ガクトの最新情報

ガクト に関するニュース検索結果   55件

GACKT、極寒のNYでファンに声をかけられると…「さすがの神対応!」

GACKT、極寒のNYでファンに声をかけられると…「さすがの神対応!」

GACKTが18日、Instagramにてファンに対する対応を明かした。GACKTは自身のInstagramにて「ニューヨークに到着。凍える寒さの中で勇気を持って声をかけられたら笑顔で答える。これ常識。」「#GACKTの常識」などとコメントを添え、ファンと.. 続きを読む

脅迫行為にまで発展したGACKTの「仮装通貨」広告塔騒動

脅迫行為にまで発展したGACKTの「仮装通貨」広告塔騒動

(C)まいじつ歌手のGACKTが自ら本名“大城ガクト”と公開し、投資を表明した仮装通貨の『SPINDLE(スピンドル)』。発表した直後から不安や批判が相次いだため、GACKTはブログで、《『また詐欺に引っかかるのか?』『大丈夫か?』と、言い.. 続きを読む

GACKTにリテラシーを語る資格なし!? 評論家を「一人歩きには十分お気をつけください」と脅迫か

GACKTにリテラシーを語る資格なし!? 評論家を「一人歩きには十分お気をつけください」と脅迫か

ミュージシャンでタレントのGACKTが今月、脅迫まがいのブログを投稿したとして騒ぎになっている。昨年末、本名の“大城ガクト”で仮想通貨「SPINDLE」のICO事業に乗り出したことを発表したGACKT。今月2日のブログでは、反響に対し「『また.. 続きを読む

“格付け王”GACKTの仮想通貨事業が単なる集金ビジネスであることが判明!? 「周辺では不審な出来事も…」やっぱり怪しさ満点

“格付け王”GACKTの仮想通貨事業が単なる集金ビジネスであることが判明!? 「周辺では不審な出来事も…」やっぱり怪しさ満点

元旦放送のテレビ朝日系「芸能時格付けチェック」で、個人連勝記録を「55」に伸ばしたミュージシャンのGACKT。幸先良いスタートを切ったように見えるが、“本業”の方は相変わらず苦戦続きだ。ここで言う“本業”とは、広義の意味でお金儲け.. 続きを読む

GACKT、『格付け』での心中明かす YOSHIKIに対して「悔しいけど、カッコいいかも」

GACKT、『格付け』での心中明かす YOSHIKIに対して「悔しいけど、カッコいいかも」

GACKTGACKTが、2日、ブログを更新。1日に放送されて話題を呼んだABC朝日放送系「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル」での心中を明かした。GACKTは新年の挨拶と共に「今年もYOSHIKIの大きな助力により、一.. 続きを読む

GACKTの「仮想通貨」新事業投資に呆れる声

GACKTの「仮想通貨」新事業投資に呆れる声

(C)まいじつ歌手のGACKTが2017年末に本名を『大城ガクト』だと明かした上で、仮想通貨事業『SPINDLE』に参画することを表明した。本人のブログでは、新事業の意義について丁寧に説明をしていたのだが、「失敗するのでは?」などとネガ.. 続きを読む

GACKT、本名公開でバラエティ界から引っ張りだこに!?「イレギュラー枠」で“変人キャラ”解禁へ

GACKT、本名公開でバラエティ界から引っ張りだこに!?「イレギュラー枠」で“変人キャラ”解禁へ

ミュージシャンのGACKTが本名を公開し、話題となっている。GACKTはオフィシャルブログにおいて、2017年12月26日に「【大城ガクト】と【仮想通貨】」と題したエントリをアップ。仮想通貨に関する新プロジェクトを立ち上げるにあたり、本名.. 続きを読む

GACKTの格付けはヤラセ? プライベートは凡人以下「投資詐欺被害・キャバ嬢トラブル・仮想通貨事業参入も…」

GACKTの格付けはヤラセ? プライベートは凡人以下「投資詐欺被害・キャバ嬢トラブル・仮想通貨事業参入も…」

イマイチ凄いんだか、ダメなのかわからないのが、アーティストのGACKTだ。恒例となっているテレビ朝日系「芸能人格付けチェック!」では、現在51連勝中。来年元日放送のスペシャルではロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIとコンビを組む。.. 続きを読む

【衝撃事実】GACKTが自分の本名を暴露 / その理由を語る「ジレンマ抱える人達の背中を押す大きな機会になれば」

【衝撃事実】GACKTが自分の本名を暴露 / その理由を語る「ジレンマ抱える人達の背中を押す大きな機会になれば」

イケメンすぎる俳優として絶大な支持を得ているGACKT(44歳)が、インターネット上で自身の本名を公開し、大きな注目を集めている。今までGACKTや神威楽斗などの芸名は知られていたが、本名が公開されるのは初。・本名までもイケメンだった.. 続きを読む

