モニカ・ベルッチの最新情報

モニカ・ベルッチ に関するニュース検索結果   84件

メル・ギブソン監督『パッション』続編、ジム・カヴィーゼルがキリスト役続投

メル・ギブソン監督『パッション』続編、ジム・カヴィーゼルがキリスト役続投

俳優メル・ギブソンが、製作・脚本・監督を務めた2004年の衝撃作『パッション』。主役のイエス・キリストを演じた俳優ジム・カヴィーゼルがUSA Todayとのインタビューで、続編に出演することを肯定したという。【写真】『パッション』フ.. 続きを読む

モニカ・ベルッチ、ボンドガール続投の可能性も

モニカ・ベルッチ、ボンドガール続投の可能性も

モニカ・ベルッチ(53歳)が、「007」シリーズ第25弾でボンドガールを続投する可能性があることを示唆した。モニカは2015年公開の「007 スペクター」でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの相手役ルチア・スキアラを演じており.. 続きを読む

『007』最新作、ダニエル・クレイグがモニカ・ベルッチとの再共演を希望か

『007』最新作、ダニエル・クレイグがモニカ・ベルッチとの再共演を希望か

2019年11月に公開が予定されている俳優ダニエル・クレイグ主演の『007』シリーズ最新作『Bond 25(英仮題)』。続投か降板の噂が二転三転する中で今年8月、ついに続投決定を宣言したダニエルは、前作『007 スペクター』(15)のボンドガ.. 続きを読む

先週スタート映画、初日満足度ランキングベスト7発表!

先週スタート映画、初日満足度ランキングベスト7発表!

国内最大級の映画レビューサービス、Filmarks(フィルマークス)は「2017年9月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表した。先週から上映開始した作品を対象に、9月19日時点のFilmarksでの平均★スコア(5.0点満点)とMark!数(.. 続きを読む

「真実のロマンスに年齢なんて関係ない!」初のラブストーリーに込めたクストリッツァ監督の想い

「真実のロマンスに年齢なんて関係ない!」初のラブストーリーに込めたクストリッツァ監督の想い

カンヌ、ベルリン、べネチアと世界三大映画祭すべてにおいて栄冠を手にした、世界でも数少ない映画監督であるエミール・クストリッツァ。彼の9年ぶりとなる新作映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』がいよいよ9月15日(金)から日本で公開と.. 続きを読む

  【ポコチェ】涼しくなる頃に見たい!~Culture informaton September~

【ポコチェ】涼しくなる頃に見たい!~Culture informaton September~

Cinemaドリーム(C)2016 Twentieth Century Fox Filmアメリカと旧ソ連が熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年代初頭、アメリカ初の有人周回飛行の成功に尽力したNASAに勤務する3人の黒人系女性スタッフの実話を映画化した人間ドラ.. 続きを読む

E・クストリッツァ率いるオーケストラ、映画さながらの“狂騒ライブ”を繰り広げた来日公演レポートが到着

E・クストリッツァ率いるオーケストラ、映画さながらの“狂騒ライブ”を繰り広げた来日公演レポートが到着

エミール・クストリッツァ監督の9年ぶりの最新作、映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』の公開を記念し、9月2日エミール・クストリッツァ監督が率いるバンド“ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ”が来日し、Zepp TOKYOにて一夜限定のス.. 続きを読む

あのジョニデからのラブコールを断った!?破天荒すぎる映画監督エミール・クストリッツァとは?

あのジョニデからのラブコールを断った!?破天荒すぎる映画監督エミール・クストリッツァとは?

カンヌ、ベルリン、ヴェネチアの世界三大映画祭を制した鬼才監督、エミール・クストリッツァ。9年ぶりの新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』の公開を9月15日(金)に控えたクストリッツァ監督のいままでの偉業と共に、破天荒エピソードをご.. 続きを読む

デヴィッド・ボウイ、『ツイン・ピークス』新作に再登場

デヴィッド・ボウイ、『ツイン・ピークス』新作に再登場

1990年から91年にかけて放映されたカルト・ドラマ『ツイン・ピークス』の続編で、現在日本でも放映中の『ツイン・ピークス The Return』に、意外なキャラクターが再登場している。『ツイン・ピークス / ローラ・パーマー最後の7日間』で.. 続きを読む

フェミニストを公言している男性有名人リスト

フェミニストを公言している男性有名人リスト

フェミニストというと、エマ・ワトソンなど女性有名人にスポットライトが当たることが多い傾向にあります。しかし、最近では、男性有名人の中にもフェミニストを公言する人が増え始めているようです。じつは、映画「ハリー・ポッター」シ.. 続きを読む

