ブス会の最新情報

ブス会 に関するニュース検索結果   51件

ペヤンヌマキ×安藤玉恵のブス会*『男女逆転版・痴人の愛』ゲネプロレポート!“逆転”はいつ起こるか分からない

ペヤンヌマキ×安藤玉恵のブス会*『男女逆転版・痴人の愛』ゲネプロレポート!“逆転”はいつ起こるか分からない

2017年12月8日(金)より、東京・こまばアゴラ劇場にて、ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』が開幕した。この公演は、「ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*」と銘打ち、主宰で脚本・演出を手掛けるペヤンヌと女優の安藤が、と.. 続きを読む

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』が開幕、ペヤンヌ&安藤のコメント到着

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』が開幕、ペヤンヌ&安藤のコメント到着

劇作家・演出家・AV監督としても活動するペヤンヌマキと女優の安藤玉恵。同い年の2人が2017年に始めた新シリーズ、ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*「男女逆転版・痴人の愛」公開ゲネプロが行われた。1925年に出版された谷.. 続きを読む

男女逆転で見えてくる「女が年下男子を飼いたくなるとき」 ペヤンヌマキ×安藤玉恵

男女逆転で見えてくる「女が年下男子を飼いたくなるとき」 ペヤンヌマキ×安藤玉恵

15歳の美少女・ナオミの魔性の美しさに翻弄され、やがては身を滅ぼしていく男・河合譲治の姿を描いた、谷崎潤一郎の名作小説『痴人の愛』。この作品を現代に置き換え、男女逆転させて舞台化する試み『男女逆転版・痴人の愛』が、12月8日.. 続きを読む

ブス会*ペヤンヌマキ、稽古で確信「『男女逆転版・痴人の愛』という楽曲の旋律を一つの音程も外さずにつくりあげていくこと」

ブス会*ペヤンヌマキ、稽古で確信「『男女逆転版・痴人の愛』という楽曲の旋律を一つの音程も外さずにつくりあげていくこと」

2010年、AV監督としても活動するぺヤンヌマキが、舞台作品を上演するために立ち上げたユニット「ブス会*」。女同士の関係における醜くも可笑しい “ブス” な実態を、さまざまな角度から描いてきた群像劇で話題を呼んでいる。共に40歳を迎.. 続きを読む

小嶋陽菜、大切な記念日を間違える

小嶋陽菜、大切な記念日を間違える

AKB48卒業後も変わらずの女性人気の高さを見せつけているのが、小嶋陽菜だ。その小嶋がツイッターにつぶやいた言葉が話題となっている。「今日で9周年!M&S所属!3人そろってノースリーブスみんな個性的~なかよし~」と、AKB48時代から.. 続きを読む

アラフォーからの年下男子との付き合い方ーペヤンヌマキ×安藤玉恵

アラフォーからの年下男子との付き合い方ーペヤンヌマキ×安藤玉恵

自分よりひとまわりも若い15歳の美少女・ナオミをみそめて妻にするも、その美しさと奔放さに翻弄されて身を滅ぼしていく男・河合譲治の心情を描いた、谷崎潤一郎の小説『痴人の愛』(1947年、新潮社)。その時代設定を現代にうつし、かつ.. 続きを読む

テレビ関係者が「仕事したくない」と指名する、“勘違い主演女優”3人とは?

テレビ関係者が「仕事したくない」と指名する、“勘違い主演女優”3人とは?

“女優は才能さえあれば売れ続ける”とは限らないのが芸能界。知名度や演技力はあるものの、現場での評判が悪いという理由で敬遠されてしまう者も存在する。そこで今回は、業界関係者から「一緒に仕事したくない」「勘違いしてる」などとブ.. 続きを読む

高畑充希が自意識過剰?「職業欄に女優って書くの恥ずかしい」「分かって…」のかまってちゃん感

高畑充希が自意識過剰?「職業欄に女優って書くの恥ずかしい」「分かって…」のかまってちゃん感

女優の高畑充希(25)が、10月19日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)のクイズコーナーにVTR出演し、恥ずかしがりやな一面を明かした。VTRは18日に開催した「NTTドコモ2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」の模様を紹介し、高畑が.. 続きを読む

ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』~節目の年にタッグを組むペヤンヌマキ×安藤玉恵にインタビュー

ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』~節目の年にタッグを組むペヤンヌマキ×安藤玉恵にインタビュー

女たちのドロドロした関係を生々しく描き、醜くも可笑しい女の実態をあぶり出す作風で話題の「ブス会*」。共に40歳を迎えた主宰のペヤンヌマキと女優の安藤玉恵が、節目の年にタッグを組む新シリーズ『ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕○周年.. 続きを読む

高畑充希と本田翼がパリでばったり 運命的な遭遇にファン驚き

高畑充希と本田翼がパリでばったり 運命的な遭遇にファン驚き

(画像はInstagramのスクリーンショット)先日まで放送されていたドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)で主役を務め、多くの人を魅了した女優の高畑充希。そんな彼女が異国の地で意外な人物と遭遇したことを報告し、話題に。■本田翼.. 続きを読む

