ヒートショックの最新情報

ヒートショック に関するニュース検索結果   58件

昼風呂ってどうなの?お風呂博士に聞いてみた

昼風呂ってどうなの?お風呂博士に聞いてみた

お風呂といえば夜に入るイメージがあるが、温泉地などに行くと朝風呂を楽しむという人もいるだろう。汗ばむ季節には朝と夜の二回入るという声も聞く。だが、昼にお風呂に入る=昼風呂はほとんど聞いたことがない。そこで今回、株式会社バ.. 続きを読む

「リノベ・オブ・ザ・イヤー2017」 13の受賞作品から見えた4つのトレンド

「リノベ・オブ・ザ・イヤー2017」 13の受賞作品から見えた4つのトレンド

今年で5回目を迎える「リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2017」の授賞式が2017年12月14日に開催され、「この1年を代表するリノベーション作品」が決定しました。住宅から商業施設までさまざまな作品はどれも、リノベーションの大きな可.. 続きを読む

離れて暮らす親を遠方から見守れるおすすめガジェットは?

離れて暮らす親を遠方から見守れるおすすめガジェットは?

年が明けてから、めっきり寒いですね。田舎で暮らす両親の心配がますます増す冬期に、遠方から安否確認ができるという、こんなガジェット(=道具、装置、仕掛け)はいかがでしょう?現役の介護福祉士(←筆者)という立場から、役立ちそ.. 続きを読む

トイレでもヒートショック!?室温の急激変化で実は浴室よりもキケンです

トイレでもヒートショック!?室温の急激変化で実は浴室よりもキケンです

冬の朝は寒い、暗い、眠いの三重苦。特に、明け方にふと目覚めてトイレに立った時なんて、身震いするほどの冷えを感じますよね。実はその状態が非常に危険なことをご存じですか? 高齢者の場合、トイレで亡くなる人も少なくありません。.. 続きを読む

ダイエット目的のサウナや水風呂は効果がない?医師に聞く正しい入浴法

ダイエット目的のサウナや水風呂は効果がない?医師に聞く正しい入浴法

寒くなり、あったかいお風呂が恋しい季節になってきた。最近ではお風呂だけでなく、「サウナー」と呼ばれるサウナ愛好者も増えている。一般社団法人・日本サウナ総研の調査によれば、月に1回以上サウナ浴をする「ミドルサウナー」人口は2.. 続きを読む

すぐ実践!プロが教える用途に合わせた暖房器具の使い分け

すぐ実践!プロが教える用途に合わせた暖房器具の使い分け

kouchan / PIXTA(ピクスタ)今年は、都心でもグッと寒さが厳しくなる日が多いようです。「暖房器具」もフル稼働ではないでしょうか?エアコン・石油ファンヒーター、オイルヒーターなど、さまざまな暖房器具があります。効率的に部屋を温.. 続きを読む

2人に1人が予備軍!? 入浴中のヒートショック危険度診断

2人に1人が予備軍!? 入浴中のヒートショック危険度診断

寒い冬に注意したい「ヒートショック」とは?まだまだ寒い日が続きます。寒いと熱いお風呂や温泉が恋しくなりますが、正しい入浴法を知らないと「ヒートショック」を起こす危険があります。以前にも俳優の平幹二郎さんが入浴中に亡くなっ.. 続きを読む

もう親御さんだって若くない!?年末年始の帰省の際にチェックしてほしい10のこと

もう親御さんだって若くない!?年末年始の帰省の際にチェックしてほしい10のこと

2017年も残すところあとわずか。年末年始は実家に帰省し、短い親子団欒の時間を楽しもうと計画中の方も多いのではないでしょうか。実は、2020年の東京オリンピックに向け、様々な需要がある東京では、大企業を中心に採用を積極的に展開し.. 続きを読む

ヒートショックに注意!自分は健康、と思う人ほど危険かも!?

ヒートショックに注意!自分は健康、と思う人ほど危険かも!?

寒い日が続くと、お風呂が恋しくなりますね。でも、服を脱いだら寒さでブルブル、思わず熱い湯船にザブン、という入浴のしかたをしている人はいませんか?実はこれ、「ヒートショック」(温度の急激な変化により血圧が変動することで起こ.. 続きを読む

風呂注意!交通事故より危ないヒートショックにミネラル入り麦茶が吉

風呂注意!交通事故より危ないヒートショックにミネラル入り麦茶が吉

めっきり気温も下がり、注意しなければならないのが温度差によって起こる肉体的ショック症状「ヒートショック」です。つまり、冬の入浴のタイミングは本当に危険。脱衣所で冷えた体のまま、熱い湯船に入るわけです。ヒートショックによっ.. 続きを読む

