オフコースの最新情報

オフコース に関するニュース検索結果   76件

一番好きな「平成の大ヒット曲」3位福山、2位小田、では1位は?

一番好きな「平成の大ヒット曲」3位福山、2位小田、では1位は?

音楽業界が活気に満ちあふれていた1990年代。CDが売れまくり、ミリオンヒットどころか、ダブルミリオンも当たり前の時代だった。2000年代に入るとCDの売り上げは減少したが、その中でダブルミリオンを達成した曲も存在する。そこで今回は.. 続きを読む

知念侑李(Hey! Say! JUMP)主演映画『坂道のアポロン』主題歌は小田和正の書き下ろし

知念侑李(Hey! Say! JUMP)主演映画『坂道のアポロン』主題歌は小田和正の書き下ろし

小田和正が、2018年3月10日全国公開の映画『坂道のアポロン』の主題歌として、新曲「坂道を上って」を書き下ろした。本映画は、友情に、恋に、かけがえのない青春の日々に、胸躍るセッションが交錯する 10年間を描いた感動作で、「第57回.. 続きを読む

小田和正、書き下ろし新曲「坂道を上って」が知念侑李主演映画『坂道のアポロン』の主題歌に決定

小田和正、書き下ろし新曲「坂道を上って」が知念侑李主演映画『坂道のアポロン』の主題歌に決定

2018年3月10日(土)全国公開の映画『坂道のアポロン』の主題歌を小田和正が担当することが明らかになった。『坂道のアポロン』は、漫画家・小玉ユキにより『月刊 flowers』(小学館)にて連載されたコミックが原作。映画では、単独初主.. 続きを読む

知念侑李×中川大志×小松菜奈 映画「坂道のアポロン」主題歌が小田和正に決定

知念侑李×中川大志×小松菜奈 映画「坂道のアポロン」主題歌が小田和正に決定

第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!オンナ編」第1位に輝いた、名作コミックが、単独初主演となる知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、青春映画の名手として知られる三木孝浩監督(「ホットロード」「ぼ.. 続きを読む

特番で視聴率大惨敗!安室奈美恵の紅白出場は潰えるか!?

特番で視聴率大惨敗!安室奈美恵の紅白出場は潰えるか!?

(C)まいじつ引退を表明している安室奈美恵のスペシャル番組『安室奈美恵 告白』が、11月23日にNHKで放送された。1時間の番組だったが「内容にはガッカリ」という声が多いようだ。「祝日の木曜日の午後10時台だったにもかかわらず、平均.. 続きを読む

NHKが安室奈美恵の紅白出場に積極的ではない理由

NHKが安室奈美恵の紅白出場に積極的ではない理由

(C)まいじつ大みそかの恒例、今年で第68回を数える『NHK紅白歌合戦』の出場歌手46組が発表されたが、毎年決まって噴出するのが「○○の出場はおかしい」、「なぜジャニーズばかり出るのか」という話だ。特に今年は、来年9月で引退する安.. 続きを読む

彼に「好きという感情が徐々に減りつつある」と言われました・・・どうすれば?

彼に「好きという感情が徐々に減りつつある」と言われました・・・どうすれば?

「つきあって5ヶ月の彼氏がいます。先日彼に、「君のことは好きだけど、じぶんがどのくらい君のことが好きかがわからない」と言われました。好きという感情が徐々に減りつつあると。でも、私のいいところはたくさん見えるし、いつもいい.. 続きを読む

みやぞんを見習いたい!? 過酷なロケで発揮される“ポリシー”

みやぞんを見習いたい!? 過酷なロケで発揮される“ポリシー”

野性的な身体能力と、規格外の天然キャラで、人気急上昇中のお笑い芸人、みやぞんさん。いつも明るく朗らかな笑顔に癒される彼の、テレビでは見せない素顔に迫ります。■ 笑顔でいれば、10年後はもっと幸せになってます。インタビューを始.. 続きを読む

ふかわりょう、女性ラッパー・ちゃんみなの辛口コメントに唖然

ふかわりょう、女性ラッパー・ちゃんみなの辛口コメントに唖然

10月16日に放送された「オー!!マイ神様!!」(TBS系)に、タレントのふかわりょうが出演し、自身のマイ神(ゲストが尊敬し愛してやまないもの)だという80年代に活躍したバンド「オフコース」の魅力を熱く語るも、見届け人として出演した.. 続きを読む

カズレーザーの言葉に、ふかわりょうが涙 「こういうの弱い」

カズレーザーの言葉に、ふかわりょうが涙 「こういうの弱い」

2017年10月16日深夜に放送された、TBS系番組『オー!!マイ神様!!』に出演した、タレントのふかわりょうさん。その中で、お笑いタレント・カズレーザーさんの言葉に涙をにじませる場面がありました。ふかわりょうのコンプレックスに、カズ.. 続きを読む

TBS
カズレーザーの言葉に、ふかわりょう涙 「尊敬しています」と目の前で言われて

カズレーザーの言葉に、ふかわりょう涙 「尊敬しています」と目の前で言われて

昨今はお笑いタレントというよりミュージシャンやDJ、司会者としてのイメージが強いふかわりょう。夕方の情報番組では月曜から木曜までMCを務め、音楽ソロユニット・ryo fukawa名義でアルバム制作や音楽イベントを企画するなどして着実に.. 続きを読む

スキマスイッチ、対バンツアーファイナルは小田和正と共演!

