クラミジアの最新情報

クラミジア に関するニュース検索結果   280件

テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第24回 『ホンマでっか!?TV』明石家さんま以上の“やかましさ”で盛り上げる

テレビ解説者・木村隆志の週刊テレ贔屓 第24回 『ホンマでっか!?TV』明石家さんま以上の“やかましさ”で盛り上げる

テレビ解説者の木村隆志が、今週注目した“贔屓”のテレビ番組を紹介する「週刊テレ贔屓(びいき)」。第24回は、13日に放送された『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系、毎週水曜21:00~)をピックアップする。同番組は各界のユニークな専門家.. 続きを読む

性依存症になった僕の狂った日々。そして最後に行き着いた救いとは

性依存症になった僕の狂った日々。そして最後に行き着いた救いとは

「日刊SPA!」に女装小説家としてコラムを連載中の仙田学さん。実は過去にアルコール依存症として自助グループに参加していました。前回は依存症の当事者としての闘病の日々を綴りましたが、今回はその後、新たに依存してしまった性につい.. 続きを読む

骨盤の痛みの、驚くべき6つの理由

骨盤の痛みの、驚くべき6つの理由

もしも下腹部や骨盤に痛みが現れて、おしっこやセックスのときに痛みを感じてしまうとしたら、医学的問題が考えられます。膣や骨盤の痛みにはいろいろな原因が考えられ、消えない不快感があるなら詳しく調べるべき。そうしないとより痛み.. 続きを読む

女性に性感染症の検査を勧める理由

女性に性感染症の検査を勧める理由

性感染症の検査経験がある女性の割合はまだ低いある日のこと。「性感染症の検査って、受けた方がいいのかな?」と同い年の友人に相談されました。彼女はひどい月経痛に悩まされ、大学1年生の頃からずっと低用量ピルを内服していました。.. 続きを読む

女医が教える性感染症の基礎知識。不妊の原因にも

女医が教える性感染症の基礎知識。不妊の原因にも

「もしかして性感染症にかかってしまったかも…」いつもと違う不快感や違和感が続いているけれど、恥ずかしくて病院に行けないという悩みを感じたことはありませんか。ラブリサーチが独自に行ったアンケート『性感染症(性病)で理解して.. 続きを読む

避妊に失敗…緊急避妊薬だけでは安心できない!?

避妊に失敗…緊急避妊薬だけでは安心できない!?

モーニングアフターピル・緊急避妊薬とはある朝のこと。友人から「避妊に失敗してしまったのだけど、どうすればいいかな」との連絡を受けました。「そんな時に飲むピルがあると聞いたことはあるけれど、どこでもらえるのか分からない」と.. 続きを読む

女性ホルモンの一生と女性に起こりやすい病気

女性ホルモンの一生と女性に起こりやすい病気

自分の体をきちんと知ろう! がテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「おりもののニオイが気になったら。注意すべきおりものは?」について、お届けしました。今回は、30代、40代女性がかかりやすい「気をつけるべき子宮周りの病気.. 続きを読む

逆ナンからはじまった交際にまさかの結末…29歳アルバイト男性の天国から地獄

逆ナンからはじまった交際にまさかの結末…29歳アルバイト男性の天国から地獄

誰しも人には言えない恋愛経験のひとつやふたつはあるはず。男性としては、うっかり逆ナンされて、ワンチャンあればラッキーだと考える人も多いことだろう。しかしその結果、大惨事に見舞われてしまうことも……。◆酔いつぶれて路上で寝て.. 続きを読む

キスだけでうつることも!コンドームでも防げない性感染症の数々

キスだけでうつることも!コンドームでも防げない性感染症の数々

コンドームをしているのに、性感染症が防げない理由避妊目的だけでなく、性感染症を防ぐためにコンドームが必須であることはわかっていても、実は「コンドームをしていれば大丈夫、ということはない」ことをご存じでしょうか?「性感染症.. 続きを読む

性病かも?女医が教える性感染症の基礎知識

性病かも?女医が教える性感染症の基礎知識

  「もしかして性感染症にかかってしまったかも…」いつもと違う不快感や違和感が続いているけれど、恥ずかしくて病院に行けないという悩みを感じたことはありませんか。 ラブリサーチが独自に行ったアンケート『性感染症(性病)で理解し.. 続きを読む

おりもののニオイが気になったら。注意すべきおりものは?

