エッセイの最新情報

エッセイ に関するニュース検索結果   2358件

「精子だけください」――夫にセックスを拒まれて土下座した“私”が、救われた言葉とは

「精子だけください」――夫にセックスを拒まれて土下座した“私”が、救われた言葉とは

「セックスレス問題」を赤裸々に綴った内容だとして、現在Twitterを中心に話題沸騰中のコミックエッセイ『今日も拒まれてます ~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』。著者・ポレポレ美さんが、実際の体験を元に描いた作品だ。内容は.. 続きを読む

「萎えるのは君のせいだよ」――“セックスしない嫌がらせ”に耐える「レスハラ」の実情とは

「萎えるのは君のせいだよ」――“セックスしない嫌がらせ”に耐える「レスハラ」の実情とは

「セックスレス問題」を赤裸々に綴った内容だとして、現在Twitterを中心に話題沸騰中のコミックエッセイ『今日も拒まれてます ~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』。著者・ポレポレ美さんが、実際の体験を元に描いた作品だ。内容は.. 続きを読む

『みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958』レポート 1,000点以上の国宝ならぬ「ボク宝」が会場を埋め尽くす

『みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958』レポート 1,000点以上の国宝ならぬ「ボク宝」が会場を埋め尽くす

川崎市市民ミュージアムにて、『MJ’s FES! みうらじゅんフェス!マイブームの全貌展 SINCE 1958』(2018年1月27日~3月25日)が開催中だ。本展は、「ゆるキャラ」や「マイブーム」の命名者であり、阿修羅像をはじめとする「仏像ブーム」.. 続きを読む

石田ゆり子のフォト&エッセイ集が爆売れ

石田ゆり子のフォト&エッセイ集が爆売れ

1月30日に発売となった、女優・石田ゆり子(48歳)のフォト&エッセイ「Lily ――日々のカケラ――」の累計発行部数が20万部を突破。売り切れの書店が続出している。同書は発売直後から売り切れとなる書店が続出。その後も重版を重ねているが.. 続きを読む

店員「亡くなった祖母がファンでした!」 氷川きよしの『神対応』に感動の嵐

店員「亡くなった祖母がファンでした!」 氷川きよしの『神対応』に感動の嵐

漫画家の大塚みちこ(@mt_mitty)さんが投稿した、いまは亡き祖母のエピソードが話題になっています。大塚さんの祖母は、昨年空へ旅立ちました。祖母は生前、演歌歌手の氷川きよしさんのファンだったといいます。「これ、おばあさんにど.. 続きを読む

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

オアシズ・大久保佳代子にみる、女性を悩ます「オトコのプライド」問題

女優の浅野ゆう子、作家の阿川佐和子など、還暦間近の有名人が相次いで結婚を発表しています。浅野は書面で「お互いこの年齢でとも思いましたが、この年齢だからこそ、互いの健康に気を遣いつつ(以下略)」と発表していました。民法が定.. 続きを読む

世界が注目する多国籍バンド・Superorganism、日本人メンバーOronoの目標は「伊丹十三賞」

世界が注目する多国籍バンド・Superorganism、日本人メンバーOronoの目標は「伊丹十三賞」

この時代をどう楽しく生きていくのか? どうカッコよく生きていくのか? あなたのこれからの毎日を変えてくれるかもしれないヒントを、RIP SLYMEがゲストとともに探求していくTOKYO FMの番組「RIP SLYME SHOCK THE RADIO」。そのなかで、.. 続きを読む

橋本マナミ、レディーファーストの外国人男性が「すごく好き!」

橋本マナミ、レディーファーストの外国人男性が「すごく好き!」

2月15日放送の「橋本マナミのヨルサンポIII」(BSフジ)で、橋本マナミが外国人男性に抱く印象を語る場面があった。この日は、コミックエッセイ「イケメン外国人たちとベッドで異文化交流した結果。」の作者・音咲椿氏がゲストとして登場。.. 続きを読む

暦の思想と花を合わせたサイト「花毎」で癒されよう

暦の思想と花を合わせたサイト「花毎」で癒されよう

季節のかわり目は、体の疲れも出やすい時期。週末はおうちでゆっくりという人も多いかもしれない。自分の住まいを心地よくするために、季節にまつわるお花を飾ってみない?日々を慌ただしく過ごす現代人の暮らしを、細やかな季節を感じる.. 続きを読む

おいしすぎて移住したい! ラオスのグルメをとくと堪能!

おいしすぎて移住したい! ラオスのグルメをとくと堪能!

