エースコックの最新情報

エースコック に関するニュース検索結果   231件

「ゆかりさんと一緒に飲むと盛り上がるね」ってそっちかい!

「ゆかりさんと一緒に飲むと盛り上がるね」ってそっちかい!

みんな大好き「ごはんのおとも」といえば、何を思い浮かべますか。甘い佃煮や塩辛いものなど、いろいろありますが、定番のふりかけというと、これは外せませんよね。食欲をそそる赤しその香りがなんともたまらない、三島食品の『ゆかり®.. 続きを読む

カップ麺の残り汁でカルボナーラを作ってみた!

カップ麺の残り汁でカルボナーラを作ってみた!

以前、「教えて!goo」では、カップラーメンの残り汁でナシゴレンを作る方法をご紹介した。かなりの反響だったため、今回はカップ麺の残り汁でカルボナーラを作ってみることにした。■ポイントは残り汁と牛乳を同じ量にすること今回、エー.. 続きを読む

ボンカレー50周年の到達点! 元祖の味をアップデートした新商品を実食

ボンカレー50周年の到達点! 元祖の味をアップデートした新商品を実食

誰もが知っているレトルトカレーの元祖『ボンカレー』が今年の2月12日で発売50周年を迎える。1968年に世界初の市販用レトルト食品として発売され、この50年間で累積約30億食という驚異の販売実績を達成。時代を超えて愛される永遠のロン.. 続きを読む

「ローソンストア100」が“ローソンストア95”に!? 最強にお得な使い方7選

「ローソンストア100」が“ローソンストア95”に!? 最強にお得な使い方7選

全国に約800店舗を構えるローソンストア100。24時間営業で100円商品のみならず、廉価な食品やお酒も豊富に取り揃えているため、使い勝手が非常に良いことで知られている。そしてさらに、使い方しだいで、“95円ショップ”にもなりうるのだ.. 続きを読む

ボンカレー×スーパーカップがコラボ!両社が明かす夢の新商品の魅力とは

ボンカレー×スーパーカップがコラボ!両社が明かす夢の新商品の魅力とは

ボンカレー発売50周年を記念して、大塚食品とエースコックが初のコラボ商品「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン」を1月22日に発売した。さら.. 続きを読む

カレーそばの残り汁を使ってドライカレーを作ってみた!

カレーそばの残り汁を使ってドライカレーを作ってみた!

以前、教えて!gooウォッチでは、「カップラーメンの残り汁でナシゴレンを作る方法」をご紹介した。かなりの反響だったので、今回はその第二弾ということで、カレーそばの残り汁でドライカレーを作ってみたいと思う。■ポイントはチョコレ.. 続きを読む

「キャレ~ン」天野ひろゆきと河北麻友子がボンカレー発表会で新ユニット結成!?

「キャレ~ン」天野ひろゆきと河北麻友子がボンカレー発表会で新ユニット結成!?

大塚食品はボンカレー発売50周年を記念して、エースコックとの初のコラボ商品発表会を、1月22日(月)に東京・ANAインターコンチネンタルホテル東京で開催。ボンカレー50年の歴史を振り返りながら、50周年記念の新商品と、エースコック「ス.. 続きを読む

天野ひろゆきと河北麻友子が「キャレ~ン」を結成

天野ひろゆきと河北麻友子が「キャレ~ン」を結成

天野ひろゆきと河北麻友子が1月22日、都内で開催された大塚食品株式会社とエースコック株式会社のイベント「ボンカレー50周年記念発表会&スーパーカップ30周年コラボ商品発表」に出席した。「ボンカレー」は50周年を記念し、1968年の発.. 続きを読む

寒い日にぴったり!エースコックから新商品3点が発売

寒い日にぴったり!エースコックから新商品3点が発売

エースコックから、2月5日より新商品が3点発売される。「一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」(税抜270円)、「Pho・ccori気分 鶏だしフォー/トムヤムフォー/海鮮だしフォー」(税抜150円)、「スーパーカップ1.. 続きを読む

『トリカライヌードル 辛口鶏白湯味』酉年から戌年へ。もう少しだけ正月気分を延長したい人のために!

『トリカライヌードル 辛口鶏白湯味』酉年から戌年へ。もう少しだけ正月気分を延長したい人のために!

