プロパガンダの最新情報

プロパガンダ に関するニュース検索結果   274件

北朝鮮の日常を生きる人々を捉えた映画『ワンダーランド北朝鮮』が来月劇場公開!

北朝鮮の日常を生きる人々を捉えた映画『ワンダーランド北朝鮮』が来月劇場公開!

北朝鮮の”普通”の暮らしとその人々。これはプロパガンダか?それとも現実か?北朝鮮の日常を生きる人々を捉えた映画『ワンダーランド北朝鮮』日本劇場公開!(c) Kundschafter Filmproduktion GmbH (右 監督)6月12日にシンガポールで開.. 続きを読む

「交際」「成功」語る姿も、韓国籍を捨て“自然体の北朝鮮市民”を映した女性監督の決意と期待

「交際」「成功」語る姿も、韓国籍を捨て“自然体の北朝鮮市民”を映した女性監督の決意と期待

韓国籍を捨てて北朝鮮に入り、ドキュメンタリー映画を撮影した女性監督が来日し、『AbemaNews』の単独インタビューに応じた。これまで映し出しきれなかった北朝鮮の“自然体の市民”をとらえた映画は、日本でどのような評価を受けるのか。.. 続きを読む

日本テレビが南京検証番組の第2弾! 虐殺否定派の「自衛発砲説」に緻密な取材で徹底反論

日本テレビが南京検証番組の第2弾! 虐殺否定派の「自衛発砲説」に緻密な取材で徹底反論

2015年10月5日に初回放送されるやいなや、大きな反響を呼んだドキュメンタリー『NNNドキュメント 南京事件 兵士たちの遺言』(日本テレビ系)。その続編が、5月14日(13日深夜)に放送された。チーフディレクターは引き続き日本テレビ報.. 続きを読む

"政権批判の学者狩り"が始まった!「正論」は"大学偏向ランキング"作成、杉田水脈議員は「反日学者に税金使わせるな」

"政権批判の学者狩り"が始まった!「正論」は"大学偏向ランキング"作成、杉田水脈議員は「反日学者に税金使わせるな」

月刊誌「正論」(産経新聞社)6月号に、「大学政治偏向ランキング」なる論文記事が掲載されている。キャッチコピーや副題には「受験生も保護者も、会社人事部も必読!」「学者の政治活動を徹底批判」。メディア工学を専門とする掛谷英紀.. 続きを読む

NHK
知り合いかも?とテロリストにつながっていくFacebookの功罪

知り合いかも?とテロリストにつながっていくFacebookの功罪

Image: Orlok/Shutterstock.com いや、まったく知らない人なんだけど…?友だちの友だちへとつながって、ユーザーの友だちネットワークの輪を広げさせようとするFacebook。もうずっと音信不通になっ.. 続きを読む

「蚊帳の外ではない」米朝首脳会談後が日朝交渉の"正念場"?

「蚊帳の外ではない」米朝首脳会談後が日朝交渉の"正念場"?

南北首脳会談を終えた直後の先月29日、安倍総理と韓国の文大統領が電話会談を行った。その中で文大統領は、北朝鮮の金委員長が「日朝国正常化を望んでいる」「いつでも日本と対話する用意がある」と発言したことを伝えたという。その一方.. 続きを読む

改憲を諦めない安倍首相のソフト路線に騙されるな!「戦争ができる国づくり」の本音はいまも変わらない

改憲を諦めない安倍首相のソフト路線に騙されるな!「戦争ができる国づくり」の本音はいまも変わらない

きょう、憲法施行から71周年となる記念日を迎えた。この間、権力をカサに憲法をないがしろにしつづけてきた安倍政権だが、ここにきて、森友の文書改ざんや加計疑惑での「首相案件」文書の発覚、自衛隊の日報隠蔽、北朝鮮外交の失敗による.. 続きを読む

「女人禁制のサッカースタジアム」に男装して忍び込んだ女性5人の写真に称賛集まる

「女人禁制のサッカースタジアム」に男装して忍び込んだ女性5人の写真に称賛集まる

1979年のイスラム革命以後、イランでは女性のスポーツスタジアムへの入場が禁じられている。これまでに何人もの女性が果敢にもスタジアムへ入ろうとしては、見つかって追い出されたり、逮捕されたりしてきた。だがこの度、5人の女性がサ.. 続きを読む

北朝鮮、非常に高いIT能力で政治プロパガンダも?

北朝鮮、非常に高いIT能力で政治プロパガンダも?

世界的な注目を集めた韓国と北朝鮮の南北首脳会談。一夜明け、北朝鮮の国営メディアも共同宣言について報道したという。一方、北朝鮮のメディアをウォッチする日本大学准教授の川口智彦氏によると、北朝鮮は今、政治プロパガンダにSNSや.. 続きを読む

「喫茶店のBGMは誰が選曲してるのか?」を探る謎解きの本

「喫茶店のBGMは誰が選曲してるのか?」を探る謎解きの本

喫茶店やファストフードの店内音楽。そこにも長い歴史があった。そんな日常にまつわるBGMのトリビアを集めた書籍が刊行された。『エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン 日本のBGMの歴史』(DU BOOKS/4月27日発売)は、おそらく.. 続きを読む

『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同、城田優、戸田恵子、神田沙也加、原田諒、甲斐正人が喜びの声を語る! 第43回菊田一夫演劇賞授賞式レポート