GACKT 実業家として本名を初公表

GACKT 実業家として本名を初公表

12月26日にニューヨークからアップした、GACKTオフィシャルブログ(Ameba blog)によると、仮想通貨を「インターネットの出現以上の、世界の最大成長産業」とし、世界から取り残されていく日本経済の落ち込みに危惧したGACKTが「唯一の手.. 続きを読む

GACKT、事業参加のため本名を明かす「初めてこんな風に本名で…」

GACKT、事業参加のため本名を明かす「初めてこんな風に本名で…」

GACKTGACKTが、本名で仮想通貨プロジェクト事業に乗り出したことをブログで言及した。GACKTは26日に投稿した「【大城 ガクト】と【 仮想通貨 】」と題したブログで「すでに巷では相当噂にはなっているらしいが、WEBがアップされようやく.. 続きを読む

GACKTの"お尻チラ見せ"ショットにファン大興奮「ご馳走様でした」

GACKTの"お尻チラ見せ"ショットにファン大興奮「ご馳走様でした」

シンガーソングライターのGACKT(ガクト)さんが、10日に自身のInstagramを更新し、鍛え抜かれた肉体の背中の写真を公開し、大きな反響を呼んでいます。 背中を撮ってみたがファスティングの後でずいぶん小さくなった。今回は7キ.. 続きを読む

【正論】GACKT様「日本のランチが800~1000円は正直おかしい」

【正論】GACKT様「日本のランチが800~1000円は正直おかしい」

日本屈指の……いや、世界レベルの「違いがわかる男」といえばご存じGACKT(ガクト)様だ。本業の音楽活動のみならず、味覚・芸術・礼儀作法……などなど、この世のあらゆる現象 “森羅万象” を知り得る唯一の人物である。そんなGACKT様が自身.. 続きを読む

泣かないで… 男が困ってしまう女性の涙

泣かないで… 男が困ってしまう女性の涙

「涙は女の武器」と申します。ホントに女性の涙に男は弱い。ただし、それは往々にして涙を流す女性を愛おしいと感じるのではなく、ほとんどが「面倒くさい」と思っていることを女性の皆様はご存知でしょうか。心の底では「マジやめてくれ.. 続きを読む

GACKTが2度目の円形脱毛症を告白

GACKTが2度目の円形脱毛症を告白

シンガーソングライターのGACKT(43歳)が2月23日、公式ブログを更新し、円形脱毛症がまたできていたことを告白した。「そんな時は笑ってろ!」と題して更新したブログでは、「早朝からパッとトレーニング。すぐにシャワーを浴びてそのま.. 続きを読む

ざわちん、2017年初ものマネメイクは「GACKT」

ざわちん、2017年初ものマネメイクは「GACKT」

ものまねメイクで人気のざわちんが13日、自身のアメブロにて、2017年初の新作ものマネメイクとして「GACKTさん「DAILY BABY」ポスター風ものまねメイク」を披露した。「GACKTさん「DAILY BABY」ポスター風ものまねメイク」と題したブログ.. 続きを読む

ざわちん、2017年最初のものまねメイク披露

ざわちん、2017年最初のものまねメイク披露

ものまねメイクで人気のタレント・ざわちん(24歳)が1月13日、2017年初の新作ものマネメイクとして、「GACKTさん『DAILY BABY』ポスター風ものまねメイク」を公式ブログで披露。絶賛の声が寄せられている。。「GACKTさん『DAILY BABY』.. 続きを読む

もうかけてくんな!女子が語る「男のムカつく電話」7選

もうかけてくんな!女子が語る「男のムカつく電話」7選

moodboard/moodboard/Thinkstock女性の声を耳元で聞ける電話は、素敵な文明のひとつである。しかし、中にはそんな電話で女性の逆鱗に触れてしまう男性もいるよう。しらべぇ取材班は、女性たちに「これまで男性にされたムカつく電話」を.. 続きを読む

泣かないで… 男が困ってしまう女性の涙

泣かないで… 男が困ってしまう女性の涙

「涙は女の武器」と申します。ホントに女性の涙に男は弱い。ただし、それは往々にして涙を流す女性を愛おしいと感じるのではなく、ほとんどが「面倒くさい」と思っていることを女性の皆様はご存知でしょうか。心の底では「マジやめてくれ.. 続きを読む

失神寸前!斎藤工が耳元で…【画像あり】

失神寸前!斎藤工が耳元で…【画像あり】

1月27日に都内にて、「たかの友梨ビューティクリニック 新CM発表会」と「“未来フェイシャル”水光美肌トリートメント発表会」が行われ、新CMキャラクターに起用された斎藤工さんが登場し、女性の耳元で愛の言葉をつぶやく「耳つぶ」で会場.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。