仕事や学校が始まった途端に、一気に正月気分も吹き飛んでしまったという人も多いはず。ただ鏡餅を鏡開として1月11日に食べることを考えれば、もう少し正月気分に浸っていてもいいはずだ。そんな時には酉年(トリ)から戌年(イヌ)への.. 続きを読む

「トリ」から「イヌ」へ!? エースコック『トリカライヌードル 辛口鶏白湯味』がスパイシー&濃厚

「トリ」から「イヌ」へ!? エースコック『トリカライヌードル 辛口鶏白湯味』がスパイシー&濃厚

2017年は酉年で、2018年は戌年。それに合わせてエースコックが「トリ」と「イヌ」にちなんだカップ麺『トリカライヌードル 辛口鶏白湯味』を2018年1月1日を全国のスーパー・コンビニで発売しています。年初に編集部に来てみると、お年賀.. 続きを読む

ローラの現状が「不気味すぎ!」、事務所トラブル泥沼化も、“CM女王”に3年ぶり返り咲き

ローラの現状が「不気味すぎ!」、事務所トラブル泥沼化も、“CM女王”に3年ぶり返り咲き

所属事務所・リベラとの契約トラブルが注目されているタレント・ローラが、3年ぶりに“CM女王”に返り咲いた。ニホンモニターが6日に発表した2017年の「CM契約社数ランキング」によれば、ローラはエースコック、コーセー、ユニクロ、ライオ.. 続きを読む

旨味があるからこそ辛くても我慢できる、青唐辛子入り『来来亭 旨辛麺』の鮮烈な激辛ぶりに脱帽!

旨味があるからこそ辛くても我慢できる、青唐辛子入り『来来亭 旨辛麺』の鮮烈な激辛ぶりに脱帽!

京都風醤油ラーメンとして1997年に生まれたラーメンチェーン「来来亭」。愛知県で特に人気の高いその味は、あっさり鶏ガラスープに背脂を入れてコクを出すタイプ。そしてそんな来来亭の中でも人気の高いメニューが『来来亭 旨辛麺』とし.. 続きを読む

旨味があるからこそ辛くても我慢できる、青唐辛子入り『来来亭 旨辛麺』の鮮烈な激辛ぶりに脱帽!

旨味があるからこそ辛くても我慢できる、青唐辛子入り『来来亭 旨辛麺』の鮮烈な激辛ぶりに脱帽!

京都風醤油ラーメンとして1997年に生まれたラーメンチェーン「来来亭」。愛知県で特に人気の高いその味は、あっさり鶏ガラスープに背脂を入れてコクを出すタイプ。そしてそんな来来亭の中でも人気の高いメニューが『来来亭 旨辛麺』とし.. 続きを読む

【満腹系汁なし濃厚カップめん】肉の旨みとラー油がマッチした「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」新登場!

【満腹系汁なし濃厚カップめん】肉の旨みとラー油がマッチした「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」新登場!

肉の旨みに酢とラー油がマッチした濃厚醤油ダレと大盛りめんが絡む大満足の一杯「驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば」が、2017年12月4日(月)より全国のスーパーやコンビニ等で発売開始されます!お店で食べるような本格感と食べごたえを兼.. 続きを読む

ザ・タイマーズ『デイドリームビリーバー』に忌野清志郎が込めた亡き母への想い

ザ・タイマーズ『デイドリームビリーバー』に忌野清志郎が込めた亡き母への想い

1988年ライブ・イベントに飛び入りでデビューした伝説のバンド『ザ・タイマーズ』。忌野清志郎に似た「ZERRY」が率いる同バンドは、ジェリーこと沢田研二を中心とした『ザ・タイガース』のパロディバンドとして登場した。全員が土木作業.. 続きを読む

餃子味のラーメン誕生⁉こだわりの具材でおいしさを再現

餃子味のラーメン誕生⁉こだわりの具材でおいしさを再現

セブン&アイ・ホールディングスとエースコックは、「ご飯にかけるギョーザ味ラーメン」(213円)を、11月6日(月)からセブン&アイグループのネット通販サイト「オムニ7」にて先行販売を開始する。また、イトーヨーカドーにて11月13日(月).. 続きを読む

餃子好きのための“餃子味”ラーメン爆誕

餃子好きのための“餃子味”ラーメン爆誕

セブン&アイ・ホールディングスとエースコックは11月6日から、「ご飯にかけるギョーザ味ラーメン」を、ネット通販サイト「オムニ7」にて先行販売する。価格は198円(税別)。その後、11月13日からイトーヨーカドー168店舗(9月末現在).. 続きを読む

【徹底検証】塩分大幅カット! スープ・ソースを使わなくてもウマいカップ麺を探してみた結果

【徹底検証】塩分大幅カット! スープ・ソースを使わなくてもウマいカップ麺を探してみた結果

人間は悲しいかな、体に悪いとされる「ジャンクフード」ほど好んで食べたくなってしまうもの。格安のハンバーガーやインスタントラーメンなど、体には良くないと思いながらもついつい食べてしまいたくなるのです。 少しでも健康にカップ.. 続きを読む

『塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし』女性向けモチモチ焼そばの新味を、発売日に食べてみた!

『塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし』女性向けモチモチ焼そばの新味を、発売日に食べてみた!

人気モデル・ローラの可愛すぎる「モッチッチ~」の歌とダンスでおなじみとなった『焼そばモッチッチ』に塩風味の『塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし』が新登場。独自の製法で作り出したモチモチとした麺に衝撃を受けた『焼そばモッチッ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。