カルロス・ゴーンの最新情報

カルロス・ゴーン に関するニュース検索結果   113件

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

日本の自動車メーカー勢、存亡かけ中国EV戦争にパワーシフト…再び世界覇者へ

●主戦場は米国から中国へいまや、自動車市場の主役は中国だ。とりわけ、日本の自動車メーカーにとっては、中国を抜きにしては成長戦略が描けないほど、その重要性が高まっている。「中国を制する者が世界を制する」といってもいい状況だ.. 続きを読む

2年前には倒産寸前だったシャープの液晶テレビが今、爆売れしている理由

2年前には倒産寸前だったシャープの液晶テレビが今、爆売れしている理由

2年前の凋落のイメージを覆すかのごとく、シャープの業績は好調だ。シャープといえば日本有数の大手電機メーカーであったが、経営危機に陥り、2016年に台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業に買収された。だが1月31日発表の2018年度第3四半期.. 続きを読む

日産がダイムラーとの距離を縮める! 次期タイタンにもダイムラー製エンジンを搭載か?

日産がダイムラーとの距離を縮める! 次期タイタンにもダイムラー製エンジンを搭載か?

▲三菱をアライアンスに迎え入れた日産。三菱のプラグインハイブリッド技術が搭載された日産車が、登場する日もそう遠くはないだろう アライアンスとは別に関係を深めるアライアンスで巨大グループと化した、ルノー、日産、三菱。各陣営の.. 続きを読む

フランス政府が描く、日産・支配シナリオ…「日産・三菱自の経営統合+ルノー傘下入り」案も

フランス政府が描く、日産・支配シナリオ…「日産・三菱自の経営統合+ルノー傘下入り」案も

フランス自動車大手ルノーは2月15日に開催した取締役会で、カルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)の再任を決めた。6月の株主総会を経て正式決定する。任期は4年。取締役会は続投のゴーン氏に「日産自動車と三菱自動車を含めたグループ戦.. 続きを読む

日産と三菱自、仏国内へ製造移転シナリオ…ゴーン氏が仏政府に「売る」可能性

日産と三菱自、仏国内へ製造移転シナリオ…ゴーン氏が仏政府に「売る」可能性

トヨタ自動車グループを抜いて世界2位の自動車メーカーグループとなったルノー・日産自動車・三菱自動車グループのトップに君臨するカルロス・ゴーン氏が、一時は退任をにおわせていたルノーのCEO(最高経営責任者)を続投することが決ま.. 続きを読む

カルロス・ゴーン、揺れるルノー・日産連合「最高権力者」の座

カルロス・ゴーン、揺れるルノー・日産連合「最高権力者」の座

仏ルノーの会長兼CEO(最高経営責任者)で日産自動車と三菱自動車工業の会長であるカルロス・ゴーン氏の周辺がキナ臭くなってきた。欧米メディアによるとゴーン氏は1月17日、仏国民議会の公聴会に出席し、「ルノーのCEOを退く可能性」を.. 続きを読む

ルノー・日産・三菱 2017年に合計1060万台を販売

ルノー・日産・三菱 2017年に合計1060万台を販売

ルノー・日産自動車・三菱自動車は2018年1月30日、2017年1月~12月の1年間で合計1060万8366台を販売したと発表した。 三菱自動車がアライアンスに加わった初の丸1年となった2017年、合計販売台数は前年比6.5%増となっている。アライアン.. 続きを読む

ルノー、日産自動車、三菱自動車、ベンチャーキャピタルファンドを設立し、5年間で最大10億ドルを投資

ルノー、日産自動車、三菱自動車、ベンチャーキャピタルファンドを設立し、5年間で最大10億ドルを投資

ルノー・日産自動車・三菱自動車アライアンスは2018年1月9 日、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ(Alliance Ventures)」を設立し、今後5年間で最大10億ドルを投資すると.. 続きを読む

NEC完全凋落、談合発覚で入札指名停止…赤字回避のため成長事業売却の「自転車操業」

NEC完全凋落、談合発覚で入札指名停止…赤字回避のため成長事業売却の「自転車操業」

ソニーが復活する。11月1日、ソニーの株価は前日比510円(12%)高の4923円まで上昇し、2008年6月以来9年4カ月ぶりの高値を付けた。11月8日には5485円と年初来高値を更新。10年来安値(772円、12年11月15日)の7.1倍となった。ちなみに12.. 続きを読む

日産のクルマが売れない…不正で新車登録4割減の危機的状況、ゴーン会長は会見に出ず逃亡

日産のクルマが売れない…不正で新車登録4割減の危機的状況、ゴーン会長は会見に出ず逃亡

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した11月の国内新車販売台数(軽自動車含む)によると、無資格検査の問題があった日産自動車は前年同月比27.4%減の3万4693万台と2カ月連続で減少した。同じ無資格検査が判明した.. 続きを読む

