デマの最新情報

デマ に関するニュース検索結果   798件

マリエ、大先輩を前に本音 心境の変化明かす

マリエ、大先輩を前に本音 心境の変化明かす

【マリエ/モデルプレス=1月23日】モデルのマリエが23日、都内にて開催されたイベントに出席し、大先輩との共演に本音を漏らした。◆マリエ、単身渡米後にファッションブランド立ち上げマリエは、フランス系カナダ人の父と日本人の母との.. 続きを読む

ももクロ卒業の有安杏果、グループ加入時は「ファンから拒否られていた」ワケ

ももクロ卒業の有安杏果、グループ加入時は「ファンから拒否られていた」ワケ

1月21日のライブを最後に「ももいろクローバーZ」を卒業し、芸能界からも引退した有安杏果。口の悪いネット民からは、引退発表直前まで「グループ内でハブられていた」との憶測も飛んでいるが、これはデマと言われている。が、有安がもも.. 続きを読む

百田尚樹が「朝日の読者も日本の敵」と暴言! 記者二人を殺傷した赤報隊の犯行声明にも通じるテロ扇動

百田尚樹が「朝日の読者も日本の敵」と暴言! 記者二人を殺傷した赤報隊の犯行声明にも通じるテロ扇動

作家の百田尚樹といえば、いわずもがな日々Twitterでヘイトスピーチや「左翼」バッシングを繰り返しているネトウヨ文化人。そんな百田のツイートがまたしても物議を醸している。〈朝日新聞は、慰安婦の日韓合意で、韓国の肩を持ったり、.. 続きを読む

夫に不倫サレた…急増する『サレ妻』の超怖い復讐エピソード5選

夫に不倫サレた…急増する『サレ妻』の超怖い復讐エピソード5選

最近、テレビでも盛んに放たれる芸能人や著名人の不倫報道。驚きよりも「またか…」と少々うんざりしてしまうところもありますが、不倫問題はなにも芸能界に限った話ではありません。今回は夫に裏切られた『サレ妻』の怖~い不倫復讐エピ.. 続きを読む

相次ぐ米軍事故に約束反故...それでも国会審議を拒否する安倍政権、安倍首相は「沖縄は我慢して受け入れろ」と暴言!

相次ぐ米軍事故に約束反故...それでも国会審議を拒否する安倍政権、安倍首相は「沖縄は我慢して受け入れろ」と暴言!

完全に舐められているとしか思えない。昨日18日、昨年12月13日に米軍海兵隊の大型輸送ヘリCH53Eのコックピットの窓枠が校庭に落下した沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校の上空を、米軍ヘリ3機が飛行した問題だ。その飛行した機体には、1.. 続きを読む

GACKT、大笑いしたネットニュースを紹介「思わず顔が緩んでしまいました」

GACKT、大笑いしたネットニュースを紹介「思わず顔が緩んでしまいました」

シンガーソングライターのGACKTが17日、アメブロを更新。最近お気に入りだというネットニュースを紹介した。 GACKTオフィシャルブログよりフィリピン・セブ島から日本に向かう機内でブログを更新していると報告したGACKT。コアメンバ.. 続きを読む

慰安婦問題で韓国が「新方針」 元駐韓大使「文大統領が止めるべき」

慰安婦問題で韓国が「新方針」 元駐韓大使「文大統領が止めるべき」

2015年12月、日本が元慰安婦を支援する財団に10億円を拠出、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決とすることで日韓両国は合意した。しかし今月になり、韓国側が日韓慰安婦合意に関する新方針を発表した。韓国の康京和外相は「両国間の公.. 続きを読む

新時代のライフスタイル!? 実録プロニートたち

新時代のライフスタイル!? 実録プロニートたち

激変する現代社会で彼らの暮らしは、天国か地獄か――。驚くべき”人類の進歩”である。1880年、かのカール・マルクスの娘婿、批評家のポール・ラファルグは“怠ける権利”を主張。いわく“人間が1日3時間以上、労働することを禁じる”といったも.. 続きを読む

ドラマ『相棒』に"官邸のアイヒマン"北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も

ドラマ『相棒』に"官邸のアイヒマン"北村滋内閣情報官が登場!? 公安が反町や仲間由紀恵を監視・恫喝する場面も

元旦早々、なんとも興味深いドラマが放送された。『相棒16 元日スペシャル』(テレビ朝日)だ。実は、そのストーリーに、安倍政権中枢に実在するある人物を彷彿とさせる"黒幕"が登場するなど、いま日本が直面する現実を批評的に描いた作.. 続きを読む

実は間違い!?カラダによくない7つの健康習慣

実は間違い!?カラダによくない7つの健康習慣

ライフハッカー[日本版]より転載:フィットネス業界や食品業界の影響で、世の中には健康に関する様々な情報が溢れています。バターは身体に悪いからマーガリンを使うべきだと言う説が流行ったかと思えば、次の年にはその逆の説が出回りま.. 続きを読む

実は間違い!?カラダによくない7つの健康習慣

実は間違い!?カラダによくない7つの健康習慣

ライフハッカー[日本版]より転載:フィットネス業界や食品業界の影響で、世の中には健康に関する様々な情報が溢れています。バターは身体に悪いからマーガリンを使うべきだと言う説が流行ったかと思えば、次の年にはその逆の説が出回りま.. 続きを読む

