プジョー3008の最新情報

プジョー3008 に関するニュース検索結果   58件

フルゴネットという愉しみ──シトロエン ベルランゴ

フルゴネットという愉しみ──シトロエン ベルランゴ

現代版フルゴネット『ベルランゴ』は、『C3』に次ぐシトロエンベストセラーモデルフランスには古くから「フルゴネット」というカテゴリがある。乗用車をベースに作られた商用バンのことで、車体後部がバン形状の荷室となったもので、1951.. 続きを読む

【新車】フランス的な走り+日本的な使い勝手のコンパクトSUV新型ルノー「 カジャー」登場

【新車】フランス的な走り+日本的な使い勝手のコンパクトSUV新型ルノー「 カジャー」登場

以前お伝えしたように、2017年8月31日に100台限定で先行導入された新型ルノー カジャー。Cセグメント級SUVに少しでも早く投入したいというルノー ジャポンの意向を受けて確保された限定車でした。導入限定車の投入から半年以上経ち、4月5.. 続きを読む

【プジョー5008試乗】悪路走破性、ロングクルーズに向く2.0Lクリーンディーゼル搭載車

【プジョー5008試乗】悪路走破性、ロングクルーズに向く2.0Lクリーンディーゼル搭載車

2列シートSUVのプジョー3008をストレッチさせた3列シートSUVの5008。165ps/240Nmの1.6Lガソリンターボでも動力性能に大きな不満を抱くシーンは少ないはずですが、180ps/400Nmの2.0Lディーゼルターボは、走り出しからより力強く、高速道路.. 続きを読む

【プジョー・5008試乗】3列シート化の影響を最小限に抑えた走りの良さが光る1.6Lターボモデル

【プジョー・5008試乗】3列シート化の影響を最小限に抑えた走りの良さが光る1.6Lターボモデル

2列シートSUVのプジョー3008に続き、そっくりな顔つきのプジョー5008が昨年秋に日本上陸を果たしました。5008は3列シートのみで、フロントオーバーハングからフロントドアまでは3008と共通。プラットフォームは3008と同じ「EMP2」が使わ.. 続きを読む

紅葉ドライブが好きすぎるので、最強の紅葉見物CARについて考えてみた

紅葉ドライブが好きすぎるので、最強の紅葉見物CARについて考えてみた

▲いよいよ始まる紅葉シーズン。ところで、もしも車に乗って紅葉を見に行くならどんな車種を選ぶべきなんでしょうか? オススメのモデルをいろいろ考えてみました! 紅葉を見に行くならやっぱり車があると断然便利今年も「紅葉シーズン」.. 続きを読む

【新車】プジョー3008に2.0Lディーゼルターボを積み、お買い得な「BlueHDi Special Edition」が設定

【新車】プジョー3008に2.0Lディーゼルターボを積み、お買い得な「BlueHDi Special Edition」が設定

セールス好調という新型プジョー3008に10月2日、特別仕様車の「PEUGEOT 3008 BlueHDi Special Edition」が設定されました。「3008 Allure」の内・外装デザインに「3008 GT BlueHDi」の機能装備を組み合わせ、422万円という価格設定で買い.. 続きを読む

軽ハイトワゴンが便利なのはわかるけど、なんとなく嫌な人のための「おしゃれ子育て輸入車」購入ガイド

軽ハイトワゴンが便利なのはわかるけど、なんとなく嫌な人のための「おしゃれ子育て輸入車」購入ガイド

▲子育て期間中は1台あると確実に便利な軽ハイトワゴンですが、どこか所帯じみたあの感じが好きじゃない……という人もいるかも。そんな場合は「ほぼ同予算で狙える輸入車」にシフトしてみてはどうでしょうか? 「機能的で扱いやすく、それ.. 続きを読む

【新車】3列7人乗りSUVの新型・プジョー5008が発売開始。価格は404万円~

【新車】3列7人乗りSUVの新型・プジョー5008が発売開始。価格は404万円~

新型3008などSUVに注力し、好調なセールスを記録しているというプジョーから新型5008が9月25日に発表、発売されました。2代目となる新型プジョー5008は、全長4640×全幅1840×全高1650mm、ホイールベースは2840mmというサイズですから、BMW.. 続きを読む

カバがサイになった!? もう妥協しなくてもいい、プジョー 3008(試乗レポート)

カバがサイになった!? もう妥協しなくてもいい、プジョー 3008(試乗レポート)

▲基幹モデル308と同じプラットフォーム(EMP2)をもつ、スタイリッシュなFFのコンパクトSUV。最低地上高は175mmとそれほど高くないものの、プロテクターやフロントアンダーガードなどSUVらしいスタイルに もう“猫足だから”って、言わなく.. 続きを読む

