クリストファー・プラマーの最新情報

クリストファー・プラマー に関するニュース検索結果   36件

セクハラ騒動の代役で撮影期間は9日間 クリストファー・プラマー、アカデミー賞助演男優賞ノミネート

セクハラ騒動の代役で撮影期間は9日間 クリストファー・プラマー、アカデミー賞助演男優賞ノミネート

『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』に出演したクリストファー・プラマーが、第90回アカデミー賞助演男優賞のノミネートされた。クリストファー・プラマーは今作のノミネートで3度目のアカデミー賞助演男優賞ノミネート.. 続きを読む

第90回アカデミー賞ギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門で候補に 『ダンケルク』が8部門で続く

第90回アカデミー賞ギレルモ・デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門で候補に 『ダンケルク』が8部門で続く

現地時間1月23日、第90回アカデミー賞の候補作品が発表された。最多ノミネートとなったのは、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』で、作品、監督、主演女優、助演男優賞、助演女優ほか合わせて13部門で候補に。ク.. 続きを読む

アカデミー賞、デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13ノミネート

アカデミー賞、デル・トロ監督『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13ノミネート

第90回アカデミー賞のノミネーションが日本時間23日に発表され、ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』が、作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、衣装デザイン賞などを含む最多13ノ.. 続きを読む

アカデミー賞ノミネート、デル・トロ作品が13部門

アカデミー賞ノミネート、デル・トロ作品が13部門

第90回アカデミー賞ノミネートが発表され、「シェイプ・オブ・ウォーター」が13部門で最多となった。ギルレモ・デル・トロ監督による同作は、最高賞となる作品賞をはじめ、監督賞、脚本賞のほか、サリー・ホーキンスの主演女優賞、リチャ.. 続きを読む

サプライズ連発の第90回アカデミー賞ノミネート発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門にノミネート

サプライズ連発の第90回アカデミー賞ノミネート発表!『シェイプ・オブ・ウォーター』が最多13部門にノミネート

日本時間23日夜に発表された第90回アカデミー賞ノミネートで、誰もが予想しなかった大波乱が起きた。それはトロント国際映画祭観客賞、ゴールデン・グローブ賞作品賞(ドラマ部門)、全米俳優組合賞キャスト賞というアカデミー賞作品賞受賞.. 続きを読む

マーク・ウォールバーグ、ギャラ格差問題を受けて出演料を全額寄付!ミシェル・ウィリアムズが称賛

マーク・ウォールバーグ、ギャラ格差問題を受けて出演料を全額寄付!ミシェル・ウィリアムズが称賛

ハリウッドの女優たちは、セクシャルハラスメントや男女差別に反対する運動であり、セクハラ被害者向け法的支援の基金である「Time's Up(もう時間切れ、見て見ぬふりはやめにしよう)」をこぞってSNSでシェアしている。そんな中、.. 続きを読む

M・ウォールバーグとM・ウィリアムズの賃金格差1500倍! 女優らが怒りを露わに

M・ウォールバーグとM・ウィリアムズの賃金格差1500倍! 女優らが怒りを露わに

セクハラ騒動で俳優ケヴィン・スペイシーの出演シーンをすべて撮り直ししたことで知られるリドリー・スコット監督の最新作『All the Money in the World(原題)』。ケヴィンの代役を務めた俳優クリストファー・プラマーと共に、俳優マー.. 続きを読む

第75回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>、『スリー・ビルボード』が最多4冠

第75回ゴールデン・グローブ賞<映画の部>、『スリー・ビルボード』が最多4冠

現地時間7日、アメリカ・ロサンゼルスにて第75回ゴールデン・グローブ賞授賞式が開催。映画の部では、マーティン・マクドナー監督・脚本の『スリー・ビルボード』が、作品賞、女優賞、助演男優賞、脚本賞の最多4冠に輝いた。同部門で最多.. 続きを読む

第75回ゴールデン・グローブ賞受賞結果発表!<映画の部>

第75回ゴールデン・グローブ賞受賞結果発表!<映画の部>

1月8日(祝・月)に行われた第75回ゴールデン・グローブ賞。記者たちの投票によって受賞者が決まるゴールデン・グローブ賞において、映画部門はアカデミー賞の前哨戦とも言われる。そんな中、コメディ/ミュージカル部門作品賞は『レディ.. 続きを読む

“大逆転劇”で話題の『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』、ワールドプレミアにリドリー・スコット監督ら登壇

“大逆転劇”で話題の『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』、ワールドプレミアにリドリー・スコット監督ら登壇

【第75回ゴールデングローブ賞】で3部門(監督賞、助演男優賞、主演女優賞)にノミネートされた『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が現地時間12月18日に米ビバリーヒルズにて開催され、リドリー・ スコット監督やキャス.. 続きを読む

リドリー・スコット監督「エイリアン」シリーズの最新作はエイリアン少なめ?

