カニバリズムの最新情報

カニバリズム に関するニュース検索結果   37件

性の目覚めは“人肉食”への目覚め『RAW~少女のめざめ~』が描く普遍の成長物語 #野水映画“俺たちスーパーウォッチメン”第四十五回

性の目覚めは“人肉食”への目覚め『RAW~少女のめざめ~』が描く普遍の成長物語 #野水映画“俺たちスーパーウォッチメン”第四十五回

TVアニメ『デート・ア・ライブ DATE A LIVE』シリーズや、『艦隊これくしょん -艦これ-』への出演で知られる声優・野水伊織。女優・歌手としても活躍中の才人だが、彼女の映画フリークとしての顔をご存じだろうか?『ロンドンゾンビ紀行.. 続きを読む

失神者も続出した、“人類のタブー”に迫る美少女ホラーが日本上陸!

失神者も続出した、“人類のタブー”に迫る美少女ホラーが日本上陸!

カンヌ国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭の話題をさらい、本国フランスや、アメリカ・イギリスでもヒットを記録した異色の青春ドラマ『RAW~少女の目覚め~』がついに日本に上陸。2月2日(金)より劇場公開される。本作はフランス人女性.. 続きを読む

なんと1位は『君の名は。』! 米Gizmodoが選ぶ2017年ムービーベスト10

なんと1位は『君の名は。』! 米Gizmodoが選ぶ2017年ムービーベスト10

Image: Gizmodo US 冬休みのおともにどうぞ。2017年も残すところあと少しになりましたね。いや~、今年も濃い1年でした! ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを衝撃の形で卒業し、『猿の惑星』が.. 続きを読む

人工培養された人肉を食べることはカニバリズム? 専門家に聞いてみた

人工培養された人肉を食べることはカニバリズム? 専門家に聞いてみた

Illustration: Angelica Alzona/Gizmodo タブーへの興味。専門家に気になる疑問への見解を聞く「GIZ asks」。今回のテーマは培養肉、しかも人肉です。現状では培養肉ですらまだ普及に遠い状況ですが、もし人肉が培養.. 続きを読む

ファミマ、想像を絶する過去最高の成長でセブン超えも…「お母さんの美味しさ」実現

ファミマ、想像を絶する過去最高の成長でセブン超えも…「お母さんの美味しさ」実現

昨年ユニーグループ・ホールディングスと経営統合した、コンビニエンスストア業界2位のファミリーマート。9月に行われた同社の商品戦略に関する説明会に出席したコンビニ研究家の田矢信二氏が、各トピックについて解説します。●商品政策.. 続きを読む

18年間で30人以上! ロシアで史上最悪の「人食い夫婦」が逮捕

18年間で30人以上! ロシアで史上最悪の「人食い夫婦」が逮捕

事件は、ロシア南部の都市クラスノダール市内で1台の携帯電話が拾われたことから発覚した。その携帯電話には、人間の遺体の一部と思われるものと共にポーズを取る男の写真が複数保存されていたのだ。同じ頃、同市にある士官学校の近隣で.. 続きを読む

インドでまたカニバリズム事件……殺害した実母の心臓を“味付け”して食べた男が逮捕される

インドでまたカニバリズム事件……殺害した実母の心臓を“味付け”して食べた男が逮捕される

インドで、男が実母を殺害し、その心臓を調味料で味付けして食するという猟奇事件が発生した。8月31日付の英紙「メトロ」(電子版)によると、同国最大の都市、ムンバイに住むスニル・クチャクルニはその日、350キロ離れた郷里に帰省して.. 続きを読む

「人肉は食べ飽きた」と男が自首した村 住民の3分の1が人肉を口に(南ア)

「人肉は食べ飽きた」と男が自首した村 住民の3分の1が人肉を口に(南ア)

南アフリカのクワズール・ナタール州の警察署に今月18日、1人の男がやってきた。男はおもむろに人間の手や脚の一部を差し出すと「人肉は食べ飽きた。自首したい」と申し出たという。『News24』など複数のメディアが伝えている。人々を震.. 続きを読む

昭和にあった「秘境」という男のロマン

昭和にあった「秘境」という男のロマン

夏になると、海が恋しくなる人は多いのではないだろうか。南洋に浮かぶ島、照り付ける太陽、水平線まで見える開放的な海。日本人は明治時代の昔から南洋に憧れを抱き、戦後は高度成長を背景に“秘境ブーム”が起こった。秘境こそは男のロマ.. 続きを読む

食人映画にあらず!セカチュー意識の青春映画「君の膵臓を食べたい」

食人映画にあらず!セカチュー意識の青春映画「君の膵臓を食べたい」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『君の膵臓を食べたい』東宝配給/TOHOシネマズ新宿ほかで全国公開中監督/月川翔出演/浜辺美波、北村匠海、北川景子、小栗旬、上地雄輔ほか略称“キミスイ”だそうだ。『何だ、そりゃ。“肝吸い”なら知って.. 続きを読む

【ニュージーランド南島・その2】野生動物はやっぱりかわいい! あと大自然

【ニュージーランド南島・その2】野生動物はやっぱりかわいい! あと大自然

日本と季節が真逆の南半球ニュージーランド。冬のはじまりの6月頭に、”ニュージーランドのエディンバラ”と呼ばれる『ダニーデン』を中心にサウスランド、ワイタキ地方を巡りました。本記事では、見に行くことができる野生動物と自然をご.. 続きを読む

ギョッとするタイトルに秘密が!?“キミスイ”映画版も泣ける!

