ベンツの最新情報

ベンツ に関するニュース検索結果   1686件

パナメーラをロックオン!──AMG GT 4ドアクーペ

パナメーラをロックオン!──AMG GT 4ドアクーペ

本格的な走りと快適な室内空間を併せ持ったメルセデスAMG『GT 4ドア クーペ』「More space, more power, more goose pimples」。これは、メルセデスAMG『GT 4ドアクーペ』のプレスリリースの冒頭に記された一文だ。直訳すると「より多く.. 続きを読む

バンコクモーターショー2018に登場した日本車まとめ。日産 GT-Rの正規輸入開始。価格は4500万円オーバー!!

バンコクモーターショー2018に登場した日本車まとめ。日産 GT-Rの正規輸入開始。価格は4500万円オーバー!!

▲タイのバンコク近郊で開催された第39回バンコク・インターナショナル・モーターショー2018には日本からも様々なメーカー、ブランドが出展。特に注目度の高かったGT-Rのプレゼンテーションにはチーフエンジニアの田村宏志氏も登場し、大.. 続きを読む

【北京モーターショー2018】メルセデスベンツ「Aクラス」初のセダンを公開

【北京モーターショー2018】メルセデスベンツ「Aクラス」初のセダンを公開

独ダイムラーが4月25日(水)に開幕する北京モーターショー2018で、新型メルセデス・ベンツ「Aクラス サルーン」をワールドプレミアすると発表しました。現行「Aクラス」で成功を収めたメルセデス・ベンツは今年2月、オランダ・アムステ.. 続きを読む

フルサイズSUV頂上決戦!メルセデス・ベンツ GLS次期型は「カリナン」を標的に

フルサイズSUV頂上決戦!メルセデス・ベンツ GLS次期型は「カリナン」を標的に

メルセデス・ベンツのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「GLS」次期型プロトタイプを未だ雪の残るスカンジナビアでキャッチしました。エクステリアはカモフラージュが厳重に施されていますが、大刷新されるパワートレインも詳細が見えて.. 続きを読む

「人生最初の車」が50万円級輸入車というのも意外性があっていいじゃないか!

「人生最初の車」が50万円級輸入車というのも意外性があっていいじゃないか!

▲写真のような左ハンドル車だとさすがにちょっとキツいかもしれないが、右ハンドルでさえあれば、この春から新生活を始める若い人の「最初の1台」が、ありがちな国産小型車じゃなくても別に構わないのでは? あえて若干斜め上な行動を取.. 続きを読む

雪道でも「駆け抜ける歓び」は健在? FFに転換されるBMW・1シリーズ次期型をキャッチ

雪道でも「駆け抜ける歓び」は健在? FFに転換されるBMW・1シリーズ次期型をキャッチ

BMWのエントリーハッチバック「1シリーズ」次期型を豪雪のスカンジナビアで目撃しました。次期型では駆動方式がFFへと変わりますが、雪道でも「駆け抜ける歓び」を感じさせてくれるのでしょうか。次期型では「X1」と共有する「UKL」プラ.. 続きを読む

AMGよりアルピナより、HKSソアラC240。その意味とは? その4【OPTION 1984年12月号より】

AMGよりアルピナより、HKSソアラC240。その意味とは? その4【OPTION 1984年12月号より】

ミッショントラブルから、1時間チョイで極限耐久テストを終えたHKSスーパーソアラC240。しかし、エンジンなどの耐久性の高さは実証されました。今回はこのテストをピットから見守ったOPTスタッフからの印象をプレイバックしてみましょう.. 続きを読む

一般人に暴行も!?石橋貴明が明かした80年代のテレビ番組がすごかった

一般人に暴行も!?石橋貴明が明かした80年代のテレビ番組がすごかった

昔のテレビはこんなにも自由だったのか!4月16日にスタートした新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)で明かされた80年代のテレビ事情に、現代のテレビマンが驚いているという。初回の放送では「イケイケだった80年代テレ.. 続きを読む

まさかの限定復活──ランドローバー ディフェンダー

まさかの限定復活──ランドローバー ディフェンダー

生産終了後も高い人気を誇る無骨なオフローダー『ディフェンダー』が限定復活!『ディフェンダー』は、無骨なデザインと強靭なオフロード性能によってランドローバーの歴史を刻んできた伝統あるモデルだった。その祖は1948年に登場したラ.. 続きを読む

「とりあえずミニが欲しい」人、必見! 5分で分かるミニ家系図&予算別オススメモデル【2018保存版】

「とりあえずミニが欲しい」人、必見! 5分で分かるミニ家系図&予算別オススメモデル【2018保存版】

▲そこにあるだけでとりあえず絵になってしまうミニという車ですが、中古車として買う場合は、どの世代のどのモデルを、だいたいいくらぐらいで狙うのが得策なんでしょうか? 新車は決して安くはないミニ。だが中古車なら?相変わらず「ミ.. 続きを読む

フォーミュラEがEV開発の「走る実験室」に? ポルシェなど各社が参戦を発表

フォーミュラEがEV開発の「走る実験室」に? ポルシェなど各社が参戦を発表

ポルシェがFIA(国際自動車連盟)承認の元、2019年末から「フォーミュラE」に参戦すると発表しました。フォーミュラEではシャシーとバッテリーが主催者から供給されますが、パワートレインコンポーネントについては、全ての部分を独自に.. 続きを読む

ジェニファー・ロペスはベンツ! 下積み時代を経てセレブ達が最初の高額ギャラで手に入れたものとは?

