 出演者にはNON STYLE石田明も

又吉直樹の初純文学作品『火花』が2016年のドラマ化、2017年の映画化に続き舞台化する。原作である小説『火花』は、単行本・文庫本の売上げが累計部数300万部超え、「第153回芥川賞」を芸人として初めて受賞するという快挙を達成し、社会.. 続きを読む

のんやローラも救われる? 公正取引委員会がタレントの独立を阻む所属事務所の圧力を独禁法違反と認定

のんやローラも救われる? 公正取引委員会がタレントの独立を阻む所属事務所の圧力を独禁法違反と認定

昨日、芸能界にはびこるブラックな労働状況を是正するために大きな一歩が踏み出された。タレントやスポーツ選手などフリーランスの働き方をする人に対し、雇い主が移籍制限などの不当な契約を強いることは独占禁止法違反にあたる恐れがあ.. 続きを読む

安室奈美恵、「引退ビジネス」で荒稼ぎ…すでに数年後の電撃復帰計画か

安室奈美恵、「引退ビジネス」で荒稼ぎ…すでに数年後の電撃復帰計画か

瞬間最高視聴率48.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出した昨年大みそかに放送されたテレビ番組『第68回NHK紅白歌合戦』内の安室奈美恵の熱唱シーン。約半数の日本国民が、安室の“最後の紅白出場”を見守ったかたちになった。11.. 続きを読む

『紅白』荻野目洋子、登美丘高ダンス共演を郷ひろみに「奪われた」裏事情

『紅白』荻野目洋子、登美丘高ダンス共演を郷ひろみに「奪われた」裏事情

昨年、大阪・登美丘高校ダンス部が荻野目洋子のヒット曲『ダンシング・ヒーロー』に乗せて踊る動画をYouTubeにアップし話題を呼んだことがきっかけで、荻野が再ブレイク。10月31日にはテレビ番組『うたコン』(NHK総合)で両者が共演を果.. 続きを読む

【地獄】不倫で夫を自殺に追い込んだ上原多香子の給料金額が判明 / 現在も事務所に所属継続中

【地獄】不倫で夫を自殺に追い込んだ上原多香子の給料金額が判明 / 現在も事務所に所属継続中

抜群のプロポーションで人気のタレント上原多香子(34歳)が、人気俳優の阿部力(35歳)と不倫関係を継続し、それに苦悩した上原多香子の夫TENN(34歳)が自殺した件で、新たなニュースが飛び込んできた。・その驚きの給料額上原多香子は2017年.. 続きを読む

安室奈美恵、『紅白』出演のウラ事情! NHKが仕掛けた“古巣”ライジングへの極秘交渉

安室奈美恵、『紅白』出演のウラ事情! NHKが仕掛けた“古巣”ライジングへの極秘交渉

下馬評で「絶望的」とされていた安室奈美恵の『NHK紅白歌合戦』出演が正式決定した。ネット上では、11月にオンエアされた特集番組『安室奈美恵「告白」』(NHK)への出演が、『紅白』出場への布石だったと指摘されているが、それ以外にも.. 続きを読む

荻野目洋子の“バブリーダンス”リバイバルに違和感……安室の不出場で『紅白』出場の可能性も

荻野目洋子の“バブリーダンス”リバイバルに違和感……安室の不出場で『紅白』出場の可能性も

今年、リバイバルブームとなったのが、1980年代から90年代にアイドルとして活躍していた荻野目洋子だ。「第10回日本高校ダンス部選手権」で準優勝した大阪府立登美丘高校が、荻野目の代表曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、“バブリ.. 続きを読む

安室奈美恵、周囲に明かした「引退後の極秘計画」

安室奈美恵、周囲に明かした「引退後の極秘計画」

真っ白なセットの中で白いドレスに身を包み、歌手・安室奈美恵が引退への思いを赤裸々に語った独占インタビュー『安室奈美恵「告白」』(NHK総合/11月23日放送)が反響を呼んでいる。安室は来年9月16日に引退することをすでに発表してい.. 続きを読む

元SMAPに西内まりやは、やっぱり“テレビタブー”か? マスコミ「忖度」を連発中

元SMAPに西内まりやは、やっぱり“テレビタブー”か? マスコミ「忖度」を連発中

今年9月のジャニーズ事務所退社後も話題に上り続けている、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の元SMAPの3人。そんな彼らに関係のある有名人が直近でイベントに登場しているが、現場ではテレビマンたちによる“忖度”が連発されているようだ。ま.. 続きを読む

西内まりやの“ビンタ事件”と、安室奈美恵の“独立騒動”その意外なつながりとは?

西内まりやの“ビンタ事件”と、安室奈美恵の“独立騒動”その意外なつながりとは?

「週刊文春」(文藝春秋)が報じた歌手・西内まりやの“ビンタ事件”が、キナ臭い展開を見せている。同誌によれば、10月上旬、西内が所属事務所・ライジングプロダクションの社内で「もう我慢できない!」と、同社のK社長に平手打ちをお見.. 続きを読む

安室奈美恵が語った、引退の裏にある“孤独”と、「女性自身」が伝える一縷の希望

安室奈美恵が語った、引退の裏にある“孤独”と、「女性自身」が伝える一縷の希望

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!まだまだ収束の見えない日馬富士暴行事件を、ワイドショーや報道番組までもが連日取り.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。