ジャスティン・トルドーの最新情報

ジャスティン・トルドー に関するニュース検索結果   38件

試合会場に向かう途中で事故 ジュニア・ホッケー選手14名が死亡(カナダ)

試合会場に向かう途中で事故 ジュニア・ホッケー選手14名が死亡(カナダ)

カナダ・サスカチュワン州で現地の6日、カナダ・アイスホッケー界にも衝撃を与える大変悲惨なバス事故が起きた。『The Canadian Press』『The Globe and Mail』などが世界に向けて伝えている。カナダ連邦警察(=王立カナダ騎馬警察 Roy.. 続きを読む

カナダでのワーホリは、「奴隷制よりも過酷」か?

カナダでのワーホリは、「奴隷制よりも過酷」か?

「奴隷制度よりも過酷だ」カナダの「CBC News」が、怪我の治療を受けられずに母国に送還された移民をとりあげたときに、外国人労働者プログラムについて論じられた、ひとつの意見です。ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で.. 続きを読む

カナダの“イケメン首相”トルドー氏、英ゲイ雑誌の表紙飾る

カナダの“イケメン首相”トルドー氏、英ゲイ雑誌の表紙飾る

イギリスの同性愛者向け雑誌の表紙に、このほどカナダのジャスティン・トルドー首相が登場した。誌面には、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)への平等を訴えてきたトルドー首相ならではのインタビューも掲載.. 続きを読む

アレキサンダー・スカルスガルド、セス・ローゲンと共演する新作映画で首相を演じることに

アレキサンダー・スカルスガルド、セス・ローゲンと共演する新作映画で首相を演じることに

セス・ローゲン(『スティーブ・ジョブズ』)とシャーリーズ・セロン(『アトミック・ブロンド』)が主演を務める新作ダークコメディ『Flaesky(原題)』に、ランドール・パーク(『フアン家のアメリカ開拓記』)とアレキサンダー・スカ.. 続きを読む

ヘンリー王子とメーガン・マークルの婚約発表に、豪華セレブから祝福コメント相次ぐ

ヘンリー王子とメーガン・マークルの婚約発表に、豪華セレブから祝福コメント相次ぐ

英ヘンリー王子と米人気ドラマ『SUITS/スーツ』の出演で知られる女優、メーガン・マークルが婚約を発表した。このニュースを受け、豪華セレブから続々と祝福のコメントがツイッターに寄せられている。クロエ・カーダシアンやクリッシー.. 続きを読む

Twitterが誤ってNew York Times Worldのアカウントを24時間凍結。原因は社員のミス

Twitterが誤ってNew York Times Worldのアカウントを24時間凍結。原因は社員のミス

Image: Twitter via THE NEW YORK TIMES フィルター機能っぽいけど、これも社員の間違い?つい先日、ドナルド・トランプ大統領のTwitterアカウントが11分間停止するアクシデントがあったばかりのTw.. 続きを読む

メラニア夫人、セクシーからメンズ風ファッションへ 心境に変化か

メラニア夫人、セクシーからメンズ風ファッションへ 心境に変化か

アメリカ大統領の妻として夫に寄り添う夫人、つまりファーストレディは昔から仕立ての良いドレス、もしくは女性的で高級感あふれる衣装を着ているという印象が強い。しかし1月に米大統領の座についたドナルド・トランプ氏の妻メラニア夫.. 続きを読む

    今話題の英ハリー王子のそっくりさんがこちら【映像】

今話題の英ハリー王子のそっくりさんがこちら【映像】

イギリスのハリー王子のそっくりさんが、9月末に行われたインビクタス・ゲームズ(戦場で障害を負った元兵士たちによる競技会)から大きな話題を呼んでいる。@JustinTrudeau you sneaky prankster. Would the real #princeharry please s.. 続きを読む

英ヘンリー王子、『SUITS/スーツ』メーガン・マークルの撮影現場にお立ち寄り

英ヘンリー王子、『SUITS/スーツ』メーガン・マークルの撮影現場にお立ち寄り

英ヘンリー王子が傷病兵らの国際的スポーツイベント「インビクタス・ゲーム」のため、カナダのトロントを訪問。同地で現在交際中の女優メーガン・マークルが出演する人気海外ドラマ『SUITS/スーツ』の撮影現場を訪れたという。【関連】.. 続きを読む

    ネット民騒然!カナダのトルドー首相がチューバッカ柄の靴下を着用

ネット民騒然!カナダのトルドー首相がチューバッカ柄の靴下を着用

カナダのジャスティン・トルドー首相をそんじょそこらの総理大臣と一緒にしてはいけない。彼はファッショナブルな首相なのだ。 去る9月20日にニューヨークで開かれたブルームバーグ主催のビジネス・フォーラムに姿を現したドルドー首相だ.. 続きを読む