日産、取引先が一斉に反旗…子会社切り捨てで「儲ける」日産

日産、取引先が一斉に反旗…子会社切り捨てで「儲ける」日産

日産自動車の10月の新車販売台数(軽自動車を含む)は2万2049台となり前年同月比で43.0%減となった。国土交通省の出入り検査で、工場出荷前の完成検査に資格を持たない従業員が従事していたことが発覚。10月20日までに国内の6つの完成車.. 続きを読む

日産の検査不正、ゴーン流コミットメント経営が原因…経営トップは責任を曖昧に

日産の検査不正、ゴーン流コミットメント経営が原因…経営トップは責任を曖昧に

「とにかくこの状態を挽回することに尽きる。私の使命は早く過去を断ち切って正常にすること」(日産自動車・西川廣人社長兼CEO)日産自動車は無資格者が完成検査を行っていた問題について、調査報告書と再発防止策を国土交通省に提出し.. 続きを読む

不正の日産、破綻したゴーン流収益至上主義の内実…疲弊する現場、超高額報酬幹部へ不満爆発

不正の日産、破綻したゴーン流収益至上主義の内実…疲弊する現場、超高額報酬幹部へ不満爆発

品質確認の最後の砦である「完成検査」を無資格の作業員が行っていた問題が発覚した日産自動車で、発覚後も国内4工場で違法行為を続けていたことが明らかになった。日産は事態を重視し、再発防止を徹底するまで国内市場向けモデルの生産.. 続きを読む

日産、偽装&隠蔽体質露呈…社長の「不遜」会見に国交省が怒り、検査不正でも「安全」強弁

日産、偽装&隠蔽体質露呈…社長の「不遜」会見に国交省が怒り、検査不正でも「安全」強弁

「日産を信頼していただいている皆様に、心からお詫び申し上げる」日産自動車の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は、国内のすべての工場で無資格者が完成車の検査を日常的に行っていた問題で陳謝した。しかし、国土交通省の立ち入り.. 続きを読む

トヨタ没落、三菱自繁栄の可能性…EV主流化=日本勢の優位性消滅、中国が主役か

トヨタ没落、三菱自繁栄の可能性…EV主流化=日本勢の優位性消滅、中国が主役か

足許の国内自動車メーカーの株価の推移を見ていると、トヨタ自動車や日産自動車に比べて三菱自動車の上昇が顕著だ。同社のSUV型EV(電気自動車)投入が評価され、投資家からの買いが集まっているようだ。三菱自といえば、これまでに繰り.. 続きを読む

「日産アートアワード2017」グランプリ受賞者が決定

「日産アートアワード2017」グランプリ受賞者が決定

日産自動車は2017年9月27日、「日産アートアワード2017」のグランプリに藤井光氏を選出した。今回、藤井氏が取り組んだのは「日本人を演じる」というテーマで行なわれたワークショップの記録映像や資料を組合せたインスタレーション。さ.. 続きを読む

ルノー・日産・三菱が2022年に年間1400万台の販売を狙う「アライアンス2022」を発表

ルノー・日産・三菱が2022年に年間1400万台の販売を狙う「アライアンス2022」を発表

ルノー、日産自動車、三菱自動車は、2017年9月15日、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6か年計画「アライアンス2022」を発表した。本計画において各社は、共通プラットフォームの使用を増やし、4つのプラットフォームで900万.. 続きを読む

ガソリン車が世界的禁止、日産が自画自賛「各社が日産追いかけ」「EV距離問題は解決」

ガソリン車が世界的禁止、日産が自画自賛「各社が日産追いかけ」「EV距離問題は解決」

世界中で環境規制が強化され、電気自動車(EV)が環境対応車として本命視されるなか、他社に先駆けてEV市場を開拓してきた日産自動車が量産型EV「リーフ」の2代目を発表した。新型リーフは航続距離を400km(JC08モード)と、先代の1.4倍.. 続きを読む

世界的にガソリン車禁止へ…トヨタが敗者に転落すれば、日本の製造業終焉の可能性

世界的にガソリン車禁止へ…トヨタが敗者に転落すれば、日本の製造業終焉の可能性

日産自動車は9月6日、7年ぶりにフルモデルチェンジしたEV(電気自動車)・「リーフ」を10月2日に国内で発売すると発表した。新開発の電池を搭載することにより、1回の充電で走れる航続距離を、これまでの1.4倍となる400kmに延ばした。税.. 続きを読む

ルノー・日産アライアンスが中国・東風汽車集団と電気自動車も共同開発を行う合弁会社を設立

ルノー・日産アライアンスが中国・東風汽車集団と電気自動車も共同開発を行う合弁会社を設立

ルノー・日産アライアンスと東風汽車集団股份有限公司は2017年8月29日、中国で電気自動車の共同開発を行う新たな合弁会社を設立することで合意した。新しい合弁会社eGT New Energy Automotive Co., Ltd.(eGT)は、ルノー・日産アライア.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。