オワコンの最新情報

オワコン に関するニュース検索結果   259件

真木よう子・井上真央が共演!映画「焼肉ドラゴン」のコケない評価

真木よう子・井上真央が共演!映画「焼肉ドラゴン」のコケない評価

女優の真木よう子、井上真央、桜庭ななみが、今夏公開予定の映画「焼肉ドラゴン」に出演することがわかった。同作品は2008年に制作され、さまざま演劇賞を獲得した舞台「焼肉ドラゴン」の映画版。1970年代、関西の地方都市にある小さな焼.. 続きを読む

Web Componentsを触ってみた ~前編~

Web Componentsを触ってみた ~前編~

こんにちは、先日出張でセブへ行き、初の海外渡航を経験したフロントエンドエンジニアのいなばです。 パスポートの申請ってけっこう大変なんですね。同僚から、セブは「汚い上野」と聞いていましたが、良い例えだなと思いました。さて、.. 続きを読む

「日本アニメ」の凋落はもう始まっている

「日本アニメ」の凋落はもう始まっている

(C)Shutterstock世界から見ると、日本のアニメはいまや“オワコン”なのだそうだ。過去に博報堂が行った『メイド・イン・ジャパンのブランド力』調査でも、日本アニメの凋落が浮き彫りになっている。代わって台頭しているのが親日国家の.. 続きを読む

2018年はどうなる日本サッカー界! 厳冬期から春へ向かう中、ファンとメディアに求められるものとは

2018年はどうなる日本サッカー界! 厳冬期から春へ向かう中、ファンとメディアに求められるものとは

2013年(参照記事1)、14年(参照記事2)、15年(参照記事3)と厳冬が続いた日本サッカー界だが、16年には「日本サッカー界の春」の訪れが感じられた。FIFAクラブワールドカップ2016では鹿島アントラーズが決勝まで勝ち上がり、16年視聴.. 続きを読む

「嵐、LDHの写真転売」「取材で恫喝」現場を荒らす“問題児カメラマン”の実態

「嵐、LDHの写真転売」「取材で恫喝」現場を荒らす“問題児カメラマン”の実態

本当は言いたいのに、言えないネタを持ってる芸能記者さん、集まれ! 芸能ニュースの摩訶不思議なお話から、ウソか真かわからないお話まで、記者さんたちを酔わせていろいろ暴露させちゃった☆A……スポーツ紙記者 グラドルからジャニーズ.. 続きを読む

欅坂・長濱ねる写真集14万部のウラで……テレビ・雑誌が一斉に恐れる“新・AKBタブー”

欅坂・長濱ねる写真集14万部のウラで……テレビ・雑誌が一斉に恐れる“新・AKBタブー”

一時期は「ジャニーズ以上」といわれるほどの圧力で、ネガティブ報道を“封殺”してきたAKB48。ネット上では誰もが知るようなAKBのネガティブ情報も、テレビや新聞、一部の週刊誌では一切取り上げなかったものだが、近年はやや緩和されてい.. 続きを読む

テレビ業界関係者が名指しする、秋ドラマで「株下げた」「オワコン化した」主演俳優・女優

テレビ業界関係者が名指しする、秋ドラマで「株下げた」「オワコン化した」主演俳優・女優

“視聴率不振”で世間を賑わせた作品も少なくない10月期の連続ドラマ。中でも、芸能関係者たちの間で「株を下げてしまった」とハッキリ認識されている主演俳優・女優は誰なのか?「まずは、何といっても、フジテレビの月9ドラマ『民衆の敵.. 続きを読む

 又吉直樹と西野亮廣 対談「売れなかったら作ったことにならない」(連載第二回)

又吉直樹と西野亮廣 対談「売れなかったら作ったことにならない」(連載第二回)

同期で同い年、共に芸人の活動範囲を押し広げ活躍しながら、なぜかすれ違ってきた又吉直樹と西野亮廣。「別冊カドカワ 総力特集 又吉直樹」誌上で実現した二人の対談の模様をお伝えする本企画の第二回は、小説と絵本、お互いの創作活動に.. 続きを読む

松本人志の首相会食に異議あり?猛批判を高速撤回した茂木健一郎に非難轟々

松本人志の首相会食に異議あり?猛批判を高速撤回した茂木健一郎に非難轟々

脳科学者・茂木健一郎氏(55)がまたもやダウンタウン・松本人志(54)を遠回しに批判するも、注目が集まるや即座に撤回して、ネット上で「ヘタレ過ぎ」「すぐ引っ込めるなら言うな」と猛批判を浴びている。「今回、茂木は17日放送の『Cy.. 続きを読む

ウーマンラッシュアワー「政治風刺」反応に大きな温度差

ウーマンラッシュアワー「政治風刺」反応に大きな温度差

JoyImage / PIXTA(ピクスタ)12月17日に放送された『THE MANZAI 2017』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ『ウーマンラッシュアワー』が披露した漫才がインターネット上で反響を呼んでいる。ウーマンラッシュアワーは原発問題、沖縄基地問.. 続きを読む

八代英輝も”電話野郎”が大嫌い?電話してくる人は仕事できない論争が物議に

八代英輝も”電話野郎”が大嫌い?電話してくる人は仕事できない論争が物議に

弁護士の八代英輝(53)が18日放送の『ひるおび!』(TBS系)の中で「電話野郎(電話でやり取りしてくる人間)を”出来ない認定”している」と発言して物議をかもしている。この発言の発端になったのは同日の東京新聞の「『電話が怖い』若.. 続きを読む

「よく言った!」「笑えない」 ウーマンラッシュアワーの風刺漫才をどう思う?

