オジー・オズボーンの最新情報

オジー・オズボーン に関するニュース検索結果   109件

「メタル界の帝王」オジー、長期ツアー引退 自宅で過ごす時間優先

「メタル界の帝王」オジー、長期ツアー引退 自宅で過ごす時間優先

「メタル界の帝王」と呼ばれる英国出身の人気ミュージシャン、オジー・オズボーン(69)が7日までに米ロサンゼルスで記者会見し、4月末からのワールドツアーを最後に長期ツアーからの引退を宣言した。音楽活動は続けるとした。「もう70歳.. 続きを読む

オジー・オズボーンもツアー見納めに 「孫達との時間を大事にしたい」

オジー・オズボーンもツアー見納めに 「孫達との時間を大事にしたい」

芸歴50年、これまで「メタルの帝王」として世界中の音楽ファンに愛されてきたオジー・オズボーン(69)が「次のツアーが最後になる」と発表。「今後は孫など大切な家族との時間を大事にしていきたい」との“脱ツアー宣言”でファンを驚かせ.. 続きを読む

オジー・オズボーン、ラスト・ツアー【ノー・モア・ツアーズ 2】に北米日程を追加

オジー・オズボーン、ラスト・ツアー【ノー・モア・ツアーズ 2】に北米日程を追加

2018年2月6日、オジー・オズボーンが米ロサンゼルスの自宅で記者会見を開き、ラスト・ツアー【ノー・モア・ツアーズ 2】の北米日程第一弾を発表した。全米とカナダを回る北米ツアーは8月にペンシルベニア州アレンタウンからスタートし、1.. 続きを読む

【イタすぎるセレブ達・番外編】エリック・クラプトンが衝撃告白 「聴力を失いかけている」

【イタすぎるセレブ達・番外編】エリック・クラプトンが衝撃告白 「聴力を失いかけている」

“世界3大ロック・ギタリストのひとり”とも称される、ロック界のレジェンドことエリック・クラプトン。彼も72歳だが年齢のせいなのか、それとも常に大きな音に晒されているせいなのか、現在の彼は聴力を失いかけている状態だという。この.. 続きを読む

黒魔術やオカルトを具現化したブラック・サバスの『パラノイド』は最初期のヘヴィメタル作品だ

黒魔術やオカルトを具現化したブラック・サバスの『パラノイド』は最初期のヘヴィメタル作品だ

ブリティッシュロックの中から登場したハードロックは、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルをはじめ、言うまでもなくアメリカのブルースをルーツにしている。しかし、ブラック・サバスはデビュー当時から他のハードロックグループ.. 続きを読む

ブラック・サバス最後の公演をギーザーが振り返る 活動終了の理由とは……?

ブラック・サバス最後の公演をギーザーが振り返る 活動終了の理由とは……?

2017年2月4日にブラック・サバスが故郷の英バーミンガムで最終公演を開催した時、ベースのギーザー・バトラーは複雑な気持ちだったそうだ。「これで終わりってこと、もうおしまいってこと、いいライブができたってことに関してはホッとし.. 続きを読む

オジー・オズボーン、2018年からファイナル・ワールド・ツアーを開始

オジー・オズボーン、2018年からファイナル・ワールド・ツアーを開始

オジー・オズボーンが2018年から“フェアウェル・ツアー”を開始することが明らかになった。“フェアウェル”、つまり”さよなら”ということだが、公式ウェブサイトによるとどうやらこのラスト・ツアーは2020年まで続くようで、オズボーンも、.. 続きを読む

GRANRODEO武道館2daysライブをメタラーが参戦レポート! 目撃した衝撃の内容とは?

GRANRODEO武道館2daysライブをメタラーが参戦レポート! 目撃した衝撃の内容とは?

2017.9.23(Sat)GRANRODEO LIVE 2017 G12 ROCK☆SHOW 道化達ノ宴 日本武道館 9月22・23日の2日間に渡って日本武道館で開催された、GRANRODEOのライブ『GRANRODEO LIVE 2017 G12 ROCK☆SHOW 道化達ノ宴』。2日で17000人のファンを集めた.. 続きを読む

【LOUD PARK緊急対談】ラウドネス二井原実×THE冠の超激鉄メタル対談~今年のLOUD PARKみどころはここだ!

【LOUD PARK緊急対談】ラウドネス二井原実×THE冠の超激鉄メタル対談~今年のLOUD PARKみどころはここだ!