おりもののニオイが気になったら。注意すべきおりものは?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダケア戦略術」。前回は「女性ホルモンが気になる人は知っておくべき“排卵”」について、お届けしました。今回は、「おりもの悩み」について女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えし.. 続きを読む

潜入取材で見た!風俗で出会ったおかしな女の子たち

潜入取材で見た!風俗で出会ったおかしな女の子たち

どうもどうも、特殊犯罪アナリスト&裏社会ライターの丸野裕行です!この『ガジェット通信』でもたびたびご紹介している風俗のお話ですが、僕はモノを書くときに必ずバイトでも何でもいいから、その仕事を経験してみることにしています。.. 続きを読む

コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

コンドームは必須!自覚症状が出にくい性病、クラミジアと淋病とは

コンドームをしない=性病にかかるリスクがあることを忘れずにパートナー同士で性交渉を持つ際には、相手のためにも、自分のためにもコンドームをつけること。でも、そんな常識が守られていないことも多々あります。アヴェニューウィメン.. 続きを読む

鳥のフンと言えば白……と思いきやフンではなく尿だった!

鳥のフンと言えば白……と思いきやフンではなく尿だった!

この世の中に鳥のフンの直撃に遭った人がどれぐらいいるだろうか。特に生物の動きが活発になるこの時期、自然豊かな地方に限らず、都心においてもその被害は多発している。電線の下を歩いていたら、街路樹のそばを歩いていたら、ビシャツ.. 続きを読む

近年、梅毒が急増中!性交渉がある全員が気をつけたい、性の病気

近年、梅毒が急増中!性交渉がある全員が気をつけたい、性の病気

性の病気、かかったことがないからと安心していませんか?性の病気にかかったことがないと、つい「今まで大丈夫だったから」と安心しがちです。また、「コンドームを使っている」「信頼できるパートナーとだけ付き合っている」「最近、性.. 続きを読む

月経中の性行為はなぜ危険? 医師が「絶対にダメ」と言う理由3つ

月経中の性行為はなぜ危険? 医師が「絶対にダメ」と言う理由3つ

月経中の性行為が「絶対にダメ」であることは、医療者にとっては「言わなくてもわかっているはず」と思ってしまうほど当然のことなのですが、一般の方にとっては「なんとなくあまりよくない気はするけど絶対にダメってことはないよね」程.. 続きを読む

温泉で感染も!おりものシートに注意!膣トラブルになる菌の話

温泉で感染も!おりものシートに注意!膣トラブルになる菌の話

「性病にかかったことがきっかけで浮気がばれた」…なんて話はよく聞きますが、性的行為の有無に関係なく、かかってしまう病気があることをご存じでしょうか。疲れやストレスで免疫力が落ちているとき、また、なんと温泉やプールなどの施.. 続きを読む

年1回受けたい「婦人科検診」とは?

年1回受けたい「婦人科検診」とは?

自分の体をきちんと知ろう! をテーマに、増田美加(女性医療ジャーナリスト)さんによる連載「カラダケア戦略術」。前回はこれって生理が終わりに近づいているってこと?をお届けしました。今回は「年1回受けたい「婦人科検診」について.. 続きを読む

妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?

妊活中、クラミジアやカンジダに…子宮周りの感染症の影響は?

source:https://www.shutterstock.com/感染症とは菌やウイルスによってその部位で繁殖して様々な症状を引き起こすものです。妊活中にも、感染症にかかる可能性はもちろんゼロではありません。性交渉によって感染するものを性行為感染症.. 続きを読む

小学4年生で「セックスを学ぶ授業」は、早すぎる?

小学4年生で「セックスを学ぶ授業」は、早すぎる?

途中でコンドームが破れたり、もし中に出してしまったとしても、コーラで洗い流せば精子って死ぬらしいよ。「ありえない、そんなわけないでしょっ!」て、今ならほとんどの大人が言い切れるでしょう。微塵も信じずに、笑えると思うんです.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。