ナオミの最新情報

ナオミ に関するニュース検索結果   716件

ピコ太郎“財前直見”で忍術!? 忍者活動で世界へ発信

ピコ太郎“財前直見”で忍術!? 忍者活動で世界へ発信

“忍者の日”である2月22日、エイベックスと世界唯一の忍者公式組織「日本忍者協議会」がプロジェクトチーム『NINJA PROJECT』を発足し、都内で記者会見が行われた。PPAPで世界的に名を馳せ、国内外での幅広い活動が評価されたピコ太郎が“.. 続きを読む

ディズニー新プリンセス“エレナ”、人気の理由

ディズニー新プリンセス“エレナ”、人気の理由

ディズニーの“エレナ”シリーズ最新作「アバローのプリンセス エレナ/大切な思い出」のDVDが、2月21日に発売された(1,800円/税別)。新しいプリンセスとして人気を博しているエレナ、その理由はどこにあるのだろうか。ディズニー・チャ.. 続きを読む

J・アニストンが離婚…原因は元夫とナオミ・ワッツとのハグだった!?

J・アニストンが離婚…原因は元夫とナオミ・ワッツとのハグだった!?

15日、突然の離婚発表で世間を驚かせたジェニファー・アニストンとジャスティン・セローのカップル。交際期間も含めると約7年間のパートナーシップだったが、結婚生活はわずか2年半で終止符が打たれた。離婚発表の数日前、ジェニファーは.. 続きを読む

“永遠の憧れカップル”ジェニファー・アニストン&ブラッド・ピット、復縁の可能性爆上がり

“永遠の憧れカップル”ジェニファー・アニストン&ブラッド・ピット、復縁の可能性爆上がり

ジェニファー・アニストン(49)とジャスティン・セロー(46)が、結婚式からわずか2年半で破局した。唐突な別れに全米は驚きつつも歓迎するという、妙なムードが漂っている。2016年9月以来、寂しいシングル生活を送っているブラッド・ピ.. 続きを読む

「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」、本予告映像&新規場面カットを公開!

「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」、本予告映像&新規場面カットを公開!

2018年3月3日(土)公開のアニメ映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」より、本予告映像と新規場面カットが公開となった。「文豪ストレイドッグス」は、朝霧カフカさん(原作)と春河35さん(作画)がヤングエースで連載しているマン.. 続きを読む

内田有紀「伝説のショートカット」の意外な誕生秘話

内田有紀「伝説のショートカット」の意外な誕生秘話

2月6日、女優の内田有紀がトーク番組「ごごナマ」(NHK総合)に出演。トレードマークでもあった“ショートカット”の誕生秘話を語り、話題を呼んでいる。「そもそもなぜショートカットになったのかという質問に対して内田は、当時同じ事務.. 続きを読む

綾瀬はるか、子供時代の夢に「何だこれ?」 嵐・二宮和也もツッコミ

綾瀬はるか、子供時代の夢に「何だこれ?」 嵐・二宮和也もツッコミ

【綾瀬はるか/モデルプレス=2月8日】女優の綾瀬はるかが、8日放送のフジテレビ系バラエティ番組「VS嵐」(毎週木曜よる7時~)に出演。10日から公開の映画『今夜、ロマンス劇場で』の共演者・坂口健太郎らとともに「子供の頃に憧れてい.. 続きを読む

『Weeds』メアリー=ルイーズ・パーカー、米FXの新作コメディに出演!

『Weeds』メアリー=ルイーズ・パーカー、米FXの新作コメディに出演!

主婦が大麻密売で家庭を支え、犯罪の世界に染まっていく姿を描く異色コメディドラマ『Weeds ~ママの秘密』に主演したメアリー=ルイーズ・パーカーが、米FXの新作ドラマ『Compliance(原題)』のパイロットに出演することが明らかとな.. 続きを読む

舞台『文豪ストレイドッグス』第2弾製作決定!dアニメストアで第1弾大千秋楽公演の独占レンタル販売も

舞台『文豪ストレイドッグス』第2弾製作決定!dアニメストアで第1弾大千秋楽公演の独占レンタル販売も

2018年2月4日(日)に東京・AiiA 2.5Theater Tokyoにて大千秋楽を迎えた舞台『文豪ストレイドッグス』より、早くも第2弾の製作が決定したことが発表された。本作は、「ヤングエース」(KADOKAWA)にて連載中の原作・朝霧カフカ、作画・春.. 続きを読む

「暮しの手帖」元編集長の10代は意外と破天荒!?『アバウト・レイ』が教えてくれる家族の姿

「暮しの手帖」元編集長の10代は意外と破天荒!?『アバウト・レイ』が教えてくれる家族の姿

『リトル・ミス・サンシャイン』(05)『サンシャイン・クリーニング』(08)と、温かい眼差しで不器用な家族の在り方を描き続ける製作チームが再び集結。『アバウト・レイ 16歳の決断』(公開中)では、エル・ファニング演じるトランスジェン.. 続きを読む

