トランスフォーマー/最後の騎士王の最新情報

トランスフォーマー/最後の騎士王 に関するニュース検索結果   95件

最低映画の祭典ラジー賞、『トランスフォーマー/最後の騎士王』が最多9ノミネート

最低映画の祭典ラジー賞、『トランスフォーマー/最後の騎士王』が最多9ノミネート

アカデミー賞の裏で最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞(通称ラジー賞)。第38回となる今年も不名誉な候補がアカデミー賞ノミネーション前に発表され、マイケル・ベイ監督の人気シリーズ5作目『トランスフォーマー/最後の騎士王』.. 続きを読む

“最低映画”最多候補に「トランスフォーマー」

“最低映画”最多候補に「トランスフォーマー」

「トランスフォーマー/最後の騎士王」が、ゴールデンラズベリー賞で最多9部門でのノミネートとなってしまった。ハリウッド映画の中で“最低の作品”を選出する同賞は通称ラジー賞としても知られているが、同作は最低作品賞を含むほとんどの.. 続きを読む

「ヒーロー軍団に入隊した期待の若きクモ男!」「轟音エンジンが俺の子守唄!」大阪・新世界国際劇場の映画キャッチフレーズがイカす

「ヒーロー軍団に入隊した期待の若きクモ男!」「轟音エンジンが俺の子守唄!」大阪・新世界国際劇場の映画キャッチフレーズがイカす

大阪府にある映画館「新世界国際劇場」のキャッチフレーズがいちいち最高! とTwitter上で話題を呼んでいます。ちょっと昔、映画館に手描きのポスターと共に映画をPRするキャッチフレーズが掲げられているのが当たり前でした。しかし、.. 続きを読む

2017年の世界の映画興収ランキング1位に『美女と野獣』

2017年の世界の映画興収ランキング1位に『美女と野獣』

2017年の世界の映画興収ランキング(「Box Office Mojo」調べ)で『美女と野獣』が1位だった事が分かった。エマ・ワトソンなどのキャストにより、ディズニーの同名の長編アニメーション映画を実写リメイクした『美女と野獣』が、見事、20.. 続きを読む

「トランスフォーマー」初のスピンオフ『バンブルビー(原題)』は“エピソード0”?

「トランスフォーマー」初のスピンオフ『バンブルビー(原題)』は“エピソード0”?

過去5作の全世界興行収入が5000億円を突破し、今夏には最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』が公開されたヒットシリーズ「トランスフォーマー」。シリーズ初のスピンオフ作品として2018年12月に全米公開を予定している『バンブルビ.. 続きを読む

浜辺美波、佐久間由衣、桜井日奈子ら2018年ブレイク必至の女優を予想

浜辺美波、佐久間由衣、桜井日奈子ら2018年ブレイク必至の女優を予想

2017年も永野芽郁、吉岡里帆らをはじめ、数々のニューヒロインが誕生し、ドラマ・映画界をにぎわせた。ブレイクするには、本人たちの持つ素材の魅力はもちろん、作品の力も大きな影響を与える。2018年は果たしてどんな女優がブレイクする.. 続きを読む

ギズモード・ジャパンの中の人+αが選ぶ「2017年ベスト映画」

ギズモード・ジャパンの中の人+αが選ぶ「2017年ベスト映画」

Image: Billion Photos / Shutterstock.com 年末の恒例となりつつある『スター・ウォーズ』最新作も公開され、やっと2017年の映画ランキングの準備がととのいました。映画『ブレードランナー2049』.. 続きを読む

お正月は家族みんなで大作映画を楽しもう! 『トランスフォーマー/最後の騎士王』

お正月は家族みんなで大作映画を楽しもう! 『トランスフォーマー/最後の騎士王』

(文=佐々木友輔/『キネマ旬報 2017年12月上旬特別号』より転載)限界を超えていくマイケル・ベイの野心には脱帽前作「トランスフォーマー/ロストエイジ」は悲痛な物語だった。人類に迫害されるトランスフォーマーが創造主に人生の理.. 続きを読む

劇場版『トランスフォーマー』シリーズ初のスピン・オフ! 活躍するのはバンブルビー

劇場版『トランスフォーマー』シリーズ初のスピン・オフ! 活躍するのはバンブルビー

ベイヘムは少なめになるのかも!?2007年の第1目より、5作目となった最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』まで10年の歴史がある劇場版『トランスフォーマー』シリーズ。なかでもオプティマス・プライムと人気を二分する、黄色いカマ.. 続きを読む

マーク・ウォールバーグが監督デビュー示唆

マーク・ウォールバーグが監督デビュー示唆

マーク・ウォールバーグ(46歳)が、来年監督デビューを果たす可能性を示した。俳優としての輝かしいキャリアのほか、プロデューサー業も手掛けてきたマークだが、映画の撮影現場で監督の椅子に座ったことはこれまでなかった。しかし、ぜ.. 続きを読む