映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』公開記念、E・クストリッツァ率いるオーケストラによる来日ライブのポスター公開

映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』公開記念、E・クストリッツァ率いるオーケストラによる来日ライブのポスター公開

エミール・クストリッツァ監督による9年ぶりの最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』の公開を記念して、エミール・クストリッツァ&ザ・ノー・スモーキング・オーケストラが開催するオリジナルポスターが公開された。エミール・クストリ.. 続きを読む

エミール・クストリッツァ監督の最新作、映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』9月に公開決定

エミール・クストリッツァ監督の最新作、映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』9月に公開決定

『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』などで世界中を熱狂させたエミール・クストリッツァ監督の最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』が、9月15日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開される。カンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドー.. 続きを読む

『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』エミール・クストリッツァ監督、9年ぶり待望の新作

『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』エミール・クストリッツァ監督、9年ぶり待望の新作

『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』などで世界中を熱狂させたエミール・クストリッツァ監督の最新作の邦題が『オン・ザ・ミルキー・ロード』(原題:『On The Milky Road』)に決定、そして9月よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で公.. 続きを読む

『ツイン・ピークス The Return』、Showtimeのオリジナルシリーズとして最高の滑り出し

『ツイン・ピークス The Return』、Showtimeのオリジナルシリーズとして最高の滑り出し

1990年代前半にカルト的な人気を誇ったミステリードラマ『ツイン・ピークス』の復活版で、鬼才デヴィッド・リンチが新たに手掛けた『ツイン・ピークス The Return』の放送が本国アメリカでついにスタート。米Hollywood Reporterは、好調.. 続きを読む

ジェームズ・ベルーシ、『ツイン・ピークス』復活版撮影中にデヴィッド・リンチに怒られていた

ジェームズ・ベルーシ、『ツイン・ピークス』復活版撮影中にデヴィッド・リンチに怒られていた

1990年代前半に放送されると社会現象を巻き起こすほど大きな反響を呼び、いまだにカルト的な人気を誇るミステリードラマ『ツイン・ピークス』。鬼才デヴィッド・リンチが新たに手掛けた復活版『ツイン・ピークス The Return』が、米Showt.. 続きを読む

『ツイン・ピークス』新シリーズ、7月22日日本放送決定! 新ビジュアル解禁

『ツイン・ピークス』新シリーズ、7月22日日本放送決定! 新ビジュアル解禁

90年代にカルト的人気を誇った海外ドラマ『ツイン・ピークス』の続編となる、『ツイン・ピークス The Return』が、7月22日よりWOWOWプライムにて放送されることが決定し、あわせて新ビジュアルが解禁となった。【関連】『ツイン・ピーク.. 続きを読む

海外ドラマの原点「ツイン・ピークス」最新作が7月放送

海外ドラマの原点「ツイン・ピークス」最新作が7月放送

奇才デビッド・リンチが手掛けた海外ドラマの最新作「ツイン・ピークス The Return」が、7月22日(土)夜9時よりWOWOWプライムで日本独占放送される。本作は、デビッド・リンチが製作総指揮として初めてテレビドラマに携わり話題となった「.. 続きを読む

25年ぶりの新作『ツイン・ピークス』、タイトルと放送日時が決定!

25年ぶりの新作『ツイン・ピークス』、タイトルと放送日時が決定!

1990年代に放送されると社会現象を巻き起こすほど大きな反響を呼び、いまだにカルト的な人気を誇るミステリードラマ『ツイン・ピークス』。鬼才デヴィッド・リンチが新たに手掛けた復活版がWOWOWにて日本独占放送となることはお伝えして.. 続きを読む

『ツイン・ピークス』新シリーズ、最新トレーラーにオリジナルキャラクターが続々登場

『ツイン・ピークス』新シリーズ、最新トレーラーにオリジナルキャラクターが続々登場

テレビドラマ『ツイン・ピークス』のスタートまで3週間を切り、米テレビ局のショウタイムが新しいトレーラーを公開してドラマの一部を披露した。この映像を見れば、オリジナル版を知る視聴者は懐かしさを覚えるだろう。ショウタイムが公.. 続きを読む

『プリズン・ブレイク』『ツイン・ピークス』…同キャストで復活!海ドラブーム再来か

『プリズン・ブレイク』『ツイン・ピークス』…同キャストで復活!海ドラブーム再来か

今、往年の海外ドラマが熱い!といっても、当時の海外ドラマがウケているのではなく、“最終回から●年後"という、名作ドラマの続編的位置づけにあたる“復活”作品がヒットしているのだ。そのような状況を受けて、メーカーやレンタル業者、.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。