ビーグル犬の最新情報

ビーグル犬 に関するニュース検索結果   55件

スヌーピーの雰囲気が楽しめる東京・中目黒の「ピーナッツカフェ」からバレンタイン限定メニューが登場

スヌーピーの雰囲気が楽しめる東京・中目黒の「ピーナッツカフェ」からバレンタイン限定メニューが登場

世界的に知られるキャラクターであり、その愛らしさから日本でも人気が高い「スヌーピー」。東京・中目黒の緑豊かな目黒川沿いの場所に普段使いで楽しめる大人なスヌーピーカフェがあります。そのカフェの名前は『ピーナッツカフェ(PEAN.. 続きを読む

子どもに対してだけじゃない。断固として揺るぎない「父親の声」を使うべき5つの場面

子どもに対してだけじゃない。断固として揺るぎない「父親の声」を使うべき5つの場面

子育てのパラドックスは、あらゆることがうまくできても、何となく偽りの自分を演じているような気になることでしょう。おむつを替えたり、いないいないばーをしたり、お馬さんごっこをさせてあげたりするのは、どれも違う自分を演じてい.. 続きを読む

連れてきた愛犬の怪我に心痛のメーガン、連れてこなかった犬は…

連れてきた愛犬の怪我に心痛のメーガン、連れてこなかった犬は…

ヘンリー王子との結婚に備え、完全移住間近のメーガン・マークル。そんな中、メーガンがトロントから連れてきたビーグル犬の骨折が報道され、もう一匹の愛犬をトロントに置いてきたことへの非難が再燃している。メーガンの愛犬・ガイは、.. 続きを読む

祝戌年!キュートなワンコのお正月手土産おすすめスイーツ3選

祝戌年!キュートなワンコのお正月手土産おすすめスイーツ3選

来年の干支は「戌(いぬ)」というわけで、ワンコをモチーフにした、大人かわいいスイーツが続々登場中&今後、登場の予定です。ワンコイヤーの幕開けは、やっぱりワンコスイーツで、祝わなくっちゃ! 今回は、ワンコ好きでなくても、ち.. 続きを読む

「家具とマッチしないから」 動物慈善団体が明かした“飼い主が犬を手放す理由”に愕然(英)

「家具とマッチしないから」 動物慈善団体が明かした“飼い主が犬を手放す理由”に愕然(英)

ペットを飼うための心得とは何なのか。このほどイギリスのある動物慈善団体が明らかにした2017年の「飼い主が犬を捨てる理由」が、英メディア『Daily Record』『Metro』『The Times』で伝えられたが、その理由にはただただ驚かされるばか.. 続きを読む

スヌーピーをテーマにしたカフェ&ダイナー 横浜に登場!

スヌーピーをテーマにしたカフェ&ダイナー 横浜に登場!

世界中で多くの人々に愛されている、キュートなビーグル犬のキャラクター『スヌーピー』。チャールズ M. シュルツ氏の作品『ピーナッツ』は、主人公の少年チャーリー・ブラウン、その愛犬スヌーピーと仲間たちを描くアメリカの新聞連載コ.. 続きを読む

サプラ~イズ! 女性が開けた車のトランクから出てきたのは…?

サプラ~イズ! 女性が開けた車のトランクから出てきたのは…?

笑みをこぼしながらこちらを見る女性。手で掴んでいるのは車のトランクのドア。どうやら車のトランクに何か入っているようだ。 そして勢いよくドアを開けると…?     画像出典:YouTube(ViralHog)   画像出典:YouTube(ViralHog) な.. 続きを読む

【mini 1月号付録】X-girl×スヌーピーのメイクポーチは「JOE COOL」に扮したスヌーピーが超キュート❤

【mini 1月号付録】X-girl×スヌーピーのメイクポーチは「JOE COOL」に扮したスヌーピーが超キュート❤

来週、12月1日(金)発売の『mini』2018年1月号には「スヌーピー★ 超優秀! ミラー付きメイクポーチ」が特別付録として付いてきます。 『mini』読者にも圧倒的な人気を誇る「X-girl(エックスガール)」と、あらゆる世代、国籍を超えて愛.. 続きを読む

世界でいちばん不味いものとは何か? 専門家に聞いてみました

世界でいちばん不味いものとは何か? 専門家に聞いてみました

味覚は人それぞれ。でも究極の不味さは存在するのか?かつて米国には、賞金目当てに一般の参加者が虫とか気持ち悪いものを食べる「Fear Factor」というTV番組が存在していました。そしてなぜか、何百万人もの人がそれを見て、楽しんでい.. 続きを読む

秋の味覚、かぼちゃときのこの入ったハロウィングラタンメニュー

秋の味覚、かぼちゃときのこの入ったハロウィングラタンメニュー

10月10日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系、午前05時25分~)では、期間限定のかぼちゃメニューを特集したコーナーで、「PEANUTS Cafe(ピーナッツカフェ)」(東京都目黒区)が紹介された。こちらは、東急東横線・中目黒駅から徒歩.. 続きを読む