なんと1位は『君の名は。』! 米Gizmodoが選ぶ2017年ムービーベスト10

なんと1位は『君の名は。』! 米Gizmodoが選ぶ2017年ムービーベスト10

Image: Gizmodo US 冬休みのおともにどうぞ。2017年も残すところあと少しになりましたね。いや~、今年も濃い1年でした! ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを衝撃の形で卒業し、『猿の惑星』が.. 続きを読む

みんな違ってみんないい、今話題のハッシュタグ『#2017年映画ベスト10』

みんな違ってみんないい、今話題のハッシュタグ『#2017年映画ベスト10』

今Twitter上で『#2017年映画ベスト10』というハッシュタグが話題になっています。 年末なので、皆さん今年見た映画について思い思いの感想をアップされています。 その話題のハッシュタグがこちら!   ■#2017年映画ベスト10   #2017年.. 続きを読む

「ギャラを貰いすぎている俳優」発表 マーク・ウォールバーグが1位に

「ギャラを貰いすぎている俳優」発表 マーク・ウォールバーグが1位に

Forbes誌が毎年恒例の「ギャラを貰いすぎている俳優」を発表。今年はトップ5の発表に留まり、8月に発表された2017年の「最も稼いだ俳優」ランキングで1位に輝いたマーク・ウォールバーグが、不名誉リストの1位に選ばれた。【関連】「ギャ.. 続きを読む

ファン必見。G-SHOCK × トランスフォーマーのコラボレーションムービー公開!

ファン必見。G-SHOCK × トランスフォーマーのコラボレーションムービー公開!

日本生まれながらも全米で爆発的なヒットとなり、アメリカでの人気が凱旋する形で日本、そして世界中で人気と評価が高まった、「 G-SHOCK 」と「トランスフォーマー」。ともに「力強くタフな存在」である互いのコンセプト・ストーリーに.. 続きを読む

バンブルビーが家のなかで大暴れするARアプリ

バンブルビーが家のなかで大暴れするARアプリ

Image: Allspark TV/YouTube 家の中が戦場のようになっちゃいます。映画『トランスフォーマー』シリーズで、バンブルビーが破壊の限りを尽くすという楽しそうなARアプリ「Transformers: Cade’s Jun.. 続きを読む

マイケル・ベイ監督が人気アニメ実写化

マイケル・ベイ監督が人気アニメ実写化

マイケル・ベイが、実写映画版「ドーラといっしょに大冒険」の監督を務めるという。「トランスフォーマー/最後の騎士王」を最後に、これまで手掛けてきた同シリーズから去ることを宣言していたベイの次なる焦点は、多くの人々に愛される.. 続きを読む

嗚咽をしながら練習……声優・田中理恵のプロ技術にKENNも驚愕 海外ドラマ『ヒューマンズ』インタビュー

嗚咽をしながら練習……声優・田中理恵のプロ技術にKENNも驚愕 海外ドラマ『ヒューマンズ』インタビュー

人間に代わり家事や仕事をこなす高性能AIロボット“シンス”が普及する現代に近い世界を舞台に、人間と人工知能の境界線が崩壊していく、近未来を予測するような不気味なSFサスペンスドラマ『ヒューマンズ』が10月11日(水)よりHuluプレミ.. 続きを読む

『メン・イン・ブラック』スピンオフ、スピルバーグ製作総指揮で2019年全米公開へ

『メン・イン・ブラック』スピンオフ、スピルバーグ製作総指揮で2019年全米公開へ

俳優トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスが、地球にいる異星人を取り締まるエージェントを演じる人気SFアクションシリーズ『メン・イン・ブラック』。米ソニー・ピクチャーズが2019年5月17日(現地時間)全米公開予定でスピンオフ.. 続きを読む

    『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!

『メン・イン・ブラック』スピンオフ作品が2019年に米国で公開!

大ヒット映画『メン・イン・ブラック(MIB)』がスピンオフ作品として帰ってくる。しかしキャストはガラっと変わってしまうようだ。つまり、これまでMIBシリーズに出演していたウィル・スミス(エージェントJ)と、トミー・リー・ジョー.. 続きを読む

【映画批評】最新映画「エイリアン コヴェナント」は怒りに震える中途半端っぷり / リドリー・スコット終了のお知らせ

【映画批評】最新映画「エイリアン コヴェナント」は怒りに震える中途半端っぷり / リドリー・スコット終了のお知らせ

いやあ、久々にリドリー・スコットがガッカリ作品を作ってしまった。あまりにも酷すぎるデキなのでネタバレしてもまったく読者の損にはならないと思うが、それでも楽しみにしている人たちのためにネタバレなしでレビューをお伝えしたいと.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。