エルサレムの最新情報

エルサレム に関するニュース検索結果   97件

佐久間良子&中山優馬出演『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』東京公演が開催 指揮者・西本智実がオペラをプロデュース

佐久間良子&中山優馬出演『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』東京公演が開催 指揮者・西本智実がオペラをプロデュース

世界の舞台で活躍する指揮者・西本智実が総合プロデュースする新制作オペラ『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』の東京公演が、4月21日に行われる。この作品は、西本智実が指揮とともに能の名作『卒塔婆小町』を題材に脚色、芸術監督・台本・.. 続きを読む

佐久間良子&中山優馬出演による新制作オペラ【ストゥーパ~新卒塔婆小町~】 明日チケット発売

佐久間良子&中山優馬出演による新制作オペラ【ストゥーパ~新卒塔婆小町~】 明日チケット発売

今春、世界の舞台で活躍する指揮者、西本智実が総合プロデュースする新制作オペラ【ストゥーパ~新卒塔婆小町~】の東京公演が実現。その公演チケットが明日2月17日から発売開始となる。【ストゥーパ】は、西本智実が指揮とともに、能の.. 続きを読む

トランプ大統領「中間選挙」前に危惧されること

トランプ大統領「中間選挙」前に危惧されること

(C)Shutterstockアメリカのドナルド・トランプ大統領に対するジョークに、こんなものがある。うそ発見器にかけられる各国の首脳たち。発言にうそがあると「ブー」と鳴る。まず、中国の習近平国家主席。「わたしはいつも考えています。.. 続きを読む

マスクでの接客は失礼? そもそも風邪でも仕事を休まない社会がおかしい<ひろゆき>

マスクでの接客は失礼? そもそも風邪でも仕事を休まない社会がおかしい<ひろゆき>

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―▼サービス業でマスクは当然、ツイッターで賛同の声多数とあるツイッターユーザーの発信がネット上で話題になっている。その内容は、サービス業でのマスク禁止措置に対し、「マスクしないなんて失礼にもほ.. 続きを読む

簡単に「女神」に仕上がる、お出かけ用ヘアアクセサリー

簡単に「女神」に仕上がる、お出かけ用ヘアアクセサリー

ハリウッド女優たちのようなすてきなヘア・アップスタイルはあこがれ。簡単に使え、伸ばしかけの髪の毛にしてもおしゃれで、安っぽくないもの。大人の女性に似合うお出かけ用の特別なヘア・アクセサリーが欲しい、そう思っていたら、目を.. 続きを読む

簡単に「女神」に仕上がる、お出かけ用ヘアアクセサリー

簡単に「女神」に仕上がる、お出かけ用ヘアアクセサリー

ハリウッド女優たちのようなすてきなヘア・アップスタイルはあこがれ。簡単に使え、伸ばしかけの髪の毛にしてもおしゃれで、安っぽくないもの。大人の女性に似合うお出かけ用の特別なヘア・アクセサリーが欲しい、そう思っていたら、目を.. 続きを読む

混迷を極める中東情勢「ヨハネの黙示録」最後の封印が解かれるのか

混迷を極める中東情勢「ヨハネの黙示録」最後の封印が解かれるのか

(C)Shutterstockアメリカのドナルド・トランプ大統領が、イスラエルの首都をエルサレムに認定した。これについて「深刻な懸念」(フェデリカ・モゲリーニEU外交安全保障上級代表)、「決定は遺憾」(エマニュエル・マクロン仏大統領).. 続きを読む

ジャスティン・ビーバー、山火事復興支援で自作絵画をオークションへ

ジャスティン・ビーバー、山火事復興支援で自作絵画をオークションへ

米時間29日、人気歌手ジャスティン・ビーバー(23)が自身の描いた絵画を販売するとインスタグラム上で呼びかけ、話題を呼んでいる。灰色にくすんだ空に十字架が浮かんだこの作品は、ジャスティン・ビーバーによって「Calvary」(カルヴ.. 続きを読む

「このハゲー!」「ユーチューバーなめんなよ」 2017年『名(迷)言暴言大賞』&『世間をザワつかせた流行語』

「このハゲー!」「ユーチューバーなめんなよ」 2017年『名(迷)言暴言大賞』&『世間をザワつかせた流行語』

12月1日に発表された『2017ユーキャン新語・流行語大賞』では「インスタ映え」と「忖度」が年間大賞に選ばれた。トップ10やノミネートしたワードの他にも今年の出来事を象徴する「言葉」はまだまだある。12月24日に2つの番組で2017年の『.. 続きを読む

「ガソリン価格」の上昇が頭打ちに? 背景に米国のシェールオイル増産の動き

「ガソリン価格」の上昇が頭打ちに? 背景に米国のシェールオイル増産の動き

これまで上昇し続けていたガソリンの小売価格ですが、3ヶ月ぶりに値上がりが頭打ち傾向にあるようです。世界経済は需要と供給のバランスで成り立っており、今回米国がシェールオイルを増産するとの予測を受け、原油価格がほぼ横ばいで推.. 続きを読む

