スタン・ワウリンカの最新情報

スタン・ワウリンカ に関するニュース検索結果   731件

ナダルの2017年の王位を、ゴファンはどれだけサンプラス・グループで脅かせるか?[ATPファイナルズ]

ナダルの2017年の王位を、ゴファンはどれだけサンプラス・グループで脅かせるか?[ATPファイナルズ]

「ATPファイナルズ」(11月12日~11月19日/イギリス・ロンドン/室内ハードコート)の予選リーグの対戦で、ラファエル・ナダル(スペイン)とダビド・ゴファン(ベルギー)が11月13日に予選のサンプラス・グループの一試合として対戦す.. 続きを読む

いよいよ開幕、負傷のナダルも調整開始[ATPファイナルズ]

いよいよ開幕、負傷のナダルも調整開始[ATPファイナルズ]

「ATPファイナルズ」(11月12日~11月19日/イギリス・ロンドン/室内ハードコート)がいよいよ開幕する。「ATPファイナルズ」は、年間獲得ポイントを争うレース・ランキングの上位8選手が、往年の名プレーヤーの名前を冠した2つのグルー.. 続きを読む

ワウリンカ「とっても嬉しいし興奮している!」来シーズンに向けて練習再開

ワウリンカ「とっても嬉しいし興奮している!」来シーズンに向けて練習再開

2017年8月、左膝の故障を治癒させるため、シーズンの残り試合を欠場すると発表しているスタン・ワウリンカ(スイス)が自身のツイッターで練習中の様子を動画ツイートしている。ツイートには「7月以来の初めての練習! とっっっっても嬉.. 続きを読む

[最新ATPランキング]マレーが3年ぶり、ジョコビッチが10年ぶりとなるトップ10陥落

[最新ATPランキング]マレーが3年ぶり、ジョコビッチが10年ぶりとなるトップ10陥落

ATPは11月6日、ATP世界ランキングの最新版を発表した。注目はアンディ・マレー(イギリス)とノバク・ジョコビッチ(セルビア)がトップ10から陥落したことだ。マレーは2014年10月以来、3年ぶりに陥落し16位。ジョコビッチは2007年3月以.. 続きを読む

[最新ATPランキング]錦織圭が3年半ぶりに20位台に後退

[最新ATPランキング]錦織圭が3年半ぶりに20位台に後退

ATPは10月30日、ATP世界ランキングの最新版を発表した。トップ5ではアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が4位に1つ順位を上げ、マリン・チリッチ(クロアチア)が5位へと後退した。そのほかは大きな変動は無かったが、手首の怪我により休.. 続きを読む

[最新ATPランキング]錦織圭が3年半ぶりに20位台に後退

[最新ATPランキング]錦織圭が3年半ぶりに20位台に後退

ATPは10月30日、ATP世界ランキングの最新版を発表した。トップ5ではアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が4位に1つ順位を上げ、マリン・チリッチ(クロアチア)が5位へと後退した。そのほかは大きな変動は無かったが、手首の怪我により休.. 続きを読む

ナダルが「ぜひ手に入れたい」。自身最後の大きな目標を見据える[ATPワールドツアー・ファイナルズ]

ナダルが「ぜひ手に入れたい」。自身最後の大きな目標を見据える[ATPワールドツアー・ファイナルズ]

「Sportskeeda」は、ラファエル・ナダル(スペイン)が「ATPワールドツアー・ファイナルズ」のタイトル獲得を、自身のToDoリストから削除するのに躍起だ。と報じた。ナダルが最も偉大なテニスプレーヤーの1人であることに、疑いの余地は.. 続きを読む

膝の手術でリハビリ中のワウリンカのコーチが辞任。「人生の中で最も難しい決断の1つだ」

膝の手術でリハビリ中のワウリンカのコーチが辞任。「人生の中で最も難しい決断の1つだ」

スタン・ワウリンカ(カナダ)のコーチであるマグナス・ノーマン(スウェーデン)は、個人的な事情のため4年に渡って務めたワウリンカのコーチを辞任すると発表したとATP公式サイトが報じている。「よく考えた末、今後は家族のために生き.. 続きを読む

ディミトロフが初、チリッチが3回目となるATPファイナルズ出場決定

ディミトロフが初、チリッチが3回目となるATPファイナルズ出場決定

グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)とマリン・チリッチ(クロアチア)が揃って「ATPファイナルズ」出場権を獲得したとATP公式サイトが報じている。ウィーンで開催中の「エルステ・バンク・オープン」の1回戦で同じく「ATPファイナル.. 続きを読む

