ブサイクの最新情報

ブサイク に関するニュース検索結果   951件

「明日花キララ在籍のお店です」というウソを堂々と…歌舞伎町ボッタクリキャッチの手口 

「明日花キララ在籍のお店です」というウソを堂々と…歌舞伎町ボッタクリキャッチの手口 

仙頭正教です。アジア一の繁華街、新宿歌舞伎町のガイド人をやっています。ガイドと言っても、私の場合、立ちんぼスポットからボッタクリ客引き、心霊ビルまで、町の“怪しい”スポットを紹介するのがメインです。昨年末、歌舞伎町に『東京.. 続きを読む

モデルでもないくせに…「女友だちに嫌われるSNS」2つ

モデルでもないくせに…「女友だちに嫌われるSNS」2つ

気軽に自分の近況報告をすることができるSNS。無意識にチェックしてしまうこともあるくらい日常に溶け込んでいますが、何気なくアップしている内容で嫌われているかもしれません。そこで、女がイラつく「女のSNS投稿」について聞いてみま.. 続きを読む

キスブサ史上初、まさかのランキング結果に反響「これは歴史的瞬間」

キスブサ史上初、まさかのランキング結果に反響「これは歴史的瞬間」

【キスブサ/モデルプレス=2月16日】15日深夜に放送されたフジテレビ系バラエティ番組「キスマイ超BUSAIKU!?(キスマイスーパーブサイク!?)」(24:40~25:10)のランキング結果が反響を呼んでいる。◆「キスマイ超BUSAIKU!?」2017.. 続きを読む

山下智久が“テラハ美女”の「召し使い」になりそうなワケ

山下智久が“テラハ美女”の「召し使い」になりそうなワケ

2月8日発売の「女性セブン」がタレントの山下智久と人気モデルのNikiとのハワイ旅行をスクープ。しかし山下といえば、女優の石原さとみとの熱愛が噂されていたのだが……。山下と石原は2015年の月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」(フ.. 続きを読む

窪田正孝さんがナイーブで“〇〇”な青年に! 映画『犬猿』が公開

窪田正孝さんがナイーブで“〇〇”な青年に! 映画『犬猿』が公開

今月10日より、映画やドラマに引っ張りだこの窪田正孝さん主演の映画『犬猿』が公開されます。マスコミ試写が始まるや、その物語の面白さだけでなく、窪田さんを始めとするキャスト陣の演技に注目が集まり話題となっている本作、さっそく.. 続きを読む

こんなのひどいわ! 身の回りにいる最低な男4選

こんなのひどいわ! 身の回りにいる最低な男4選

どこの世界にだって、ステキな人もいれば、ひどい男もいるわけで……。だから、たまたまステキな男性と巡り合えることもあれば、たまたま最低な男性とお付き合いをスタートさせてしまうことだってあるわけです。今回は、そんな“付き合って.. 続きを読む

ReVision of Sence と有名ユーチューバーのモーリー(禁断ボーイズ)がぶっちゃけトークバトル

ReVision of Sence と有名ユーチューバーのモーリー(禁断ボーイズ)がぶっちゃけトークバトル

昨年の秋にリリースされた驚異の¥920のミニアルバム「ディスられる勇気」と、そしてそれに伴った信者会ツアーもなんと前売りチケットが脱帽の¥920という、しかもファイナルシリーズの会場がZepp DiverCity、なんばHatch、名古屋DIAMOND.. 続きを読む

木下優樹菜の幼稚園時代が美少女すぎる 「虫歯ポーズ」もすでに習得

木下優樹菜の幼稚園時代が美少女すぎる 「虫歯ポーズ」もすでに習得

ママタレとして圧倒的な人気を誇るユッキーナこと木下優樹菜(30)が9日に自身のインスタを更新。幼稚園時代の美少女すぎる写真に注目が集まる一方、夫のFUJIWARA・藤本敏史(47)とのギャップも話題に。■虫歯ポーズが自然すぎる美少女 .. 続きを読む

SNSで有名人からリプライをもらったことはありますか?

SNSで有名人からリプライをもらったことはありますか?