ポレポレ美 イラストレーター、漫画家。趣味は旅と掃除。自身の体験を綴ったエッセイ漫画「今日も拒まれてます」を漫画アプリ・Vコミにて連載中。【Twitter】@poreporemi ポレポレ美@poreporemiマンガ【ポレポレ美の.. 続きを読む

ますおか岡田の元妻・祐佳、荒い“スピリチュアル”発言に感じる「芸能人特有の病」

ますおか岡田の元妻・祐佳、荒い“スピリチュアル”発言に感じる「芸能人特有の病」

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の有名人> 「はっきりした理由はわかりません」岡田祐佳 (「婦人.. 続きを読む

今年のブームは“本場のタコス”? 平野紗季子おすすめは吉祥寺の…

今年のブームは“本場のタコス”? 平野紗季子おすすめは吉祥寺の…

フードライター・平野紗季子さんの「MY STANDARD GOURMET」。今回は『TACOS Shop(タコスショップ)』のメキシカンタコスです。バインミーブームの次はタコスが来る。それもアメリカンタコスじゃなくて本場のメキシカンタコスだ。なんて.. 続きを読む

嘘も小細工もしない、写真展。【SPICEコラム連載「アートぐらし」】vol.18 芋生悠(俳優)

嘘も小細工もしない、写真展。【SPICEコラム連載「アートぐらし」】vol.18 芋生悠(俳優)

美術家やアーティスト、ライターなど、様々な視点からアートを切り取っていくSPICEコラム連載「アートぐらし」。毎回、“アートがすこし身近になる”ようなエッセイや豆知識などをお届けしていきます。 今回は、俳優の芋生悠さんが、自身の.. 続きを読む

 分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

分岐した先にあった本当の終わりに向かう漫画『ディエンビエンフー TRUE END』――未完、と二度の打ち切りというバッドエンドからトゥルーエンド、そしてその先に/漫画家・西島大介さんインタビ..

漫画家・西島大介さんの代表作でもあるベトナム戦争を描いた『ディエンビエンフー』は、角川書店、小学館と出版社を変わりながら描き続けられてきた。そして、「ホーチミンカップ」というトーナメントバトルのさなか、12巻で『IKKI』版の.. 続きを読む

中村仁美、加藤綾子、高島彩、高橋真麻……元・フジ女子アナ4人の“天国と地獄”

中村仁美、加藤綾子、高島彩、高橋真麻……元・フジ女子アナ4人の“天国と地獄”

元フジテレビ女子アナウンサーで、フリー転身後も大活躍を見せていた有賀さつきさんが亡くなり、悲しみの声が相次いでいる。有賀さんは1988年に同局に入社し、河野景子、八木亜希子とともに「花の三人娘」として女子アナブームを牽引。92.. 続きを読む

ピンとこなかった海外、「裏日本」に心酔――旅する人の“視座”を感じる旅行記3冊

ピンとこなかった海外、「裏日本」に心酔――旅する人の“視座”を感じる旅行記3冊

――本屋にあまた並ぶ新刊の中から、サイゾーウーマン(サイ女)読者の本棚に入れたい書籍・コミックを紹介します。今月は、遠くても、近くても、どこか旅行に行きたくなる3冊を紹介。■『こういう旅はもう二度としないだろう』(幻冬舎/銀.. 続きを読む

“かわいすぎる女流棋士”竹俣紅「かなりマイルド」 初挑戦での“辛口”は事務所に止められる

“かわいすぎる女流棋士”竹俣紅「かなりマイルド」 初挑戦での“辛口”は事務所に止められる

女流棋士でタレントの竹俣紅(19)が10日、都内の書店で初のフォトエッセイ「紅本」の発売記念を記念し、限定200人を相手に握手&サイン本お渡し会を行った。 16年にフジテレビ「ワイドナショー」で“ワイドな高校生”として出演し、かわ.. 続きを読む

女流棋士・竹俣紅、1stフォトエッセイは「かき氷とソフトクリームを同時に食べるみたいなお得感」

女流棋士・竹俣紅、1stフォトエッセイは「かき氷とソフトクリームを同時に食べるみたいなお得感」

現役大学生で女流棋士、最近ではバラエティー番組や情報番組などでも活躍する竹俣紅が、ファーストフォトエッセイ「紅本(べにぼん)」(パルコ出版)を発売。東京・秋葉原の書店で行われた記念イベントに登壇し、作品に込めた思いなどを語っ.. 続きを読む

さっき、鏡で見たあなたの顔、どんな顔してた?

さっき、鏡で見たあなたの顔、どんな顔してた?

……わかっていたけど。鏡を見る女性を見ていると、きまって、いつも最高の表情で(鏡を)見つめている。一番魅力的な顔を鏡の前で演じている。ところが、日常でも自分はそういう顔をしているとおもっているから、そこに間違いが生じてくる.. 続きを読む

小倉優子に見る、結婚や子育てにおける「完璧主義」「努力家」の脆弱さ

小倉優子に見る、結婚や子育てにおける「完璧主義」「努力家」の脆弱さ

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。<今回の有名人> 「今日も身を削ったな」小倉優子 『今夜くらべてみました.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。