オール讀物+9月号の最新情報

オール讀物+9月号 に関するニュース検索結果   16件

高見沢俊彦、デビュー小説『音叉』通常版カバー決定 70年代流行のブーツがモチーフに

高見沢俊彦、デビュー小説『音叉』通常版カバー決定 70年代流行のブーツがモチーフに

THE ALFEE・高見沢俊彦のデビュー小説となる『音叉』が単行本として7月13日に発売される。5月11日にその通常版のカバーデザインが発表された。小説の舞台となった70年代に国内外のミュージシャンがこぞって履いていたブーツをモチーフに.. 続きを読む

THE ALFEE高見沢俊彦 デビュー小説『音叉』表紙はホログラムを全体に施した華やかなデザイン

THE ALFEE高見沢俊彦 デビュー小説『音叉』表紙はホログラムを全体に施した華やかなデザイン

THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦のデビュー小説『音叉(おんさ)』が、2018年7月13日に書籍刊行されるが、この通常版のカバーデザインが発表された。執筆名を「高見澤俊彦」とし、『オール讀物』2017年9月号で第1話、11月号で第2話、2018.. 続きを読む

THE ALFEE 高見沢俊彦 デビュー小説『音叉』カバーデザイン決定

THE ALFEE 高見沢俊彦 デビュー小説『音叉』カバーデザイン決定

今年2018年で結成45年を迎えたTHE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦が、「髙見澤俊彦」の名で執筆したデビュー小説『音叉(おんさ)』通常版のカバーデザインが公開された。『音叉』は、バンドとしてプロデビューをめざす若者の、恋と葛藤を.. 続きを読む

THE ALFEE高見沢俊彦 デビュー小説『音叉』7月に書籍刊行! サイン会も開催

THE ALFEE高見沢俊彦 デビュー小説『音叉』7月に書籍刊行! サイン会も開催

THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦のデビュー小説『音叉(おんさ)』が、2018年7月13日に書籍刊行される。執筆名を「高見澤俊彦」とし、『オール讀物』2017年9月号で第1話、11月号で第2話、2018年2月号で第3話、4月号で最終話となる第4話が.. 続きを読む

高見沢俊彦、初の長編小説『音叉』完成 「かなり刺激的な時間だった」

高見沢俊彦、初の長編小説『音叉』完成 「かなり刺激的な時間だった」

THE ALFEE・高見沢俊彦の初の長編小説『音叉』(おんさ)がこのたび完成した。昨年8月に小説誌『オール讀物』9月号(文藝春秋)で『音叉』第1話を発表して小説家デビューを果たし、その後不定期連載を続けてきたが、最終話となる第4話が3.. 続きを読む

THE ALFEE高見沢俊彦 初の小説『音叉』最終話を『オール讀物』4月号にて発表

THE ALFEE高見沢俊彦 初の小説『音叉』最終話を『オール讀物』4月号にて発表

今年結成45年を迎えたTHE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦が執筆した小説『音叉(おんさ)』の最終話が、小説誌『オール讀物』(文藝春秋)2018年4月号(3月22日発売)に掲載されることが発表された。『音叉(おんさ)』は、「髙見澤俊彦」の名.. 続きを読む

THE ALFEE高見沢俊彦、初の小説『音叉』第3話を「オール讀物」2月号で発表へ 

THE ALFEE高見沢俊彦、初の小説『音叉』第3話を「オール讀物」2月号で発表へ 

1月22日に発売の週刊誌「オール讀物」(文藝春秋)2018年2月号に、THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦が「髙見澤俊彦」として執筆した小説『音叉(おんさ)』の第三話が掲載されることが発表となった。また、同時に「髙見澤俊彦」としての新ア.. 続きを読む

NHK
THE ALFEE高見沢 デビュー小説『音叉(おんさ)』第3話を発表

THE ALFEE高見沢 デビュー小説『音叉(おんさ)』第3話を発表

THE ALFEEのリーダー高見沢俊彦のデビュー小説『音叉(おんさ)』。本作の第3話が、2018年1月22にち発売の『オール讀物』2月号にて発表される。執筆名を「高見澤俊彦」とし、『オール讀物』9月号で第1話、11月号で第2話を発表し、各方面.. 続きを読む

