ジュリアナの最新情報

ジュリアナ に関するニュース検索結果   159件

バクステ石川不二夏がグラビアデビュー 「もっとセクシーにできるようになりたい」

バクステ石川不二夏がグラビアデビュー 「もっとセクシーにできるようになりたい」

(©ニュースサイトしらべぇ)アイドルユニット・バクステ外神田一丁目メンバーの石川不二夏ちゃんが、ファーストイメージDVD『石川不二夏 はじめての夏』(アイドルワン)を発売。東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに、しらべぇ取.. 続きを読む

スティーヴン・セガールのセクハラ疑惑 エキストラの女性に卑劣な行為も?

スティーヴン・セガールのセクハラ疑惑 エキストラの女性に卑劣な行為も?

長いあいだ映画業界で活躍し、映画『沈黙の戦艦』など多くの作品に出演してきた人気アクション俳優スティーヴン・セガール(65)。そんな彼は数か月前、「90年代にセクハラ発言を受けた」とある関係者から暴露されていた。当時は多くの女.. 続きを読む

当たると評判「みずほ総研とんでも予想」がバブル再来を明言!?

当たると評判「みずほ総研とんでも予想」がバブル再来を明言!?

(C)Shutterstock今年はバブルの再来になる!? そんな予想をしているのが『みずほ総研』の『とんでも予想2018年』だ。実はこの予想、当たることで知られている。「この予想は、2016年の“消費増税先送り”と“アメリカ大統領選でドナルド.. 続きを読む

郷ひろみ、「OK!バブリー!ゴー!ゴー!」バブルリミックスの紅白で往時の女性ナンパ真相語る!

郷ひろみ、「OK!バブリー!ゴー!ゴー!」バブルリミックスの紅白で往時の女性ナンパ真相語る!

歌手・郷ひろみ(62)が29日、東京・渋谷のNHKホールで白熱開催中の『第68回 NHK紅白歌合戦』の公開リハーサルに登場。「今回はアレンジーバージョンで盛りだくさん。必然的に気持ちが昂るよね。NHKはなんていうか、ボクを踊らせたいんで.. 続きを読む

“バブリーダンス”話題の女子高生ダンス部が郷ひろみとド派手コラボ<紅白リハ1日目>

“バブリーダンス”話題の女子高生ダンス部が郷ひろみとド派手コラボ<紅白リハ1日目>

【NHK紅白歌合戦/モデルプレス=12月29日】歌手の郷ひろみと、“バブリーダンス”で話題を呼んでいる大阪府立登美丘高校ダンス部が29日、「第68回 NHK紅白歌合戦」の音合わせ・リハーサルを東京・渋谷のNHKホールで行った。◆郷ひろみ×登美.. 続きを読む

バンドじゃないもん! 初のホール公演もグッとこらえて涙なしの大阪公演をレポート

バンドじゃないもん! 初のホール公演もグッとこらえて涙なしの大阪公演をレポート

パーフェクトピースコンサート2017~大阪にSEY YES!を~ 2017.12.17(SUN)大阪・森ノ宮ピロティホール 神聖かまってちゃんのドラマーでもある、鈴姫みさこが率いるアイドルグループ、バンドじゃないもん!。2011年に結成され、メンバー.. 続きを読む

MAXとマーク・パンサーがコラボか?「安比高原」で23日開催の『APPI BUBBLY DISCO NIGHT』で

MAXとマーク・パンサーがコラボか?「安比高原」で23日開催の『APPI BUBBLY DISCO NIGHT』で

音楽ユニット『globe』のマーク・パンサー(47)と、女性ダンス・ボーカルグループ『MAX』のNANA(41)、MINA(39)、LINA(40)が14日、東京・渋谷のライブ&サウンド・スペース「SOUND MUSEUM VISION」で行われた『APPI BUBBLY DISCO N.. 続きを読む

荻野目洋子の“バブリーダンス”リバイバルに違和感……安室の不出場で『紅白』出場の可能性も

荻野目洋子の“バブリーダンス”リバイバルに違和感……安室の不出場で『紅白』出場の可能性も

今年、リバイバルブームとなったのが、1980年代から90年代にアイドルとして活躍していた荻野目洋子だ。「第10回日本高校ダンス部選手権」で準優勝した大阪府立登美丘高校が、荻野目の代表曲「ダンシング・ヒーロー」に合わせて、“バブリ.. 続きを読む

ヤンエグって!?意味が予想できない「バブル用語」ランキング

ヤンエグって!?意味が予想できない「バブル用語」ランキング

1986年から1991年まで日本で起こった好景気「バブル景気」、「バブル(泡)」が名を示す通りあまり長続きはせず90年代中盤には崩壊、後に「失われた20年」と呼ばれる長期的な不況を呼び込む事となりました。バブル当時は今では考えられな.. 続きを読む

アニメ『デビルズライン』キービジュアル第2弾、キャスト情報が公開

アニメ『デビルズライン』キービジュアル第2弾、キャスト情報が公開

アニメ化が発表されている、月刊「モーニング・ツー」連載中の人気作『デビルズライン』より、キービジュアル、キャスト情報が解禁されました。『デビルズライン』は、吸血欲をもった鬼と呼ばれる存在と人とのハーフである安斎結貴と、ヒ.. 続きを読む

