ブリティッシュ・エアウェイズの最新情報

ブリティッシュ・エアウェイズ に関するニュース検索結果   114件

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開

エアバスA350-1000型機、ワールドツアーで東京に飛来 報道陣に機体を公開

エアバスA350-1000型機の機体前方。羽田空港のJAL格納庫で。エアバスは2月14日、開発中の最新鋭機であるエアバスA350-1000型機の試験飛行機を、羽田空港で報道陣や航空関係者に公開した。ドーハ、マスカット、香港、ソウル、台北、ハノイ.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、イギリス行きで特別運賃 ビジネス39万円、エコノミー8万円など

ブリティッシュ・エアウェイズ、イギリス行きで特別運賃 ビジネス39万円、エコノミー8万円など

ブリティッシュ・エアウェイズは、東京/羽田・東京/成田発着イギリス各地行きを対象に、特別運賃を2月8日から28日まで販売する。往復運賃は、ビジネスクラス「Club World」は390,000円から、プレミアムエコノミークラス「World Travel Pl.. 続きを読む

飛行機の荷物超過料金を払いたくない男性が「服を計18枚重ね着して搭乗」しようとした結果 → 強引さが裏目に出て最悪な展開に

飛行機の荷物超過料金を払いたくない男性が「服を計18枚重ね着して搭乗」しようとした結果 → 強引さが裏目に出て最悪な展開に

「超過料金を払いたくない!」という気持ちから、飛行機の搭乗前に自分の荷物を調整する人は多いと思う。スーツケースの中身を減らしたり、機内へ持ち込む手荷物の量を少なくしたり……などなど。中には、「自分の荷物を規定内に収めるため.. 続きを読む

10枚重ね着で搭乗は… 2日で2便とも断られ

10枚重ね着で搭乗は… 2日で2便とも断られ

預け入れ荷物の重量に課される料金を逃れるため、シャツ10枚にパンツ8枚を重ね着して飛行機に乗り込もうとした男性が、搭乗を拒否された。男性は翌日にも別の機の搭乗を断られ、人種差別だとツイートしたが、航空会社側はもちろん、そん.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、長距離線エコノミーの機内食刷新

ブリティッシュ・エアウェイズ、長距離線エコノミーの機内食刷新

ブリティッシュ・エアウェイズは、1月17日より長距離線エコノミークラス「World Traveller」の機内食を刷新する。ウェルカムドリンクとともにプレッツェルを提供するほか、機内食は前菜、主菜、デザート、チーズの4コースのミールとクッ.. 続きを読む

カタール航空、最大50%オフの新春初売り 欧州へ往復5万円台から

カタール航空、最大50%オフの新春初売り 欧州へ往復5万円台から

カタール航空は、最大50%オフとなる新春初売りを、1月9日から16日まで開催している。往復運賃はいずれも東京/成田発着で、バルセロナ・ミラノ・アテネ・ブリュッセル・エディンバラ・コペンハーゲン・ジュネーブ・ウィーン・ミュンヘン.. 続きを読む

ヘンリー王子とメーガン、大みそかはエコノミークラスに搭乗!

ヘンリー王子とメーガン、大みそかはエコノミークラスに搭乗!

ヘンリー王子とメーガン・マークルが、大みそかにエコノミークラスで南仏モナコに旅立ち世間を賑わせた。2人は朝9時55分ヒースロー国際空港発のブリティッシュ・エアウェイズでニースに旅立ったそうだが、未だに女優意識が抜けないメーガ.. 続きを読む

2017年の航空会社と空港別定時運航率、トップはエア・バルティック JAL、ANA、SKYもトップ20に

2017年の航空会社と空港別定時運航率、トップはエア・バルティック JAL、ANA、SKYもトップ20に

イギリスのOAGは、2017年の航空会社と空港別の定時運航率を発表した。全航空会社では、エア・バルティックが90.01%でトップ。以下20位までは、香港航空(88.83%)、ハワイアン航空(87.24%)、コパ航空(86.39%)、カンタス航空(86... 続きを読む

2018年の「最も安全な航空会社トップ20」発表、日本の2社もランクイン

2018年の「最も安全な航空会社トップ20」発表、日本の2社もランクイン

航空格付け会社のエアラインレイティングス(AirlineRatings)は、モニターしている航空会社409社から2018年の最も安全な航空会社トップ20を発表した。トップ20はカンタス航空のほか、アルファベット順にニュージーランド航空、アラスカ.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、特典航空券50%オフ 東京~ロンドン線は片道9,750マイル

ブリティッシュ・エアウェイズ、特典航空券50%オフ 東京~ロンドン線は片道9,750マイル

ブリティッシュ・エアウェイズは11月30日から12月17日まで、ロンドン/ヒースローとロンドン/ガトウィック発着で90都市を結ぶ路線を対象に特典航空券に50%割引で交換できるキャンペーンを開催している。対象となるのはエコノミークラス「.. 続きを読む