リドリー・スコット監督「エイリアン」シリーズの最新作はエイリアン少なめ?

「エイリアン」シリーズの監督、リドリー・スコットが、同シリーズの今後の可能性について米ハリウッド・レポーターのインタビューで明かした。リドリー・スコット監督は現在、映画『All the Money in the World(原題)』の年内公開のため.. 続きを読む

リドリー・スコット監督が仕掛ける傑作サスペンス、日本公開決定&場面写真解禁

リドリー・スコット監督が仕掛ける傑作サスペンス、日本公開決定&場面写真解禁

リドリー・スコット監督によるサスペンス映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』の日本公開が決定し、場面写真が解禁された。【関連】「ミシェル・ウィリアムズ」フォトギャラリー本作は、1973年に発生し、石油王ジャン.. 続きを読む

降板劇から逆転、リドリー・スコット監督『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』がGG賞にノミネート! コメントも到着

降板劇から逆転、リドリー・スコット監督『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』がGG賞にノミネート! コメントも到着

リドリー・スコット監督作、映画『オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)』が【第75回ゴールデン・グローブ賞】にて3部門にノミネートされ、監督やキャストのコメントが到着した。この度ノミネートされたのは、主演女優賞(ミ.. 続きを読む

ゴールデン・グローブ賞<映画の部>、デル・トロ監督最新作が最多7部門ノミネート

ゴールデン・グローブ賞<映画の部>、デル・トロ監督最新作が最多7部門ノミネート

現地時間11日、第75回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表になり、映画の部ではギレルモ・デル・トロ監督の最新作『シェイプ・オブ・ウォーター』が、ドラマ部門の作品賞、監督賞、脚本賞、女優賞、助演男優賞、助演女優賞、作.. 続きを読む

『ファンタスティック・ビースト』続編へのジョニー・デップ出演に批判の声、J・K・ローリングは擁護

『ファンタスティック・ビースト』続編へのジョニー・デップ出演に批判の声、J・K・ローリングは擁護

J・K・ローリングは、ジョニー・デップが闇の魔法使い、ゲラート・グリンデルバルドとして『ファンタスティック・ビースト』シリーズに出演することを「心からうれしい」と思っているようだ。『ハリー・ポッター』ファンの中には、デップ.. 続きを読む

『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、ケヴィン・スペイシーらに「2度目のチャンスを」

『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、ケヴィン・スペイシーらに「2度目のチャンスを」

ハリウッド全土でセクハラ騒動が持ち上がっていることは当サイトでもお伝えしてきた通り。そんな中、その口火を切ったと言えるハーヴェイ・ワインスタインや、疑惑が報じられた中では特に知名度の高いケヴィン・スペイシーに対し、2度目.. 続きを読む

ケヴィン・スペイシー、セクハラ疑惑でリドリー・スコット監督作が撮り直し

ケヴィン・スペイシー、セクハラ疑惑でリドリー・スコット監督作が撮り直し

30年前のセクハラ行為発覚が引き金となり、数々のわいせつ・性的暴行の疑いが浮上している俳優ケヴィン・スペイシー。名優としてのキャリアが転落の一途を辿っているが、リドリー・スコット監督作『All the Money in the World(原題)』.. 続きを読む

公開目前もケヴィン・スペイシー解雇、撮り直しへ

公開目前もケヴィン・スペイシー解雇、撮り直しへ

ケヴィン・スペイシーが、新作映画「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド」から降板させられたようだ。最近のケヴィンのセクハラ騒動を受け、予定されていたジャン・ポール・ゲティ役を代わりにクリストファー・プラマーが演じること.. 続きを読む

大女優から出演OKをもらうには? 映画監督が明かす

大女優から出演OKをもらうには? 映画監督が明かす

75歳でゲイをカミングアウトした父親と自身の関係を見つめた『人生はビギナーズ』で温かな感動を呼んだマイク・ミルズさん。6年ぶりの新作の舞台は、’79年のサンタバーバラ。今回は母親をモデルに、シングルマザーと15歳の息子ジェイミー.. 続きを読む

映画『20センチュリー・ウーマン』 マイク・ミルズ監督来日インタビュー

映画『20センチュリー・ウーマン』 マイク・ミルズ監督来日インタビュー

75歳のときにゲイであることをカミングアウトした自身の父親の物語を描いた『人生はビギナーズ』から6年。マイク・ミルズ監督から待望の新作が届いた。『20センチュリー・ウーマン』と題された新作のモデルは彼の母親で、思春期を迎えた1.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。