リアーナ、サウジの御曹司とおめでた!? 元カレは傷心で大荒れ、ドレイクもいじられまくり

リアーナ、サウジの御曹司とおめでた!? 元カレは傷心で大荒れ、ドレイクもいじられまくり

リアーナ(29)がグラミー賞授賞式に出席。これまで以上にボリューム感を増した肉体でパフォーマンスを行ったのだが、これを見たファンが「おなかがふっくらしている!」「いつもよりも動きが控えめ!」「これはおめでた!?」と大騒ぎ。一.. 続きを読む

ダイアナ元妃が遺した、人生を豊かにする「11の心得」が胸に刺さる。

ダイアナ元妃が遺した、人生を豊かにする「11の心得」が胸に刺さる。

1997年8月31日に交通事故でこの世を去ったダイアナ妃。彼女の死から20年が経った今、幼くして母親を亡くしたハリーとウィリアム王子が彼女について語るドキュメンタリー「Diana, Our Mother: Her Life and Legacy」が米TVネットワーク、H.. 続きを読む

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/26号:ハリウッド・リブート版『ザ・リング/リバース』、韓国発スリラー『殺人者の記憶法』

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/26号:ハリウッド・リブート版『ザ・リング/リバース』、韓国発スリラー『殺人者の記憶法』

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。今週は、話題作『ザ・リング/リバース』が公開に。ハリウッド版の『リング』最新作である今作は、“呪いのビデオ”を見てしまった主人公が呪いを解くために奔走する『リング』の物.. 続きを読む

作家・鈴木光司と貞子は背中合わせの関係だった!! 原作者が語る『リング』が生まれた原風景とは?

作家・鈴木光司と貞子は背中合わせの関係だった!! 原作者が語る『リング』が生まれた原風景とは?

2018年は劇場版『リング』(98)が日本中を震撼させてから20年となる。呪いのビデオから這い出てきた貞子はその後増殖を続け、韓国版やハリウッド版も生まれ、恐怖のウイルスは世界各地へと広まっていった。ハリウッド版の新作『ザ・リン.. 続きを読む

ナオミ・ワッツ、元彼ヒース・レジャーの没後10周年で追悼メッセージ

ナオミ・ワッツ、元彼ヒース・レジャーの没後10周年で追悼メッセージ

2008年1月22日に28歳の若さで急逝した映画『ダークナイト』『ブロークバック・マウンテン』の俳優ヒース・レジャー。没後10年の命日に2002年から2004年にヒースと交際していた女優ナオミ・ワッツが、自身のインスタグラムにヒースの写真.. 続きを読む

意外と多い…!? 彼氏に対して「性欲が湧かない女子」の本音4つ

意外と多い…!? 彼氏に対して「性欲が湧かない女子」の本音4つ

一般的に、男は十代から二十代くらいが性欲のピークだと言われています。それに対して、女性は二十代後半からと言われます。にもかかわらず、「まったく性欲が湧かない……」という女子もいる。これは一大事! なので、“彼と一緒にいるの.. 続きを読む

NFL元スター選手が家庭内で大暴れ 繰り返されるDVを妻が暴露(米)

NFL元スター選手が家庭内で大暴れ 繰り返されるDVを妻が暴露(米)

強靭な体にただならぬパワーと闘志が備わった米NFLの選手たち。引退した後もその体格を維持している者は多い。だがそんな彼らが家庭内で妻に暴力をふるうとしたら、それはどれほど恐ろしい光景であろう。元ニューヨーク・ジャイアンツに.. 続きを読む

授賞式からおなじみの有名ブランドが消えた!?【GG賞ベスト・ドレッサー編】

授賞式からおなじみの有名ブランドが消えた!?【GG賞ベスト・ドレッサー編】

映画界の重鎮であるハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ疑惑に端を発し、騒然となった2017年のハリウッド。現地時間の1月7日に行われた第75回ゴールデン・グローブ賞の授賞式でもそれらの影響が色濃く、女優たちの「Time’s up!」の呼.. 続きを読む

「ライバルがいない自分だけの強みを育てよう」松浦弥太郎が『アバウト・レイ』イベントで熱弁

「ライバルがいない自分だけの強みを育てよう」松浦弥太郎が『アバウト・レイ』イベントで熱弁

落ちこぼれ家族を温かく描いた『リトル・ミス・サンシャイン』(06)の製作チームが再結集し、エル・ファニング、ナオミ・ワッツ、スーザン・サランドンが共演したヒューマンドラマ『アバウト・レイ 16歳の決断』(2月3日公開)。本作のトー.. 続きを読む

映画監督・松江哲明が教える今こそ見たい名作「ロマンポルノ」5選

映画監督・松江哲明が教える今こそ見たい名作「ロマンポルノ」5選

年末年始はロマンポルノばかり観ていた。尺とセックスシーンの回数さえ守れば作り手の自由が許されるこの奇跡のような作品群を今、見直しておきたかった。2017年の映画は世評と僕の好みが離れているな、と思わされることが多かったからか.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。