ダニエル・クレイグの最新情報

ダニエル・クレイグ に関するニュース検索結果   333件

おすすめのアクション映画20選 大学生のうちに観ておきたい名作は?

おすすめのアクション映画20選 大学生のうちに観ておきたい名作は?

手に汗握る格闘シーン、ハラハラドキドキのカーチェイス、緊迫した銃撃戦……。日常では起こりえないことを体験できるのがアクション映画の魅力の1つでしょう。今回はおすすめのアクション映画の名作を、20作品に厳選して取り上げてみまし.. 続きを読む

『SUITS』メーガン・マークル、次のボンドガールの候補だった

『SUITS』メーガン・マークル、次のボンドガールの候補だった

英国王室のハリー王子と婚約し、大注目のメーガン・マークル。女優としては米USAの人気リーガルドラマ『SUITS/スーツ』のレイチェル役で知られている彼女だが、実は大ヒット映画『007』シリーズの最新作でボンドガールの候補にリストア.. 続きを読む

ヒュー・ジャックマン、007ボンド役断った理由

ヒュー・ジャックマン、007ボンド役断った理由

ヒュー・ジャックマン(49歳)は、脚本に真実味がなかったことから、ジェームズ・ボンド役を断ったそうだ。ピアース・ブロスナンの後任として「007」シリーズの主役をオファーされていたヒューだが、脚本が気に入らなかったことで、結局.. 続きを読む

ヒュー・ジャックマンが『007』ジェームズ・ボンドを断った理由を告白

ヒュー・ジャックマンが『007』ジェームズ・ボンドを断った理由を告白

現在、新作映画『グレイテスト・ショーマン』のプロモーションで大忙しのヒュー・ジャックマンだが、『Variety』誌によるインタビュー記事の中で、過去に『007』ジェームズ・ボンド役のオファーを断った理由を明かしている。5代目ジェー.. 続きを読む

ヒュー・ジャックマン 『007』“6代目ボンド”を蹴った本当の理由

ヒュー・ジャックマン 『007』“6代目ボンド”を蹴った本当の理由

47歳の頃から「いつまで6代目ジェームズ・ボンドを演じられるのか…」との不安をボヤくようになっていた俳優のダニエル・クレイグ。ボンドの絶対条件といわれる鍛え抜かれた強靭な体、演技力、知的なイメージ…そして色気と美しさ。そのあ.. 続きを読む

喜怒哀楽を全て“真顔”に込める男……アダム・ドライヴァー劇中全部同じ顔してる説

喜怒哀楽を全て“真顔”に込める男……アダム・ドライヴァー劇中全部同じ顔してる説

マーティン・スコセッシ、J・J・エイブラムス、スティーヴン・ソダーバーグなど、多くの有名監督たちから愛され、次々と話題作に抜擢され続けている、今大ブレイク中のハリウッド俳優、アダム・ドライヴァー。『沈黙 -サイレンス-』では.. 続きを読む

女子が「誘ってほしいな…」12月のデートにオススメ映画3選!by トーキョー女子映画部

女子が「誘ってほしいな…」12月のデートにオススメ映画3選!by トーキョー女子映画部

■豪快で爽快なエンタメ!大人の初デートにぴったり『ローガン・ラッキー』©2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.エッチ度 ⇒ ■■■テーマの深刻度 ⇒ ■■■好みが分かれる度 ⇒ ■■■こんなカップル・シチュエーションにオスス.. 続きを読む

ジェニファー・ローレンス、映画監督の恋人と破局

ジェニファー・ローレンス、映画監督の恋人と破局

映画監督ダーレン・アロノフスキー(48)と交際していた米人気女優のジェニファー・ローレンス(27)。しかし2人は先月、約1年間の交際の末に破局したことを『PEOPLE.com』などが伝えている。昨年9月、映画『Mother!(マザー!)』の主.. 続きを読む

公開3週目で異例の戴冠!映画動員ランキングは“それ”に敵う作品なし?

公開3週目で異例の戴冠!映画動員ランキングは“それ”に敵う作品なし?

