ドナルド・トランプの最新情報

ドナルド・トランプ に関するニュース検索結果   1554件

ドウェイン・ジョンソン、2024年の米大統領選出馬に意欲!

ドウェイン・ジョンソン、2024年の米大統領選出馬に意欲!

"ザ・ロック"ことドウェイン・ジョンソンが次に務める役は大統領ではないようだが、米大統領選に立候補するつもりがないわけではない。プロレスラーからアクションスターまでをもこなすジョンソンは、出馬への意欲を以前から明かしている.. 続きを読む

金正恩が遵守する「金正日の遺言」全文公開(1)「これを手放せば国が滅びる」

金正恩が遵守する「金正日の遺言」全文公開(1)「これを手放せば国が滅びる」

11月29日早朝、北朝鮮西岸から日本海に向けて大陸間弾道ミサイルを発射した北朝鮮。いよいよ全米本土を射程に収めるなど核ミサイル開発への本気ぶりがうかがえるが、その真意はどこにあるのか? 追究していくと金正恩の実父である金正日.. 続きを読む

メラニア夫人、英語が流暢でないのは「社交性がないから」

メラニア夫人、英語が流暢でないのは「社交性がないから」

ドナルド・トランプ米大統領の妻メラニア夫人は、スロベニア出身。1996年にはアメリカに移り住みトランプ氏と結婚、その後メラニア夫人にとっては唯一の実子となるバロン君を出産した。そんなメラニア夫人の移住から20年以上、実は何か国.. 続きを読む

ハリー・スタイルズ、『レイトx2ショー』のピンチヒッターに 見事に番組を進行

ハリー・スタイルズ、『レイトx2ショー』のピンチヒッターに 見事に番組を進行

2017年12月12日、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズが米CBSの人気番組『レイトx2ショーwithジェームズ・コーデン』に代役として急遽司会を務めた。同番組に登場するのは5月に1週間出演した時以来となる。コーデンの奥さんが急に.. 続きを読む

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

2017年TVニュースランキング やっぱりトップはあの国のこと・・・

今年もいろいろなニュース、出来事があったが、テレビではどんなニュースの放送時間が長かったのだろう? テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供するエム・データ(東京)は、「2017年TVニュースランキング」を発表。.. 続きを読む

モーリーが懸念、首都エルサレム発言が中東和平を脅かす!?

モーリーが懸念、首都エルサレム発言が中東和平を脅かす!?

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。12月13日(水)の放送では、ジャーナリストのモーリー・ロバートソンさんとともに2017年の海外ニュースを振り返りました。現在さまざまなメディ.. 続きを読む

今年の漢字は「北」 北朝鮮や北海道をあらわす

今年の漢字は「北」 北朝鮮や北海道をあらわす

2017年の世相を表す「今年の漢字」が『北』に決まった。12月12日、京都市東山区の清水寺で森清範貫主が揮毫した。今年の漢字「北」は、度重なるミサイル発射や核実験など北朝鮮の動向に脅威と不安を感じたこと、大谷翔平選手のメジャー挑.. 続きを読む

トランプ大統領に新たなスキャンダル TVパーソナリティが「私の唇を奪おうとした」

トランプ大統領に新たなスキャンダル TVパーソナリティが「私の唇を奪おうとした」

2005年にドナルド・トランプ氏(現米大統領)の3人目の妻となったメラニア夫人が、「またか」と呆れそうなニュースが飛び込んできた。なんとトランプ大統領は“幸せの絶頂”だったはずのその時期に、別の女性の唇を奪おうとしたのである。.. 続きを読む

『ザ・ホワイトハウス』復活版製作なら、『THIS IS US』あの人が大統領を演じる?

『ザ・ホワイトハウス』復活版製作なら、『THIS IS US』あの人が大統領を演じる?

ドナルド・トランプ米国大統領の誕生から約1年。アメリカが今以上に穏健で魅力的、客観的にもパーフェクトなリーダーを必要としている時はないのかもしれない。そんな国民の期待に応えるように、大ヒット政治ドラマ『ザ・ホワイトハウス.. 続きを読む

米バスケ界の「名物親父」ラバー・ボール氏、トランプ大統領からの挑発にGIFアニメで応戦!

米バスケ界の「名物親父」ラバー・ボール氏、トランプ大統領からの挑発にGIFアニメで応戦!

