メル・ギブソンの最新情報

メル・ギブソン に関するニュース検索結果   173件

TUBEギタリスト春畑道哉の書き下ろし楽曲、『リーサル・ウェポン』シーズン2で登場!

TUBEギタリスト春畑道哉の書き下ろし楽曲、『リーサル・ウェポン』シーズン2で登場!

AXNにて2018年1月21日(日)より日本初放送される『リーサル・ウェポン』シーズン2。その日本版オリジナルエンディングテーマを、昨年ソロデビュー30周年を迎えたギタリストの春畑道哉が手掛けることが発表された。本作は、世界的な大ヒ.. 続きを読む

「気に入ってます!」春畑道哉ソロ最新曲【Re:birth】がドラマのエンディングに流れる

「気に入ってます!」春畑道哉ソロ最新曲【Re:birth】がドラマのエンディングに流れる

TUBEのギタリストで昨年ソロデビュー30周年を迎えた春畑道哉が、CS 放送の海外ドラマ専門チャンネルAXNで放送されるドラマ「リーサル・ウェポン(シーズン2)」のエンディングテーマを制作。同ドラマはメル・ギブソン主演の同名映画のテ.. 続きを読む

メル・ギブソン、映画界のセクハラ噴出に持論

メル・ギブソン、映画界のセクハラ噴出に持論

メル・ギブソンは、ハリウッドスターや監督のセクハラ疑惑が続々と明るみに出ることは、映画界の“変化の兆し”だと考えているという。ギブソンは、ハーヴェイ・ワインスタインやケヴィン・スペイシーのセクハラ疑惑は映画業界を震撼させる.. 続きを読む

メル・ギブソン、『特攻野郎Aチーム』監督のアクションスリラーに出演か

メル・ギブソン、『特攻野郎Aチーム』監督のアクションスリラーに出演か

コメディ映画『Daddy’s Home 2(原題)』が全米ヒット中の俳優メル・ギブソンが、映画『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』や『THE GREY 凍える太陽』のジョー・カーナハン監督メガホンのアクションスリラー『Boss Level(原題)』の出演交渉に.. 続きを読む

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』G・ミラー監督が7億円超のボーナス請求

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』G・ミラー監督が7億円超のボーナス請求

世界興行収入約3億7800万ドル(約427億1000万円)を上げた2015年のヒットアクション映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。監督のジョージ・ミラーが700万ドル(約7億9100万円)のボーナスが未払いになっているとして、配給の映画.. 続きを読む

『リーサル・ウェポン』第5弾、メル・ギブソンやダニー・グローヴァーらが画策か

『リーサル・ウェポン』第5弾、メル・ギブソンやダニー・グローヴァーらが画策か

1987年から1998年に4作が制作された刑事アクション映画『リーサル・ウェポン』シリーズ。主演の俳優メル・ギブソンとダニー・グローヴァーが、監督のリチャード・ドナーと共に第5弾の可能性について模索しているという。【関連】『リーサ.. 続きを読む

「いったいどうやってこの映画を演出したんだよ! 傑作だよ、メルギブ!」―小路紘史監督が語る「ハクソー・リッジ」

「いったいどうやってこの映画を演出したんだよ! 傑作だよ、メルギブ!」―小路紘史監督が語る「ハクソー・リッジ」

▲主演のアンドリュー・ガーフィールド(文=小路紘史監督「ケンとカズ」/『キネマ旬報 11月上旬特別号』より転載)〝武器を持たない男が主人公の戦争映画〟〝武器を持たない男が主人公の戦争映画〟という特殊な設定を持つメル・ギブソン.. 続きを読む

    最も利益を上げたハリウッドの男性俳優調査、首位は意外なあの人物

最も利益を上げたハリウッドの男性俳優調査、首位は意外なあの人物

「PartyCasino(パーティカジノ)」というオンラインでカジノゲームを提供する企業が、1980年から現在までの映画の興行成績について調査した所、ハリウッドで最も利益を上げた男性俳優として、意外な人物の名前が浮上した。"ブラット・パ.. 続きを読む

ベン・アフレック今も通院中 セレブに多いアルコール依存症

ベン・アフレック今も通院中 セレブに多いアルコール依存症

今年3月に、映画『アルゴ』や『ゴーン・ガール』などで知られるアメリカ人俳優ベン・アフレック(44)がFacebookを更新。「アルコール依存症の治療を終えた」とファンに報告したが、今もクリニックに通っていることが明らかになった。「.. 続きを読む

『スーサイド・スクワッド』ジョーカー&ハーレイ・クインのスピンオフ映画制作へ

『スーサイド・スクワッド』ジョーカー&ハーレイ・クインのスピンオフ映画制作へ

DCコミックスの悪役が勢揃いした異色アンチヒーロー映画『スーサイド・スクワッド』に登場したジョーカーとハーレイ・クインを中心に描くスピンオフ映画が制作されるという。『フォーカス』監督コンビのグレン・フィカーラとジョン・レク.. 続きを読む

