ヘッドライトの最新情報

ヘッドライト に関するニュース検索結果   1583件

【新型スズキ・クロスビー試乗】6ATと高トルク直噴ターボが生み出す「自然さ」「気持ちよさ」のある走り

【新型スズキ・クロスビー試乗】6ATと高トルク直噴ターボが生み出す「自然さ」「気持ちよさ」のある走り

スズキの新型、クロスビーに試乗しましたので報告します。クロスビーはスズキの小型車・イグニスのプラットフォームをベースに、全長を60mm・全高を110mm高めたモデルです。同社のハスラーを思わせる特徴的なヘッドライトはLEDが設定され.. 続きを読む

【新車】生産を終えていたランドローバー・ディフェンダーがV8を積んで最速モデルとして再発売!

【新車】生産を終えていたランドローバー・ディフェンダーがV8を積んで最速モデルとして再発売!

ついに新型が披露されたメルセデス・ベンツ Gクラスと並んで、クロカン系SUVの雄といえるランドローバー・ディフェンダー。タフな悪路走破性を美点とする一台でしたが、2016年に生産を終えていました。今年中に発表、2019年にも発売? と.. 続きを読む

2018年9月公開? BMW X5新型はこれで決まり!

2018年9月公開? BMW X5新型はこれで決まり!

BMWの中核をになるクロスオーバーSUV「X5」次期型のレンダリングCGを入手しました。フルヌードに近いプロトタイプをベースにCGが起こされており、ほぼこのデザインでデビューすることが予想されます。描かれているのは、区切りのないワイ.. 続きを読む

【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! いびき防止健康枕や小型ドライブレコーダーがお買い得に

【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! いびき防止健康枕や小型ドライブレコーダーがお買い得に

Image: Amazon.co.jp こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール、今日2018年1月19日はいびき防止健康枕や小型ドライブレコー.. 続きを読む

BMWが新年最初の話題、2発!「BMW i3 マイチェン」と「丸の内に新ショップ展開」

BMWが新年最初の話題、2発!「BMW i3 マイチェン」と「丸の内に新ショップ展開」

BMWグループの勢いが止まらない――。2017年のグループ販売台数9年連続で過去最高7万7954台。BMWブランド乗用車は3年連続伸長、過去最高5万2527台。MINIブランドは8年連続伸長、2017年も過去最高更新2万5427台。さらに車名別販売台数トップ.. 続きを読む

発表は4月!? ポルシェ・マカン改良型、450馬力のPHEVモデルに注目!

発表は4月!? ポルシェ・マカン改良型、450馬力のPHEVモデルに注目!

ポルシェのコンパクト・クロスオーバーSUV「マカン」改良型のプロトタイプを、スカンジナビアでカメラが捉えました。カモフラージュも軽くなり、デザインの詳細も見えてきました。外観の主な変更点は、ヘッドライト内のグラフィックが一.. 続きを読む

アウディ、ポルシェベースのEVスポーツ「E-Tron GT」発売へ。最高出力は600馬力

アウディ、ポルシェベースのEVスポーツ「E-Tron GT」発売へ。最高出力は600馬力

アウディはポルシェの新型EV『ミッションE』をベースとする新型EVスポーツ『E-Tron GT』の発売を計画していることが分かりました。技術開発取締役ペーター・メルテンス氏が、独メディアへのインタビューで答えたようです。性能の詳細など.. 続きを読む

BMW 新型「BMW i3」を発売

BMW 新型「BMW i3」を発売

ビー・エム・ダブリューは2018年1月15日、航続距離約400kmを実現した電気自動車「BMW i3(アイ・スリー)」の新型モデルを、全国のBMW i販売店にて販売を開始すると発表した。今回発表の新型BMW i3は、より先進的で、存在感を主張するデ.. 続きを読む

【本日のセール情報】Amazonタイムセールで83%以上オフも!防水レジャーシートや滑らないハンガーがお買い得に

【本日のセール情報】Amazonタイムセールで83%以上オフも!防水レジャーシートや滑らないハンガーがお買い得に

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール、今日2018年1月16日は防水レジャーシートやルイボスティーのティーバッグほか、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登.. 続きを読む

【新車】BMW i3がマイナーチェンジ。より先進的な外観と3つのトリムラインを設定

【新車】BMW i3がマイナーチェンジ。より先進的な外観と3つのトリムラインを設定

2017年は「EVシフト」とまでは言えないものの、新型日産リーフ、新型フォルクスワーゲン・e-ゴルフが登場しました。高級路線を走るテスラをのぞくと、現時点でのピュアEVの現実的な選択肢としては、上記2台とBMW i3ではないでしょうか。2.. 続きを読む