新作や前週首位作品が1位を獲得することが多い映画動員ランキング。11月18・19日の同ランキングでは、その例にはまらず、公開3週目を迎えた『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が土日2日間で動員14万4000人、興収1億9500万円をあげ.. 続きを読む

【映画コラム】アメリカのカントリー賛歌の側面もある『ローガン・ラッキー』

【映画コラム】アメリカのカントリー賛歌の側面もある『ローガン・ラッキー』

『オーシャンズ11』シリーズを手掛けたスティーブン・ソダーバーグ監督の最新作『ローガン・ラッキー』が公開された。運の悪い人生を送るローガン兄弟(チャニング・テイタム、アダム・ドライバー)は、全米最大のモーターカーイベントの.. 続きを読む

ソダーバーグ監督が映画界に復帰!新会社設立と映画作りへの情熱を語る

ソダーバーグ監督が映画界に復帰!新会社設立と映画作りへの情熱を語る

『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が映画界にカムバック!4年ぶりの映画となった『ローガン・ラッキー』(11月18日公開)は、4度目のタッグとなるチャニング・テイタム、『スター・ウォーズ』のアダム・ドライバ.. 続きを読む

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(11月16日付)ゴジラ劇場長編アニメ『GODZILLA 怪獣惑星』がついに公開!

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(11月16日付)ゴジラ劇場長編アニメ『GODZILLA 怪獣惑星』がついに公開!

ガジェット通信です。『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 11月16日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!.. 続きを読む

リブート版「砂の惑星」監督のため「007」断る

リブート版「砂の惑星」監督のため「007」断る

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、リブート版「デューン/砂の惑星」のために、「007」シリーズ第25弾の監督のチャンスを断っていたようだ。「ブレードランナー 2049」が公開中のヴィルヌーヴ監督は、ジェームズ・ボンドを主役にした同人気シ.. 続きを読む

ネタ元は日本の作品!?ハリウッド映画の意外なネタ元

ネタ元は日本の作品!?ハリウッド映画の意外なネタ元

今年も残り2ヶ月を切りました。日本列島は紅葉前線が南下中、日に日に気温も下がりいよいよ本格的な冬の到来ですね。年末に向け忙しくなってくる季節。なかなかゆっくりできる時間は取れなくなりそうですね。本格的に忙しくなる前に暖か.. 続きを読む

モニカ・ベルッチ、ボンドガール続投の可能性も

モニカ・ベルッチ、ボンドガール続投の可能性も

モニカ・ベルッチ(53歳)が、「007」シリーズ第25弾でボンドガールを続投する可能性があることを示唆した。モニカは2015年公開の「007 スペクター」でダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンドの相手役ルチア・スキアラを演じており.. 続きを読む

【連載/ウワサの映画 Vol.7】”呪い”から解放されたい!”アンラッキー”一家の強盗計画

【連載/ウワサの映画 Vol.7】”呪い”から解放されたい!”アンラッキー”一家の強盗計画

みなさん、ソダーバーグが帰ってきましたよ!映画監督引退宣言から4年、”期が熟した”らしく、新作「ローガン・ラッキー」を引っ提げての映画界復帰でございます。めでたいです。「デジタル環境も整い、小さな会社で映画を作り大規模公開.. 続きを読む

異文化の融合を目指すオスカー監督が仕掛ける痛快作!『ローガン・ラッキー』舞台挨拶

異文化の融合を目指すオスカー監督が仕掛ける痛快作!『ローガン・ラッキー』舞台挨拶

11月18日(土)より全国公開となる、スティーヴン・ソダーバーグ監督の新作映画『ローガン・ラッキー』。それに先駆けて10月31日(火)、第30回東京国際映画祭(TIFF)の特別招待作品として都内で同作の先行上映が行われ、同監督の舞台挨.. 続きを読む

スティーヴン・ソダーバーグ監督、引退撤回第1弾映画は「思いっきり笑ってほしい」

スティーヴン・ソダーバーグ監督、引退撤回第1弾映画は「思いっきり笑ってほしい」

第30回東京国際映画祭の特別招待作品に選出されたスティーヴン・ソダーバーグ監督最新作『ローガン・ラッキー』の先行上映が31日、東京・EXシアター六本木で行われ、6度目の来日を果たしたソダーバーグ監督が舞台挨拶に出席。MCから「ソ.. 続きを読む

スティーヴン・ソダーバーグ監督が来日「10代で日本映画にとても魅せられました」

スティーヴン・ソダーバーグ監督が来日「10代で日本映画にとても魅せられました」

『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が、最新作『ローガン・ラッキー』(11月18日公開)を引っさげて来日。本作が第30回東京国際映画祭の特別招待作品として10月31日にEXシアター六本木で先行上映され、ソダーバー.. 続きを読む

『ローガン・ラッキー』アダム・ドライヴァー、寡黙なバーテンダーを熱演!

『ローガン・ラッキー』アダム・ドライヴァー、寡黙なバーテンダーを熱演!

『オーシャンズ11』シリーズのスティーヴン・ソダーバーグ監督が手掛ける最新作『ローガン・ラッキー』が11月18日(土)より全国公開となる。チャニング・テイタムをはじめ、ダニエル・クレイグ、ライリー・キーオなど豪華キャスト陣が名.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。