「スーサイド・スクワッド」第2弾の監督が降板

「スーサイド・スクワッド」第2弾の監督が降板

「ロスト・バケーション」などで知られるシャウム・コレット=セラ監督が、「スーサイド・スクワッド」から降板した。DCエクステンデッド・ユニバースを舞台にした人気シリーズ第2弾でメガホンを執ると見られていたセラ監督だが、ドウェ.. 続きを読む

『関ヶ原』『ダンケルク』、“リアルを追求する”大迫力の戦争超大作が続々の夏休み!

『関ヶ原』『ダンケルク』、“リアルを追求する”大迫力の戦争超大作が続々の夏休み!

今年の夏は、娯楽大作以外にも『ハクソー・リッジ』『関ヶ原』『ダンケルク』といった、史実を基に、実力派の監督と俳優たちがタッグを組んだ本格派の作品がそろい踏みしている。【関連】『関ヶ原』フォトギャラリー『ハクソー・リッジ』.. 続きを読む

編集部オススメMOVIE『ハクソー・リッジ』

編集部オススメMOVIE『ハクソー・リッジ』

父に反対されながらも陸軍に志願したデズモンドは訓練初日から銃を手に取ることを拒否。ついに軍法会議にかけられるが思いがけない助けを得て主張が認められたデズモンドは、アメリカ軍が史上最大の苦戦を強いられている〈ハクソー・リッ.. 続きを読む

沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』が"沖縄"を隠して宣伝...背景にはネトウヨの"反日"攻撃への恐怖

沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』が"沖縄"を隠して宣伝...背景にはネトウヨの"反日"攻撃への恐怖

今月24日に日本公開されたメル・ギブソン監督作品『ハクソー・リッジ』だが、その公開時の宣伝のやり方をめぐって疑問の声が噴出している。『ハクソー・リッジ』は、キリスト教の教えを厳格に守るため武器をいっさい持たず衛生兵として沖.. 続きを読む

【映画ランキング】『22年目の告白』V3!メル・ギブソン10年ぶりの監督作は4位発進

【映画ランキング】『22年目の告白』V3!メル・ギブソン10年ぶりの監督作は4位発進

6月24~25日の全国動員ランキングが興行通信社より発表され、『22年目の告白-私が殺人犯です-』が週末土日動員16万5000人、興収2億3100万円を記録し、3週連続1位を獲得した。累計動員は100万人を突破し、興収も14億3000万円を超えた。.. 続きを読む

メル・ギブソン10年ぶりの監督作『ハクソー・リッジ』は4位に初登場!

メル・ギブソン10年ぶりの監督作『ハクソー・リッジ』は4位に初登場!

全国で梅雨入りしたこの週末、6月24・25日の映画動員ランキングは、注目の新作3本がランクインするなど、雨によるジメジメも吹き飛ばす熱気が映画館にはあふれていたようだ。4位に初登場の『ハクソー・リッジ』はメル・ギブソンが『アポ.. 続きを読む

「ハクソー・リッジ」正気と狂気と地獄の戦場。ややこしいままに叩きつけられたよ

「ハクソー・リッジ」正気と狂気と地獄の戦場。ややこしいままに叩きつけられたよ

極めて生々しい戦争映画でありながら同時に一人の狂人の物語でもあり、宗教的な映画としても成立している。『ハクソー・リッジ』は、多面体のような作品だ。空気の読めない田舎の青年、衛生兵として沖縄へ主人公デズモンド・ドスは、ヴァ.. 続きを読む

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月22日付)

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(6月22日付)

ガジェット通信です。『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて、6月22日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!.. 続きを読む

    映画『スーサイド・スクワッド』の続編が来年にも撮影開始!

映画『スーサイド・スクワッド』の続編が来年にも撮影開始!

世界の興行成績が7億4500万ドル(約815億円)以上と大成功を収めた、米ワーナー・ブラザースの映画『スーサイド・スクワッド』。その続編の撮影が来年にも開始されると、同作品で軍人リック・フラッグを演じたジョエル・キナマンが明かし.. 続きを読む

うちの父ちゃん、メル・ギブソン「ブラッド・ファーザー」に見るバイオレンス親子愛

うちの父ちゃん、メル・ギブソン「ブラッド・ファーザー」に見るバイオレンス親子愛

今年は「おっさんが若い女のために逃げ回ったり戦ったりして体を張る映画」が大豊作。メル・ギブソン主演最新作『ブラッド・ファーザー』もそれに連なる一本だ。歩く世界遺産、娘を守って大暴れ最近はオレ流全開の監督業の印象も強いメル.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。