カジノ法案の最新情報

カジノ法案 に関するニュース検索結果   45件

政府が「徹底的に潰す」大号令「換金禁止」でパチンコが消滅(1)警察の指導が始まり…

政府が「徹底的に潰す」大号令「換金禁止」でパチンコが消滅(1)警察の指導が始まり…

昨年12月、いわゆる「カジノ法案」が国会で可決し、いよいよ日本でもカジノが作られる機運が高まっている。これについて、都内の大手パチンコ店の店長は、「カジノの客とパチンコの客は別ですから、共存共栄できると思っています。なんと.. 続きを読む

希望の党の玉木新代表に維新との合体計画を直撃! 小池百合子の右腕・産経OBが事務総長に居座り院政 

希望の党の玉木新代表に維新との合体計画を直撃! 小池百合子の右腕・産経OBが事務総長に居座り院政 

総選挙で惨敗しても「創業者責任がある」と引責辞任をしなかった小池百合子希望の党・代表が11月14日、電撃的な辞任表明をして4日前に共同代表に選ばれたばかりの玉木雄一郎氏を後継指名("禅譲")した。親小池の結党メンバーが要職を占.. 続きを読む

安倍政権が議席をカサに本物の独裁国家化を開始! 与党の質疑時間を7割にして国会を機能停止に

安倍政権が議席をカサに本物の独裁国家化を開始! 与党の質疑時間を7割にして国会を機能停止に

「謙虚」が聞いて呆れる。国会での質疑時間を現在の「与党2割・野党8割」の配分から、議席数に応じて野党を削って与党の時間を増やすよう、安倍首相が見直しを指示している件だ。もし衆院で議席数に応じて質疑時間を見直せば「与党7割・.. 続きを読む

三宅裕司「今の日本とこれからの未来が見える作品」と語るSET『カジノ・シティをぶっとばせ!!』開幕

三宅裕司「今の日本とこれからの未来が見える作品」と語るSET『カジノ・シティをぶっとばせ!!』開幕

2017年10月13日(金)に東京・サンシャイン劇場にて、劇団スーパー・エキセントリック・シアターの第55回本公演 ミュージカル・アクション・コメディー『カジノ・シティをぶっとばせ!!』~丁半コマ揃いました~が開幕する。初日前日には.. 続きを読む

小倉久寛「三宅裕司のアクションに注目!」、劇団スーパー・エキセントリック・シアター『カジノ・シティをぶっとばせ!!』ゲネプロレポート

小倉久寛「三宅裕司のアクションに注目!」、劇団スーパー・エキセントリック・シアター『カジノ・シティをぶっとばせ!!』ゲネプロレポート

2017年10月13日(金)から東京・サンシャイン劇場にて、劇団スーパー・エキセントリック・シアター(以下、SET)の第55回本公演となるミュージカル・アクション・コメディー『カジノ・シティをぶっとばせ!! ~丁半コマ揃いました~』が開.. 続きを読む

劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)第55回本公演の稽古場をレポート

劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)第55回本公演の稽古場をレポート

さわやかな秋晴れの某日、第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!!」稽古真っ最中の劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の稽古場にお邪魔した。上は60代後半から下は21歳までという幅広い年齢層の団員が所属する劇団S.. 続きを読む

横浜市長選の争点「カジノ誘致」は加計問題と同じ、アベ友への利益誘導だ! 仙台市長選に続き安倍自民党にNOを

横浜市長選の争点「カジノ誘致」は加計問題と同じ、アベ友への利益誘導だ! 仙台市長選に続き安倍自民党にNOを

菅義偉官房長官(神奈川二区)が安倍晋三首相と一緒に推進するカジノ誘致が、横浜市長選(7月16日告示・30日投開票)を直撃、菅直系の林文子市長(71)3選の逆風になりつつある。横浜は、「日本維新の会」の本拠地・大阪と並ぶ有力なカジ.. 続きを読む

日本ではあまり知られていないポーカー、テキサスホールデムの解説

日本ではあまり知られていないポーカー、テキサスホールデムの解説

ポーカーと言われて、あなたはどんなゲームを想像しますか?5枚のカードを引いて、その中から要らないものを捨てる。そこから新しくカードを引いて役を作り、役の倍率によって賭けた金額が増えていく。こんなゲームだと思っていませんか.. 続きを読む

タバコ規制の次はアルコール?飲み放題禁止に賛否両論

タバコ規制の次はアルコール?飲み放題禁止に賛否両論

((C)写真AC)今年4月、厚生労働省に新しい部署「アルコール健康障害対策推進室」が開設されたことを受けて、タバコの次は酒も規制強化か? とSNSなどでは懸念が広がっている。今では、アルコール規制は世界的な流れだが、諸外国では.. 続きを読む

松井知事"嘘つき会見"で露わになった安倍首相との「森友問題」連携プレー!  2人を結びつけた出来事とは?

松井知事"嘘つき会見"で露わになった安倍首相との「森友問題」連携プレー! 2人を結びつけた出来事とは?