【フランクフルトショー】ボッシュの最新の電気駆動用パワートレーン「e アクスル」を出展

【フランクフルトショー】ボッシュの最新の電気駆動用パワートレーン「e アクスル」を出展

2017年9月12日から開催されたフランクフルト・モーターショーで、ボッシュは新世代の効率向上と低コストを実現した電気自動車用のパワートレーン「e アクスル」を出展した。今回登場した「e アクスル」の特長は、モーター、パワーエレク.. 続きを読む

コーニング PSAグループのピュアテック・ガソリン直噴エンジンにガソリン・パティキュレート・フィルターを供給

コーニング PSAグループのピュアテック・ガソリン直噴エンジンにガソリン・パティキュレート・フィルターを供給

2017年8月31日、コーニングイン・コーポレイティッド(ニューヨーク)はPSAグループが2017年10月から同社のピュアテック・ガソリン直噴エンジンを搭載する全モデルにコーニング社のガソリン・パティキュレート・フィルタ(GPF)を供給す.. 続きを読む

【新車】人気のSUVに新モデルが来日!新型ルノー・カジャーを100台限定で発売開始

【新車】人気のSUVに新モデルが来日!新型ルノー・カジャーを100台限定で発売開始

8月31日、ルノーからCセグメントの新型SUV「ルノー カジャー」が登場しました。来年の本格投入を前に、100台限定で「ルノー カジャー BOSE」という導入記念車からの発売になります。その名の通り、BOSE製オーディオを標準装備したローン.. 続きを読む

エクストレイルのライバル、国産車SUVは豊富なパワートレーンが強み【クローズアップ後編】

エクストレイルのライバル、国産車SUVは豊富なパワートレーンが強み【クローズアップ後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)での連載。今回は日産 エクストレイルをクローズアップ!▲装備の随所に“タフギア”っぷりが感じられるエクストレイル。釣りをはじめ、アウトドアで大活躍す.. 続きを読む

プジョー 2008/3008の価格を改定

プジョー 2008/3008の価格を改定

2017年8月4日、プジョー・シトロエン・ジャポンは「PEUGEOT 2008」「PEUGEOT 3008」の車両本体価格を改定すると発表した。この新価格は、原材料費を始めとした製造原価の上昇を背景としたもの。プジョー2008は10月1日(日)より、プジョ.. 続きを読む

「あのプジョー 3008がついにフタケタ万円へ」という嬉しいお知らせ

「あのプジョー 3008がついにフタケタ万円へ」という嬉しいお知らせ

▲正直「売れ筋」というわけでもありませんが、その実力は多くの自動車ファンが認めるプジョーのコンパクトクロスオーバー「3008」。その中古車相場がこのところグッとお安くなってきました! 今年春のフルモデルチェンジを機にお手頃化が.. 続きを読む

ただのロング版じゃない! 5008はここが3008と違う!【プジョー5008 GT 試乗】

ただのロング版じゃない! 5008はここが3008と違う!【プジョー5008 GT 試乗】

モノスペース全盛期にあった先代の頃は、背の高いクロスオーバーとMPVだった。同時にフルモデルチェンジした2代目はいずれも同じ名前を引き継いだが、双方ともトレンドど真ん中のSUVとなって、ショート&ロング版という位置づけになった。.. 続きを読む

夫婦2人で楽しいカーライフを送れるオススメの5車種【ライフスタイル別クルマ選び】

夫婦2人で楽しいカーライフを送れるオススメの5車種【ライフスタイル別クルマ選び】

DINKsと呼ばれる共働きの夫婦や、お子さんが成長して夫婦二人でクルマに乗る機会が増えたという人たちにオススメしたいのが輸入車のSUVです。取り回しのしやすいサイズながらプレミアム感もあり、しかも現在流行のクルマということで注目.. 続きを読む

適度にタイトで心地のよい運転席と積載性十分な荷室。新型プジョー3008の居住性、積載性をチェック!

適度にタイトで心地のよい運転席と積載性十分な荷室。新型プジョー3008の居住性、積載性をチェック!

新型プジョー3008は、全長4450×全幅1840×全高1630mmというサイズ。先代よりも全長を85mm延ばし、全幅を5mm、全高を5mm下げています。ホイールベースも60mm延長されたことで、居住性、積載性向上への期待が高まります。なお、最小回転半径.. 続きを読む

新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!

新型3008の内・外装はプジョーにおける「デザイン革命」だ!!

2代目となる新型プジョー3008は、最新のプラットフォーム「EMP2」を使い、全長4450×全幅1840×全高1630mmというボディサイズ。2017年6月現在は、1.6L直列4気筒ガソリンターボのみですが、今夏には2.0Lディーゼルターボも導入されます。先.. 続きを読む

FFの「都市型系」SUVでも高い悪路走破性を確保する新型プジョー3008

FFの「都市型系」SUVでも高い悪路走破性を確保する新型プジョー3008

FFのみとなる新型プジョー3008は、175mmという最低地上高を確保しているものの、SUVとしては決して高いわけではありません。また、スタイリングからしても都市型SUVであることを感じさせます。元々「ランドローバーEXオートキャンプ場」.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。