故障で長期休養していたジョコビッチとワウリンカが年末の大会に出場

故障で長期休養していたジョコビッチとワウリンカが年末の大会に出場

年末の12月28日~30日に開催される「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」にノバク・ジョコビッチ(セルビア)とスタン・ワウリンカ(スイス)が出場することが大会公式サイトで発表された。ジョコビッチは右肘の故障のため.. 続きを読む

[最新ATPランキング]ツォンガが順位を2つ上昇させたほかは、TOP20の変動はほとんどなし

[最新ATPランキング]ツォンガが順位を2つ上昇させたほかは、TOP20の変動はほとんどなし

ATPは10月23日、ATP世界ランキングの最新版を発表した。先週に開催されたトーナメントがATP250ばかりであったこともあるのか、トップ15までは先週からほとんど変動はなかった。その中で、ジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)が「.. 続きを読む

チチパスが「父親の靴紐を借りて」実現したジャイアント・キリング

チチパスが「父親の靴紐を借りて」実現したジャイアント・キリング

「次世代の期待の星」との呼び声の高いステファノス・チチパス(ギリシャ)が「ヨーロピアン・オープン」でまたもや、ジャイアント・キリングをやってのけた。しかも、靴紐の切れるアクシデントを「父親の靴ひもを借りて」乗り越えたエピ.. 続きを読む

チリッチが「ATPファイナルズ」出場へ前進

チリッチが「ATPファイナルズ」出場へ前進

11月12日から19日にかけてロンドンで開催される「ATPファイナルズ」に、マリン・チリッチ(クロアチア)はこの4年間で3度目となる出場権獲得に近づいているとATP公式サイトが報じている。「上海ロレックス・マスターズ」で準決勝(ナダル.. 続きを読む

[最新ATPランキング]TOP3の上位に変動はなし、チリッチとティームがじわりと前進

[最新ATPランキング]TOP3の上位に変動はなし、チリッチとティームがじわりと前進

ATPは10月16日、ATP世界ランキングの最新版を発表した。その結果、上位3選手の顔ぶれに変動はなかったものの、トップ10の中位を中心に、先週、熱戦を繰り広げた選手の順位が入れ替わった。1位から3位はここのところ安定している。ラファ.. 続きを読む

フェデラー、セカンドサービスの正確さが数値で判明。

フェデラー、セカンドサービスの正確さが数値で判明。

ATP公式サイトは、ATP世界ランキングTOP10の選手におけるセカンドサービスのミス率を発表。現時点ではATP世界ランキング2位に位置するロジャー・フェデラー(スイス)がほかの選手と比べて圧倒的に少ないと報じた。ファーストサービスを.. 続きを読む

[最新ATPランキング]ナダルが1位を保持し、杉田は4位上昇して自己最高を更新する36位

[最新ATPランキング]ナダルが1位を保持し、杉田は4位上昇して自己最高を更新する36位

ATPは10月9日、ATP世界ランキングの最新版を発表した。先週と変わらず、ラファエル・ナダル(スペイン)が1位の座を守ったほか、ロジャー・フェデラー(スイス)も2位を維持し、上位7人の顔ぶれは同じだった。トップ5までを見ると、3位に.. 続きを読む

[最新ATPランキング]杉田祐一が自己最高の40位、錦織は変わらず14位

[最新ATPランキング]杉田祐一が自己最高の40位、錦織は変わらず14位

10月2日に最新ATPランキングが発表された。前週の「成都オープン」でベスト4となった杉田祐一(三菱電機)は、ランキングを3つ上げ、自己最高となる40位となった。右手首の故障で今シーズンの残り試合を欠場している錦織圭(日清食品)は.. 続きを読む

[最新ATPランキング] 9月25日付

[最新ATPランキング] 9月25日付

■ATPシングルスランキング(09月25日現在)順位(前週) 名前(国籍) ポイント(前週ポイント)1.(1) ラファエル・ナダル(スペイン) 9,465(9,465)2.(2) ロジャー・フェデラー(スイス) 7,505(7,505)3.(3) アンディ・マレー(イギリ.. 続きを読む

[最新ATPランキング] 9月18日付

[最新ATPランキング] 9月18日付

■ATPシングルスランキング(09月18日現在)順位(前週) 名前(国籍) ポイント(前週ポイント)1.(1) ラファエル・ナダル(スペイン) 9,465(9,465)2.(2) ロジャー・フェデラー(スイス) 7,505(7,505)3.(3) アンディ・マレー(イギリ.. 続きを読む

2017年、ナダルとフェデラーがトップ2に復活

2017年、ナダルとフェデラーがトップ2に復活

2017年初めにラファエル・ナダル(スペイン)とロジャー・フェデラー(スイス)が、その年に行われる4つのグランドスラム・タイトルを分け合うことになると、いったい誰が想像しただろうか? そして、2018年が彼らに何をもたらすことに.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。