カザフスタンの最新情報

カザフスタン に関するニュース検索結果   704件

上妻宏光 挑戦は続く、日本凱旋公演大成功、そして2018年ツアーも決定!

上妻宏光 挑戦は続く、日本凱旋公演大成功、そして2018年ツアーも決定!

日本凱旋公演大成功、そして2018年ツアーも決定!2017年7月、中央アジアのカザフスタンにて開催された、アスタナ国際博覧会(EXPO 2017 ASTANA)にて「JAPAN DAY」日本館の公式プログラムとして、上妻宏光プロデュースによる公演が開催さ.. 続きを読む

上妻宏光、日本凱旋公演を開催&3月よりツアースタート

上妻宏光、日本凱旋公演を開催&3月よりツアースタート

2017年7月に中央アジアのカザフスタンにて開催された、アスタナ国際博覧会(EXPO 2017 ASTANA)にて「JAPAN DAY」日本館の公式プログラムとして、上妻宏光プロデュースによる公演が開催された。「日本の伝統は進化する」をコンセプトに、.. 続きを読む

ロシア、50億円相当の人工衛星を失った理由は「入力ミス」

ロシア、50億円相当の人工衛星を失った理由は「入力ミス」

Image: 3Dsculptor/Shutterstock ロシアはミスもスケールがでかいのです。ロシアが打ち上げた人工衛星「Meteor-M」は11月に通信不能になりました。極軌道を周回する予定だったこの人工衛星には50億.. 続きを読む

本当にあった! アホでマヌケなアメリカ白人のトホホすぎる武勇伝『オレの獲物はビンラディン』

本当にあった! アホでマヌケなアメリカ白人のトホホすぎる武勇伝『オレの獲物はビンラディン』

9.11同時多発テロの主謀者であるオサマ・ビンラディンを捕まえるため、日本刀を持って単身パキスタンへ乗り込んだアメリカ白人がいた。まるで出来の悪いB級アクション映画のようだが、これ本当にあった実話。敬虔なキリスト教徒だった米.. 続きを読む

希望に満ちた未来。いま、世界の30代が考えていること。

希望に満ちた未来。いま、世界の30代が考えていること。

孔子の論語の中にこのような一節があります。子の曰く、吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。孔子は30歳で独立した立場になったという意味ですが、確かに30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期なのかもしれません。フォ.. 続きを読む

JTB、西安からローマへ陸路で移動する「ユーラシア大陸横断15000km」ツアー 55日間バスと鉄道で走破

JTB、西安からローマへ陸路で移動する「ユーラシア大陸横断15000km」ツアー 55日間バスと鉄道で走破

JTB首都圏が運営するJTBロイヤルロード銀座は、西安からローマへシルクロードを陸路で走破する「春のユーラシア大陸横断15,000km 55日間バスの旅」を12月7日より販売する。シルクロード沿いの中国、カザフスタン、キルギス、ウズベキス.. 続きを読む

サシャ・バロン・コーエン、『ボラット』ビキニを着て逮捕された人に罰金を返金したいとオファー

サシャ・バロン・コーエン、『ボラット』ビキニを着て逮捕された人に罰金を返金したいとオファー

映画『レ・ミゼラブル』のテナルディエ役や『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』のタイム役で知られるコメディアンのサシャ・バロン・コーエン。2006年に彼が製作&主演を務めた『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメ.. 続きを読む

ロシアの19歳美人女子大生、賞品の「iPhone X」目当てにバーでストリップをして退学処分に

ロシアの19歳美人女子大生、賞品の「iPhone X」目当てにバーでストリップをして退学処分に

世界各国でアップル社のiPhone Xが発売され、さっそく落として画面を粉々にする人や、手に入れるために自らの肉体を捧げる女性が現れるなど(記事参照)、各地でさまざまな話題を振りまいている。ちなみにiPhoneの販売価格は国によって異.. 続きを読む

高知発の乳酸菌、宇宙へ行ってグミになる。

高知発の乳酸菌、宇宙へ行ってグミになる。

宇宙について、特別興味があったわけでは、ない。けれど先日なんとな~く誘われて、なんとな~くJAXAの一般公開に行くことに。そしてそこで、不思議なグミに出会ったのだ。その名も、「宇宙のグミ」。パッケージには、高知県のひまわり乳.. 続きを読む

バボス/フラバチコバペアが初戦を快勝、「今日は出だしからいい試合ができた。」[WTAファイナルズ]

バボス/フラバチコバペアが初戦を快勝、「今日は出だしからいい試合ができた。」[WTAファイナルズ]

WTA公式サイトは、「WTAファイナルズ」のダブルスで、ティメア・バボス(ハンガリー)/アンドレア・フラバチコバ(チェコ)が自身の戦いを始動し、初戦の相手となったアンドレア・クレパック(スロベニア)/マリア ホセ・マルチネス サ.. 続きを読む