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*が『男女逆転版・痴人の愛』本公演の詳細発表&キャストよりコメント

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*が『男女逆転版・痴人の愛』本公演の詳細発表&キャストよりコメント

7月のリーディングを経ていよいよ本公演が始動! 同い年の2人が節目の年にタッグを組む新シリーズ、ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』が、7月のリーディング公演を経て、12月8日(金)~19日(火).. 続きを読む

ペヤンヌマキ×安藤玉恵の「ブス会*」生誕40周年記念の舞台はブス会版『痴人の愛』

ペヤンヌマキ×安藤玉恵の「ブス会*」生誕40周年記念の舞台はブス会版『痴人の愛』

2017年7月のプレイベントリーディングより(写真:宮川舞子)ペヤンヌマキと安藤玉恵の生誕40周年を記念するブス会*『男女逆転版・痴人の愛』が、2017年12月8日(金)・12月19日(火)、東京・こまばアゴラ劇場にて上演される。同い年の.. 続きを読む

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』リーディング公演レポート

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』リーディング公演レポート

ペヤンヌマキと安藤玉恵。同い年の2人が生誕40周年を期にタッグを組んだ「ペヤンヌマキ×安藤玉恵生誕○周年ブス会*」という新しい演劇のシリーズが開始された。記念すべき第1回「生誕40周年ブス会*」に選ばれた題材は「男女逆転版・痴人.. 続きを読む

前田敦子、Twitter始めた柄本時生に触発されツイート再開「久しぶりでーす」

前田敦子、Twitter始めた柄本時生に触発されツイート再開「久しぶりでーす」

前田敦子が、プライベートでも交流のある俳優・柄本時生がTwitterを開始したことから慌ただしいひとときを過ごした。5月13日を最後に動きのなかった『前田敦子(Atsuko_100)ツイッター』で7月18日に「ときをがTwitter頑張って始めたから.. 続きを読む

「あだ名がブス」でもいじめじゃない? 女子のグループが怖すぎる

「あだ名がブス」でもいじめじゃない? 女子のグループが怖すぎる

(@ぱくたそ)スクールカースト、職場いじめ、ママ友いじめ…と、女性グループのネガティブな話は繰り返し問題になるテーマだ。ネット掲示板『ガールズちゃんねる』では「女子のグループが怖い」というスレッドが立てられ、「あだ名はブス.. 続きを読む

前田敦子や高畑充希らすっぴんで集合

前田敦子や高畑充希らすっぴんで集合

女優の前田敦子(25歳)が6月6日、自身のInstagramで、親友で女優の高畑充希(25歳)とのプライベートショットを披露。全員がすっぴんのように見える飾り気のなさに、ファンの反響を呼んでいる。前田はこの日、「自然と集まってくれた天.. 続きを読む

ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』異色の組み合わせ!?ペヤンヌマキ×福本雄樹(唐組)にインタビュー

ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』異色の組み合わせ!?ペヤンヌマキ×福本雄樹(唐組)にインタビュー

AVの撮影現場、清掃会社の休憩室、温泉旅館の一室などを舞台に、女たちのドロドロした関係を生々しく描き、醜くも可笑しい女の実態をあぶり出す作風で話題の「ブス会*」。主宰で全作品の作・演出を手掛けるペヤンヌマキは、ペヤングマキ.. 続きを読む

前田敦子、池松壮亮に母心?「乳首出していて恥ずかしい」

前田敦子、池松壮亮に母心?「乳首出していて恥ずかしい」

女優の前田敦子が、5月23日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系列、毎週火曜24:12~)に出演。仲の良い俳優や女優とのプライベートについて語った。池松壮亮、柄本時生、高畑充希らと共に“ブス会”を結成している前田。MCの笑福亭鶴.. 続きを読む

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』に 福本雄樹(唐組)、山岸門人が出演

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』に 福本雄樹(唐組)、山岸門人が出演

演劇ユニット ブス会* の主宰で劇作家・演出家、テレビの映像ディレクター・脚本家、さらにはAV監督としても活躍するぺヤンヌマキが、テレビ、映画、舞台などで大活躍の女優・安藤玉恵とタッグを組む演劇の新シリーズが今年(2017年)12.. 続きを読む

ブス会*主宰ペヤンヌマキ、鹿殺し丸尾丸一郎が生ラジオドラマに挑戦

ブス会*主宰ペヤンヌマキ、鹿殺し丸尾丸一郎が生ラジオドラマに挑戦

数々新進気鋭の脚本家が挑んできた生ラジオドラマ「劇ラヂ!ライブ2017」に、演劇ユニット「ブス会*」を主宰するペヤンヌマキ、そして劇団鹿殺しを主宰する丸尾丸一郎が挑む。「劇ラヂ!」とは、ラジオならではの演出を探求する「生ラジ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。