日本でも数少ない、ラウド、メタルの祭典「LOUD PARK」。数々の海外大物メタルミュージシャンや日本を代表するラウドバンドが伝説的なアクトを残してきたこの秋の目玉ともいえるフェスがいよいよ10月14日、15日に開催が迫る。そこで、よ.. 続きを読む

キム・カーダシアン、オジー・オズボーン妻の「アバズレ」批判に反撃

キム・カーダシアン、オジー・オズボーン妻の「アバズレ」批判に反撃

先日、「メタルの帝王」オジー・オズボーンの毒舌妻シャロンが『デイリー・テレグラフ』の取材に応じ、やたらと肌の露出を好み母親デビュー後もヌードを披露しているキム・カーダシアンを「アバズレ」と痛烈に批判。さらに「アバズレでも.. 続きを読む

            秋に聴きたい切なくなる5曲

秋に聴きたい切なくなる5曲

あのうだるような夏の暑さもどこへやら、いつの間にか秋の気配がひたひたと迫って来ました。というか、昼はTシャツ1枚で余裕なのに、夜になるとグッと寒くなったり、時折雨もやたら降ったりと、今年の東京の夏は不思議な天気が続きました.. 続きを読む

リアム・ギャラガー、世界一稼ぐDJカルヴィン・ハリスを滅多斬り 「世界一退屈な奴」

リアム・ギャラガー、世界一稼ぐDJカルヴィン・ハリスを滅多斬り 「世界一退屈な奴」

元「オアシス」リアム・ギャラガーは意外にも人情味に溢れ、今年英マンチェスターにて自爆テロ事件が発生した後にはチャリティ公演に出席し、ファンをおおいに盛り上げた。しかし兄ノエル・ギャラガーと同じく大変口が悪く、「コイツは嫌.. 続きを読む

オズボーン妻に「アバズレ」と呼ばれたキム・カーダシアン、ヌード公開でプチ逆襲

オズボーン妻に「アバズレ」と呼ばれたキム・カーダシアン、ヌード公開でプチ逆襲

「メタルの帝王」とも呼ばれるオジー・オズボーンの妻で、口汚くセレブを批判しては物議を醸してきたシャロン・オズボーン。彼女が先日『デイリー・テレグラフ』の取材に応じ、露出が好きで何度もヌードを披露してきたキム・カーダシアン.. 続きを読む

オジー・オズボーンの毒舌妻「キム・カーダシアンはフェミニストじゃない。単なる尻軽」

オジー・オズボーンの毒舌妻「キム・カーダシアンはフェミニストじゃない。単なる尻軽」

毒舌が話題で、かの大物歌手ミック・ジャガーや人気歌手ジャスティン・ビーバーらについても散々な発言をしてきたシャロン・オズボーンが、夫オジー・オズボーンも驚くようなコメントをまたしても放った。とても気が強く、夫オジー・オズ.. 続きを読む

            真夏にひんやりしたい5曲

真夏にひんやりしたい5曲

暑い日が続きます。フェス・シーズン真っ盛りということもあり、赤く日焼けしている人も多いかもしれません。そんなときは冷えたスイカにアイスクリーム、キンキンのビールをグイッと飲み干すのも最高なのですが、夏と言えば・・・お化け.. 続きを読む

マイク・タイソン「ボリビア人になるかも」シュワ「同性婚は男女の結婚であるべき」 セレブ達の珍言・迷言

マイク・タイソン「ボリビア人になるかも」シュワ「同性婚は男女の結婚であるべき」 セレブ達の珍言・迷言

人気誌やテレビ・ラジオ番組でインタビューを受けることも多いセレブ達でも、やはり緊張しプレッシャーを感じることは多いようだ。そこで飛び出した「まさか!」の発言を、いくつかまとめてご紹介したい。■アクセル・ローズ(ガンズ・ア.. 続きを読む

Interview  with STARCRAWLER

Interview with STARCRAWLER

そのティーンエイジャーの4人組が鳴らすロックンロールに、世界中の音楽リスナーの視線が注がれようとしている。ロサンゼルス発のスタークローラー。正式な音源はまだ一枚の7インチのみ。が、名門〈Rough Trade〉が見初めた圧倒的な楽曲.. 続きを読む

winnie・okuji × TOTALFAT・Kuboty メタラー・ギタリスト2名による偏愛対談!

winnie・okuji × TOTALFAT・Kuboty メタラー・ギタリスト2名による偏愛対談!

winnieが7月にリリースする、15周年を記念した15曲入りのベストアルバム『Greatful 15years Dead』。SPICEではその発売を記念し、ギター / ボーカルのokujiとTOTALFATのギタリスト・Kubotyの対談を行うことにした。ちょっと意外な組み合.. 続きを読む

マッチしすぎでハッピー。オジー・オズボーンとアース・ウィンド・アンド・ファイアーのマッシュアップ

マッチしすぎでハッピー。オジー・オズボーンとアース・ウィンド・アンド・ファイアーのマッシュアップ

メタル/ロック界の帝王オジー・オズボーンの代表曲『Crazy Train』は、故ランディ・ローズのギターが冴え渡る永遠の名曲として超有名です。それをファンク・バンドの王者アース・ウィンド・アンド・ファイアーが奏でる、これまた超名曲.. 続きを読む

「ミュージックマガジン 日本のヒップホップアルバムベスト100」にちゃんとガタガタ言ってみる

「ミュージックマガジン 日本のヒップホップアルバムベスト100」にちゃんとガタガタ言ってみる

『フリースタイルダンジョン』によって日本のラップシーンが活性化し、その盛り上がりは続いている。R−指定は『未来予想図』でブームへの懸念を表明しているが、日本語ラップは人気ジャンルとして定着した。ミュージックマガジン6月号の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。