トヨタ自動車の最新情報

トヨタ自動車 に関するニュース検索結果   1423件

【新車】伝統と品格に「華」を持たせた新型トヨタ・センチュリーが19,600,000円で登場

【新車】伝統と品格に「華」を持たせた新型トヨタ・センチュリーが19,600,000円で登場

東京モーターショーでクラウンとともに注目を集めていた新型センチュリーのコンセプトカー。6月22日、市販仕様が19,600,000円という価格設定で発売されました。生産を受け持つのは、センチュリーを作ってきた旧関東自動車工業を含めた現.. 続きを読む

結婚したい人気企業ランキング、1位は?

結婚したい人気企業ランキング、1位は?

リスクモンスターは6月22日、第8回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」の調査結果を発表した。調査は3月23日~27日、20~59歳の男女942人を対象にインターネットで行われた。調査の結果、ランキング1位は「国家公務員」(13.6%).. 続きを読む

トヨタ子会社のTRI、オープンソースの自動運転シミュレーター開発を支援

トヨタ子会社のTRI、オープンソースの自動運転シミュレーター開発を支援

トヨタ自動車の子会社で、米国で人工知能等の研究開発を行うToyota Research Institute(TRI)は、オープンソースの自動運転シミュレーター「Car Learning to Act(CARLA)」の開発促進に向け、バルセロナ自治大学の研究センターであるCo.. 続きを読む

経済産業省がFCV(燃料電池車)普及に向けて「セルフ式」水素ステーションを解禁へ

経済産業省がFCV(燃料電池車)普及に向けて「セルフ式」水素ステーションを解禁へ

経済産業省がFCVの普及に向けて、水素ステーションに関連する規制を緩和するそうです。ドライバー自身が水素を補給する「セルフ式」を解禁、一定の条件を満たせば監督者1人でステーションを運営できるようにして設置拡充を促すもので、将.. 続きを読む

トヨタはル・マン24時間レースでいかに戦い「改善」を手に入れ「見えない敵」に勝利したか?

トヨタはル・マン24時間レースでいかに戦い「改善」を手に入れ「見えない敵」に勝利したか?

共にル・マンを戦ったアウディ、ポルシェがフォーミュラーEへと戦いの舞台を移す中、己の武器であるハイブリッド・テクノロジーを磨くため、そして悲願であるル・マン24時間レース制覇のため「FIA世界耐久選手権」(WEC)に居残ったTOYOTA .. 続きを読む

経産省が「究極のエコカー」FCV普及を後押し、水素ステーション拡充に弾み

経産省が「究極のエコカー」FCV普及を後押し、水素ステーション拡充に弾み

昨年9月末、経済産業省が水素燃料で走るFCV(燃料電池車)の早期普及を目的に、水素ステーションを設置・運営する際の規制緩和を決定しました。トヨタ自動車やホンダはFCVを「究極のエコカー」に位置付けており、経産省がFCVの普及に力を.. 続きを読む

SKE48松井珠理奈&須田亜香里「ワンツーフィニッシュ」が“トヨタ超え”!?

SKE48松井珠理奈&須田亜香里「ワンツーフィニッシュ」が“トヨタ超え”!?

地元の名古屋で初の戴冠!6月16日にナゴヤドームで開催された「第10回AKB48世界選抜総選挙」において、名古屋を拠点とするSKE48の松井珠理奈が悲願の女王に輝いた。さらに同じSKE48の須田亜香里が2位となり、地元勢が歓喜のワンツーフィ.. 続きを読む

「思いっきり走ってくれて、ありがとう!」 トヨタ、ルマン24時間初制覇で豊田章男社長が声明を発表!

「思いっきり走ってくれて、ありがとう!」 トヨタ、ルマン24時間初制覇で豊田章男社長が声明を発表!

6/16~17にフランスのル・マン、サルトサーキットで開催された第86回ル・マン24時間耐久レースに出場したTOYOTA GAZOO RACING のTS-050ハイブリッド8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/フェルナンド・アロンソ)は、388周を周回しト.. 続きを読む

トヨタ自動車がセブンイレブンと共同で「水素」の利活用拡大を強力推進へ

トヨタ自動車がセブンイレブンと共同で「水素」の利活用拡大を強力推進へ

航続距離や燃料補給(3分程度)でガソリン車並みの使い勝手を実現した燃料電池車「FCV」を電動車の柱の1つとするトヨタ自動車。2014年12月にセダンタイプのFCV「MIRAI」を日本で723.6万円で発売しました。2015年秋からは米国・欧州でも発.. 続きを読む

トヨタのル・マン初優勝! MEGA WEBでは300人以上のファンが祝福!!

トヨタのル・マン初優勝! MEGA WEBでは300人以上のファンが祝福!!

