ユリゴコロの最新情報

ユリゴコロ に関するニュース検索結果   67件

映画『ゼニガタ』本予告&新場面写真解禁!綾部真弥監督のインタビューも到着

映画『ゼニガタ』本予告&新場面写真解禁!綾部真弥監督のインタビューも到着

本作は、表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋・銭形富男を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落を描く物語。  客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元.. 続きを読む

この春、見逃せないドラマ5選。佐々木希から岩田剛典まで豪華キャストがズラリ

この春、見逃せないドラマ5選。佐々木希から岩田剛典まで豪華キャストがズラリ

新年度が始まる4月。環境が変わって慣れない生活にストレスを抱えている人もいるかもしれません。落ち込んだり、不安になったり、アタマにきたり、そんなあなたを癒してくれるのが、やっぱりドラマ。ドラマは心のサプリメント。というこ.. 続きを読む

Rihwa、新曲「Swing Swing♪」を配信リリース

Rihwa、新曲「Swing Swing♪」を配信リリース

絶賛CM放送中の『鴨川シーワールド2018年春テーマソング』となっているRihwaの新曲「Swing Swing♪」が、3月28日(水)に配信リリースした。「Swing Swing♪」は桜が咲き始めたこの季節にぴったりな輝いたサウンドが印象的で、新しい服を着.. 続きを読む

【日本アカデミー賞】蒼井優が涙!『彼女がその名を知らない鳥たち』で最優秀主演女優賞

【日本アカデミー賞】蒼井優が涙!『彼女がその名を知らない鳥たち』で最優秀主演女優賞

第41回日本アカデミー賞授賞式が、3月2日にグランドプリンスホテル新高輪で開催。見事、最優秀主演女優賞に輝いたのは、『彼女がその名を知らない鳥たち』(17)の蒼井優だった。蒼井は思わず感涙し「ありがとうございます。なんでしょう。.. 続きを読む

<日本アカデミー賞>最優秀主演女優賞は蒼井優!歓喜の涙「映画界に入れて良かった」

<日本アカデミー賞>最優秀主演女優賞は蒼井優!歓喜の涙「映画界に入れて良かった」

第41回日本アカデミー賞授賞式が2日、都内で行われ、『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演を務めた蒼井優が、最優秀主演女優賞を受賞した。過去『フラガール』(第30回)で最優秀助演女優賞を受賞しているが、主演での最優秀賞は初受.. 続きを読む

「R指定じゃなくていいの?」衝撃のサスペンス展開が話題となった映画『ユリゴコロ』:BD&DVD情報

「R指定じゃなくていいの?」衝撃のサスペンス展開が話題となった映画『ユリゴコロ』:BD&DVD情報

“イヤミス”の女王、沼田まほかる原作、吉高由里子さん主演映画『ユリゴコロ』。過去から現代へと続く悲しみの連鎖の中で、愛と宿命の渦に巻き込まれる男女の姿をショッキングに描いた本作は大きな話題となりました。そんな『ユリゴコロ』.. 続きを読む

吉高由里子が4月期に日テレ「水10」ドラマで主演! 絶対にコケられないワケとは……

吉高由里子が4月期に日テレ「水10」ドラマで主演! 絶対にコケられないワケとは……

  久しくテレビから遠ざかっていた吉高由里子が、4月期に日本テレビ系「水10」枠で放送される連続ドラマ『正義のセ』で主演を務めることがわかった。吉高のドラマ出演は昨年1月期に同枠でオンエアされた『東京タラレバ娘』以来、1年3カ.. 続きを読む

Rihwa 5周年記念全国ツアー「Hi! Five! Live! TOUR」地元・札幌PENNY LANE 24にてグランドフィナーレ!

Rihwa 5周年記念全国ツアー「Hi! Five! Live! TOUR」地元・札幌PENNY LANE 24にてグランドフィナーレ!

昨年11月からスタートし全国10都市を巡るRihwaの5周年記念全国ツアーが、1/21(日)地元・札幌にて遂にファイナルを迎えた。この日の札幌は雪がちらつき気温は-8℃。極寒の中、PENNY LANE24には開場前からライブを心待ちにしていたファンが.. 続きを読む

Rihwa、デビュー5周年記念ツアーが地元・札幌にてグランドフィナーレ!

Rihwa、デビュー5周年記念ツアーが地元・札幌にてグランドフィナーレ!