カナダのイケメン首相 なんと「チューバッカ」靴下で登場

カナダのイケメン首相 なんと「チューバッカ」靴下で登場

あたかもハリウッドセレブのような容姿が話題のカナダ首相ジャスティン・トルドー氏(45)。大変お洒落でファッションセンスも抜群の首相が、とんでもない靴下をはいて公の場に登場した。それを見た人気俳優ウィリアム・シャトナーは、首.. 続きを読む

「女の子の声は一番強力な武器」マララさんTwitter開始に世界が応援

「女の子の声は一番強力な武器」マララさんTwitter開始に世界が応援

2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したフェミニストのマララ・ユスフザイさんが、イギリスの高校をめでたく卒業。それと同時にツイッターを開始し、多くの著名人から歓迎を受けました。7月7日の初ツイートからまたたく間にフォロ.. 続きを読む

トルドー首相に、どうしても我が子を会わせたかった理由

トルドー首相に、どうしても我が子を会わせたかった理由

現地時間15日にカルガリーを訪れたカナダのジャスティン・トルドー首相。多くの人が出迎える中、一際彼の到着を喜んでいる家族がいました。両親に抱きかかえられて待っていたのは、この春生まれたばかりの男の子。この出会いは、彼らに共.. 続きを読む

韓国新大統領のイケメンボディガード 上半身裸でモデルポーズ

韓国新大統領のイケメンボディガード 上半身裸でモデルポーズ

今月10日に韓国第19代大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏。しかしネットユーザーが注目したのは新大統領ではなくそのボディガードであった。あまりのイケメンぶりにSNS上には熱狂的なラブコールが多数寄せられている。『The Kor.. 続きを読む

「世界一セクシーな首相」ことカナダのトルドー首相が3歳の息子と職場に出勤! 素敵すぎるイクメンぶりに世界中の女性がメロメロに~!!

「世界一セクシーな首相」ことカナダのトルドー首相が3歳の息子と職場に出勤! 素敵すぎるイクメンぶりに世界中の女性がメロメロに~!!

最近は、世界のリーダーにイケメンが増えつつあるようだ。仏大統領に就任した、39歳という若さを誇るマクロン大統領のイケメンぶりも話題になっているが、なんと言っても、元祖イケメンリーダーといえばカナダのジャスティン・トルドー首.. 続きを読む

仏マクロン氏VSトルドー首相 「G7でイケメンレースが始まる」ネット騒然

仏マクロン氏VSトルドー首相 「G7でイケメンレースが始まる」ネット騒然

今月7日に行われたフランス大統領選で見事勝利したエマニュエル・マクロン氏。若干39歳という若さで今後のフランスの舵を取っていくわけだが、ネット民の中からは政治的な話題をさし置いて、カナダのジャスティン・トルドー首相とのイケ.. 続きを読む

仏マクロン大統領VSカナダのトルドー首相、どっちがセクシーか論争に

仏マクロン大統領VSカナダのトルドー首相、どっちがセクシーか論争に

フランスの大統領選が行われ、65.5%の支持率を得て39歳のエマニュエル・マクロンが史上最年少で大統領に選ばれた。大喜びしているのは、国内の中道左派としてのマクロン支持者たちだけではないようで、選挙後には「自由主義が若きハンサ.. 続きを読む

ロイヤルファミリーファン卒倒!?3人のイケメンが勢ぞろい

ロイヤルファミリーファン卒倒!?3人のイケメンが勢ぞろい

カナダのイケメン首相として知られているジャスティン・トルドー首相とウィリアム王子、ヘンリー王子が一堂に会した。3人のイケメンが勢ぞろいした写真を見たロイヤルファミリーファンの間で、喜びのツイートが飛び交っている。第一次世.. 続きを読む

『フレンズ』マシュー・ペリー カナダ首相を殴り倒した過去 リターンマッチ提案にはノー

『フレンズ』マシュー・ペリー カナダ首相を殴り倒した過去 リターンマッチ提案にはノー

大変ハンサムで、知的で紳士的なカナダの若き首相ジャスティン・トルドー氏(45)。そんな首相と同じ小学校に通っていたドラマ『フレンズ』俳優マシュー・ペリー(47)が、テレビ番組に出演し「実は友人と一緒にトルドー首相をボッコボコ.. 続きを読む

『フレンズ』俳優マシュー・ペリー カナダのイケメン首相をめった打ちにした過去明かす

『フレンズ』俳優マシュー・ペリー カナダのイケメン首相をめった打ちにした過去明かす

大変ハンサムで性格も良いと言われるカナダのジャスティン・トルドー首相(45)に、なんとドラマ『フレンズ』“チャンドラー”役で人気を博したマシュー・ペリー(47)との“思い出すのも苦痛な過去”があったようだ。それをマシューがテレビ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。