「デビルズライン」主演に松岡禎丞&石川由依 木村良平、沢城みゆきらも出演

「デビルズライン」主演に松岡禎丞&石川由依 木村良平、沢城みゆきらも出演

(C)花田陵・講談社/デビルズライン製作委員会 花田陵氏が「モーニング・ツー」(講談社刊)で連載中のダークファンタジー漫画をアニメ化する「デビルズライン」のキャスティングが発表された。主人公・安斎結貴役には「ソードアート・.. 続きを読む

ジュリアナの祟り – SHIBUYAアルティメットハロウィン2017写真集(GetNews boy/ガジェット男子)

ジュリアナの祟り – SHIBUYAアルティメットハロウィン2017写真集(GetNews boy/ガジェット男子)

SHIBUYAアルティメットハロウィン2017より、ユニットごとの写真をお届け。今回は「ジュリアナの祟り」です。(photo=深水英一郎)■ジュリアナの祟りhttps://twitter.com/ayatra_wrs [LINK]http://ayatra.jp/ [LINK]■SHIBUYAアルティメット.. 続きを読む

今だからこそしたい!「ド派手バブリーネイル」のデザイン画像集

今だからこそしたい!「ド派手バブリーネイル」のデザイン画像集

バブル時代…‥。それは日本が好景気に浮かれた1980年代後半から1990年代初頭の昭和の終わりから平成の初めごろの時期のこと。平成29年になり、今再注目されていますよね!?ファッションやカルチャー、音楽などなど今振り返ってみると、び.. 続きを読む

『デッドウッド』リバイバル、2018年秋に製作開始か

『デッドウッド』リバイバル、2018年秋に製作開始か

西部開拓時代のアメリカを舞台に、ガンマンや無法者、娼婦たちが繰り広げる物語を描いた『デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン』。今夏からリバイバル版製作の可能性が浮上していたが、来年秋の製作開始に向けて企画が本格的に動き.. 続きを読む

『デッドウッド』あの人、『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズと新作ドラマで共演

『デッドウッド』あの人、『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズと新作ドラマで共演

『デッドウッド ~銃とSEXとワイルドタウン』で女性ガンマン、カミラティを演じたロビン・ワイガートが、人気法廷ドラマ『グッド・ワイフ』のジュリアナ・マルグリーズが主演する米AMCの新ドラマに出演することがわかった。米TVLineが報.. 続きを読む

スティーヴン・セガール、またしてもセクハラ暴露される「ポケベルを渡された女優は真夜中でもホテルに行かなければならない」

スティーヴン・セガール、またしてもセクハラ暴露される「ポケベルを渡された女優は真夜中でもホテルに行かなければならない」

映画『沈黙の戦艦』『暴走特急』などで知られる俳優スティーヴン・セガールが、またしても信じがたい行為を暴露された。映画『アウト・フォー・ジャスティス』の撮影現場で起きたというそのセクハラ行為につき、セガール側は今のところノ.. 続きを読む

スティーヴン・セガール、レズビアン女優に卑劣なセクハラ行為! 

スティーヴン・セガール、レズビアン女優に卑劣なセクハラ行為! 

映画『沈黙の戦艦』『暴走特急』などで知られ日本でも人気の高い俳優スティーヴン・セガールについて、「トンデモないハレンチ男だ」という信じられないような証言が飛び出した。このたび彼に関する暴露ツイートで世間を驚かせたのは、人.. 続きを読む

『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズが、美容業界を描く新作ドラマに出演

『グッド・ワイフ』ジュリアナ・マルグリーズが、美容業界を描く新作ドラマに出演

夫のスキャンダルを機に、弁護士として復帰することになったアリシアを中心に、たくましく生きる女性たちの姿を描いた法廷ドラマ『グッド・ワイフ』。本作で主人公を演じたジュリアナ・マルグリーズが、新作ドラマに出演することが明らか.. 続きを読む

ひたすら加速する漆黒のグルーヴ。ソウライヴが挑み続ける“リズムの革新”を間近に目撃する衝撃的な夜

ひたすら加速する漆黒のグルーヴ。ソウライヴが挑み続ける“リズムの革新”を間近に目撃する衝撃的な夜

限りなく加速するグルーヴ――。 ニール・エヴァンスのハモンド・オルガンとアラン・エヴァンスのドラムスがもつれ合いながら疾走し、エリック・クラズノーのギターが2人の音を絡め取るようにして舞い上がる。アスリートのスピードで街を.. 続きを読む

「小さく見せるブラ」「ノンワイヤー」トレンドに見る、オンナの“おっぱい”への意識

「小さく見せるブラ」「ノンワイヤー」トレンドに見る、オンナの“おっぱい”への意識

男性に対して「どれだけセクシーに見せるか」「どれだけ胸を盛れるか」が重視されていたブラジャーだが、近年は「女性自身が楽しめるブラジャー」「快適に過ごせるブラジャー」にスポットライトが当たるようになった。ブラジャーのトレン.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。