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。2月8日(木)の「社会人意識調査」のテーマは「SNSで有名人からリプライをもらった.. 続きを読む

黒いホステスはニキビ少年に言った「頑張ったって仕方ない」――帰ってきた!爪切男のタクシー×ハンター

黒いホステスはニキビ少年に言った「頑張ったって仕方ない」――帰ってきた!爪切男のタクシー×ハンター

さまざまなタクシー運転手との出会いと別れを繰り返し、その密室での刹那のやりとりから学んだことを綴ってきた当連載『タクシー×ハンター』がついに書籍化。なぜかタクシー運転手とのエピソードを大幅にカットし、“新宿で唾を売る女”ア.. 続きを読む

【本当は怖くないネット婚活】結婚に向けて、何から始める? 会うまで虎の巻

【本当は怖くないネット婚活】結婚に向けて、何から始める? 会うまで虎の巻

婚活、そして結婚に悩みを抱える30代、40代の男性に読んでもらいたい、ネット婚活&婚活サイト攻略マニュアル。「俺は婚活サイトでも中身で勝負」「俺の内面の良さを分かってるくれる子と結婚したい!」。そんな期待と決意を抱いてネット.. 続きを読む

ハリセンボン解散危機を救った、近藤春菜の「ある行動」

ハリセンボン解散危機を救った、近藤春菜の「ある行動」

1月30日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に、ハリセンボンの近藤春菜(34)と箕輪はるか(38)、それぞれの両親が出演。テレビ初インタビューを受け、女芸人の親としての複雑な心境を語った。コンビ結成15年目のハリセンボ.. 続きを読む

木下優樹菜「初恋は両想い」、スヌーピーミュージアムでバレンタインの思い出を披露

木下優樹菜「初恋は両想い」、スヌーピーミュージアムでバレンタインの思い出を披露

スヌーピーをはじめとするピーナッツギャングたちの恋をテーマにした特別展 「Love is Wonderful-恋ってすばらしい。」が大好評のスヌーピーミュージアム(東京都港区六本木)。バレンタインの装いへと衣替えした同施設に2018年2月6日、タ.. 続きを読む

「妻はブサイク」? “かんちがい会話”をただす、ユニークな英語本発売

「妻はブサイク」? “かんちがい会話”をただす、ユニークな英語本発売

英語を社内公用語にする企業、訪日外国人旅行者の増加、小学3年生からの英語必修化など、グローバル化が進む日本。2020年の東京五輪開催も控え、これからは年代問わず、英語が読めるだけではなく“話せること”も求められる。日常生活のな.. 続きを読む

ブサイクは人生を損している? 世間のリアルな本音は…

ブサイクは人生を損している? 世間のリアルな本音は…

((C)ぱくたそ)イケメンや美女は周囲からチヤホヤされて「人生イージーモード」という話は耳にするが、一方でブサイクというだけで「人生を損している」という人もいるかもしれない。しらべぇ編集部は、全国20~60代の男女1,353名に「.. 続きを読む

「画像盗用」「修整」疑惑のざわちん、“好感度アップ”の方法を100人に大調査!

「画像盗用」「修整」疑惑のざわちん、“好感度アップ”の方法を100人に大調査!

目元のメイクアレンジのみで、さまざまな芸能人の顔マネを披露する、ものまねメイクファンタジスタことざわちん。最近では女優や歌手としても活動するマルチタレントとして注目を浴びている。しかし一方で、メイク画像の加工や合成、SNS.. 続きを読む

“架純の姉”有村藍里だけじゃない! 役作りのため、ブサイク改善のため……「歯を抜く」芸能人たち

“架純の姉”有村藍里だけじゃない! 役作りのため、ブサイク改善のため……「歯を抜く」芸能人たち

タレントの有村藍里が、1月27日深夜放送の『俺の持論』(テレビ朝日系)に出演し、歯を6本抜いた過去を告白した。有村は、女優の有村架純の実姉として知られる。もともと別名で売れないグラビアアイドルをしていたが2015年に架純との関係.. 続きを読む

週刊ひげおやじ #48:声優さんのファンってなんだ?? ひろゆき×ひげおやじのトークライブアーカイブ

週刊ひげおやじ #48:声優さんのファンってなんだ?? ひろゆき×ひげおやじのトークライブアーカイブ

生放送ディレクターやMC、ガジェット通信副編集長として活躍する“ひげおやじ”が、火曜・金曜・土曜の毎週3回更新でお届けする『YouTube』チャンネル『ひげおやじと仲間たち』。1月24日から1月30日にかけて公開された動画をご紹介します。.. 続きを読む

とろサー久保田「女性に暴言連発」で批判殺到

とろサー久保田「女性に暴言連発」で批判殺到

1月25日の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、とろサーモンの久保田かずのぶ(38)をターゲットに「もしも偉い人の娘がブサイクだったら……つきあう? 断る?」というモニタリング企画が放送された。久保田がドッキリ.. 続きを読む

実証!!“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士に取材を申し込んで、記者が「遅刻」したらどうなる……?

実証!!“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士に取材を申し込んで、記者が「遅刻」したらどうなる……?

“キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)が、森羅万象を批評する不定期連載。今回のお題は、松岡茉優が映画初主演を務め、第30回東京国際映画祭で観客賞を受賞した『勝手にふるえてろ』(綿矢りさ原作、大九明子監督)だ。瓜.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。