ドゥニ・ヴィルヌーヴの最新情報

ドゥニ・ヴィルヌーヴ に関するニュース検索結果   169件

ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作『デューン/砂の惑星』リメイクは2部作になることが明らかに

ドゥニ・ヴィルヌーヴの新作『デューン/砂の惑星』リメイクは2部作になることが明らかに

ドュニ・ヴィルヌーヴ監督の新作、SF映画の金字塔『デューン/砂の惑星』のリメイク作品は2部構成となり、撮影は別々に行うことが明らかになった。これは、ヴィルヌーヴ監督の前作『ブレードランナー 2049』の2時間44分という上映時間の.. 続きを読む

“スペシャル・パルムドール”受賞のゴダールがビデオ通話で会見!カンヌ受賞結果一覧

“スペシャル・パルムドール”受賞のゴダールがビデオ通話で会見!カンヌ受賞結果一覧

世界三大映画祭のひとつ、第71回カンヌ国際映画祭が閉幕。是枝裕和監督のパルムドール受賞の快挙が日本中でニュースになっているが、ゴダールやスパイク・リーの受賞など、カンヌの結果をまとめて現地リポート。5月19日19時15分(現地時間.. 続きを読む

是枝裕和監督『万引き家族』がカンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞 ケイト・ブランシェット「総合的に素晴らしかった」

是枝裕和監督『万引き家族』がカンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞 ケイト・ブランシェット「総合的に素晴らしかった」

日本時間5月20日(日)(現地時間19日夜)、第71回カンヌ国際映画祭授賞式が行われ、コンペティション部門正式出品作『万引き家族』が最高賞のパルムドールを受賞した。同作は、日本時間5月14日(月)に公式上映が行われた際には、約9分に.. 続きを読む

是枝監督「万引き家族」がカンヌ最高賞

是枝監督「万引き家族」がカンヌ最高賞

是枝裕和監督(55歳)の映画「万引き家族」が、第71回カンヌ国際映画祭で、最高賞であるパルムドールを受賞した。5月14日(日本時間)に行われた公式上映では、約9分にわたるスタンディングオベーションがおこり、辛口で知られる海外メデ.. 続きを読む

Netflixとの確執、白熱する#MeToo…生まれ変わろうとするカンヌ国際映画祭は、パルムドールになにを選ぶ?

Netflixとの確執、白熱する#MeToo…生まれ変わろうとするカンヌ国際映画祭は、パルムドールになにを選ぶ?

今月8日から19日まで開催されている第71回カンヌ国際映画祭。今年のカンヌは生まれ変わっていくその第一歩、と位置づけられた。開幕前日、総代表のティエリー・フレモーが質疑応答の会見を急遽セッティング(少なくとも「総代表が質疑応答.. 続きを読む

クリステン・スチュワート、アジアン系イケメンと手つなぎレッドカーペット!

クリステン・スチュワート、アジアン系イケメンと手つなぎレッドカーペット!

モデルのステラ・マックスウェルと交際中でありながら、「男性と交際する可能性もある」などと語っていた女優のクリステン・スチュワート。そんななか、フランスで開催された『第71回カンヌ国際映画祭』で彼女がアジア系のイケメンと手を.. 続きを読む

カンヌ審査員、過半数が女性に。委員長はケイト・ブランシェット

カンヌ審査員、過半数が女性に。委員長はケイト・ブランシェット

2018年5月8日から始まるカンヌ映画祭のコンペ審査員が決定しました。審査員長はケイト・ブランシェット Festival de Cannesさん(@festivaldecannes)がシェアした投稿 - 2018年 1月月4日午前2時23分PST コンペティション部門最高賞パルム.. 続きを読む

享年48歳…映画に愛された作曲家が遺した、日本公開中止の問題作とは?

享年48歳…映画に愛された作曲家が遺した、日本公開中止の問題作とは?

2018年2月、自宅アパートで48歳の若さで亡くなったアイスランド出身の作曲家、ヨハン・ヨハンソン。アコースティックな音色とデジタルな音を融合させ、クラシック音楽のような様式美で構築した“ポストクラシカル”の旗手として絶大な人気.. 続きを読む

ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンが再タッグ!白銀の世界で繰り広げられる緊迫のサスペンス

ジェレミー・レナーとエリザベス・オルセンが再タッグ!白銀の世界で繰り広げられる緊迫のサスペンス

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『ボーダーライン』(15)で注目を浴び、翌年の『最後の追跡』(16)でアカデミー賞脚本賞にノミネートされた脚本家テイラー・シェリダンがメガホンをとる『ウインド・リバー』(7月27日公開)。このたび本作から冷.. 続きを読む

ロック様あやうし!?巨大怪獣が大暴れする『ランペイジ』、日本人アーティストが描いたド迫力ポスターが完成!

ロック様あやうし!?巨大怪獣が大暴れする『ランペイジ』、日本人アーティストが描いたド迫力ポスターが完成!