ギョッとするタイトルに秘密が!?“キミスイ”映画版も泣ける!

ベストセラー作家・住野よるの同名小説を実写映画化した『君の膵臓をたべたい』(7月28日公開)。そのショッキングで奇妙なタイトルからは内容を想像しがたい本作、いったいどんな物語なの?と不思議に思う人も多いだろう。“君の膵臓をたべ.. 続きを読む

世界初? インドで牛専用の救急車デビュー! いっぽう、牛の崇拝が強まる影で起きる問題とは

世界初? インドで牛専用の救急車デビュー! いっぽう、牛の崇拝が強まる影で起きる問題とは

立派な救急車です。サイレンだって鳴ります。でも家畜専用です。インド北部のウッタル・プラデーシュ州で、おそらく世界初と思われる家畜専用の救急車が始動したそうです。World Social Issues / YouTubeThe Telegraphによれば、ウッタル.. 続きを読む

カニバリズム色の強いケイティ・ペリーの新曲MVが、ファンからも不評

カニバリズム色の強いケイティ・ペリーの新曲MVが、ファンからも不評

ニューアルバムがリリース間近だと伝えられている歌手のケイティ・ペリー。ファンの期待を集める中、12日にシングルカット曲「Bon Appétit(ボナペティ)」のミュージックビデオ(以下、MV)がリリースされた。タイトルである「Bon Appe.. 続きを読む

ラブストーリーな上に食人入り! アポカリプス映画『ザ・バッド・バッチ』が名作の予感

ラブストーリーな上に食人入り! アポカリプス映画『ザ・バッド・バッチ』が名作の予感

最近人気のテーマ:カニバリズム。アポカリプスの世界でカニバリズム、ロマンスと言われて思い出すのは、1991年公開のフランス映画『デリカテッセン』。あちらはワイルドな描写は全くといっていいほどなく、むしろアートなセンスに満ちた.. 続きを読む

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

この記事では、リアルなホラー菓子店を取り上げており、視覚的に苦手と思われる方は、これ以上閲覧せずそっと閉じてください……。 モノレールの街にある怪奇菓子こんにちは。メシ通レポーターの放送作家、吉村智樹です。さて最近、飲食の.. 続きを読む

「ヒトを食べると何キロカロリー?」各部位のカロリー探る、食人の本当の動機

「ヒトを食べると何キロカロリー?」各部位のカロリー探る、食人の本当の動機

Jim Cooke / Gizmodo US栄養源とすることより、精神的な意味が重要だった?人間の肉を食べる行為(=カニバリズム)、って人類最大のタブーのひとつですが、じつは人間は有史以前からさまざまな理由で人肉を食べてきました。その理由は複.. 続きを読む

誘拐殺人の末、遺体にかぶりつき……インドで男児を狙ったカニバリズム事件が続発

誘拐殺人の末、遺体にかぶりつき……インドで男児を狙ったカニバリズム事件が続発

女優・清水富美加の電撃出家の一因は、彼女が出演する映画での人食シーンへの抵抗だったともされているが、インドではホラー映画をも凌駕する凄惨なカニバリズム事件が発生した。英タブロイド「THE SUN」によると、同国北部のウッタル・.. 続きを読む

狂気のカニバリズム 16歳少年が9歳児を殺し肉を食べる(印)

狂気のカニバリズム 16歳少年が9歳児を殺し肉を食べる(印)

カニバリズム(人肉嗜食)が目的の殺人事件。これが性別や年齢を問わないものであることにはただ驚くばかりだが、このたびのニュースはインドから。16歳の少年が9歳の少年を殺害し、肉や血を食するという恐ろしい事件が起きたことを英メ.. 続きを読む

傑作との呼び声が高いティーン・カニバル映画『ロウ』予告編

傑作との呼び声が高いティーン・カニバル映画『ロウ』予告編

獣医学部へようこそーー。今年はホラーの当たり年。名作のリブートに続編、個性豊かでゾクゾクが止まらないオリジナルの公開が目白押しです。そんな中、一際期待されているのが、ベジタリアン少女があることをきっかけにカニバリストにな.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。