ドナルド・トランプ大統領は、これまでGIFや動画を使って、ヒラリー・クリントンやCNNなどの"敵"をツイッターで威圧してきたが、その行いがついに自分に返って来たようだ。大胆な発言で米国のバスケットボール界を賑わせる、NBAロサンゼ.. 続きを読む

アメリカで騒がれているインターネットの中立性問題とは? 反対派の主張5つ

アメリカで騒がれているインターネットの中立性問題とは? 反対派の主張5つ

米国政府の連邦通信委員会(FCC)が先日、インターネット中立性を脅かす計画を発表しました。Comcast、Verizon、AT&Tなどのインターネットプロバイダーに対し、気に入らないウェブサイトの速度を制限したりブロックしたりする権限を与え.. 続きを読む

2017年の顔であるピコ太郎、川栄李奈と共にavexのクリスマス点灯式に参加!

2017年の顔であるピコ太郎、川栄李奈と共にavexのクリスマス点灯式に参加!

ピコ太郎、川栄李奈と『青山クリスマスサーカス by avex』の点灯式に出席シンガーソングライターのピコ太郎と女優の川栄李奈が7日、南青山のエイベックス本社ビル前で行われた『青山クリスマスサーカス by avex』のイルミネーション点灯.. 続きを読む

川栄李奈サンタ&ピコ太郎トナカイ登場! “プーチン、トランプ、安倍首相でPPAPやりたい”

川栄李奈サンタ&ピコ太郎トナカイ登場! “プーチン、トランプ、安倍首相でPPAPやりたい”

ピコ太郎と川栄李奈が、南青山のエイベックス本社ビル前で行われた【青山クリスマスサーカス by avex】のイルミネーション点灯式に出席した。“クリスマス”ということで、川栄李奈はサンタ、ピコ太郎はトナカイをイメージした衣装で登壇。.. 続きを読む

川栄李奈「気付かれない」にピコ太郎から珍アドバイス

川栄李奈「気付かれない」にピコ太郎から珍アドバイス

ピコ太郎と川栄李奈が、12月7日に行われた「エイベックスビル クリスマスツリーイルミネーション点灯式」に出席。イベント後、囲み取材に応じた。ピコ太郎は2017年について「去年の9月27日くらいから今までが、2分にも感じるし、10年にも.. 続きを読む

ピコ太郎、日米露の首脳と「ガチのPPAPを」が目標!?

ピコ太郎、日米露の首脳と「ガチのPPAPを」が目標!?

ピコ太郎と川栄李奈が、12月7日に行われた「エイベックスビル クリスマスツリーイルミネーション点灯式」に出席。川栄はサンタクロース、ピコ太郎はトナカイのクリスマスの装いで登場した。新社屋のグランドオープンに伴い、エイベックス.. 続きを読む

日米は戦わされた? アメリカの保守派が唱え始めた「スターリン工作史観」――評論家・江崎道朗

日米は戦わされた? アメリカの保守派が唱え始めた「スターリン工作史観」――評論家・江崎道朗

【江崎道朗のネットブリーフィング 第26回】トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う!◆なぜ日本だけが非難されるのかもうすぐ12月8日、真珠湾攻撃の日を迎.. 続きを読む

トランプ劇場が注目を集める理由は「ガチのドラマ仕立て」

トランプ劇場が注目を集める理由は「ガチのドラマ仕立て」

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。12月4日(月)~15日(金)までの放送は「ありがとう大賞2017」と題して、“今年愛された人”をさまざまな角度から検証します。4日(月)にピックアップされた.. 続きを読む

トランプ大統領、女性蔑視発言テープで謝罪も今になって「あれはフェイク」

トランプ大統領、女性蔑視発言テープで謝罪も今になって「あれはフェイク」

米大統領選挙を前に、女性に関する非常に猥褻な発言を連発したテープをメディアによって公開されたドナルド・トランプ氏。その後本人が発言内容について謝罪したのだが、裏では今でも「自分じゃない」「あれはフェイクだ」と自分の発言で.. 続きを読む

Twitterが誤ってNew York Times Worldのアカウントを24時間凍結。原因は社員のミス

Twitterが誤ってNew York Times Worldのアカウントを24時間凍結。原因は社員のミス

Image: Twitter via THE NEW YORK TIMES フィルター機能っぽいけど、これも社員の間違い?つい先日、ドナルド・トランプ大統領のTwitterアカウントが11分間停止するアクシデントがあったばかりのTw.. 続きを読む

Bitcoinが100万円超え。アメリカでは1Bitcoin1万ドルの大台に迫る

Bitcoinが100万円超え。アメリカでは1Bitcoin1万ドルの大台に迫る

Image: Dan Kitwood/Getty Images News/ゲッティ イメージズ 8年前の3,000円は、今や50億円に。Bitcoin(ビットコイン)バブルは、ほとんどグロテスクなほど続いています。現地時間11月26日には1Bi.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。