エルサレム首都認定、トランプの暴挙に何も言えない安倍首相の"ポチ"ぶり! 英独仏も反対の声をあげているのに

エルサレム首都認定、トランプの暴挙に何も言えない安倍首相の"ポチ"ぶり! 英独仏も反対の声をあげているのに

アメリカのトランプ大統領が6日(日本時間7日)、エルサレムをイスラエルの首都と「認定」し、アメリカ大使館をテルアビブから移転すると宣言したことで、世界に激震が走っている。言うまでもなく、エルサレムはユダヤ教、キリスト教、イ.. 続きを読む

明石家さんまが「戦争のために税金を納めてるんじゃない!」「武器に金使うなら税金収めない」と国税局に抗議

明石家さんまが「戦争のために税金を納めてるんじゃない!」「武器に金使うなら税金収めない」と国税局に抗議

北朝鮮に対する相次ぐ挑発につづき、エルサレムをイスラエルの首都に認定宣言し中東を一気に緊迫化させた、トランプ米大統領。戦争を起こしたがっているとしか思えない常軌を逸したトランプに、アメリカ国内はもちろん世界中から非難が起.. 続きを読む

アメリカ大使館のエルサレム移転、デモや暴動による反発の可能性 在イスラエル日本国大使館が注意喚起

アメリカ大使館のエルサレム移転、デモや暴動による反発の可能性 在イスラエル日本国大使館が注意喚起

アメリカ政府がエルサレムをイスラエルの首都とし、アメリカ大使館を現在のテルアビブからエルサレムへ移転すると発表するとした報道で、パレスチナ側でデモや暴動による反発が予想されるとして、在イスラエル日本国大使館が注意を呼びか.. 続きを読む

【連載/ウワサの映画 Vol.11】傑作ミステリーを映画化。新生・名探偵ポアロVS豪華な容疑者たち!

【連載/ウワサの映画 Vol.11】傑作ミステリーを映画化。新生・名探偵ポアロVS豪華な容疑者たち!

小説発行部数は全世界で20億冊以上!という「ミステリーの女王」アガサ・クリスティの代表作が、1974年に続き2度目の映画化となります。”スベらない人”として個人的に信頼を寄せるケネス・ブラナーが監督・主演、さらにジョニー・デップ.. 続きを読む

『オリエント急行殺人事件』ジョニー・デップが演じる"小粒なマフィア"とは?

『オリエント急行殺人事件』ジョニー・デップが演じる"小粒なマフィア"とは?

"ミステリーの女王"として知られるアガサ・クリスティーの小説をベースに描かれる『オリエント急行殺人事件』が12月8日(金)に公開となる。クリスティーは、ギネス世界記録によると史上最高の20億冊以上が出版されたベストセラー作家で.. 続きを読む

EXILEのATSUSHIが『ナイト』に! 名誉ある勲章を「真摯に受け止める」

EXILEのATSUSHIが『ナイト』に! 名誉ある勲章を「真摯に受け止める」

2017年10月27日、EXILEのATSUSHIさんが、意味深なコメントと共に、正装した姿を自身のInstagramに投稿しました。まだ皆様にお伝えできないんですが、本日とても名誉ある光栄な式典に参加させていただきました。exile_atsushi_official .. 続きを読む

グラミー賞2年連続受賞のネルソンス率いるボストン交響楽団が11月に来日 ~現職音楽監督との日本公演は小澤征爾以来18年ぶり~

グラミー賞2年連続受賞のネルソンス率いるボストン交響楽団が11月に来日 ~現職音楽監督との日本公演は小澤征爾以来18年ぶり~

アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団が2017年11月に東京・名古屋・大阪・川崎で来日公演をおこなう。1881年に創立し、今年で136年目のシーズンを迎える米国屈指の名門ボストン交響楽団は、本拠地ボストンでの公演のほか、世界で.. 続きを読む

いま注目の世界遺産、マケドニアの至宝・オフリドを一望するサミュエル要塞

いま注目の世界遺産、マケドニアの至宝・オフリドを一望するサミュエル要塞

旧ユーゴスラビアの最南端に位置するバルカン半島の国、マケドニア。日本ではほとんどなじみのない小国ですが、近年じわじわと人気が高まりつつあるのが、マケドニアが誇る世界遺産・オフリド。中世の時代にはスラブ世界におけるキリスト.. 続きを読む

【世界の絶景】今こそ行くべき世界遺産、「エルサレム」と呼ばれたマケドニアの秘宝・オフリド

【世界の絶景】今こそ行くべき世界遺産、「エルサレム」と呼ばれたマケドニアの秘宝・オフリド

バルカン半島の小国・マケドニアが誇る世界遺産、オフリド。歴史的建造物が点在する街並みと、美しい自然環境から「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」の名で複合遺産に登録されています。複合遺産とは、自然遺産と文化遺産、両方の登.. 続きを読む

鶴田真由が「日ユ同祖論」のオカルト本を出版...指南役は安倍昭恵夫人と同じ、夫人といっしょにスピ旅行も

鶴田真由が「日ユ同祖論」のオカルト本を出版...指南役は安倍昭恵夫人と同じ、夫人といっしょにスピ旅行も

鶴田真由といえば、テレビへの露出こそ減ったものの、映画や舞台などで好演を見せ、アーティスティックな活動でも知られる知性派女優。その鶴田が最近、旅行エッセイを出版したというので、てっきりアジアやアフリカの異文化体験記でも書.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。