【東京国際映画祭】「男女の生き様」から気になる映画がわかる! 映画祭ディレクターに聞く注目15作品全解説

【東京国際映画祭】「男女の生き様」から気になる映画がわかる! 映画祭ディレクターに聞く注目15作品全解説

今年もいよいよ始まった映画の世界的イベント、東京国際映画祭(TIFF)。そのメイン・プログラムは世界の才能が最新作でグランプリをかけて 激突する「コンペティション部門」だが、第30回の節目となる今回も、2017年1月以降に完成した世界.. 続きを読む

ミドル級新王者・村田諒太のアメリカ進出に“暗雲”!? フジテレビによる「囲い込み」の動きが……

ミドル級新王者・村田諒太のアメリカ進出に“暗雲”!? フジテレビによる「囲い込み」の動きが……

ボクシングのテレビ視聴率が突き抜けて高かったことで、フジテレビがWBA世界ミドル級新王者・村田諒太の“囲い込み”をしそうだという話が関係者から聞かれた。「フジテレビは、これからボクシングには、さらに力を入れるようです。村田の.. 続きを読む

「じゃない方」の選択肢を持とう【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.8】

「じゃない方」の選択肢を持とう【いきものがかり山下穂尊の『いつでも心は放牧中』Vol.8】

学校に通っていると、どうしても年齢というもので区切って考えがちだ。日本の教育や文化はとくにそういう“先輩後輩”みたいな上下関係を軸にするところがある。旅に出て、まず取っ払われたのが年齢の壁だった。二十歳の誕生日、上海に向け.. 続きを読む

ニコラス・ケイジのうまい棒“ニコラスティック”が配布中止「日本の製菓会社に対して肖像権を与えているような誤解」などが生じたため

ニコラス・ケイジのうまい棒“ニコラスティック”が配布中止「日本の製菓会社に対して肖像権を与えているような誤解」などが生じたため

12月16日(土)公開の映画『オレの獲物はビンラディン』の前売り券特典として予定していた、特製うまい棒“ニコラスティック”の配布が中止されることが明らかになった。同映画のインターナショナル・セールス会社 FilmNation Internationa.. 続きを読む

70年前に何があった? 親日国ウズベキスタンと日本の知られざる関係

70年前に何があった? 親日国ウズベキスタンと日本の知られざる関係

ウズベキスタン共和国と聞いて、正確な位置が分かったり、イメージが湧いたりする人がいたらすごい。地理的には中央アジアに位置し、中国の西隣のキルギスやタジキスタンと東側で国境を接している。北と西には広大なカザフスタンがある――.. 続きを読む

私を変える1本に出会う。今年で30周年「東京国際映画祭」開催

私を変える1本に出会う。今年で30周年「東京国際映画祭」開催

10月25日から開催される「第30回東京国際映画祭」。先日、その全ラインナップが発表になりました。名作の野外上映も開催毎年、期間中は主要会場の六本木ヒルズが映画祭一色に染まり、世界中から選び抜かれた映画を見に行く人たち・見た人.. 続きを読む

ニコラス・ケイジとうまい棒のコラボレーションが実現! その名も特製うまい棒“二コラスティック”

ニコラス・ケイジとうまい棒のコラボレーションが実現! その名も特製うまい棒“二コラスティック”

アカデミー賞俳優ニコラス・ケイジがうまい棒とコラボレーションを果たしていることが分かった。 ニコラス・ケイジ×うまい棒 特製うまい棒“ニコラスティック”コラス・ケイジ×うまい棒のコラボは、12月16日(土)公開の映画『オレの獲物.. 続きを読む

謎のカザフスタン人を助けたら、自分の意外なところに気付かされた。(後編)

謎のカザフスタン人を助けたら、自分の意外なところに気付かされた。(後編)

前回の記事はコチラから。理不尽な体験から気付いたこと無事に日本に着いたカザフスタン人のAigulさん。「じゃあ仕切り直して、日比谷でランチでもしましょうか」という話になり、お昼に会う約束をしていた。「13時にペニンシュラホテル.. 続きを読む

デビスカップWG 日本は1回戦でイタリアと対戦

デビスカップWG 日本は1回戦でイタリアと対戦

テニス男子の国別対抗戦「デビスカップ」で、世界の上位16チームが争うワールドグループ(WG)の組み合わせ抽選会が英国・ロンドンで行われた。日本は1回戦でイタリアと対戦する。1回戦は2018年2月2日(金)~4日(日)に、岩手県盛岡市.. 続きを読む

謎のカザフスタン人を助けたら、予想外の出来事が待っていた。

謎のカザフスタン人を助けたら、予想外の出来事が待っていた。

先日、『「Where are you from?」から始まった、ある奇跡のエピソード』という記事を書いたところ、ありがたいことに、たくさんの反響をいただいた。これまで多くの外国人観光客と接してきたが、今回はもうひとつ、強く印象に残っている.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。