6月17日(日)、トヨタ自動車のショールーム「MEGA WEB」にて世界3大レースの一つ「ル・マン24時間レース」のパブリックビューイング2日目が開催され、集まった300名以上のモータースポーツファンがトヨタの初優勝を祝福しました。初優勝へ.. 続きを読む

トヨタ「ルマン24時間」初制覇にMEGA WEBに集まった300人のファンから歓喜の拍手

トヨタ「ルマン24時間」初制覇にMEGA WEBに集まった300人のファンから歓喜の拍手

6月17日(日)、トヨタ自動車のショールーム「MEGA WEB」にて、世界3大レースの一つ「ル・マン24時間レース」のパブリックビューイングが行われ、訪れた200名以上のモータースポーツファンが、参戦するトヨタの初優勝を祝った。■ ル・マン2.. 続きを読む

地味なトヨタ「ハイエース」がずっと売れ続けている理由…中古車市場でも高値で取引

地味なトヨタ「ハイエース」がずっと売れ続けている理由…中古車市場でも高値で取引

“10年落ち”となっても流通価値を認められやすいなど、中古車市場でも高値で取引されている車種なのが、商用車としてロングセラーを誇るトヨタ自動車のハイエース。同じようなタイプの競合車種が存在するにもかかわらず、なぜデザイン的に.. 続きを読む

豊田章男トヨタ社長兼自工会会長が言う「自動運転と道交法の矛盾」を解説

豊田章男トヨタ社長兼自工会会長が言う「自動運転と道交法の矛盾」を解説

自動車工業会の会長に就任したトヨタ自動車の豊田章男社長は、就任後の記者懇談会で「自動運転をしようとすれば今の法規だと様々な問題が出てきます」。概要をまとめると、実際の走行状況と道交法は乖離しており、そのあたりを調整するこ.. 続きを読む

凍結プロジェクト、トヨタ「S-FR」がコンパクトEVスポーツとなって蘇る日

凍結プロジェクト、トヨタ「S-FR」がコンパクトEVスポーツとなって蘇る日

トヨタ自動車が東京モーターショー2015や東京オートサロン2016に出展し、大きな注目を集めたFRコンパクトスポーツ「S-FR」。現代版「ヨタハチ」を安価に世に送り出そうと計画されたモデルで、1.5Lエンジンを搭載したFRモデルとして開発が.. 続きを読む

         第21回バスラマ賞の受賞車両が決定! 生産工場である岐阜車体工業で贈呈式を実施

第21回バスラマ賞の受賞車両が決定! 生産工場である岐阜車体工業で贈呈式を実施

バスラマ賞(BUSRAMA AWARD)は、その1年間に登場した新型バスや新しいバスサービス、バスに関する研究論文などの中から、バスラマ編集部が利用者の立場で最も優れたものを表彰するが、2017年の第21回バスラマ賞は、トヨタ自動車の4代目.. 続きを読む

大谷兄所属のトヨタ自動車東日本が初出場! 『第89回 都市対抗野球大会』の全出場チーム決定

大谷兄所属のトヨタ自動車東日本が初出場! 『第89回 都市対抗野球大会』の全出場チーム決定

社会人野球のトーナメント大会『第89回 都市対抗野球大会』が、7月13日(金)から12日間にわたって東京ドームで開催される。その出場チームが決まった。強豪・古豪が名を連ねるなか、唯一の初出場を決めたのが東北代表のトヨタ自動車東日.. 続きを読む

自動運転ソフト開発のトヨタ新会社「TRI-AD」が即戦力エンジニアの新規採用開始

自動運転ソフト開発のトヨタ新会社「TRI-AD」が即戦力エンジニアの新規採用開始

トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は、トヨタ、アイシン精機、デンソーからのエンジニアも含めて、将来的に1000名規模の開発体制を目指し、グローバルにエンジニアの採用を行う。■■トヨタ.. 続きを読む

トヨタが自動運転用ソフトウエア開発に本腰。「即戦力」エンジニアを採用へ

トヨタが自動運転用ソフトウエア開発に本腰。「即戦力」エンジニアを採用へ

2016年に「TRI」(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)を設立してAI・自動運転・ロボティクスなどの研究を行なってきたトヨタ自動車。2018年3月には、さらなる競争力強化を目指してアイシン精機、DENSOとのパートナーシップにより、.. 続きを読む

危機感がクルマを鍛える!トヨタが新型「クラウン」に課した使命はユーザー層の「若返り」

危機感がクルマを鍛える!トヨタが新型「クラウン」に課した使命はユーザー層の「若返り」

6月26日(火)デビューを控え、先頃記者試乗会が開催された新型トヨタ「クラウン」。15代目となる新型では、4輪マルチリンク・サスペンションを採用し、スポーツカーの如くニュルブルクリンクで「足」を鍛えるなど、走りにもかなり力を入.. 続きを読む

トヨタ自動車、Grabに約1,100億円出資 取締役1名派遣

トヨタ自動車、Grabに約1,100億円出資 取締役1名派遣

トヨタ自動車は、東南アジアの配車サービス大手、Grab Holdingsに出資する。出資額は10億米ドル(約1,100億円)で、トヨタ自動車から1名が取締役に就任し、1名を執行役員として派遣する。今後はさらなる人材交流の活発化を図る。Grab Hol.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。