苛立ちなんと10時間 ブリティッシュ・エアウェイズ機システム異常で断続的な騒音

苛立ちなんと10時間 ブリティッシュ・エアウェイズ機システム異常で断続的な騒音

ロングフライトにおいて、眠らない乗客は機内エンターテインメントの音楽を聴いたり映画を観たりしながら、飽きないよう自分なりに工夫するもの。飛行機の放つキーンという騒音もこれにより苦にならなくなる。しかし「それがままならない.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、ロンドン・ヒースロー空港の「コンコルド ルーム」をリニューアル

ブリティッシュ・エアウェイズ、ロンドン・ヒースロー空港の「コンコルド ルーム」をリニューアル

ブリティッシュ・エアウェイズは、ロンドン・ヒースロー空港のターミナル5のファーストクラス専用ラウンジ「コンコルド ルーム」をリニューアルした。家具の布の張替えや新たな家具の追加などを行った。テラスにはゆったりしたソファーを.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、新機材導入や既存機材改修に約6,725億円投資

ブリティッシュ・エアウェイズ、新機材導入や既存機材改修に約6,725億円投資

ブリティッシュ・エアウェイズは、45億ポンド(約6,725億円)を投資し、新機材の導入や既存機材の改修、長距離線エコノミークラスの機内食のアップグレードなどの取り組みを行う。エアバスA350型機、ボーイング787-10型機、エアバスA320n.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、Aviosポイントを2倍付与 12月末まで

ブリティッシュ・エアウェイズ、Aviosポイントを2倍付与 12月末まで

ブリティッシュ・エアウェイズは、ロイヤリティプログラム「Exective Club」会員を対象に、12月31日まで2倍のAviosポイントを付与するキャンペーンを開催している。対象となるのは、長距離線全路線全クラスとヨーロッパ線のビジネスクラ.. 続きを読む

カタール航空、キャセイパシフィック航空の株式取得 第3位の株主に

カタール航空、キャセイパシフィック航空の株式取得 第3位の株主に

カタール航空は、キャセイパシフィック航空の株式の9.61%を取得すると発表した。キャセイパシフィック航空、カタール航空ともに航空アライアンスのワンワールドに加盟している。スワイヤー・グループが45%、中国国際航空が29.99%を保.. 続きを読む

日本最大の英国フェスが12月に開催 音楽、車そして食…

日本最大の英国フェスが12月に開催 音楽、車そして食…

日本にいながら最先端のイギリス文化を堪能できる、日本最大のイギリスの祭典「グレート・ブリティッシュ・ウィークエンド」(主催:LA DITTA・東京)が12月8~10日、東京の六本木ヒルズで初めて開催される。ブレグジットが決まり“英国色”.. 続きを読む

JAL、東京/羽田~ロンドン線深夜便を開設 ラウンジ利用可能の「プレミアムナイトフライト」

JAL、東京/羽田~ロンドン線深夜便を開設 ラウンジ利用可能の「プレミアムナイトフライト」

日本航空(JAL)は、東京/羽田~ロンドン線を10月29日より1日2便に増便した。東京/羽田を深夜に出発し、ロンドンには早朝に到着。折り返し便はロンドンを朝に出発し、東京/羽田には早朝に到着する。従来の東京/羽田~ロンドン線とはスケ.. 続きを読む

イベリア航空、東京/成田~マドリード線を増便 来年10月から週5便

イベリア航空、東京/成田~マドリード線を増便 来年10月から週5便

イベリア航空は、2018年10月より、東京/成田~マドリード線を増便する。現在の週3便から、東京/成田発は金・日曜、マドリード発は木・土曜を加えた週5便となる。週末を絡めた短期利用もできるようになり、利便性が大きく向上する。マドリ.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、ヒースロー空港で遠隔操作できる牽引機導入

ブリティッシュ・エアウェイズ、ヒースロー空港で遠隔操作できる牽引機導入

ブリティッシュ・エアウェイズは、短距離線の機材を遠隔で移動させることができる牽引機を導入する。ロンドン・ヒースロー空港と提携し、第5ターミナルの25スポットにMototok社製の牽引機を導入した。バッテリーが充電から3日間の動作が.. 続きを読む

ブリティッシュ・エアウェイズ、米企業と家庭ごみをジェット燃料に転換させる処理場設計

ブリティッシュ・エアウェイズ、米企業と家庭ごみをジェット燃料に転換させる処理場設計

ブリティッシュ・エアウェイズは、アメリカのVelocysと提携し、家庭ごみをジェット燃料に転換させるゴミ処理場を設計する。建設予定のゴミ処理場では、サンノゼとニューオーリンズ線で運航しているボーイング787型機が1年間に必要となる.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。