2017年11月からスタートした、全国10都市を巡るRihwaのデビュー5周年記念全国ツアー『Hi! Five! Live! Tour』が、1月21日(日)に札幌PENNY LANE24で遂にグランドファイナルを迎え、地元・札幌で美声と圧巻のライブパフォーマンスでファ.. 続きを読む

第41回日本アカデミー賞、『三度目の殺人』『関ヶ原』が最多10部門で受賞

第41回日本アカデミー賞、『三度目の殺人』『関ヶ原』が最多10部門で受賞

「第41回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が15日、都内にて行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と宮沢りえが出席した。正賞15部門の各優秀賞が発表され、『三度目の殺人』『関ヶ原』が10部門で最多受賞となった。司会を務める宮沢.. 続きを読む

日本アカデミー賞の優秀賞が発表!8年目の司会&優秀助演男優賞受賞の西田敏行「最優秀賞獲りたいな」

日本アカデミー賞の優秀賞が発表!8年目の司会&優秀助演男優賞受賞の西田敏行「最優秀賞獲りたいな」

第41回日本アカデミー賞の優秀賞発表記者会見が15日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で行われ、授賞式で総合司会を務める西田敏行と、昨年『湯を沸かすほどの熱い愛』で最優秀主演女優賞を受賞した宮沢りえが登壇した。「今年.. 続きを読む

キムタク、土屋太鳳…2017年の主演映画が大爆死した超人気芸能人4人!

キムタク、土屋太鳳…2017年の主演映画が大爆死した超人気芸能人4人!

地上波の連続ドラマは毎週のように視聴率が発表され、主演俳優には大きなプレッシャーがかかる。しかし劇場版映画もまた、興行収入ランキングなどが発表されるため、俳優たちに厳しい現実を突きつけることが。●木村拓哉2017年4月に公開さ.. 続きを読む

「脱・キラキラ」が印象的だった2017年の邦画を総括

「脱・キラキラ」が印象的だった2017年の邦画を総括

Graphs / PIXTA(ピクスタ)2017年の日本映画を個人的に総括すると“脱・キラキラ映画”の年だったなあ、と思う。誰が呼んだか“キラキラ映画”とは、10代から20代の若い女性をターゲットに、コミックスや小説を主な原作としたキラめく恋愛映画.. 続きを読む

新田真剣佑、男前な沢尻エリカに惚れ惚れ!?「この人についていきたい!」

新田真剣佑、男前な沢尻エリカに惚れ惚れ!?「この人についていきたい!」

今年の秋に公開された『ユリゴコロ』『彼女が知らない鳥たち』などで、俳優としての新たな一面を見せつづけている松坂桃李が、人の心を操るダークヒーロー・宇相吹正を演じる話題作『不能犯』(18年2月1日公開)。そんな本作から、宇相吹が.. 続きを読む

吉高由里子が小島瑠璃子の熱愛報道に「強い警戒」

吉高由里子が小島瑠璃子の熱愛報道に「強い警戒」

(C)まいじつタレントの小島瑠璃子と『関ジャニ∞』の村上信五の交際が10月27日発売の写真週刊誌『フライデー』で報じられたことに、吉高由里子が怒りを露わにしているという。「吉高も関ジャニの大倉忠義と昨年から交際をしていますが、.. 続きを読む

松坂桃李は“イヤミス”が似合う!?沼田まほかる作品で悲劇の青年&不倫男を演じ分け!

松坂桃李は“イヤミス”が似合う!?沼田まほかる作品で悲劇の青年&不倫男を演じ分け!

近頃は、NHKの連続テレビ小説「わろてんか」での好演が話題になっている松坂桃李。ドラマや映画と、出演作が途切れることのない彼だが、実はこの1か月で“イヤミスの女王”と呼ばれる沼田まほかる原作の映画2本に出演。同じ原作者の作品で.. 続きを読む

主演映画『ユリゴコロ』大爆死で、吉高由里子が結婚決意! 関ジャニ∞・大倉忠義と“デキ婚”強行へ

主演映画『ユリゴコロ』大爆死で、吉高由里子が結婚決意! 関ジャニ∞・大倉忠義と“デキ婚”強行へ

「20代のうちに、絶対1人目の子どもを産みたい」と公言していた女優の吉高由里子が、ついに来年7月で30歳を迎えようとしている。その吉高は、監督が「100年残る代表作」になると太鼓判を押した主演映画『ユリゴコロ』の大爆死がきっかけ.. 続きを読む

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月26日付) 伝説的SF映画の続編『ブレードランナー 2049』が待望の公開!

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(10月26日付) 伝説的SF映画の続編『ブレードランナー 2049』が待望の公開!

ガジェット通信です。『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 10月26日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!.. 続きを読む

子宮という名のブラックホールに吸引される男たち 泥沼恋愛の結末『彼女がその名を知らない鳥たち』

子宮という名のブラックホールに吸引される男たち 泥沼恋愛の結末『彼女がその名を知らない鳥たち』

快楽殺人鬼というどうしようもない社会的不適合者でも、世界で誰かひとりの役には立っているかもしれない。沼田まほかる原作小説の映画化『ユリゴコロ』は、フィクションならではの振り切ったミステリーだった。残念だったのは、少数の人.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。