●大阪府が近畿財務局の圧力による違法行為を否定し、私学課長を不問に安倍晋三首相と松井一郎・大阪府知事は、森友学園事件の幕引きでも「連携プレー」をする"嘘つきコンビ"ではないか。こんな疑問が浮かんだのは、4月6日。森友学園の設.. 続きを読む

ソーシャルゲームで再び吹き荒れる”返金仮処分”とその実情|やまもといちろうコラム

ソーシャルゲームで再び吹き荒れる”返金仮処分”とその実情|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。いまだにポケモンGOやってるんですが、移動しなければすることもないので、パソコンに向かっている間はサブのスマホゲームを物色しては、壁にぶち当たってアンインストールする日々であります。困った.. 続きを読む

奨学金滞納・給食費未納・就職失敗の人の「自己責任」を問うのは、間違っているのか

奨学金滞納・給食費未納・就職失敗の人の「自己責任」を問うのは、間違っているのか

給食費未納問題に端を発し、給食費を無償化しろという意見が出ています。奨学金の返還が困難な人が増えているという問題に端を発し、「奨学金という名の学生ローンだ」「給付型にしろ」などという意見が出ています。昨年12月に成立した「.. 続きを読む

千原ジュニア“逆4D”とご満悦!大東駿介と不動産屋紹介の“お礼”巡って言い合いに

千原ジュニア“逆4D”とご満悦!大東駿介と不動産屋紹介の“お礼”巡って言い合いに

お笑いコンビ『千原兄弟』で俳優・千原ジュニア(42)、大東駿介(30)、板尾創路(53)、女優・松井愛莉(20)が14日、東京・新宿ピカデリーで『劇場版 新・ミナミの帝王』(監督:瑠東東一郎/配給:KATSU-do)初日舞台あいさつを原作.. 続きを読む

安倍・プーチン会談“不平等条約”悲観するのは早い? 1対1の「95分間」に何が話されたか

安倍・プーチン会談“不平等条約”悲観するのは早い? 1対1の「95分間」に何が話されたか

昨年12月のロシア・プーチン大統領の訪日では「ロシアに3,000億円を献上しただけ」「4島のうち2島すら取り返せなかった」と政府への評価は散々で、共同通信も「日本人の52%が会談に不満」と伝えていたが、現実には会談は始まったばかり.. 続きを読む

2017年絶対抑えておきたい! 子どもを持つ親が反対するIR推進法案とは?【パパママの本音調査】  Vol.43

2017年絶対抑えておきたい! 子どもを持つ親が反対するIR推進法案とは?【パパママの本音調査】 Vol.43

(C) beeboys - Fotolia.com昨年末にカジノ解禁を含む総合リーゾート(IR)推進法案が成立しました。経済効果が見込まれる一方で、ギャンブル依存症や治安の悪化などの反対意見も挙がっています。小さな子どもを持つパパやママのリアル.. 続きを読む

安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表! 2017年もコイツらには要注意

安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表! 2017年もコイツらには要注意

昨年2016年は『報道ステーション』(テレビ朝日)から古舘伊知郎が、『NEWS23』(TBS)では膳場貴子と岸井成格が、『クローズアップ現代』(NHK)で国谷裕子が一気に番組を降板するという異常事態が起こった。いずれも安倍政権が目の敵に.. 続きを読む

カジノ法施行で注目 ギャンブル依存症の予兆や予防法を専門家に聞く

カジノ法施行で注目 ギャンブル依存症の予兆や予防法を専門家に聞く

12月26日にカジノを中心とするIR整備推進法が施行された。政府ではギャンブル依存症対策の議論が進みつつある。いよいよ、日本の賭博文化が大きく変化する時代が近づいてきた。(Comstock Images/Stockbyte/Thinkstock)ギャンブル依存.. 続きを読む

民進党・蓮舫代表、批判ばかりで党内制御不能&支離滅裂…カジノ法案徹底抗戦→あっさり容認

民進党・蓮舫代表、批判ばかりで党内制御不能&支離滅裂…カジノ法案徹底抗戦→あっさり容認

カジノ法案と呼ばれる「カジノを含む統合型リゾート(IR)を解禁する法案」(IR推進法案)が、12月15日に衆議院本会議で可決・成立、26日に施行された。政府は年明けに内閣官房にギャンブル依存症等対策室(仮称)を設置。1年以内をめど.. 続きを読む

なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! 強行採決、TPP、ガリガリ君...

なぜここまで平気で嘘をつけるのか? 2016年安倍首相がついた大嘘ワースト10! 強行採決、TPP、ガリガリ君...

話のすり替えに逆ギレ、ごまかしなど、今年も安定の姑息な言動を繰り返した安倍首相。しかし、2016年はとくに思い上がりに磨きがかかり、誰の目にもあきらかな「大嘘」を連発。ついには「ホラッチョ安倍」と呼ばれるにいたった。 そこで.. 続きを読む

2016年を“不満”で振り返ったらこうなった! 毎月のキーワードをランキング

2016年を“不満”で振り返ったらこうなった! 毎月のキーワードをランキング

2016年も大いに不満があった!という人も多いかも。どんな不満が多かったのか、不満買取センター(東京)が、この1年で買い取った不満から今年を振り返ってみよう! 2016年1月1日~12月19日の間に買取を行った約320万件の不満に対して、.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。