安倍首相が極右ネット番組に登場! 沖縄ヘイトの我那覇真子などネトウヨ女性陣におだてられ信じがたい暴言も

安倍首相が極右ネット番組に登場! 沖縄ヘイトの我那覇真子などネトウヨ女性陣におだてられ信じがたい暴言も

元旦に発表された年頭所感で〈明治維新から150年の節目の年〉と切り出し、明治時代の日本を手放しで称賛、明治の精神をこれからのモデルにしようと国民に呼びかけた安倍首相。さらに昨日4日には、政教分離も無視し、伊勢神宮参拝後にその.. 続きを読む

【神業】PUBG対決! 人気配信者参戦! 視聴者参加型ゲーム大会PUBG配信者杯が「魅せプレイ」だらけで面白すぎる

【神業】PUBG対決! 人気配信者参戦! 視聴者参加型ゲーム大会PUBG配信者杯が「魅せプレイ」だらけで面白すぎる

ネットで人気の配信者が集まって昨年12月29日(金)20時から、ニコニコ生放送で開催されたゲーム大会「PUBG配信者杯」。・公式大会ではあり得ない異質なルール日本でもe-sports熱が高まってきているなか、メインの参加者がプロゲーマーや.. 続きを読む

安倍首相とメシを食ったあの人たちが上位に! 安倍政権御用ジャーナリスト大賞! 5位から2位、そして大賞発表 

安倍首相とメシを食ったあの人たちが上位に! 安倍政権御用ジャーナリスト大賞! 5位から2位、そして大賞発表 

5位●三浦瑠麗(国際政治学者)ついに安倍会食デビュー!「どっちもどっち論」で御用学者の実態を隠す曲者『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)で披露する、他の論客を鼻で笑いつつ繰り出す「上から目線」トークがなぜかウケているらしい若.. 続きを読む

この1年、安倍サマをかばいまくった安倍政権御用ジャーナリスト大賞! 10位から6位、そして殿堂入りはあの人 

この1年、安倍サマをかばいまくった安倍政権御用ジャーナリスト大賞! 10位から6位、そして殿堂入りはあの人 

新年の恒例企画となった、リテラの「安倍政権御用ジャーナリスト大賞」。2017年は、なんといっても安倍首相と昭恵夫人による森友・加計学園問題の「政治の私物化」という大疑惑が浮上したが、やはりというべきか、メディアには無茶苦茶な.. 続きを読む

【ネタバレ注意】「2018年のキングダム」を熱烈ファン4名が大予想! 秦軍の鄴攻めはこうなる!!

【ネタバレ注意】「2018年のキングダム」を熱烈ファン4名が大予想! 秦軍の鄴攻めはこうなる!!

いま最もアツく最高に面白い漫画といえば、原泰久先生作の「キングダム」だ。他のことは譲ってもいいが、この件だけは異論を認めるつもりはサラサラない。とにかくキングダムが大好き! キングダムに夢中!! 毎週木曜日が待ち遠しくて仕.. 続きを読む

泉放送制作、前川出会い系バー、安倍の捏造も...リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、いよいよ大賞発表!

泉放送制作、前川出会い系バー、安倍の捏造も...リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、いよいよ大賞発表!

2017年に流されたトンデモフェイクニュースを改めての検証付きでお届けしているリテラフェイクニュース大賞! 前編ではまず4つの部門賞を発表したが、後編ではさらに4つの部門賞、そしていよいよフェイクニュース大賞を発表する。2017年.. 続きを読む

ニュース女子、辻元清美生コン...リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、まずは悪辣ぞろいの部門賞発表!

ニュース女子、辻元清美生コン...リテラが選ぶ2017フェイクニュース大賞、まずは悪辣ぞろいの部門賞発表!

謹賀新年。年末にはテレビでも「今年の10大ニュース」的な振り返りを散々やっていたと思うが、リテラでは、この年明け、2017年に報じられた「ニュース」のなかから、記憶に残しておきたいデマ、謀略報道、嘘八百を選び、「フェイクニュー.. 続きを読む

村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子...炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」

村本大輔、マツコ、水道橋博士、水原希子...炎上に負けず政権批判や反差別を貫いた芸能人「よく言った大賞」

芸能人が少しでも権力者を批判するような発言をするや、ネトウヨが束になって襲いかかり、大炎上させられるどころか、テレビから干されてしまう。一方、権力を擁護し、弱者を叩く発言をすると、喝采を浴び、テレビ出演や企業がらみの講演.. 続きを読む

安倍首相のネトウヨ化が止まらない! フェイク拡散、ネトウヨ用語連発、「報道特注出たい」

安倍首相のネトウヨ化が止まらない! フェイク拡散、ネトウヨ用語連発、「報道特注出たい」

「真っ赤な嘘&インチキ発言」「独裁丸出し発言」とお届けしてきた安倍首相の今年の発言を振り返る企画の最後は、安倍首相による見苦しさと知性レベルの低さが露呈した発言集だ。 「印象操作」「レッテル貼り」を多様したり、ドヤ顔でデ.. 続きを読む

TBS
前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。