セックスワークの最新情報

セックスワーク に関するニュース検索結果   15件

セックスワーカーを経験した中村うさぎに聞く、売春はなぜ“いけない”ことなの?

セックスワーカーを経験した中村うさぎに聞く、売春はなぜ“いけない”ことなの?

世界最古の職業といわれる「売春」。現代の日本では売春防止法によって禁止されている行為だが、法的な規制を抜きにしても、多くの日本人が「売春はいけないこと」という意識を持っているのではないだろうか。2017年9月に『エッチなお仕.. 続きを読む

AV業界の問題は「現場の中からの変化」を 川奈まり子・青山薫教授が激論

AV業界の問題は「現場の中からの変化」を 川奈まり子・青山薫教授が激論

©sirabee.comAV実演家の人権を守る一般社団法人『表現者ネットワークAVAN』を立ち上げた、元女優で作家の川奈まり子氏。この連載は、川奈氏が、性表現や女性の人権などについての専門家との対談を通して、AVや日本の性が抱える問題点に光.. 続きを読む

2016年に世界中で視聴されたTEDトーク・トップ12

2016年に世界中で視聴されたTEDトーク・トップ12

Inc.:年末年始は実家に帰省して、家族で集まってテレビを見るという人も多いでしょう。紅白や駅伝もいいですが、今年はTEDトークを見るのはいかがですか? 家族や親戚と一緒に学ぶというのは、これまでとは一味違った新鮮なコミュニケ.. 続きを読む

70代、80代でも「濡れるわよ!」 女性ライターが丸裸にした“高齢者風俗嬢”の意外な真実

70代、80代でも「濡れるわよ!」 女性ライターが丸裸にした“高齢者風俗嬢”の意外な真実

男性の間で、「風俗に行ったら、ババアに当たった……」なんていう笑い話は珍しくない。しかし現在、70代、80代といった高齢の風俗嬢たちが、じわじわと増殖しており、そんな超超熟女たちを好む男性たちも増えつつある。そんな高齢者風俗の.. 続きを読む

世間は「はしたない女」の不幸を願う?川奈まり子・中村うさぎが激論

世間は「はしたない女」の不幸を願う?川奈まり子・中村うさぎが激論

『ショッピングの女王』シリーズなど、数多くの作品で知られる小説家・エッセイストの中村うさぎ氏。2005年には自らデリヘルに勤務するなど、体を張った取材でも定評があり、現在は、「売春の非犯罪化」「表現規制反対」を訴えるムック本.. 続きを読む

『飛田新地フィールドワーク』の問題点とは 「興味本位」以上に厄介

『飛田新地フィールドワーク』の問題点とは 「興味本位」以上に厄介

■人権学習団体による「飛田新地フィールドワーク」性産業で働く人々の健康と安全のために活動する団体、『SWASH』メンバーの要友紀子です。この記事を書くきっかけになったのは、11月23日に人権学習団体『じんけんスコラ』が開催した飛田.. 続きを読む

わいせつとは?日本の性表現の問題点は?川奈まり子・ろくでなし子が激論

わいせつとは?日本の性表現の問題点は?川奈まり子・ろくでなし子が激論

漫画家・芸術家のろくでなし子氏。女性器をモチーフにした芸術作品を制作したことで、逮捕・起訴され、有罪判決を受けたが、むしろそれを奇貨として精力的な制作活動を続ける。「わいせつ」とは何か? 性にまつわる表現や活動には、何が.. 続きを読む

『最貧困女子』著者が脳機能障害に! 自分が障害をもってわかった生活保護の手続もできない貧困女性の苦しみ

『最貧困女子』著者が脳機能障害に! 自分が障害をもってわかった生活保護の手続もできない貧困女性の苦しみ

本サイトではこれまで貧困と格差というテーマに取り組んできたが、特にルポライター鈴木大介氏による『最貧困女子』(幻冬舎新書)や『最貧困シングルマザー』(朝日文庫)は大きな反響を呼んだ。それは、こうした作品が従来の風俗ルポや.. 続きを読む

川奈まり子氏、AV女優・男優の人権を守る団体を設立へ

川奈まり子氏、AV女優・男優の人権を守る団体を設立へ

NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)の報告書をきっかけにさまざまな議論が拡がっていた「アダルトビデオ(AV)への出演強要」問題。今月11日には、有名女優も多く抱える大手AVプロダクションの幹部が労働者派遣法違反容疑で逮捕。それ.. 続きを読む

【佐藤優×荻上チキ】「いじめ」のターゲットにならない“重要スキル”とは【対談】

【佐藤優×荻上チキ】「いじめ」のターゲットにならない“重要スキル”とは【対談】

社会の恩恵を感じ難い構造となっている現代。この閉塞状況を打破するためのヒントを探るべく、作家の佐藤優が若き知識人たちと語り合う。著書『右肩下がりの君たちへ』(ぴあ書籍)より、評論家の荻上チキ氏との対談「いじめについて考え.. 続きを読む

激安風俗、熟女デリヘル、妊婦ホテヘル、地雷専門店...搾取される最底辺風俗女子を貧困から救うことは可能か?

激安風俗、熟女デリヘル、妊婦ホテヘル、地雷専門店...搾取される最底辺風俗女子を貧困から救うことは可能か?

「貧困女性の最後のセーフティネット」貧困や格差の定着が社会問題となるなか、いつからか風俗の存在がこんな風に称されるようになっている。しかも風俗に従事したからといって、全ての女性が貧困のループから逃れられるわけではない。な.. 続きを読む

「秋葉原には児童ポルノや児童買春が溢れている」というデマを弁護士らが流すワケ

「秋葉原には児童ポルノや児童買春が溢れている」というデマを弁護士らが流すワケ

国連から派遣された特別報告者であるブキッキオ氏の来日に合わせ、懲りずにいつもの方々が 「日本は児童ポルノ大国で児童買春も行われていて~」 と大騒ぎをしている。それどころか、ブキッキオ氏に直接接触した議員らの報告によると、前.. 続きを読む

JKビジネスや着エロビデオ規制を求める要望書の摩訶不思議な中身

JKビジネスや着エロビデオ規制を求める要望書の摩訶不思議な中身

"実在する" 未成年者を使った 「JKビジネス」 や 「着エロビデオ」 等の規制を強めるため、児童福祉法や児童虐待防止法の改正を求める要望書が、NPO団体らにより厚労省に提出された。  意味の解らない二次元規制に比べれば、よっぽどま.. 続きを読む

AVや風俗業界で人身売買はあるのか?告発系記事への反論【後編】

AVや風俗業界で人身売買はあるのか?告発系記事への反論【後編】

前回はAV業界の内情をよく知る人間として、女性団体らが主張する点のおかしさを指摘したが、今回は誤解を招きやすいAV業界の特性や、「もし人身取引被害の告発が事実だったとしたら」という点について語らせていただく。 ●実は自浄作用を.. 続きを読む

元AV女優の社会学者・鈴木涼美が語るセックスワークと貧困...本当の貧困は風俗に入った後に

元AV女優の社会学者・鈴木涼美が語るセックスワークと貧困...本当の貧困は風俗に入った後に

AV女優として70本以上の作品に出演しながら、東大大学院を卒業し日経新聞の記者に。そして現在は社会学者。そう。昨年「週刊文春」(文藝春秋)14年10月9日号で「日経新聞記者はAV女優だった!」とスッパ抜かれた鈴木涼美のことだ。「週.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。