ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。の最新情報

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 に関するニュース検索結果   8件

なぜSNSで空気を読めないおじさんが多いのか――原田まりる×りょかち対談

なぜSNSで空気を読めないおじさんが多いのか――原田まりる×りょかち対談

誰もが無邪気にSNSを使うようになった今、おじさんたちの投稿はどう見られているのか? 先日『ニーチェが京都にやってきて、17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』が第5回京都本大賞を受賞し、『哲学手帳2018』をプロデュースした原田ま.. 続きを読む

人に言われるとイラっとする名言

人に言われるとイラっとする名言

◆箴言、肯定、共感、ウイット。相手と状況で使い分けるべし哲学者、詩人、歴史上の人物、経営者、スポーツ選手、タレントetc.、著名な先人の「名言」は、落ち込んだときの心の糧となったり、異性から言われてドキッとしたり、時に人の一.. 続きを読む

あなたと彼の相性は?“6つの恋愛観”から診断できる【原田まりる】

あなたと彼の相性は?“6つの恋愛観”から診断できる【原田まりる】

哲学ナビゲーターの原田まりるです。古代ギリシャの哲学者プラトンは、美しいものへ憧れる愛を「エロス」。献身的な愛を「アガペー」。友愛を「フリィア」と呼び、愛には多くの種類があると説きました。ギリシャ神話では、もともと人間は.. 続きを読む

異色の哲学小説が大ヒット中!元アイドル・原田まりるさんはなぜ、「哲学小説家」を目指したのか?

異色の哲学小説が大ヒット中!元アイドル・原田まりるさんはなぜ、「哲学小説家」を目指したのか?

元・アイドルが書いた哲学小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』が話題だ。17歳の女子高生アリサが現代に降り立った哲学者・ニーチェと出会い、成長していく姿を描いている。難解なイメージがある哲学が.. 続きを読む

【現地取材】世界最強の哲学者ニーチェ / 彼とスイスの「特別」な関係を徹底取材! 35歳にかまえた別荘の謎

【現地取材】世界最強の哲学者ニーチェ / 彼とスイスの「特別」な関係を徹底取材! 35歳にかまえた別荘の謎

「神は死んだ」――19世紀実存主義の哲学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche)の言葉だ。彼が唱えた概念は、当時の西洋社会においても、そして現代を生きる私たちにとっても、あまりにセンセーショナル.. 続きを読む

【必読】女子高生がバイト帰りに哲学者に出会う小説「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」が異例すぎる

【必読】女子高生がバイト帰りに哲学者に出会う小説「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」が異例すぎる

普通のカワイイ女子高生(17歳)がバイト帰りに、実在した哲学者ニーチェに出会う小説「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた」(ダイヤモンド社)が書店に大量に並び、大きな話題となっている。大手書店がいっせいに.. 続きを読む

女子高生&ニーチェと一緒に実存主義を一日で学べば人生がかなりマシになる理由(※原田まりる『ニー哲』より)

女子高生&ニーチェと一緒に実存主義を一日で学べば人生がかなりマシになる理由(※原田まりる『ニー哲』より)

やっぴー! 無知蒙昧なまま大人になっちゃった諸君こんにちは! 大人なのにろくにモノを知らないみんなって、普段の生活の中で、「こんな時、この気持ちを伝えるいい表現があるはずなんだけど、アタシ馬鹿だからなんて言ったらいかわか.. 続きを読む

女子高生×京都×哲学…『ニー哲』が話題に。「呪うことを学べ」の意味とは

女子高生×京都×哲学…『ニー哲』が話題に。「呪うことを学べ」の意味とは

作家・コラムニストで哲学ナビゲーターの原田まりるさんによる哲学小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』(以下、ニー哲)が、明日9月30日にダイヤモンド社から発売されることが明らかになり、話題を呼.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。