ミネソタ州の最新情報

ミネソタ州 に関するニュース検索結果   247件

トラックの排気口に頭を突っ込んだ女性を襲った悲劇と幸運(米)

トラックの排気口に頭を突っ込んだ女性を襲った悲劇と幸運(米)

若気の至りとはよく言ったものだが、このほどアメリカで19歳の女性がトラックのマフラーに自ら頭を突っ込んで抜けなくなるという騒ぎがあった。そのあられもない姿にSNSでは心配より先に笑いが溢れたようだ。『Hutchinson Leader』『Kare.. 続きを読む

23階建ての高層ビルを登るアライグマが激写される → ネット民が見守るなか無事に登頂!

23階建ての高層ビルを登るアライグマが激写される → ネット民が見守るなか無事に登頂!

海外で害獣扱いされることもあるアライグマは、日本ではアニメ『あらいぐまラスカル』の影響もあるからか、“可愛い動物” として親しまれている印象がある。さて、そんな普段は自然の中で生活しているアライグマが、どういう訳か突如とし.. 続きを読む

「もしかして入る?」車の排気管から頭抜けず

「もしかして入る?」車の排気管から頭抜けず

車の排気管から頭が抜けなくなってしまった女性が救出された。米ミネソタ州で行われたウィンストック・カウンティ・ミュージック・フェスティバルにいたこの女性は、ふざけて車の排気管に頭を突っ込んだことで、その後、45分間もパイプか.. 続きを読む

「バチェラー」米国版のカップルはほぼ全員破局。日本から参戦した“ゆきぽよ”の評判は?

「バチェラー」米国版のカップルはほぼ全員破局。日本から参戦した“ゆきぽよ”の評判は?

昨年からAmazonプライム・ビデオで独占配信されている『バチェラー・ジャパン』は、ハイスペックな一人の独身男性(バチェラー)を20人の美女たちが奪い合い、プロポーズ・結婚までこぎつける婚活リアリティ番組です。現在、日本では第2.. 続きを読む

まるでスパイダーマン…! 高層ビルの外壁を登る『ある動物』が話題

まるでスパイダーマン…! 高層ビルの外壁を登る『ある動物』が話題

※写真はイメージアメリカ・ミネソタ州のセントポールにある、25階建ての高層ビルで撮影されたある写真がSNSで拡散され、話題になりました。思わずヒヤヒヤしてしまう、こちらの写真をご覧ください。Saga of the #mprraccoon trending in .. 続きを読む

アライグマが25階建て高層ビルを登った!! 米ミネソタ州

アライグマが25階建て高層ビルを登った!! 米ミネソタ州

米中西部ミネソタ州セントポールの中心部で12日、1匹の雌のアライグマが25階建て高層ビルの壁をよじ登る姿が目撃された。ツイッターなどで映像や画像が出回り、全米や各国で大きな話題となった。米メディアが13日、報じた。 報道による.. 続きを読む

25階高層ビルをよじ登ったアライグマ ドキドキの実況中継(米)<動画あり>

25階高層ビルをよじ登ったアライグマ ドキドキの実況中継(米)<動画あり>

米ミネソタ州セントポールで今月12日、25階建てのオフィスビルの壁をよじ登るアライグマが発見された。スパイダーマンもびっくりのこのスタントに、SNSではアライグマ専用の『The MPR Raccoon』といったサイトまで登場し、「私はこの街の.. 続きを読む

オッドアイの猫、おそろいの瞳を持つ少年と友達になる

オッドアイの猫、おそろいの瞳を持つ少年と友達になる

左右で異なる瞳の色を持つオッドアイの猫が、完璧な友人と出会った。同じくオッドアイの少年、マデンくん7歳だ。オクラホマ在住の彼は、ミネソタで動物保護団体に保護されているその猫と運命の出会いを果たしたのだ。海外メディアLoveMeo.. 続きを読む

故プリンス、60歳のバースデー・イベントをファンが企画 『パープル・レイン』の撮影地で開催

故プリンス、60歳のバースデー・イベントをファンが企画 『パープル・レイン』の撮影地で開催

存命なら今年の6月7日に60歳になっていた故プリンスの誕生日を祝う催しが、映画『パープル・レイン』が撮影された米ミネソタ州ヘンダーソンで3日間にわたって行われる。地元紙The Mankato Free Pressによると、プリンスの映画やいつくか.. 続きを読む

ウータン・クラン、デビュー25周年に向けてニューALを制作中

ウータン・クラン、デビュー25周年に向けてニューALを制作中

ウータン・クランが昨年の『The Saga Continues』に続くニュー・アルバムを制作中であることを明かした。マスター・キラーが米ビルボードに語ったところによると、ニュー・アルバムはゴーストフェイス・キラーが先頭に立って制作が進めら.. 続きを読む