【イタすぎるセレブ達・番外編】『ビーグル犬 シャイロ』の子役 ブレーク・ハーロンが35歳で急逝

【イタすぎるセレブ達・番外編】『ビーグル犬 シャイロ』の子役 ブレーク・ハーロンが35歳で急逝

ビーグル犬と少年の出会いと心温まるストーリーが懐かしい映画『ビーグル犬 シャイロ(原題:SHILOH)』。1997年に日本でも公開されて多くの人々の目頭を熱くさせたが、その少年役を演じた俳優のブレイク・ハーロン(Blake Heron)が急.. 続きを読む

強靭・俊敏な“スーパー犬”の大量繁殖も可能に……中国で世界初「遺伝子組み換えクローン犬」が誕生

強靭・俊敏な“スーパー犬”の大量繁殖も可能に……中国で世界初「遺伝子組み換えクローン犬」が誕生

中国の民間企業が、ついに禁断の技術を手に入れた。バイオ技術企業「SINO GENE」(中国名:北京希諾谷生物科技有限公司)の研究チームが、世界初となる「遺伝子組み換えクローン犬」を誕生させたと発表したのだ。「人民網」(7月6日付).. 続きを読む

ブラジル・リオデジャネイロ、ペットの整形手術禁止へ

ブラジル・リオデジャネイロ、ペットの整形手術禁止へ

ブラジル、リオデジャネイロでは整形手術が人気だが、この度犬や猫に対する整形手術を禁じる法律が承認された。ペットに対する整形手術の例としては、尻尾を切ることや猫の爪を取り除くこと、また犬の耳の形を整えることなどが挙げられる.. 続きを読む

ビーグル犬の“かぶりもの姿”が可愛いくてジワジワくる

ビーグル犬の“かぶりもの姿”が可愛いくてジワジワくる

大切なペットに、専用の衣服を着せて楽しむ飼い主は少なくない。 もしペットが嫌がらないなら、こんな被り物で可愛いペットの姿を記録に残すのはいかがだろう。 あるビーグル犬が、様々な被り物で見せる姿がチャーミングだと話題になって.. 続きを読む

高橋ひかる、思春期の女子高校生役に「心苦しくて、一番難しかった」

高橋ひかる、思春期の女子高校生役に「心苦しくて、一番難しかった」

6月2日(金)より全国でオンエアされる大鵬薬品工業「チオビタ・ドリンク」の新CM「チオビタと素顔」みんな一緒篇に高橋ひかるが出演。家族の愛情をテーマにしたドラマ仕立ての作品で、思春期の女子高校生と、その家族の様子を描いた心温ま.. 続きを読む

世界一『死んだふり』が下手な犬 飼い主さんが好きすぎるあまり?

世界一『死んだふり』が下手な犬 飼い主さんが好きすぎるあまり?

飼い主に忠実で、いつも100%の愛を返してくれる犬は、とても素直な生き物です。だからなのでしょうか、ウソをつくのがとっても苦手なようです…。ある部分の主張が激しい!ベッドの上からどうしても降りたくなかった、ビーグル犬。『死ん.. 続きを読む

弾き語りで観客をとりこに! 哀愁漂うピアノ犬

弾き語りで観客をとりこに! 哀愁漂うピアノ犬

芸達者な犬の動画はYouTube上などに数多くありますが、かつてここまでピアノを華麗に、感情豊かに弾き語る犬がいたでしょうか。ビーグル犬のバディ・マーキュリーは、立ち上がってピアノの鍵盤をポロンと弾いては、切ない声で歌い上げる.. 続きを読む

家で使いたいグッズ多数。SNOOPY MUSEUM TOKYOの開館1周年記念展

家で使いたいグッズ多数。SNOOPY MUSEUM TOKYOの開館1周年記念展

1950年、アメリカの漫画家チャールズ M. シュルツによる連載が始まって以来、67年もの間世界で愛され続けている「ピーナッツ」。不運に見舞われがちな男の子チャーリー・ブラウンと、その飼い犬であり世界で一番有名なビーグル犬のスヌー.. 続きを読む

【動画あり】障害物競技にイマイチ集中できないビーグル犬がカワイすぎて観客の心をつかみまくり

【動画あり】障害物競技にイマイチ集中できないビーグル犬がカワイすぎて観客の心をつかみまくり

「飼い主と再会して喜びを爆発させる犬」がいる一方で、「飼い主が出かけた後に喜びを爆発させる犬」だっている。そう、犬の性格・性質は十犬十色。世界には様々な犬が存在するのだ。ということで今回ご紹介するのは、障害物競技にイマイ.. 続きを読む

障害物競走中、突然集中力がなくなっちゃうビーグル犬が面白い

障害物競走中、突然集中力がなくなっちゃうビーグル犬が面白い

海外のワンちゃん障害物競走にて、ビーグル犬が観客の心をキャッチ! その理由は、ちょくちょく“集中力がなくなっちゃう”ところにあった。 そんな可愛いビーグル犬の動きをご覧ください。     飛び越えると思いきや、立ち止まった!笑 .. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。