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(4月6日公開)や『スカイスクレイパー』(9月公開)など主演映画が目白押しの“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンが主演する巨大怪獣パニック・アクション『ランペイジ 巨獣大乱闘』が5月18日.. 続きを読む

ナタリー・ポートマン主演、Netflix映画『アナイアレイション-全滅領域-』の完璧すぎるヴィジュアルが生む中毒性

ナタリー・ポートマン主演、Netflix映画『アナイアレイション-全滅領域-』の完璧すぎるヴィジュアルが生む中毒性

“アナイアレイション”とは「全滅」を意味する。一昨年のアカデミー賞で『スターウォーズ/フォースの覚醒』(15)ら並み居る強豪を抑え、最優秀視覚効果賞に輝いたSF映画『エクス・マキナ』(15)のアレックス・ガーランド監督の最新作『アナ.. 続きを読む

『ブレードランナー』の世界を行ける!?コラボメニューがスゴイ

『ブレードランナー』の世界を行ける!?コラボメニューがスゴイ

『ブレードランナー 2049』のブルーレイ&DVDが3月2日に発売されたことを記念し、カフェ&フードホール・イベントスペース「サナギ 新宿」とのコラボレーションメニューが3月9日(金)まで味わえる。同作は、フィリップ・K・ディックの小説.. 続きを読む

クリストファー・ノーラン、「007」最新作監督の噂を全否定!

クリストファー・ノーラン、「007」最新作監督の噂を全否定!

『007 スペクター』(15)に続き、再びダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じることが決定しているシリーズ最新作『Bond 25(仮題)』の監督候補として名前が挙がっていたクリストファー・ノーランが、同作を監督する事はないと噂を.. 続きを読む

「本当に美しいものはそっとしておくべき」ルトガー・ハウアー、『ブレードランナー2049』への葛藤を語る

「本当に美しいものはそっとしておくべき」ルトガー・ハウアー、『ブレードランナー2049』への葛藤を語る

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作『ブレードランナー2049』は、製作にあたり、リドリー・スコット監督のオリジナルのキャストに再出演の打診をしました。その結果、デッカード役のハリソン・フォードと若かりし頃のレイチェルがCGでカムバック.. 続きを読む

スティーブン・スピルバーグ、アカデミー賞監督賞の候補に女性監督の名前が挙がると予想

スティーブン・スピルバーグ、アカデミー賞監督賞の候補に女性監督の名前が挙がると予想

先日のゴールデン・グローブ賞の授賞式で、監督賞のプレゼンターを務めたナタリー・ポートマンが「候補者の男性はこちらの方々です」と発言したことが話題になっているが、これに関連して、スティーブン・スピルバーグはアカデミー賞監督.. 続きを読む

『ブレードランナー』、リドリー・スコットが第3弾を計画中

『ブレードランナー』、リドリー・スコットが第3弾を計画中

2017年10月に35年ぶりの続編『ブレードランナー 2049』が日本公開されたSF映画の金字塔『ブレードランナー』。1作目を監督し、2作目で製作総指揮を務めたリドリー・スコットが、Digital Spyとのインタビューで第3弾の計画があることを明.. 続きを読む

『スター・トレック』ウィリアム・シャトナー、カナダ勲章を授与されることに

『スター・トレック』ウィリアム・シャトナー、カナダ勲章を授与されることに

『スター・トレック』でカーク船長、『ボストン・リーガル』でデニー・クレインを演じたことで有名なウィリアム・シャトナーが、カナダ勲章を授与されることになった。【関連記事】英国王室や米大統領の親戚も!セレブリティのファミリー.. 続きを読む

『スター・ウォーズ』R・ジョンソン監督「予想外の“サプライズ”を楽しんでほしい」

『スター・ウォーズ』R・ジョンソン監督「予想外の“サプライズ”を楽しんでほしい」

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を託されたライアン・ジョンソン監督が、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を提げて来日を果たした。「衝撃的なサプライズもあるが、期待を裏切らない満足感もある」と自.. 続きを読む

【インタビュー】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督「『スター・ウォーズ』は、新たな世界の中で自分の居場所を見つけていく、地図のような物語」

【インタビュー】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン監督「『スター・ウォーズ』は、新たな世界の中で自分の居場所を見つけていく、地図のような物語」

シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、12月15日から全国ロードショーされる。公開を前に、来日したライアン・ジョンソン監督が、“今話せる範囲”でインタビューに応じた。-監督は、本作のオファーについて「途方もない.. 続きを読む

メジャーシーンで結果を出した入江悠監督が語る埼玉ロケ作品『ビジランテ』で挑んだ新境地!!【後編】

メジャーシーンで結果を出した入江悠監督が語る埼玉ロケ作品『ビジランテ』で挑んだ新境地!!【後編】

──インタビュー後半は、入江監督に2017年を振り返ってもらえればと思います。6月に公開された『22年目の告白 私が殺人犯です』が興収1位をとったことは大きな勲章になったのではないでしょうか。入江悠(以下、入江) 首の皮が繋がった.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。