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟の“おそろいのプロレス”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話>

顔はあまり似ていないけれど、体つきとレスリング・スタイルはうりふたつの正真正銘の兄弟コンビ。ごついアゴひげをたくわえて髪をクルーカットにしているほうが兄リック(身長180センチ、体重127キロ)で、背がちょっとだけ高くて髪が長.. 続きを読む

父の試合応援で悲劇 ソフトボールが生後7週の愛娘の頭部を直撃(米)

父の試合応援で悲劇 ソフトボールが生後7週の愛娘の頭部を直撃(米)

米アイオワ州のある町で行われたソフトボールの試合で大変悲劇的なアクシデントが発生した。生後7週のわが子を連れて会場にやってきたあるファミリー。しかし試合が始まると、なんとその子の柔らかい頭にボールが直撃してしまった。『The.. 続きを読む

リック・フレアー ザ・グレーテスト・レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第73話>

リック・フレアー ザ・グレーテスト・レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第73話>

世界ヘビー級王座を“通算17回獲得”したミスター・プロレスである。この“通算17回獲得”の公式レコードはひとつのトレードマークのようなもので、古い記録を調べてみるとNWA世界ヘビー級王座を10回、WWE世界ヘビー級王座を2回、WCW世界ヘビ.. 続きを読む

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

カート・ヘニング “ミスター・パーフェクト”という生き方――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第70話>

“ミスター・パーフェクト”は単なるニックネームでもリング上のキャラクターでもなく、カート・ヘニングそのものだった。完ぺきなプロレスラー。完ぺきな夫。完ぺきな父親。完ぺきな息子。完ぺきな友だち。ヘニングは、パーフェクトとはい.. 続きを読む

サージャント・スローター “鬼軍曹”のアップダウン――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第69話>

サージャント・スローター “鬼軍曹”のアップダウン――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第69話>

WWEがプロデュースした海軍海兵隊Marine Corpsキャラクターである。6フィート3インチ(約191センチ)、280ポンド(約127キロ)の巨体とたぐいまれな運動センスを高く評価され、デビュー当時から将来のスター候補といわれたが、素顔がひじ.. 続きを読む

故プリンス、「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」未発表オリジナル・ヴァージョンの配信開始

故プリンス、「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」未発表オリジナル・ヴァージョンの配信開始

2018年4月19日、故プリンスのエステート(遺産管理団体)がワーナー・ブラザーズとの協力のもと、「ナッシング・コンペアーズ・トゥー・ユー」の未発表オリジナル・ヴァージョンの配信を開始した。エステートによる未発表音源が発表される.. 続きを読む

「1泊40ドルで新・刑務所に体験入所」 驚きの企画に応募者殺到(米)

「1泊40ドルで新・刑務所に体験入所」 驚きの企画に応募者殺到(米)

刑務所生活ほどみじめで苦しいものはない。法曹界の人々は1人でも多くの市民に「罪を犯せば投獄される、そんなのはまっぴらゴメンだ」という刑務所内の厳しい現実を知って欲しいと考えているが、そんななかで米ミネソタ州のある刑務所が.. 続きを読む

PMDD(月経前不快気分障害)を経験した女性のリアルストーリー

PMDD(月経前不快気分障害)を経験した女性のリアルストーリー

「月経前不快性障害(PMDD)」は、生理前のつらい症状「月経前症候群(PMS)」よりもさらに深刻なものです。 症状は似ていて、いらいらしたり、空腹を感じたり、疲れが出たりするほか、おなかが痛くなったり、めまい、気分の落ち込みなど.. 続きを読む

ミイラ化したサルを発見 老舗デパート取り壊しで空調ダクトから(米)

ミイラ化したサルを発見 老舗デパート取り壊しで空調ダクトから(米)

非常に古くなった建物を取り壊す作業にあたる人々は、思わぬ場所で思わぬモノを発見する。懐かしい時代の飲み物の空き缶やお菓子のゴミもあれば、すでに臭いすら失った小動物の死骸や白骨に遭遇することにも慣れているそうだ。だがミイラ.. 続きを読む

リック・マーテル 遅れてきたオールドファッション――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第56話>

リック・マーテル 遅れてきたオールドファッション――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第56話>

AWAがメジャー団体だった時代の最後の世界チャンピオン。1980年代のうねりに巻き込まれた“1970年代型のチャンピオン”だった。オールドファッションなアメリカン・スタイルの継承者で、カラー・アンド・エルボーからのロックアップ、左か.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。