『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同、城田優、戸田恵子、神田沙也加、原田諒、甲斐正人が喜びの声を語る! 第43回菊田一夫演劇賞授賞式レポート

第43回菊田一夫演劇賞授賞式が4月26日、東京都千代田区の如水会館で行われた。「大賞」に選ばれた『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』上演関係者一同のほか、「演劇賞」に選ばれた城田優、戸田恵子、神田沙也加、原田諒、「特別.. 続きを読む

"人間国宝"柳家小三治が「総理大臣、いつまでやってんだ」! ネトウヨ落語家・桂春蝶と対照的な姿勢

"人間国宝"柳家小三治が「総理大臣、いつまでやってんだ」! ネトウヨ落語家・桂春蝶と対照的な姿勢

森友文書改ざん、加計問題の首相案件文書発覚で、安倍政権に対する批判の声が日増しに高まっている。そんななか、少し意外な人物による「総理大臣、いつまでやってんだ」という発言が話題となっている。その発言の主は、10代目柳家小三治.. 続きを読む

自民党・石破茂議員「ハマりすぎ」コスプレ姿を披露

自民党・石破茂議員「ハマりすぎ」コスプレ姿を披露

次の総理大臣候補とも目される元自民党幹事長の石破茂衆議院議員が、地元の鳥取県で行われた円形劇場『くらよしフィギュアミュージアム』の完成式典に出席した。このとき、石破氏は漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクター『魔人ブ.. 続きを読む

米国軍人と日本軍人の区別もつかない在米中国系反日団体

米国軍人と日本軍人の区別もつかない在米中国系反日団体

(C)Shutterstockアメリカでは、社会に貢献した人物の名前を空港や学校などの名称に使うことが多いが、カリフォルニア州パロアルトにある中学校の校名変更を巡り、新校名の候補のひとつに上がった日系人に関して、中国系アメリカ人の父.. 続きを読む

放送法撤廃の首謀者は森友のキーマン・今井尚哉首相秘書官だった! 一方、安倍首相とナベツネの間では裏取引か

放送法撤廃の首謀者は森友のキーマン・今井尚哉首相秘書官だった! 一方、安倍首相とナベツネの間では裏取引か

安倍政権が今後打ち出そうとしている、政治的公平を義務づける放送法4条など放送規制の撤廃を含む放送制度改革。既報の通り、これによって安倍首相はテレビを『ニュース女子』をはじめとするフェイク&安倍政権応援番組で氾濫させようと.. 続きを読む

葉巻と酒が手放せず、躁鬱に悩んだ宰相の決断! アカデミー賞W受賞『ウィンストン・チャーチル』

葉巻と酒が手放せず、躁鬱に悩んだ宰相の決断! アカデミー賞W受賞『ウィンストン・チャーチル』

大英帝国がその栄華を極めたヴィクトリア朝時代の1874年に生まれ、冷戦時代の1965年にこの世を去ったウィンストン・チャーチル。90歳の生涯、半世紀以上にわたる政治活動の中で最も濃密かつ激動の日々となったのが、英国首相に就任した19.. 続きを読む

安彦考真が40歳でJリーガーを目指す理由「サッカー選手は個人競技のアスリートの姿勢を見習うべき」

安彦考真が40歳でJリーガーを目指す理由「サッカー選手は個人競技のアスリートの姿勢を見習うべき」

トレーニングや遠征にかかる費用をクラウドファンディングによって工面しながら、本気でJリーガーになろうとしている男がいる。安彦考真、40歳。2018年3月現在、J2所属の『水戸ホーリーホック』に練習生として参加している。周囲から「年.. 続きを読む

安倍首相が党大会で「改憲」強行を表明! 裏では電通に依頼して国民投票に向けた大規模広告戦略を計画

安倍首相が党大会で「改憲」強行を表明! 裏では電通に依頼して国民投票に向けた大規模広告戦略を計画

森友文書改ざん問題で窮地に追い込まれている安倍首相だが、憲法改正はまったく諦めていないらしい。自民党内では、9条2項の扱いをめぐって意見が対立し、憲法改正案の早急な取りまとめが難しいと言われていたが、22日の自民党憲法改正推.. 続きを読む

一方ロシアは:駐日ロシア連邦大使館が大人気!? ネット民と煽り合いを始めてしまう気さくさ

一方ロシアは:駐日ロシア連邦大使館が大人気!? ネット民と煽り合いを始めてしまう気さくさ

オリンピックに出られなかったり、イギリスから追放されたり、大統領選挙があったり、ロシア関連の(やや不名誉な)ニュースがメディアをにぎわせる今日この頃。日本のネット民の間では駐日ロシア連邦大使館の『Twitter』公式アカウント.. 続きを読む

120作目『北の桜守』でも...吉永小百合が戦争に向き合う理由!「戦後70年を過ぎた頃から戦争の足音が近づいてきた」

120作目『北の桜守』でも...吉永小百合が戦争に向き合う理由!「戦後70年を過ぎた頃から戦争の足音が近づいてきた」

吉永小百合120本目の出演作ということでも話題となっている映画『北の桜守』が今月10日に公開された。1959年の映画初出演から59年の時を経て到達した120本目の節目となる『北の桜守』。その舞台は北海道。この作品は、『北の零年』(2005.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。