ジェニファー・ロペスはベンツ! 下積み時代を経てセレブ達が最初の高額ギャラで手に入れたものとは?

今でこそ「Aリスト」に名を連ねるものの、長い下積み時代を経験しているセレブらは多い。そんな彼ら・彼女らが初めて手にした「高額小切手」で買ったものとは? セレブらが明かした、ブレイク後初めての“大きな買い物”エピソードが興味.. 続きを読む

買わずに乗り回せる! あのメルセデスも月額のサブスクサービスを開始

買わずに乗り回せる! あのメルセデスも月額のサブスクサービスを開始

Image: Tofudevil/Shutterstock.com Sクラス・カブリオレか、Gクラスもいいですね。アウディやボルボ、それにポルシェまで始めた車両のサブスクリプションサービス。これは月額いくらで、そのメー.. 続きを読む

柳沢慎吾 バブル期のギャラで購入した高級車は13台「有頂天になっていた」

柳沢慎吾 バブル期のギャラで購入した高級車は13台「有頂天になっていた」

タレントの柳沢慎吾(56)が14日放送のTBS系「ジョブチューン大好評!テレビの裏側ぶっちゃけSP 第3弾!」(土曜後6・55)に出演。バブル期における驚きのギャラ事情を語った。 2シーンの撮影だけでも「3ケタ(100万円以上は)いってま.. 続きを読む

TBS
年内公開予定。メルセデス・ベンツ Aクラス セダン、PHEVも計画中!

年内公開予定。メルセデス・ベンツ Aクラス セダン、PHEVも計画中!

メルセデス・ベンツ「Aクラス」新型の派生モデルで、同ブランド最小セダン「Aクラス セダン」のパワートレインに関する最新情報を入手しました。ニュルブルクリンク北コースで捉えた開発車両は、「CLA」風ヘッドライト、シングル・バーグ.. 続きを読む

メルセデス・ベンツGクラスに“最後の特別仕様車”が登場

メルセデス・ベンツGクラスに“最後の特別仕様車”が登場

四輪駆動の日でもある4月4日、メルセデス・ベンツGクラスに現行型としておそらく“最後の特別仕様車”が発売された。もともとは軍用車をルーツとする硬派なGクラスだが、現在では芸能人やクリエイターなどのファッションアイコンとしても定.. 続きを読む

電気化の流れは顕著だが、普及には課題も【バンコク・モーターショー2018】

電気化の流れは顕著だが、普及には課題も【バンコク・モーターショー2018】

今年のバンコク国際モーターショーで、ひとつの傾向として見られたのがクルマの電気化でした。日本のメーカーでは日産がリーフ、ホンダがFCXクラリティを展示して電気化の流れを示したのを始め、タカノオートとFOMMの日系ベンチャー2社が.. 続きを読む

歴代RX-7の開発秘話! ロータリーひと筋を貫き通したサムライ開発者が語り尽くす【マツダのレジェンドに学ぶ・第2回】

歴代RX-7の開発秘話! ロータリーひと筋を貫き通したサムライ開発者が語り尽くす【マツダのレジェンドに学ぶ・第2回】

山口京一さんの、山本健一さんの足跡をたどるコーナーが駆け足で終わったあとは、御一方ずつのトークが始まりました。まずおひとりめは小早川隆治さんです。大学三年のときにちょうど、前述のNSU、ヴァンケル研究所、マツダとのロータリ.. 続きを読む

「GT-R破竹の50連勝」からの「901活動」……日産無双だったあの時代から学べるのは何か 【クルマ塾・第2弾5月17日開催】

「GT-R破竹の50連勝」からの「901活動」……日産無双だったあの時代から学べるのは何か 【クルマ塾・第2弾5月17日開催】

この3月に開催された「レジェンドに学ぶ ものつくりの真髄」の第1弾・マツダ編は、おかげさまで大好評。入場無料(事前登録あり)ということもあり、200名に迫る来場者で大いに盛り上がりました。クルマ塾は、現役とOBあわせ、長らく自.. 続きを読む

サッカー日本代表ハリル解任に広告業界は笑顔満開「西野新監督はイケメン!」「有名選手が帰ってくる!」

サッカー日本代表ハリル解任に広告業界は笑顔満開「西野新監督はイケメン!」「有名選手が帰ってくる!」

12日の就任会見のウラで、広告関係者の笑顔が満開になっている。日本サッカー協会は今月7日付でのバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任と、西野朗技術委員長(63)の新監督就任を発表した。日本中があっと驚く電撃解任劇だったが、プ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。