「よく言った!」「笑えない」 ウーマンラッシュアワーの風刺漫才をどう思う?

2017年12月17日に放送された『THE MANZAI』(フジテレビ系)。サンドウィッチマンや博多華丸・大吉など、日本を代表する約20組のコンビが漫才を披露しました。そんな中、村本大輔さんと中川パラダイスさんのコンビ、ウーマンラッシュアワ.. 続きを読む

安倍、麻生が相次いで朝日新聞に憐れみ?東大生も逃げ出す大メディアの惨状

安倍、麻生が相次いで朝日新聞に憐れみ?東大生も逃げ出す大メディアの惨状

安倍晋三内閣総理大臣(63)と、麻生太郎副総理(77)が相次いで「新聞の読者」に同情をする発言をして、SNS上で物議を醸している。安倍総理は15日、東京・汐留の共同通信本社での講演の中で、近年、新聞社に新卒学生が集まらない現状に.. 続きを読む

『パズドラ』の次に打つ手は? 減収減益の続くガンホーのこれから

『パズドラ』の次に打つ手は? 減収減益の続くガンホーのこれから

『パズドラ』の次に打つ手はあるのだろうか? 11月初頭に発表されたガンホー・オンライン・エンターテイメントの決算説明資料では、同社の減収減益が明らかとなった。今回発表された17年第3四半期(7~9月)決算は、売上高は前四半期比.. 続きを読む

「紙のマンガ本」がオワコンの時代に突入か……いま、出版業界に必要なのは“スピード感”

「紙のマンガ本」がオワコンの時代に突入か……いま、出版業界に必要なのは“スピード感”

マンガを紙の本で読む時代の終焉が、現実味を帯びているように見える。11月末、出版取次大手の日本出版販売(日販)、トーハンの中間決算で、紙のマンガ本離れが進んでいることが、より明確になってきた。日販ではコミックス部門の売上が.. 続きを読む

『みなおか』終了のとんねるず、平成生まれが知らない偉大すぎる功績

『みなおか』終了のとんねるず、平成生まれが知らない偉大すぎる功績

前身の『とんねるずのみなさんのおかげです』から30年以上続いた、とんねるずの冠番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が来年3月で終了することが、7日の同番組内で発表された。1986年に特番でスタートし、88年か.. 続きを読む

嵐、NEWS、近藤真彦ら『FNS』ジャニーズ勢が酷評!! 「茶番」「気持ち悪い」と呆れた声続出

嵐、NEWS、近藤真彦ら『FNS』ジャニーズ勢が酷評!! 「茶番」「気持ち悪い」と呆れた声続出

12月6日にフジテレビ系で放送された『2017 FNS歌謡祭』の「第1夜」。各アーティスト同士のコラボレーションや新たな試みがみられ視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、ネットユーザーからは批判も多かった。今年の.. 続きを読む

『めちゃイケ』、「数取団」復活で12.1%!! 絶賛の裏で「日馬富士思い出す」「まずくない?」の声

『めちゃイケ』、「数取団」復活で12.1%!! 絶賛の裏で「日馬富士思い出す」「まずくない?」の声

12月2日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のスペシャル番組で、第1部が平均視聴率8.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部が平均視聴率12.1%という高い数字をマーク。ネット上では、番組の内容に対.. 続きを読む

フルコンプは絶対ムリでしょw スタンプラリーアプリ『伊能でGo』が色々スゴい件

フルコンプは絶対ムリでしょw スタンプラリーアプリ『伊能でGo』が色々スゴい件

マップを見つつ歩き回って楽しめる『Pokemon Go』。配信開始から一年以上を過ぎた最近でも鳥取砂丘に人が集まりまくる現象が起き、なんやかんやでまだ流行っているようです。その名前に便乗してか、また「Go」なアプリが新たに登場しまし.. 続きを読む

新バージョン発表に失望「ニコ動」オワコン化に拍車

新バージョン発表に失望「ニコ動」オワコン化に拍車

(C)niconico11月28日にドワンゴが動画サービス『niconico』の新バージョン『く(クレッシェンド)』を東京都内の会場で発表した。ところが、ユーザーの期待に応えるものではなかったようで、会場は大きな失望感に包まれた。発表の様子.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。