スキマスイッチ、対バンツアーファイナルは小田和正と共演!

メジャーデビュー14年目にして初の全国対バンツアー『スキマスイッチTOUR 2017 “re:Action”』を行ったスキマスイッチ。小田和正、奥田民生、KANなど、2人が敬愛する12組のアーティストをプロデューサーとして迎えたセルフカバーアルバム.. 続きを読む

急な雨も問題ナシ。蝋引き帆布を使った耐水性・防犯性の高いショルダーバッグ

急な雨も問題ナシ。蝋引き帆布を使った耐水性・防犯性の高いショルダーバッグ

ギズモード・ジャパンより転載:いろいろ考えたら、すごく合理的。ちょっと出かけるときに便利なショルダーバッグ。僕もいろいろなショルダーバッグを探しては「コレ違うわ」を繰り返しているショルダー難民だったりします。性質上、ショ.. 続きを読む

急な雨もなんのその。蝋引き帆布を利用した耐水性・防犯性の高いショルダーバッグ、Baksteen(バクスティーン)

急な雨もなんのその。蝋引き帆布を利用した耐水性・防犯性の高いショルダーバッグ、Baksteen(バクスティーン)

Image: machi-yaいろいろ考えたら、すごく合理的。ちょっと出かけるときに便利なショルダーバッグ。僕もいろいろなショルダーバッグを探しては「コレ違うわ」を繰り返しているショルダー難民だったりします。性質上、ショルダーバッグに.. 続きを読む

「絶対に、ありえない」圏外だった男性と婚約しちゃったわけ

「絶対に、ありえない」圏外だった男性と婚約しちゃったわけ

少し前だけど、阿川佐和子さんの還暦過ぎての「超大人婚」が話題になった。大人婚を超えるこの「超大人婚」、実は芸能界では結構多い。夏木マリさんは50代後半で、また桃井かおりさんは60代でご結婚されている。こういう例を見るにつけ「.. 続きを読む

迷いと葛藤を抜け、輝きを増す4つの“微かな光”――LAMP IN TERREN、決意のツアーファイナル

迷いと葛藤を抜け、輝きを増す4つの“微かな光”――LAMP IN TERREN、決意のツアーファイナル

LAMP IN TERREN ONE MAN TOUR 2017 “in fantasia” 2017.6.30 LIQUIDROOM アルバムタイトル/ツアータイトルの“fantasia”――不思議な世界へと場内を誘うかのように、静けさと力強さを湛えたSEの中、登場するメンバー。ステージ上にいく.. 続きを読む

八神純子と鈴木康博が語る7月シンフォニック公演 オフコース名作「一億の夜を越えて」フルオーケストラ版への期待

八神純子と鈴木康博が語る7月シンフォニック公演 オフコース名作「一億の夜を越えて」フルオーケストラ版への期待

“日本のAORの女王”八神純子。2017年7月に開催される、その待望の新フルオーケストラ公演に元オフコースの鈴木康博がスペシャル・ゲストとして参加する。ともにキャリア初期には「ポプコン」こと「ヤマハポピュラーソングコンテスト」(開.. 続きを読む

こんなお手頃感を待っていた! 日本酒業界でも珍しい一合瓶専門店「ICHIGOU&TOKYO」【東京蒲田】

こんなお手頃感を待っていた! 日本酒業界でも珍しい一合瓶専門店「ICHIGOU&TOKYO」【東京蒲田】

ぜーんぶ「一合瓶」!今回の取材先は東京・大田区のあるお店、最寄りはJR蒲田駅です。蒲田も久しぶりだなあ、前回ギョウザを食べに来たのはいつだったろう?そんなことを考えつつ、駅から歩いて2分ほど。見えてきたのがこちらの看板です.. 続きを読む

八神純子、待望のフルオーケストラ公演が7月開催 鈴木康博をゲストに迎えオフコースの名作演奏も

八神純子、待望のフルオーケストラ公演が7月開催 鈴木康博をゲストに迎えオフコースの名作演奏も

デビュー以来、“日本のAORの女王”としてファンを魅了し続けてきた八神純子が、2017年7月にフルオーケストラ公演を開催する。ビルボードクラシックスと八神純子のステージは東京では約2年ぶり。「みずいろの雨」「Mr.ブルー」「ポーラー・.. 続きを読む

20周年を迎えた『めざましクラシックス』が今夏に大規模公演を開催 爆笑して楽しめるコンサートの魅力とは?

20周年を迎えた『めざましクラシックス』が今夏に大規模公演を開催 爆笑して楽しめるコンサートの魅力とは?

クラシックの楽しさに「めざめて」もらうべく、楽しいトークとともに音楽の魅力を伝え続けて20年。合計300回以上の公演を重ねてきた、フジテレビアナウンサーの軽部真一氏とヴァイオリニスト高嶋ちさ子氏がプロデュースするクラシックコ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。