新築住宅、過去4年で1割値上がり…環境性能等の次は空気性能でさらに値上がり

新築住宅、過去4年で1割値上がり…環境性能等の次は空気性能でさらに値上がり

国土交通省の『建築着工統計調査報告』によると、2016年度の新設住宅着工戸数は約97.4万戸でした。建設経済研究所の予測では、17年度は96.4万戸で、18年度が96.5万戸とされていてしばらくは安定しているものの、長期的な視野に立つとその.. 続きを読む

不慮の事故死が最も多いのは…「自宅」!家庭内事故を防ぐ8つのポイント

不慮の事故死が最も多いのは…「自宅」!家庭内事故を防ぐ8つのポイント

ABC / PIXTA家庭内での事故がきっかけで亡くなる人は、年間約14,000人で、交通事故死者数約5,000人の2倍以上になっています。そこで、前回は「転倒や転落」「溺死・溺水」など、家庭内事故の実態について、お話しいたしました。今回は、.. 続きを読む

厳しい寒さ続く 防寒対策は万全に

厳しい寒さ続く 防寒対策は万全に

9日も全国的に寒さが続きます。北海道や北陸、九州では、真冬並みの厳しい寒さ。その他の地域でも年末年始くらいの寒さに。防寒対策はしっかりとしてお過ごしください。●★9日の天気今朝は全国的に冷え込みが一段と強まりました。北海道遠.. 続きを読む

冬、風呂の湯温度は42度以上だと危険です

冬、風呂の湯温度は42度以上だと危険です

街がクリスマスムードに溢れ、忘年会など酒の席も増えほろ酔いで帰宅の途に着くことも多くなるこれからの時季は、自律神経も乱れやすく血圧が不安定になりがちだ。高血圧は自覚症状がないが命に関わるような病気を引き起こすことがあるた.. 続きを読む

交通事故よりも多い!不慮の事故死が最も多いのは「自宅」って本当?

交通事故よりも多い!不慮の事故死が最も多いのは「自宅」って本当?

ABC / PIXTA家庭内で起きる事故と聞いて、何を連想しますか?火災や地震など、天災が原因の家庭内事故が多い?と感じている方は多いと思います。しかし、年間におきる家庭内事故は、家庭内での転倒や転落など身近な原因が多く、その死亡.. 続きを読む

エコ、節約、快適がマスト!「暖房」のお役立ち記事4本【日刊Sumaiまとめ】

エコ、節約、快適がマスト!「暖房」のお役立ち記事4本【日刊Sumaiまとめ】

kouchan / PIXTA寒い冬を暖かく過ごすにはどんな方法がベストなのか、毎年冬になるたび考えてしまいます。本当にエコで節約にもなってかつ快適な暖房の方法とは一体何なのでしょうか?日刊Sumaiでご紹介した「暖房」に関する記事の中から.. 続きを読む

家の中なのに「寒い」…。本当は怖い「家庭内寒暖格差」をガマンしないで

家の中なのに「寒い」…。本当は怖い「家庭内寒暖格差」をガマンしないで

帰りた~い、帰りた~い、あったかい我が家が待っている…♪冬本番を目前に、「あったかハイム」でおなじみの積水化学工業株式会社が「家庭内寒暖格差」をテーマに調査を行いました。「家庭内寒暖格差」とは、同じ家の中でも場所によって寒.. 続きを読む

入浴時の「ヒートショック」や「浴室熱中症」対策に、ミネラル入りの麦茶が効果的と判明

入浴時の「ヒートショック」や「浴室熱中症」対策に、ミネラル入りの麦茶が効果的と判明

急激に寒くなってきた今日この頃。お風呂にゆっくり浸かって温まりたいものですが、お風呂は健康に良い反面、入浴法を誤ると健康リスクもあるってご存知ですか?脱衣所と浴室の温度差が大きいことによる急激な血圧の変化が原因で、心臓な.. 続きを読む

冷え性はタイプによってお風呂の入り方が違う?「おふろ王子」に学ぶ家庭の入浴事情

冷え性はタイプによってお風呂の入り方が違う?「おふろ王子」に学ぶ家庭の入浴事情

11月26日といえば、“いい風呂”の日 (1126=イイフロ)。今年で15周年を迎える日本記念日協会により認定された正式な記念日だ。日本人にとってお風呂といえば疲労回復やリラックスできる場所として、温泉や銭湯など昔から慣れ親しんでいる.. 続きを読む

危険なヒートショック!高齢者だけじゃない、ヒートショックを防ぐ工夫とは?

危険なヒートショック!高齢者だけじゃない、ヒートショックを防ぐ工夫とは?

11月だというのに1月並みの気温を記録するところがあるなど、寒さを先取りしたような天候が続いています。屋外では厚手のコートにマフラーなどの防寒具を身につけて寒さ対策を講じられますが、室内ではどうでしょう……。暖房を効かせて快.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。