BMW・1シリーズ次期型、「M」モデルは新開発の直4エンジンを搭載

BMW・1シリーズ次期型、「M」モデルは新開発の直4エンジンを搭載

BMWのコンパクトハッチバック『1シリーズ』が、極寒のスカンジナビアで初の寒冷気候テストを開始しました。まだカモフラージュが重い状態ですが、最新情報を併せて入手しました。注目は刷新されるフロントマスクです。クーペSUV「X2」か.. 続きを読む

大雪時の運転。危険から「命を守る」ためにすべきこと

大雪時の運転。危険から「命を守る」ためにすべきこと

最強寒波の到来で日本海側や関西以南は急激な積雪に見舞われました。高速道路での数百台におよぶ車の立ち往生や、列車の長時間の立ち往生をはじめ、車のスリップ事故、倒木、停電、雪崩による遭難、農業用ハウスの倒壊、センター試験への.. 続きを読む

世界最大のラスベガスCESは『Hey!Google』ジャック!?

世界最大のラスベガスCESは『Hey!Google』ジャック!?

毎年アメリカ・ラスベガスで開催されている世界最大の家電の展示会「International Consumer Electrics Show(CES)」。数年前から自動車業界でも話題になっていて、自動運転やAIが取り上げられるようになってからは特に存在感を強めて.. 続きを読む

ハイエース盗難の対策はアナログな手法が効果的

ハイエース盗難の対策はアナログな手法が効果的

海外では、ハイエース盗難で盗んだパーツでさえ高値で取引きされているといいます。はたして、ハイエース盗難はどう対策すればよいのでしょう? 最新のⅣ型ハイエースを例に、愛知県でカーセキュリティ専門ショップを運営する株式会社プ.. 続きを読む

【激レア 体験レポ】洞窟の中でプラネタリウムの投影をサポートする “宇宙バイト” in 種子島

【激レア 体験レポ】洞窟の中でプラネタリウムの投影をサポートする “宇宙バイト” in 種子島

今回の激レアバイトの舞台は、2017年11月4日深夜、鹿児島・種子島で開催された千座(ちくら)の岩屋スーパープラネタリウム『星の洞窟』。宇宙をテーマに、8月5日から11月12日まで全100日間開催された「種子島宇宙芸術祭」のメインイベント.. 続きを読む

「プラチナトミカ」など、スペシャルなトミカを展示の「トミカ博 in SAPPORO」開催

「プラチナトミカ」など、スペシャルなトミカを展示の「トミカ博 in SAPPORO」開催

クルマ好きでなくても、男の子なら必ずひとつはもっていたであろう「トミカ」のミニカー。そして、トミカが大好きなら絶対にいきたいトミカの祭典「トミカ博」!この冬もトミカ博が札幌で開催!しかも今年は開催15周年を記念して、スペシ.. 続きを読む

2018年スバルSTI スーパーGT300とニュルブルクリンク24hレースで目指すこと[PR]

2018年スバルSTI スーパーGT300とニュルブルクリンク24hレースで目指すこと[PR]

■STI平川社長インタビュー レース活動を通じ、ユーザーとの絆を深く、太くする 前篇2018年のレースシーズンは間もなく開幕するが、先立って注目のスバルSTI 平川良夫社長にインタビューをした。スーパーGT、ニュルブルクリンクともに17.. 続きを読む

180SXの人気が爆発中!2018年は日産・S13系の生誕30周年&生産終了から20年

180SXの人気が爆発中!2018年は日産・S13系の生誕30周年&生産終了から20年

2018年は、日産S13系のデビューから30周年のメモリアルイヤーだということをご存知ですか? 同時に、S13系最後のモデルであるRPS13型180SXの生産終了からも、ちょうど20周年の節目の年なんです。そこで今回、この180SXに関する最新状況.. 続きを読む

RX-7、シルビア、スカイライン、スープラほか不正改造車が御用!「首都高年越し大検問」に完全密着<第2回>

RX-7、シルビア、スカイライン、スープラほか不正改造車が御用!「首都高年越し大検問」に完全密着<第2回>

毎年、大晦日から元旦にかけての深夜、警視庁高速道路交通警察隊(高速隊)は首都高を走行する不正改造車の大がかりな取り締まり検問を実施する。2008年から続く恒例のゆく年くる年大検問大会だ。首都高の走り屋さんにはその存在は広く知.. 続きを読む

NHK
日産自動車初の軽EVはリーフの技術を移植し、三菱自動車との共同開発で2019年登場?

日産自動車初の軽EVはリーフの技術を移植し、三菱自動車との共同開発で2019年登場?

ダイハツやスズキが軽自動車EVの開発を進める中、日産は三菱自動車との共同開発により、同社初の軽EVを発売する可能性が高いことが分かりました。開発は日産主導の元で開発を進められ、傘下の三菱自動車へOEM供給されることになるようで.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。