THE ALFEE高見沢 デビュー小説『音叉(おんさ)』第2話を発表

THE ALFEE高見沢 デビュー小説『音叉(おんさ)』第2話を発表

THE ALFEEのリーダー 高見沢俊彦が、小説を執筆。8月22日発売の小説紙『オール讀物』9月号(文藝春秋)にて発表された。執筆名を「高見澤俊彦」とし、初の小説のタイトルは『音叉』(おんさ)。『オール讀物』9月号では第1話のみ発表され.. 続きを読む

高見沢俊彦 年を重ねてさらなる挑戦へと突き進む、Takamiy王子のロック哲学を探る

高見沢俊彦 年を重ねてさらなる挑戦へと突き進む、Takamiy王子のロック哲学を探る

美旋律の王子が、自ら選んだ名曲の数々に新たな歌声で再び命を吹き込む。Takamiyこと高見沢俊彦のベストソング・コレクション、その名も『美旋律~Best Tune Takamiy~』。2007年『Kaleidoscope』以降のベストチューンを収録した通常盤に.. 続きを読む

<高見沢俊彦インタビュー>ソロ活動で“刺激”を受けた25年 「新しい扉を開くのは楽しい」

<高見沢俊彦インタビュー>ソロ活動で“刺激”を受けた25年 「新しい扉を開くのは楽しい」

「THE ALFEE」の高見沢俊彦が、ソロ活動25周年を記念してベストアルバム『美旋律 ~Best Tune Takamiy~』を8月30日にリリースする。同アルバムは、高見沢が収録曲全曲、ヴォーカルを録り直したというこだわりの一枚だ。また、通常盤に加.. 続きを読む

ミスチル新旧3曲チャートイン、福山、菅田ら新譜発表、THE ALFEE高見沢が小説家デビュー:今週の邦楽まとめニュース

ミスチル新旧3曲チャートイン、福山、菅田ら新譜発表、THE ALFEE高見沢が小説家デビュー:今週の邦楽まとめニュース

7月26日にリリースされたHey!Say!JUMPの初のベスト・アルバム『Hey!Say!JUMP 2007-2017 I/O』が、初週累計で317,994枚を売り上げ、Billboard JAPAN週間アルバム・セールス・チャートでNo.1を獲得した。セールス1位に加え、ルックアップで.. 続きを読む

THE ALFEE 高見沢俊彦がまさかの小説家デビュー!オール讀物にて掲載

THE ALFEE 高見沢俊彦がまさかの小説家デビュー!オール讀物にて掲載

今年デビュー43年のTHE ALFEEのリーダー高見沢俊彦が小説を執筆、8月22日発売の小説紙「オール讀物」9月号(文藝春秋)にて掲載されることが発表された。執筆名を「髙見澤俊彦」とし、初の小説のタイトルは「音叉(おんさ)」。「音叉」は.. 続きを読む

THE ALFEE 高見沢俊彦が衝撃の小説家デビュー

THE ALFEE 高見沢俊彦が衝撃の小説家デビュー

今年デビュー43年のTHE ALFEEのリーダー高見沢俊彦が小説を執筆、8/22発売の小説紙「オール讀物」9月号(文藝春秋)にて掲載されることが発表された。執筆名を「髙見澤俊彦」とし、初の小説のタイトルは「音叉(おんさ)」。「音叉」はプロ.. 続きを読む

THE ALFEE・高見沢俊彦 『オール讀物』9月号掲載、70年代を舞台にした青春小説で小説家デビュー

THE ALFEE・高見沢俊彦 『オール讀物』9月号掲載、70年代を舞台にした青春小説で小説家デビュー

今年2017年にデビュー43年を迎えたTHE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦が小説を執筆、8月22日発売の小説紙『オール讀物』9月号(文藝春秋)にて掲載されることが発表された。初の小説のタイトルは『音叉(おんさ)』で、執筆名は「髙見澤俊彦.. 続きを読む

THE ALFEE高見沢俊彦、小説家デビュー決定

THE ALFEE高見沢俊彦、小説家デビュー決定

THE ALFEEのリーダー 高見沢俊彦が、小説を執筆。8月22日に発売の小説紙『オール讀物 9月号』(文藝春秋)にて掲載されることが発表された。執筆名「髙見澤俊彦」による、初の小説のタイトルは『音叉』(おんさ)。『音叉』はプロデビュ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。